上司が怖い理由と7つの対処法【最悪な結末と萎縮する問題点】

上司が怖い理由と7つの対処法【最悪な結末と萎縮する問題点】

上司が怖いと感じることがあります。

そんなときに、どうやって対処をすべきか?

悩むこともありますよね。

この記事では上司が怖い理由と、上手な対処法について書いていきます。



目次
  1. 上司が怖いと感じる理由【どんな時にストレス?】
  2. 上司が怖い時の対処法7選【上手な行動で対策をしよう】
  3. 上司が怖いデメリット【萎縮する部下が続出】
  4. 上司が怖いとどうなる?問題点を解説
  5. 上司が怖いのまとめ【話せないなら転職が一番】

上司が怖いと感じる理由【どんな時にストレス?】

上司が怖いと感じる理由【どんな時にストレス?】

上司が怖いと感じる理由があります。

まずは、書いていきましょう。

・叱責された・怒られた時

・セクハラはパワハラがあったとき

・不機嫌で話しかけずらい

・いじめや悪口を言われた

・結果がでていないときの態度

叱責された・怒られた時【先輩に多い】

叱責されたり、怒られた時。

そんな時って上司が怖いと感じてしまいますよね。

怒られると、萎縮して怖く感じてしまいます。

セクハラはパワハラがあったとき【会社の問題】

セクハラやパワハラがあったとき。

上司という立場があると、セクハラやパワハラも普通にしてしまうことあります。

もちろん、絶対にダメなのですが…

結果として部下を怖がらせてしまうことになりますね。

不機嫌で話しかけずらい【人間関係がキツイ】

不機嫌で話しかけずらいなんてこともありますね。

相手が不機嫌だとどうしても気になってしまいがちです。

特に、日によって左右をされる人は、怖く感じてしまいます。

いじめや悪口を言われた【ストレスを感じる】

いじめや悪口を言われた時。

上司なので、権力もいろいろとあります。

その時に悪口を言われたり、いじめを受けたりするとしんどく感じてしまいますね。

結果がでていないときの態度【部下が一番しんどい】

結果が出ていない時の態度にも問題があります。

結果がでないと、上司が不機嫌で怖い。

そんな姿をみて萎縮してしまいますよね。

上司が怖い時の対処法7選【上手な行動で対策をしよう】

上司が怖い時の対処法7選【上手な行動で対策をしよう】

上司が怖い時の上手な対処法を書いていきます。

どんな風に接すればうまくいくのでしょうか?

困っているならば、参考にしてください。

1.機嫌が良い時に話しかける

2.積極的にコミュニケーションを取らない

3.上司のことは気にせず話しかける

4.結果を残し上司に気を使わせる

5.プライベートを充実させる

6.労務管理をする部署に相談をする

7.人事異動や転職で働く環境を変える

1.機嫌が良い時に話しかける

上司の機嫌が良い時に話しかけましょう。

機嫌が良いか悪いか?

ここが大事なポイントだといえますので、機嫌が良い時に話しかけるようにしてください。

2.積極的にコミュニケーションを取らない

積極的にコミュニケーションは取らないようにしましょう。

話しをすると、時には怖いと感じてしまうことがあります。

なので、積極的に自分からコミュニケーションを取るようにしましょう。

3.上司のことは気にせず話しかける

上司のことは気にせず話しかけるようにしましょう。

怖い…かもしれませんが、それは気にしません。

普通に話しかけば問題ありません。

4.結果を残し上司に気を使わせる

結果を残して上司に気を使わせましょう。

いくら社員でも結果を残している人には偉そうにできません。

なので、あなたが会社で圧倒的な結果を残しましょう。

5.プライベートを充実させる

プライベートを充実させましょう。

仕事も大事ですが、かえってからの楽しみも大事です。

その当たりを自分で楽しみにしておけば、休みもゆっくりと過ごすことができます。

6.労務管理をする部署に相談をする

労務管理をする部署に相談をしましょう。

上司が怖いということは、パワハラにあたる可能性があります。

なので、相談をして一度対処をしてもらいましょう。

7.人事異動や転職で働く環境を変える

人事異動や転職で働く環境を変えましょう。

今の職場にいても、上司が怖く気を使い続けることになります。

ならば、自分から行動を起こして関わり方を変えるようにしましょう。

上司が怖いデメリット【萎縮する部下が続出】

上司が怖いデメリット【萎縮する部下が続出】

上司が怖いことによる、デメリットがあります。

どのような問題が出てしまうのでしょうか?

部下が萎縮をして伸びない【ビクビクする】

部下が萎縮をして伸びません。

人を育てるためには、怖いよりもやる気を引き出す方が大事です。

しかし、萎縮をして仕事ができない…なんて問題も起こりやすいです。

適正な報告がされない【嘘の報告があることも】

適正に報告がされないこともあります。

報告をきちんとすれば、怒られるかもしれない…という不安が出る~ですね。

怖いと仕事に支障も出てしまいます。

萎縮して考えることができない【雰囲気が怖い】

萎縮して考えることができなくなります。

仕事をうまくやるために考えよう…ではなく。

上司に怒られないために、どうしようという考えになってしまうからです。

イエスマンばかりが育つ【最初から何も考えない】

イエスマンばかりが育ちますね。

上司に逆らったら何を言われるかわかりません。

ならば、なんでも「そうですね」と言ってやり過ごすようにするのです。

会議が議論にならない【大半が良いと答える】

会議が議論になりません。

上司が怖いということは、逆らえないし、意見も言えないということです。

なので、議論にならず何も進まない問題が起こります。

上司に会うだけで行き苦しいと感じる【大勢が思う】

上司に合うだけで息苦しさを感じることがあります。

部下はみんな感じることですね。

怖いというだけで、息苦しさを感じてしまう…そんなデメリットがあるのです。

会社へ入ることに恐怖を感じる【雰囲気がダメ】

会社へ入ることに恐怖を感じるようになります。

上司が怖い=会社に行きたくないとなるためですね。

雰囲気が怖く、仕事どころではなくなってしまうかもしれませんね。

上司が怖いとどうなる?問題点を解説

上司が怖いとどうなる?問題点を解説

上司が怖いとどうなるのか?

最悪な問題点についても書いていきますね。

うつ病を発症して退職をする部下がでる【適応障害】

うつ病を発症して退職をする部下がでます。

上司が怖いため、どうしても近づけない…

最悪は精神的にしんどくなってしまい、うつ病になってしまいます。

仕事に行きたくない同僚が増える【向かいたくない】

上司が怖いために、仕事に行きたくない同僚が増えます。

会社へ行くと怒られる。

それが億劫となり、仕事に行きたくない気持ちが強くなってしまうのです。

優しい上司は物足りなくなる【刺激がない】

優しい上司は物足りなくなります。

上司が優しいと…どこか物足りない…となってしまいますね。

怖い上司の洗脳と…いうイメージでしょうか?

上司が怖いのまとめ【話せないなら転職が一番】

上司が怖いのまとめ【話せないなら転職が一番】

上司が怖いことについて書いてきました。

会社には怖い上司はいますが、正直メリットはあまりないですね。

自分の権力を見せるためならば効果があるかもしれませんが…

もし、困ったら対処法を参考にしてください。

人気記事 → 保育士が退職代行を使うメリット3選【突然辞める時の手順と選び方】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る