転職はリクルートエージェントがおすすめ【20・30・40代に最適】

転職はリクルートエージェントがおすすめ【20・30・40代に最適】

転職エージェントは「リクルートエージェント」がおすすめです。

数ある転職エージェントですが、絶対に登録をしておくべきだと断言できます。

この記事では転職はリクルートエージェントだという理由や、その他のおすすめ転職サイトについてかいています。



目次
  1. 転職はリクルートエージェントをおすすめする3つの理由【未経験業界も可能】
  2. 転職はリクルートエージェントがおすすめ【比較して活用方法を解説】
  3. リクルートエージェントのデメリット【転職のおすすめにも問題点あり?】
  4. 転職はリクルートエージェントをおすすめする5つのメリット
  5. リクルートエージェントの導入方法7ステップ【転職におすすめのやり方】
  6. リクルートエージェントのよくある質問【転職がおすすめは本当か?】
  7. 転職はリクルートエージェントがおすすめのまとめ

転職はリクルートエージェントをおすすめする3つの理由【未経験業界も可能】

転職はリクルートエージェントをおすすめする3つの理由【未経験業界も可能】

転職はリクルートエージェントがおすすめ。

世の中には多くの転職エージェントがあり、小さな会社も含めると、無数にあります。

しかし、どこを選ぶべきか?迷いますが、転職をするのに会社選びに時間を使うなんてもったいない。

業界最大手のリクルートエージェントに登録をしておけば、問題ありません。

その理由について3つ書いていきます。

・効率的に転職活動を進めることができる

・利用がすべて無料で使い放題

・考えもしない企業・非公開・独占案件を紹介してもらえる

効率的に転職活動を進めることができる【利用するだけ】

リクルートエージェントに登録をするだけで、効率的に転職活動が進められます。

転職をするとなると、求人検索、応募、面接日程の調整、企業を調べる、面接対策、書類作成…

さっと書いただけでも山ほどあり、仕事をしながら転職をしようと思うとかなり苦労します。

しかし、リクルートエージェントに登録をすれば、めんどうなことはすべて代行をしてくれます。

利用がすべて無料で使い放題【サービスが】

利用はすべて無料です。

求人検索から応募、面接日程の調整、書類の添削まですべてリクルートエージェントがしてくれます。

あなたは、書類を用意して、面接へ行くだけ。

もちろん、給料の交渉だってしてくれますが、すべて無料であなたは利用ができるのです。

考えもしない企業・非公開・独占案件を紹介してもらえる

リクルートエージェントには非公開求人、独占案件があります。

リクルートにしかない求人が多数ありますので、検索では知りえない求人や企業が見つかります。

これはエージェントを使う最大のメリットだといえますね。

転職はリクルートエージェントがおすすめ【比較して活用方法を解説】

転職はリクルートエージェントがおすすめ【比較して活用方法を解説】

転職エージェントといえば、マイナビ、パソナ、ビズリーチなど様々な会社があります。

中小を含めると無数にあり「どこにしようか…??」と正直迷います。

が、リクルートエージェントにまずは登録をしましょう。

理由は最大手で求人数も圧倒的に多い、かつノウハウはあり担当者の質も高い。

そこで転職活動が動き出してみてから、

・他のエージェント登録して相談する。

・専門的な業種のエージェントに登録してスキルを磨く。

・自分で活動をするほうが向いている。

このようなという選択肢を選ぶことができますし、リクルートで決まればそれでOK。

その最初の入り口として「リクルートエージェントが最も最適」ですので、その理由を下に書いていきますね。

リクルートエージェント【知名度も実績もナンバー1】

リクルートエージェント【知名度も実績もナンバー1】

リクルートエージェントは知名度も、実績も日本最大手の転職エージェント。

求人数は驚異の常時50万件あります。

そのうち公開されている求人が25万件、非公開求人も25万件と圧倒的な求人数を持っています。

もちろん、独占的に紹介できる企業もありますので、まず最初に登録をしておきたい転職エージェント。

転職をしようか迷っている、すぐにでも今の職場を辞めたい、先を見据えて転職活動をしたい。

そんな人に最適な転職エージェントだといえます。

>>【リクルートエージェント転職支援サービス】 

doda【日本でも紹介数はトップクラス】

doda【日本でも紹介数はトップクラス】

リクルートエージェントに登録をしてけれども、1社では不安…。

よく、ネットでも複数登録をしておけ、dodaやマイナビエージェントもおすすめなんて情報を見ますよね。

それは間違いではありません。

リクルートエージェントだけが完璧ということは、もちろん言う気もありませんし人によって「合う合わない」と言うこともあります。

リクルートエージェントだけでは不安という方に向けて、もう一つ登録をおすすめするのがdodaですね。

紹介実績は日本でもトップクラスで、公開求人数だけでも15万件を超えており、リクルートエージェントに続く大手の転職サイトです。

リクルートエージェントと比較をしたい、担当者が不安でもう一つエージェントを探しているという方が登録をしておきたい転職エージェントですね。

