子供の青汁ランキングおすすめ3選と効果【幼児向け美味しい飲み方】

青汁 子供

子供にも健康のために青汁を飲ませる人が増えています。

青汁といえば「マズイもう一杯」というCMから始まった体の健康を支えるドリンクというイメージですが、今では健康志向が進んでおり、大人も毎日の野菜の栄養不足を補うために飲んでいる方も多いです。

実は筆者の健康のために大麦若葉の青汁を飲むようにしています。

野菜嫌いである、苦手なものが多い子供もいると思いますが栄養を補う意味でも最適なものだといえます。

この記事では子供に青汁を飲ませる効果について書いています。

記事を読み終えることで、子供に飲ませる際のおすすめの青汁や効果を知ることができます。。



子供の青汁ランキングおすすめ3選と効果【幼児向け美味しい飲み方】

青汁

子育て世代からのリピート率ナンバー1【こどもバナナ青汁】

※60日間返金保証

大人は野菜不足の栄養などを補う役割を持っている青汁ですが、何かといわれると説明が難しい。

そもそもどんなものなのでしょうか?

青汁とは一般的に濃い緑色の野菜の絞りの名称のことです。

使われる野菜は様々となっているのですが、非常に栄養価が主成分として高いといわれている大麦若葉やケール、明日葉というものを使用しているものが多いです。

グリーンスムージーや野菜ジュースと比べるとヘルシーに野菜の栄養素を摂れるドリンクだといえます。

青汁は子供も飲めるの?【効果があるのでおすすめ】

青汁についてですが、もちろん子供も飲むことができます

青汁は子供が飲みやすいタイプのものを購入して、ママもパパも一緒に飲んで家族で健康を考えているというご家庭もあるほどなので子供の栄養のためにも飲ませましょう。

特に偏食である、成長期でたくさんの栄養が必要であるという方子供にも必要な栄養素を補う意味でもしっかりと飲ませてあげてほしいと思いますね。

野菜は食べない、苦手だけれども青汁ならば飲むという子供もいるので、野菜をあまり食べないならば青汁を飲ませてみるという方法があります。

青汁はあくまでも食品の1つなので小さな子供が飲んでも何も問題はありません。

年齢制限のない食品ですので、大人に限らず子供にも飲ませてあげてください。

子供におすすめの飲みやすい青汁ランキング3選【乳幼児 小学生向け】

そんな子供におすすめの青汁。

特に苦みも少なく飲みやすいものを紹介したいと思います。

いつから飲めるのか気になりますが、青汁はあくまでも食品ですんで1歳くらいから大丈夫です。

もちろん最初は飲むかわからないものなので、初回は安く購入ができ返金保証がついている商品をランキング形式で紹介していきます。

1.こどもバナナ青汁

青汁 子供こどもバナナ青汁は子供が飲みやすいように製造をされている青汁です。

もちろん青汁なので国産の大麦若葉を使用しており、国内生産、保存料や人工甘味料は一切不使用です。

子育て世代から人気の青汁でリピートする人の割合が96.6%と高い点は魅力です。

味はバナナですが、そこに乳酸菌やビフィズス菌といった腸の働きをよくする成分も配合。

こどもバナナ青汁公式ページへ【こどもバナナ青汁】

※毎月100名限定価格で1箱30袋が980円で試すことができ60日間返金保証があります。

2.こどもフルーツ青汁

こどもフルーツ青汁は一日たったの50mlにたくさんの栄養素も一緒に含まれている青汁です。

含まれている栄養素としては「国産の大麦若葉」「40種類の植物発酵成分」「カルシウム140g」「乳酸菌とビフィズス菌」など子供が不足しがちな栄養素がしっかりと含まれているものとなっています。

もちろん子供が嫌煙しがちな青汁の苦みを抑えている商品となっており、味も「ミックスフルーツ」以外にもベリー系やマンゴー系の味があるので好みで味を変えられます。

女性誌や教育誌にも多数紹介をされている商品なので人気商品ですし、NHKで人気のはなかっぱがマスコットとなっているので子供からも愛されている商品です。

もちろん保存料、着色料は無添加、人工甘味料不使用、ノンカフェインなので子供も安心をして飲めます。

こどもフルーツ青汁公式ページへ 【野菜嫌いのお子様に人気の「こどもフルーツ青汁」】

初回は最大1,000円OFFで、30日間の返品返金保証付きです。

3.GREEN MILK(グリーンミルク)

