口うるさい親に育てられた子供の特徴5選【ダメな方法と対処法】

口うるさい親に育てられた子供の特徴5選【ダメ方法と対処法】

口うるさい親に育てられたらどうなるのか?

親の中には静かに見守るタイプもいれば、ついつい口に出してしまうタイプもいますね。

親によって子供の育ちも違います。

この記事では、口うるさい親に育てられた子供がどうなるのかについて書いていきましょう。



口うるさい親に育てられた子供の特徴5選【やかましい親】

口うるさい親に育てられた子供の特徴5選【やかましい親】

口うるさい親に育てられて子どもの特徴を書いていきましょう。

何でもかんでも口を出してしまう親は本当にきついですね。

子供にとっても良い影響がないのが、問題だといえます。

1.自分で何も判断が出来なくなる

2.親の言うとおりにしか生きていけない

3.やりたいことが見つけられない

4.大人になった時に子供に同じことをしてしまう

5.反動でものすごく反抗をすることがある

1.自分で何も判断が出来なくなる

自分で何も判断できなくなってしまいます。

口うるさい親はすべて子供のことを勝手に決めてしまいます。

すると…子供の意思は尊重されず、考えることもなくなってしまうのです。

2.親の言うとおりにしか生きていけない

親の言うとおりにしか生きていけなくなります。

口うるさい親は子供に何でも子供に指示を出してしまいます。

すると、親の言うとおりにしか生きて行けない問題が起こってしまうのです。

大人になっても、その影響が出る可能性がありますね。

3.やりたいことが見つけられない

子供がやりたいことを見つけられない。

そんな問題も起こる可能性があります。

口うるさい親にずっと決められてきたので、何も自分で決められないんですよね。

4.大人になった時に子供に同じことをしてしまう

大人になった時に子供に同じことをしてしまいます。

自分は口うるさい親の元で育ってきたから…

自分自身も同じことの繰り返しになってしまうのです。

のびのびと育ててあげてほしいと…切に願いますね。

5.反動でものすごく反抗をすることがある

反動でものすごく反抗をすることがあるでしょう。

口うるさい親にずっと育てられていると、いつかは反動で取り返しのつかないことになります。

そのため、口うるさいという問題もおこってしまいます。

→ 子供が言うこと聞かないので疲れた理由5選【問題点と上手な対処法5選】

口うるさい親の育てられた子供の末路【ダメな言葉遣い5選】

口うるさい親の育てられた子供の末路【ダメな言葉遣い5選】

口うるさいおやに育てられた子供はどんな言葉を聞いているのでしょうか?

時にはかわいそうになるくらいの言葉もありますね。

そんな親の言葉について書いていきます。

1.指示や命令をする言葉になる

2.子供に強要をする・脅す言葉を使う

3.プレッシャーを与える言葉を使う

4.感情や人格を否定する言葉

5.不安を煽ったりする言葉を使う

1.指示や命令をする言葉になる

指示や命令をする言葉が多いです。

「○○~しなさい」「○○して」など。

何でも指示を出してしまう言葉になるので、子供は考えることをやめてしまいます。

時には「〇〇してみたら」など、自分で選ばせる言葉をつかいましょう。

2.子供に強要をする・脅す言葉を使う

子供に強要をする、脅す言葉を使うことになりますね。

「早くして」「やらないと…」と子供に恐怖をあおってしまいがちなのです。

子供がいうことを聞かざる負えないような状態になってしまうのです。

それでは、子供の意思が出せないので、どんどん殻に閉じこもってしまいます。

3.プレッシャーを与える言葉を使う

プレッシャーを与える言葉を使います。

「○○しないと大変なことになるよ」など。

子供に対してプレッシャーをかけて、気持ちを追い込んでしまうのです。

4.感情や人格を否定する言葉【厳しくし過ぎたら問題】

感情や人格を否定する言葉を使うこともあります。

子供の感情や人格を否定してしまうと、大きな問題も生じます。

「自分はダメな人間だ…」と思ってしまうので、気を付けるようにしましょう。

5.不安を煽ったりする言葉を使う【心理面を追い込む】

不安を煽ったりする言葉を使うこともあります。

「~になるよ?」「もう知らないよ」など。

心理的に追い込んでしまうことがあるので、子供にとっては不安しかないですよね。

→ ダメな親ほどいい子が育つは本当か?【ダメ親の特徴を見て自己診断】

口うるさい親がすべき対処法【育てられた子供を健やかに育てる】

口うるさい親がすべき対処法【育てられた子供を健やかに育てる】

口うるさい親は、子供の将来も考えるべき。

子供にとってマイナスになることは避けたいですよね。

そんな子供にとって将来を見据えたかかわりをするようにしましょう。

子供の将来を考えて言葉かけをする

子供の将来を考えて言葉かけをしましょう。

否定的であったり、子供にダメな言葉かけは将来がよくなりません。

それよりも、子供の将来を考えて言葉かけをしましょう。

何でも口うるさく言えばよいというものではないのです。

過干渉にならないように気を付ける

過干渉にならないように気をつけましょう。

子供に干渉的になると、正しい判断ができません。

それは親も子供も同じような状態になってしまうのです。

感傷的にならないように気を付けるべきですね。

時には見守る・放任する気持ちを持つ

子供に何でも言いたくなる気持ちはわかります。

しかし、時には見守る、放任する気持ちを持つことも大事ですね。

子供にとってマイナスにならないように…

そのためには、子供を信じてみましょう。

心に余裕を持つためにリフレッシュをする

心に余裕を持つためにリフレッシュをしましょう。

気持ちに寄り添う必要もありますが、親に余裕がなければ子供に寄り添うなんて難しいです。

時には子供から離れて自分の時間を確保するなど、ゆっくりとする時間も持ちましょう。

子供を接するときにお父さんと変わっても良いかもしれません。

子供の個性や性格を理解して接する

子供には個性があり、性格もいろいろとあります。

そこを親は理解してかかわりを持ってあげましょう。

子供の一番近くにいる親だからこそ、寄り添って接してあげてください。

→ 子供に褒める言葉を使う5つの効果【メリットある良い褒め方のコツ】

口うるさい親に育てられた子供のまとめ【将来を考えて接しよう】

口うるさい親に育てられた子供のまとめ【将来を考えて接しよう】

口うるさい親に育てられた子供について書いてきました。

将来を考えて接っするべきですし、なんでも口をだして子供をコントロールするのは良いことではありません。

時には我慢をして様子を見守る姿勢を持つことも大事ですね。

口うるさくいうと親の好きなようにコントロールできるので、親はやりやすいのですが、子供の将来を考えるとマイナスも多いです。

口うるさいかも…と思ったならば対応を変えてみると良いですね。

人気記事 → 子供の青汁ランキングおすすめ3選と効果【幼児向け美味しい飲み方】

人気記事 → 幼児教室おすすめ人気ランキング6選【失敗しない選び方と効果】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る