ちなみに、求人検索機能がありますので、転職サイトとしても使えます。

>>【業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/doda】

ビズリーチ【ハイキャリア転職ならば】

ビズリーチ【ハイキャリア転職ならば】

もう一つ気になるのが「スカウト機能」がある、ビズリーチ。

スキルやキャリアを磨いてきた30代と40代は登録をしておきたい転職エージェントと言えます。

ハイクラスな転職エージェントで、ヘッドハンターも在籍をしていますので、さらなるキャリアアップを目指す向上心のある方におすすめ。

自分の市場価値を知るにも最適な転職エージェントですよ。

>>【ハイクラス求人 ビズリーチ】 

【20代や第二新卒向け】就職shop

【20代や第二新卒向け】就職shop

リクルートエージェントは万人受けするサイトです。

年齢層も20代から40代後半くらいまでは補えますが、若手の人たちが使うには少しにくいかも…

理由は「前世代で即戦力を求めてる」「今人材が欲しい」という案件が多く、これからスキルを磨いていく若年層とマッチしない可能性も。

そこで、リクルートエージェントを使いながらも「20代向け、第二新卒に特化」しているこちらの就職shopです。

対象をしているのが「学歴・職歴・社会人経験不問、既卒、フリーター、新卒、第二新卒、高卒、中卒」と若い世代で、未経験でも採用のチャンスがある企業が多いですね。

リクルートエージェントと同じリクルートが運営をしていますので、大手の安心感もあります。

20代、第二新卒は併用して使っておきたい転職エージェントだといえます。

>>【就職Shop】 

リクナビネクスト【情報収集に使い倒せ】

リクナビネクスト【情報収集に使い倒せ】

リクナビネクストはエージェントではありません。

こちらは検索型の転職サイトで「自分で応募・検索」するタイプです。

なぜ、こちらも登録をしておくと良いのか?と言うと…「自分の市場価値が知れる」「気になる求人を自由に見れる」「知らない業界も見れる」という手軽さがあるためです。

好きな時間にスマホでさっと見れますし、気になれば応募もできます。

自由度が高いので、「情報収集のため」にリクナビネクストは登録をしておきたい転職サイトだといえます。

>>【リクナビNEXT会員登録】 

→ 比較

リクルートエージェントのデメリット【転職のおすすめにも問題点あり?】

リクルートエージェントのデメリット【転職のおすすめにも問題点あり?】

リクルートエージェントのデメリットについても書いていきます。

正直、メリットばかりではありませんので理解をしておきましょう。

希望の求人を紹介してもらえない

希望の求人を紹介してもらえない可能性があります。

それは、あなたのスキルやキャリア。

あとは、担当者の質など様々なことを総合的に考えて”あり得る”と言うことです。

もし紹介がなければ、転職エージェントに登録をして期待をしましょう。

本気で転職をする気がないと重荷に感じる

本気で転職をしよう。

そんな風に思わないと、重荷に感じます。

なぜならば、転職エージェントはあなたを「本気で」転職させたいと思っているから…

なので、中途半端な気持ちならば、一旦考えてからしないとしんどくなりますね。

担当者とのやりとりが頻繁になりめんどくさい

転職エージェントはあなたの代わりにいろいろとしてくれます。

その代わり、あなたはやりとりをしたり、手続きをしたり…

実は色々なやりとりが必要となりますので、その点は理解をしておきましょう。

→ 転職エージェントを使うデメリット10選【メリットと失敗しない活用法】

転職はリクルートエージェントをおすすめする5つのメリット

転職はリクルートエージェントをおすすめする5つのメリット

リクルートエージェントを使うメリットについて書いていきます。

活用をすることにより、最良の転職先を見つけてくださいね。

1.企業の知らない情報が知れる

2.年収アップの交渉をしてもらえる

3.あなたに寄り添って転職をバックアップしてくれる

4.履歴書や職務経歴書の添削をしてもらえる

5.仕事をしながら転職活動ができる

1.企業の知らない情報が知れる

企業の知らない情報が知れます。

いわゆる内部情報というやつですね。

これは、転職エージェントが密に企業と関わっているために知れるポイントなのです。

2.年収アップの交渉をしてもらえる

年収アップの交渉をしてもらえます。

あなたの希望する年収に、さらに追加でもらえることもあります。

この辺りは、エージェントを使わないできないこと。

自分で年収の交渉は、なかなかできないですよね。

3.あなたに寄り添って転職をバックアップしてくれる

あなたに寄り添って転職をバックアップしてくれます。

エージェントの良いところは、あなたと一緒に転職をしてくれるところ。

アドバイスももらえますし、面接の対策だってしてくれます。

心強い仲間がいるような感覚ですね。

4.履歴書や職務経歴書の添削をしてもらえる

履歴書や職務経歴書は添削をしてもらえます。

よく転職活動で「この書類でよいのかな…」と不安になる声は多いです。

しかし、その点を第三者の視点からプロが見てくれる点はありがたいですね。

5.仕事をしながら転職活動ができる

仕事をしながら転職活動ができます。