GREEN MILK(グリーンミルク)は青汁としての栄養素はもちろんなのですが、子供の体を鍛えるためのDHA、EPA、カルシウムなどが豊富に含まれています。

子供の身長を伸ばすための栄養素も入っていますので、青汁で体を補いながら成長も助けられるものとなっています。

子供向けに考えられている青汁ですので、「手軽に」「おいしく」「安全・安心」の3つをポイントで作られています。

青汁と一緒にDHAを取ることにより「健康と発達の促進」「学力の向上」「集中力や社会性などの精神的な能力」にも効果があると言われています。

GREEN MILK(グリーンミルク)公式ページへ 【GREEN MILK】

初回価格は送料込みで1,000円で送料込み全額返金補償ありでお試しできる

以上の3つが子供にはおすすめの青汁になります。

味やにおいは青汁によって異なりますので、まずはお試しで飲んでみましょう。

子供へ青汁を飲ませる効果と必要性【いつから飲ませるの?】

青汁は体に良い。

そこは理解をしている人も多いのですが、そもそも「どこに効果」があるのか?そして本当に「必要なのか?」という点に疑問を持っている方もいると思います。

青汁の効果については日本の食生活が大きく関係をしているといわれています。

昔の日本食は一汁三菜と非常に質素に見える食事でしたが、実は野菜は豊富に摂れるように考えられていましたが今は食事の欧米化が進んでおり、コンビニなどでも食べたいものが簡単に購入ができてしまいます。

つまり、野菜が少ないメニューに偏っておりその結果、本来は野菜から摂るはずのビタミンやミネラルという必要な栄養素が不足しやすということに陥ってしまうのです。

野菜からビタミンやカリウム、食物繊維など体を支えていくために必要な栄養素がたくさん含まれているのですがその摂取量が少ないと栄養バランスが偏ってしまい体の健やかな成長に影響を与えることになるのです。

1歳くらいから飲ませても問題はありませんので、乳児期から栄養素を補う意味でも飲むことを考えましょう。

子供の一日の野菜摂取量

実際に現代の子供達の一日の野菜の摂取量はどれくらいなのでしょうか?

おそらく家庭にもよりますが、野菜の摂取量は成人の場合一日350gと言われています。

この量は過去の調査で日本人の野菜の摂取量が明らかに低いことがわかりました。

その結果食に関する専門職である「管理栄養士・栄養士」によって組織される日本栄養士会は、「野菜の摂取量を増加させることが、生活習慣病全体の予防・対策に大きく関わる」ということを理解したうえで野菜の一日の摂取量と大人は350gと定めたのです。

しかし、現在の野菜摂取量の平均値は290g であり、年齢別でみてもかなり少ないことがわかります。

1歳~6歳の子供にも約200~250gの野菜の栄養素の摂取が求められているのですが、子供の96%が野菜不足であるということがカゴメの調査で明らかになっています。

(参考資料:野菜等健康食品協議会事務局「野菜や果物に関するFAQ」)

(参考資料:カゴメ株式会社「31日は「菜(さいの日)」子どもの野菜摂取に関する意識調査 」)

子供が野菜不足になる原因

この野菜不足になる原因はいろいろとあるのですが、主な原因は親の意識だということです。

子供の多くは「野菜が嫌い」ではなく「野菜は好き」なのです。

しかし、親の意識や考え、両親の労働状況によっても左右をされるのですが全体的に野菜関係の栄養素が足りていないことがわかります。

また、調理に手間もかかる、欧米化が進んでいることから栄養素から野菜が家庭からどんどん離れて行っているのだと思われます。

実際に厚生労働省の国民健康・栄養素調査を見てみると大人の野菜摂取量は350gでしたが、20歳以上の平均は約280gと足りておらず、1歳~6歳の子供に関しても目標の野菜摂取量は200~250gですが、実際は130g程度となっています。

いかに野菜からの栄養素が少ないのか?ということがお分かりいただけると思いますので、子供の健やかな成長のためにも野菜から摂ることのできる栄養を摂取することは早急になんとかしなければなりません。

もちろん現代人は両親共働きの家庭も多く忙しいとため、急に野菜を増やそうと思っても難しいです。

そんなときに手軽に飲むことができる青汁は救世主と言えるのです。

ちなみに野菜を摂取することでエネルギーのもととなる炭水化物、たんぱく質、脂質などの栄養素の代謝を活発にする役割を持っていますので不足するとせっかくの栄養素を無駄にしている可能性が高いです。

(参考資料:厚生労働省「厚生労働省の国民健康・栄養調査平成29年」)

