保育士が退職代行を使うメリット3選【突然辞める時の手順と選び方】

保育士が退職代行を使うメリット3選【突然辞める時の手順と選び方】

保育士が辞めたいけれども辞められない。

そんなときに使うべきものとして、退職代行サービスがあります。

あなたの代わりに退職の手続きをしてくれる便利な会社で、次に気持ちよく進むことができますね。

この記事では保育士が退職代行を使うメリットデメリット、おすすめの会社を書いていきます。



目次
  1. 保育士が退職代行を使う3つのメリット【ボロボロになる前に】
  2. 保育士が退職代行を使うデメリット【不安材料も知っておこう】
  3. 保育士が退職代行を使う時の注意点と選び方【トラブルに注意しよう】
  4. 保育士におすすめの退職代行サービス3選【迷ったら弁護士が間違いない】
  5. 保育士が退職代行を使う手順5ステップ【幼稚園教諭もおすすめ】
  6. 保育士が退職代行を使う時のコツ【引継ぎはしておこう】
  7. 保育士が退職代行を使うのまとめ【ブラックな保育園に活用しよう】

保育士が退職代行を使う3つのメリット【ボロボロになる前に】

保育士が退職代行を使う3つのメリット【ボロボロになる前に】

保育士が退職代行をつかうなんて「気が引ける…」と思いますよね。

もちろん、そのような会社をつかって退職をすることは気が引けるということもあるでしょう。

しかし、ブラックで辞められない、引き留めにあって次へ進めない。

自分で退職を申し出ても辞められない現実もあり、最近は保育士の利用も増えているのです。

退職代行サービスを使うと、保育士にとってたくさんのメリットがありますので、書いていきます。

1.スムーズに退職をすることが出来る

2.退職を申し出ても引き留めに合わない

3.次の転職先へ向かうことが出来る

1.スムーズに退職をすることが出来る【即日も可能なのですぐ相談】

スムーズに退職をすることができます。

依頼をすれば、あとは退職代行にお任せ。

最短は即日での退職も可能で、有給消化もすることができます。

すぐにでも辞めたいならば、すぐに相談をしてください。

2.退職を申し出ても引き留めに合わない【バックレよりは良い】

退職を申し出ても引き留めに合いません。

そもそも退職代行を使った時点であなたは保育園へ行くことはありません。

つまり、もう保育園の人と会うこともないので引き留めにあわないのです。

3.次の転職先へ向かうことが出来る【気持ちを切り替えよう】

次の転職先へ向かうことができます。

気持ちを切り替えられますし、人生で次の歩むことができますね。

退職代行を使うことで、気持ちがすごくラクになります。

>>【退職代行SARABA】

労働組合が運営をしている退職代行サービスの最大手連絡がとにかくスムーズで24時間365日対応可能。多数のメディアへ紹介実績あり。全部お任せで会計もわかりやすい。

>>【弁護士法人みやびの退職代行サービス】

弁護士が対応をしてくれるので安心できる退職代行サービス。法的にも問題なく安心できる。会計が明朗。親身になって相談に乗ってくれる点が高評価

>>【わたしNEXT退職代行】

※労働組合が運営をする女性専用の退職代行サービス。転職エージェントとも提携をしているので次が就職先が決まりやすい点が特徴。有給消化のサポートもしてもらえます。

保育士が退職代行を使うデメリット【不安材料も知っておこう】

保育士が退職代行を使うデメリット【不安材料も知っておこう】

保育士が退職代行サービスを使うデメリットについても書いていきます。

メリットがあれば、デメリットもあるのが退職代行。

デメリットもしっておきましょう。

退職代行はお金がかかる【3万円が相場】

退職代行はお金がかかります。

相場は3万円くらいですが、弁護士になると5万円くらいが相場と言えるでしょう。

あなたの代わりに退職の手続きをしてくれると思ったら安いものかもしれませんがね。

円満退職にはならない【先生は続けられる】

円満退職にはなりません。

「あの人は自分で退職を言わなかった」とずっと言われるでしょう。

それで円満退職にはなりませんが、それでも退職できるメリットの方が大きいですね。

退職をした地域の職場では再就職はむずかしい【他の場所にしよう】

退職をした地域での職場は探せません。

どこで、そこの先生や職場の人とあうかわかりません。

そのため、再就職はとても難しいと言えるでしょう。

保育士が退職代行を使う時の注意点と選び方【トラブルに注意しよう】

保育士が退職代行を使う時の注意点と選び方【トラブルに注意しよう】

では、どんな退職代行サービスを使えばよいのでしょうか?

メディアなどで話題になり、急にたくさんの退職代行サービスが出来ました。

その結果、今ではたくさんの会社がありますが、どこでも良いというわけではありませんので気をつけましょう。

退職代行は労働組合が弁護士に依頼をしよう

退職代行には主に3つの種類があります

・株式会社

・労働組合

・弁護士

この中で、株式会社だけは法的に交渉をする権利がありません。

つまり、保育園がゴネたりした場合にはトラブルに発展することも可能性としてあります。

そのため、利用をするならば「労働組合」もしくは「弁護士」が母体の退職代行サービスを選びましょう。

24時間いつでも対応してくれる退職代行がおすすめ

退職は本当に悩むもの。

夜中に急に辞めたいと思っても誰も相談をすることができない。

そんなこともありますが、退職代行サービスの中には24時間対応をしているところもあります。

LINEで手軽に相談をすることができますし、無料なので辞めたいと思ったときに連絡をしてみましょう。

普通の会社が運営をしている退職代行は注意【トランブルもある】

普通に会社の運営をする会社のトラブルは多いです。

・退職の代行に失敗をして、保育園に来るように呼び出しを受けた

・保育園と退職代行サービスが揉めてトラブルに巻き込まれた…

このような事例もありますので、株式会社の退職代行サービスは絶対に避けておきましょう。

料金は2万円くらいと安いですが、リスクも高いのでお金はケチらないことが鉄則です。

保育士におすすめの退職代行サービス3選【迷ったら弁護士が間違いない】

保育士におすすめの退職代行サービス3選【迷ったら弁護士が間違いない】

退職代行サービスを利用するときに、どこがおすすめなのでしょうか?

ここでは労働組合と弁護士を含んだ3つのおすすめを紹介します。

あなたに最適な代行サービスを利用してくださいね。

退職代行SARABA

退職代行SARABA

退職代行SARABAはパイオニア的な存在です。

労働組合が運営をする代行サービスで、有給消化なども対応してくれます。

なんといっても特徴は「スピーディーである」こと。

SARABAは「5分以内の連絡を心がけている」という営業スタンスで、すぐに連絡をしてくれる点はものすごく評価できます。

料金は正社員、アルバイトともに25,000円とポッキリ価格で、失敗をした場合には全額返金もあります。

24時間対応可能なので安心をしていつでも相談ができますね。(メール・LINEでOK)

>>【退職代行SARABA】

弁護士法人みやび

弁護士法人みやび

次は安心の弁護士が運営をする代行サービスですね。

退職代行を使ってでも辞めたいということは、トラブルに発展をする可能性もあります。

そこで強いのが「弁護士からの連絡」です。

保育園もさすがに弁護士から連絡が来たらゴネることはできませんし、スムーズに退職まで運ぶことができます。

ブラックな環境の保育園には最適かもしれませんね。

料金は正社員のみで55,000円と高めの設定ですが、弁護士という安心感は絶大。

もちろん、失敗をした場合には全額返金があり、24時間いつでも対応をしてくれます。(メール・LINEでOK)

また、ほかにも損害賠償請求も成功報酬の20%で請け負ってくれますよ、

>>【弁護士法人みやびの退職代行サービス】

わたしNEXT

わたしNEXT

最後は女性専用の退職代行サービスです。

こちらも労働組合が運営をしており、有給消化までしっかりとサポートしてくれます。

多数のメディアにも紹介をされている代行サービスで、転職エージェントとも提携をしていますので次の仕事が決まりやすいという点も魅力。

料金は正社員が29,800円、アルバイトが19,800円で支払い方法が豊富です。(クレジット・振込・キャリア決済・コンビニ決済・翌月後払い)