→ 食べ物の好き嫌いが多い子供の原因と指導方法!好きにする魔法の言葉

子供に青汁を飲ませるメリットデメリット

もちろん青汁に頼らず栄養を摂ろうと思うこともできます。

例えば、家庭の野菜を食べる量を増やしていき、お肉や魚などと野菜中心の食生活に変えていくことです。

特に野菜をたくさん食べている家庭は朝食に野菜をしっかりと食べさせているのでそこをマネしてみること。

あとはサプリで足りない栄養素を補うという方法もあるのですが、サプリに頼るとずっとサプリを飲み続けなければなりません。

そんな風に青汁以外にも野菜の栄養素を取得することは可能なのですが、一番摂取をしやすいものとなると「青汁」なのかなと思っています。

ちなみにスムージーと青汁はよく間違えられるのですが、青汁や野菜の汁のみでサラサラの飲み物に対して、グリーンスムージーは野菜の汁も身も使うのでドロドロですので全く違う飲み物です。

子供に青汁のメリット

次に青汁の効果について書いていきましょう。

野菜不足の解消

まず一番のメリットは青汁を飲むことにより野菜不足の解消が見込めます。

中には野菜ジュースを毎日飲んでいるから大丈夫だろうと思うかもしれませんが、野菜ジュースは製品によっては半分が果物であとは甘く飲みやすくするため大量の砂糖が入っている場合もありますので意味がない可能性もあります。

そのため野菜の栄養素を補うならば青汁がベストな選択です。

お通じの改善

青汁には新陳代謝を促す栄養素であるビタミンCとβカロチンが含まれています。

この栄養素が豊富に含まれており青汁の主原料となる大麦若葉には食物繊維も豊富に含まれているためお通じが改善される可能性があります。

美容効果

これはママにうれしい効果なのですが、アンチエイジング、代謝のアップにより美肌になるなど青汁の栄養素により体に大きな影響をもたらしてくれます。

青汁ですが、エイジングケアの効果があると言われている「ビタミンE」も含まれているためです。

疲労回復

青汁を飲むことで体の栄養のバランスも良くなりますが、それにより更なる効果を得られます。

例えば、野菜が不足している栄養素を補うことにより体の栄養バランスが整いますし、ケールには睡眠を促す物質であるメラトニンが含まれるため飲み続けることにより自然な眠りや疲労回復へのサポートもしてくれます。

子供に青汁のデメリット

青汁にはたくさんのメリットがあることがお分かりいただけたと思いますが、もちろんデメリットもありますので書いていきましょう。

苦みや青臭さが残る

子供向けに味も改良をされており、果物と一緒に配合をされているものもあるのですがそれでも青汁独特の苦みや青臭さが残ってしまうもの。

そのため、子供が飲めるものを見つけることが大事です・

お金がかかる

青汁はどうしてもお金がかかるものです。

もちろん体の健康や栄養素という部分を考えると変えられないものなのですが、目安としては1杯100円くらいが相場といえます。

中には安いものも販売をされているのですが、中国産のものがあり、農薬たっぷりの野菜を主原料としており添加物も含まれている可能性もあるため、健康のために飲んでいるのに不健康になってしまうこともあります。

そのため、国産のものを選ぶべきです。

もちろん100円を切っている商品でも原料や添加物、製法などを確認して安全性を効果をきちんとチェックできれば問題はないのでチェックをしましょう。

病気を持っている人には不向き

例えば腎臓が悪い人や抗凝血剤を服用している人には青汁に含まれているカリウムが悪影響を及ぼす場合もありますし、薬との相性が悪い場合もあります。

他にも過剰に摂取をするとホウレン草や小松菜の原料となっているシュウ酸が尿路結石を招く可能性もありますので注意が必要です。

青汁の飲み方とアレンジレシピ【子供におすすめ】

健康に良いこともお分かりいただけたと思いますが、青汁を飲むとなったときに気になることが「独特の苦み」です。

私も青汁は健康のためと思って飲んでいますが、やはり苦みはどうしても避けられません。

大人ならばまだ割り切れるかもしれませんが、子供だと苦みがあるとどうしても嫌煙してしまいがちになります。

そこで、実際に子供の青汁を飲ませている方はどんな方法で青汁を飲んでいるのでしょうか?