失敗は全額返金です。

相談はメールやLINEで手軽にできますよ。

>>【わたしNEXT退職代行】

保育士が退職代行を使う手順5ステップ【幼稚園教諭もおすすめ】

保育士が退職代行を使う手順5ステップ【幼稚園教諭もおすすめ】

退職代行サービスを使う5つの流れを書いていきます。

実はものすごく簡単で、スムーズに退職までいくことができますね。

今回はSARABAの流れを参考にしてみましょう。

1.電話やメール・LINEにて相談をする

2.相談後に依頼を申込をする

3.担当者と打ち合わせをして最終確認をします

4.退職代行が保育園へ連絡をします

5.保育園へ必要な書類や物品を送る

1.電話やメール・LINEにて相談をする

まずは、公式ページから電話もしくはメール、LINEなどで相談をしてみましょう。

退職について悩んでいることや料金など気軽に連絡をしてみてください。

2.相談後に依頼を申込をする【お金の支払いも】

相談をして任せられそうと思ったならば、申し込みをしましょう。

退職代行へ申し込みをすれば、本格的に次のステップへ進みます。

この時点でお金の支払いが発生します。

現金振り込みはもちろん、最近はクレジットカードも対応をしていますのでスムーズに進みますね。

3.担当者と打ち合わせをして最終確認をします

退職代行の担当者と打ち合わせをしましょう。

必要な情報を伝えます。

辞めたい保育園の名前と連絡先、園長の名前などですね。

この辺りも直接会うことはなく、LINEで済むのでものすごく手軽です。

4.退職代行が保育園へ連絡をします

必要事項と支払いが済んでいれば、退職代行のサービスが本格的に進みます。

丸投げをしておき、あなたは自宅でゆっくりとしておいてください

完了すれば連絡がきますので、待ちましょう。

もしかすると、保育園から連絡がくるかもしれませんが、基本的には応じなくて問題ありません。

5.保育園へ必要な書類や物品を送る

もし、保育園から借りていたもの、返却するものがあれが郵送しましょう。

退職届や有休届け、保育園から借りていた制服や書類、物品などですね。

そのあたりも退職代行から連絡がきますので、したがっておけば問題ありません。

これで退職が完了したので、次にすすみましょう。

>>【退職代行SARABA】

労働組合が運営をしている退職代行サービスの最大手連絡がとにかくスムーズで24時間365日対応可能。多数のメディアへ紹介実績あり。全部お任せで会計もわかりやすい。

>>【弁護士法人みやびの退職代行サービス】

弁護士が対応をしてくれるので安心できる退職代行サービス。法的にも問題なく安心できる。会計が明朗。親身になって相談に乗ってくれる点が高評価

>>【わたしNEXT退職代行】

※労働組合が運営をする女性専用の退職代行サービス。転職エージェントとも提携をしているので次が就職先が決まりやすい点が特徴。有給消化のサポートもしてもらえます。

保育士が退職代行を使う時のコツ【引継ぎはしておこう】

保育士が退職代行を使う時のコツ【引継ぎはしておこう】

退職代行を使った時点で保育園へ行くことはありません。

スムーズに退職ができています。

ここで気をつけたいのは、出来る限り保育園に迷惑を書けないようにしておきたいという点。

そのための方法を書いていきましょう。

保育園へ必要な引継ぎはしておこう【ノートを残す】

保育園に必要な引継ぎをしておきましょう。

ノートに必要な項目を残しておき、引継ぎ事項をわかるようにしておきましょう。

誰かに伝えると退職をすることがバレますので、ノートにまとめておくのがベストです。

退職日までは真面目に仕事をしておこう

退職日まで真面目に仕事をしておきましょう。

最後は退職代行を使うとしても、仕事はきちんと行っておくべき。

退職代行が動く日までは、問題なく仕事に取り組んでおきましょう。

また、同僚や同期にも「辞める」ということは言わないようにしておきましょうね。

必要な物品などは計画的に持ち帰っておくべき

退職後は保育園へ足を運ぶことはできません。

そのため、必要な物品は私物などは計画的に持ちかえっておきましょう。

あとから「忘れた」とならないように、少しずつ持ち帰るようにしておきましょうね。

保育士が退職代行を使うのまとめ【ブラックな保育園に活用しよう】

保育士が退職代行を使うのまとめ【ブラックな保育園に活用しよう】

保育士の退職代行サービス利用について書きました。

退職に関して悩む保育士さんも実は多いです。

特に多いのは無理やり引き留めにあい続けている、ブラックで辞められないというもの。

そんなときに自分で交渉をしても消耗するだけですので、しんどいと感じたならば退職代行サービスを利用しましょう。

お金はかかったとしても、未来へ進むことができますので明るい未来が見えます。

行動あるのみですね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る