子供にもおすすめの飲み方について書いていきましょう。

青汁の飲み方と飲みやすくなる方法

青汁の多くは粉末タイプとなっています。

そのため、粉上になっているため水やお湯を入れて飲むのがスタンダードな方法。

青汁の味をストレートに感じられるので青汁独特に苦みが大丈夫な方はそれでも良いでしょう。

飲むタイミングとしては朝一番が一番良いです。

その理由としては、最も栄養を吸収しやすい状態であるため青汁の栄養素をしっかりと体の取り込むことができるからです。

青汁は何よりも習慣化して体に毎日取り込むことが大事なので、継続的に飲める時間を自分で決めておくとよいでしょう。

しかし、水やお湯で割るだけだと苦みもあり「子供もなかなか飲んでくれない」「大人の私の苦手」ということもありますので青汁を飲みやすくする方法について書いていきましょう。

牛乳や豆乳と混ぜる

牛乳や豆乳と混ぜると青汁特有の青臭さが消えるので、おすすめです。

牛乳も豆乳もたんぱく質も含んでいますので、子供のおやつの飲み物としても最適。

青汁の中にはフルーツ青汁というフルーツが配合をされているものもありますので、それならばより飲みやすくなるでしょうし、中には牛乳嫌いがなくなったという声もあります。

はちみつを加える

青汁にもう少し甘さがあれば飲めるという子供にははちみつを加えるという方法が良いです。

はちみつは優しい甘さで、コクも入るので飲みやすくなるでしょう。

牛乳と組み合わせると甘さもある立派なジュースになりますね。

フルーツジュースと混ぜる

牛乳が苦手、もしくはアレルギーの子供もいるでしょう。

しかし、苦さを何とか避けたいですよね。

そんなときには少し甘さもあるフルーツジュースで青汁を混ぜると良いですね。

飲み終わった後もさっぱりとしていますし、青汁独特に匂いも減らすことができますので飲みやすくなります。

パンケーキに混ぜる

おやつにするホットケーキやパンケーキに青汁を混ぜると良いです。

青汁の風味を感じやすくなりますし、パンケーキは子供にとっても大好物です。

青汁に対する苦手意識も消えるかもしれませんね。

ヨーグルトやアイスクリームにかける

ヨーグルトやアイスクリームに混ぜるとまるで抹茶感覚で味わえます。

アイスクリームは甘さがあるので、そのままで良いですがヨーグルトは甘めのものに混ぜると良いです。

一緒にカットしたバナナはいちごなどのフルーツを入れても良いですね。

食事にプラスをする考え方

先ほども紹介をしたように大人も子供も野菜の摂取量が少なくい傾向にあります。

体の健康のためにも青汁生活を始めてみましょう。

青汁を飲む時間を入れるというよりは生活の一部にしてしまい、食事にプラスをするという考えを持つと一番良いですね。

子供へ青汁を飲ませるときの質問と口コミ

次に青汁の気になる質問と口コミについて書いていきましょう。

子供だけではなく、家族で青汁を飲んでいる家族も多いので家族みんなの健康のためにも飲んでみてはいかがでしょうか?

青汁の質問と答え

ここでは青汁の関する疑問や質問に答えている内容となっていますので紹介をしていきます。

青汁は毎日決まった時間に飲まなければいけないの?

青汁は日ごろの食生活のバランスを整えるために飲む健康補助食品です。

そのため、特に決まった時間があるわけではなくタイミングは自分自身で決めてみましょう。

飲んでいる方の多くは朝ごはんの代わりにしたり、朝のご飯と一緒の飲んでいる人が多いですね。

妊婦や子供が飲んでも大丈夫?

青汁は食品という扱いになるため、妊婦、子供が飲んでも特に問題の出るような飲み物ではありません。

ただし、体質や体調によっては合わない場合もあいますので何か変化がでた場合には飲用を中止して医師に相談をしましょう。

また持病や服用をしている方は一度医師に相談をしてみると良いですね。

飲むいつのタイミングがおすすめ?

飲むタイミングはあまり関係がなく、どちらかと言えば継続して飲み栄養を補っているか?と言う点が大事です。

先ほども書きましたが朝食に飲むなど自分自身でタイミングを決めて飲むようにしましょう。

ペットボトルに作り置きをしても良いの?

飲むたびにシェイクをしたり、粉を溶いたりすることが面倒なためペットボトルに作り置きをしておきたいという方もいます。

もちろんペットボトルに作り置きをしておいても問題はありませんし、すぐに栄養素を失うということはありません。

ただし、開封をして外気にふれたりすると品質や風味の劣化がはじまることになりますので冷蔵庫保管を基本とし、その日のうちには飲むようにしましょう。

サプリや薬と一緒に飲んでも良いの?

青汁は食品なので基本的には問題はありません。

ただし、常用している薬などに関しては不明な点もあるため、不安がある場合には必ず医師に相談をしましょう。

青汁の口コミ

青汁を飲んでいる方はどんな効果を得ているのか?また子供にとっても良い効果が出ているのか?実際に青汁を飲んでいる方の口コミを書いていきます。

あくまでも個人の意見とないますので参考程度に思っておきましょう。

ただし、良い口コミもあれば悪い口コミもあって当たり前ですのでどちらも参考にして下さい。

・子供と一緒に自分自身も飲み始めて肌が落ち着き排便も順調になった。

・ダイエットのために使ってみて私は効果を得ることができた。

・野菜がついつい不足しがちなので、青汁を飲んで栄養を補っているという気分も味わえている。

・野菜を嫌う息子も青汁を牛乳で割ってはちみつをいれると飲んでくれているのでよかった。

・購入した青汁には苦みがあり親子で合わなかったため、飲むことをやめてしまった。

・毎日続けようと思ったけれども、継続して購入をするので家計の負担が増えた。

もちろん個人の感想なのでいろいろとありますが、青汁によって味が違い「継続して飲めている」という人もいれば「味が合わなかった」という人もいます。

青汁はたくさんのメーカーが出していますので好みのものを選んで飲んでみましょう。

初回はここで紹介をしている青汁のように割引があったり、返金保証があったりしますので試す意味で購入してください。

子育て世代からのリピート率ナンバー1 →【こどもバナナ青汁】

※60日間返金保証

子供の青汁ランキングおすすめ3選のまとめ

青汁は子供の飲ませても良いのか?

その疑問に対しては健康食品なので基本的には問題はありません。

もちろん理想は食事の野菜で栄養を摂ることなのですが、なかなか家でたくさんの野菜を摂るというのは難しいものなので子供にもあ青汁を活用してはいかがでしょうか?

青汁を子供に飲ませるつもりで購入をしたけれども、結局親の方がハマってしまったなんて口コミもありますので子供の野菜不足を考える機会にママとパパの健康も考えてみましょう。

大人はサンスターの粉末青汁など苦みのあるタイプでも飲めますので、子供は飲みやすいタイプのものを購入して家族の健康を考えてみましょう。

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2020年 2月 09日
  2. 2020年 2月 15日
  3. 2020年 2月 16日
  4. 2020年 2月 25日
  5. 2020年 2月 29日
  6. 2020年 3月 03日
  7. 2020年 3月 04日
  8. 2020年 3月 05日
  9. 2020年 3月 08日
  10. 2020年 3月 12日
  11. 2020年 3月 14日
  12. 2020年 3月 24日
  13. 2020年 3月 26日
  14. 2020年 3月 29日
  15. 2020年 3月 29日
  16. 2020年 4月 01日
  17. 2020年 4月 02日
  18. 2020年 4月 02日
  19. 2020年 4月 03日
  20. 2020年 4月 05日
  21. 2020年 4月 05日
  22. 2020年 4月 11日
  23. 2020年 4月 11日
  24. 2020年 4月 12日
  25. 2020年 4月 13日
  26. 2020年 4月 13日
  27. 2020年 4月 13日
  28. 2020年 4月 13日
  29. 2020年 4月 14日
  30. 2020年 4月 14日
  31. 2020年 4月 16日
  32. 2020年 4月 18日
  33. 2020年 4月 19日
  34. 2020年 4月 21日
  35. 2020年 4月 21日
  36. 2020年 4月 21日
  37. 2020年 4月 29日
  38. 2020年 4月 29日
  39. 2020年 5月 07日
  40. 2020年 5月 07日
  41. 2020年 5月 07日
  42. 2020年 6月 11日
  43. 2020年 6月 17日
  44. 2020年 7月 01日
  45. 2020年 7月 09日
  46. 2020年 7月 09日
  47. 2020年 7月 13日
  48. 2020年 7月 13日
  49. 2020年 7月 14日
  50. 2020年 7月 17日
  51. 2020年 7月 20日
  52. 2020年 8月 03日
  53. 2020年 8月 05日
  54. 2020年 8月 19日
  55. 2020年 8月 23日
  56. 2020年 8月 30日
  57. 2020年 9月 05日
  58. 2020年 9月 11日
  59. 2020年 9月 14日
  60. 2020年 9月 16日

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtaka

【経歴】

・現場の保育士から保育園の園長になった経験

・子供の教育関係の経験あり。幼稚園、小学校受験に関しては知識あります。

今は元保育士として普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はキャンプと筋トレ、フットサル。

今はサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る