仕事をしていると、転職活動はなかなか進みません。

エージェントに登録をしておけば、あなたが仕事をしている間に最適な求人を見つけてくれます。

リクルートエージェントの導入方法7ステップ【転職におすすめのやり方】

リクルートエージェントの導入方法7ステップ【転職におすすめのやり方】

リクルートエージェントの申し込みはとても簡単。

転職成功までの導入方法を書いていきますね。

1.転職サービスに申し込むをクリック

2.必要な情報を入力し申し込みをする

3.申し込みから7日以内に連絡が来る

4.キャリアドバイザーと面談をする

5.求人の紹介と書類の添削を実施

6.応募・書類選考・面接対策

7.内定・退職交渉・入社

転職活動用のメールアドレスを用意する

まずは、Gmailでもよいので、転職活動用のメールアドレスを用意しましょう

これがあることにより、すべての連絡を一括できます。

終われば、このアカウントは消してしまえばよいですね。

1.転職サービスに申し込むをクリック

では、本題の登録方法。

一番上にある「転職サービスに申し込み」をクリックして次にましょう。

2.必要な情報を入力し申し込みをする

2.必要な情報を入力し申し込みをする

こんな風に「転職に期待をすること」を入力します。

同意して次へ進むと「プロフィール(個人情報)」へ進みます。

この2つが終われば申し込み完了です。

3.申し込みから7日以内に連絡が来る

申込をしたら7日以内に、リクルートエージェントより連絡がきます。

仕事中ならば、折り返すようにしてくださいね。

4.キャリアドバイザーと面談をする

キャリアアドバイザーと面談をします。

実際に会社へ行くこともありますし、最近はzoomなども多いですね。

話しをして、転職に対する希望を伝えるようにしてください。

5.求人の紹介と書類の添削を実施

求人の紹介や、書類の添削があります。

転職へ向けて準備を始めていくイメージですね。

6.応募・書類選考・面接対策

応募、書類選考、面接の対策。

この辺りはエージェントと一緒になって進めていくことになります。

転職が決まるまでは、これを繰り返すことになります。

7.内定・退職交渉・入社

内定が決まれば、今の会社を辞めることになります。

あとは、入社時期についても決めることになりますので、計画的に進めましょう。

サインをする前に疑問は解決をしておくこと

内定の前には、書面にてサインが必要になります。

その際に気をつけたいことは「納得できているか?」です。

もし、気になることがあるならばサインの前にエージェントに確認をするようにしてください。

リクルートエージェントのよくある質問【転職がおすすめは本当か?】

リクルートエージェントのよくある質問【転職がおすすめは本当か?】

リクルートエージェントがおすすめ。

ここまでは、その理由について書いてきました。

しかし、気になる疑問もあるとおもいますので、書いていきます。

無料で利用が出来るって本当?

無料で利用はできます。

なぜならば、エージェントの多くは転職が決まった企業からお金が動くからですね。

相場は想定年収の30~35%と言われています。

そんな風に裏ではお金が動いていますが、あなたは無料で利用が可能です。

口コミや評判は本当なの?

口コミや評判。

これについては「使った人の感想」と思っておきましょう。

良い評判もあれば、悪い評判もある…

使う人によって感じ方が違うので、当たり前ですよね。

転職が可能な地域は会社によってちがう?

転職が可能な地域は会社によって違うのか?

これは全体的に言えることですが、転職が可能な地域は首都圏が多いです。

地方になるほど、求人数はどんどん減っていくという印象ですね。

なぜ無料なのに本気で探してくれるの?

エージェントは転職が決まればお金になります。

また、担当者にとっては営業成績が伸びます。

この2つの理由から無料で、必死に転職先を探してくれるのです。

転職に失敗したり辞めたりするのはあり?

転職に失敗をしたり、辞めたりするのはアリなのか?

転職活動をしてみて、そう思ったのならばありです。

エージェントに登録をしたけれども、辞めるという人がたくさんいますよ。

転職はリクルートエージェントがおすすめのまとめ

転職はリクルートエージェントがおすすめのまとめ

おすすめの転職エージェントについて書いてきました。

世の中に山ほど転職エージェントがありますが、リクルートエージェントに登録をしておけば間違いはありません。

あとは、使ってみてから動きながら考えていきましょう。

この記事があなたの転職活動に役立てば幸いです。

>>【リクルートエージェント転職支援サービス】 

※業界最大手の転職エージェント。求人数も常時50万件を超えている。エージェントの質が高く、非公開求人、独占案件が豊富。

>>【業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/doda】

※リクルートエージェントの次ぐ大手の転職サイト。紹介実績ナンバー1。サポートが手厚くアドバイスも丁寧。

>>【リクナビNEXT会員登録】 

※検索型の転職サイト最大手。情報収集に最適で、様々な求人を比較できる。

→ 転職エージェントの評判を10社使ってガチ調査【使うなは本当なの?】

→ 転職エージェントとは?初心者向けに費用や使い方をわかりやすく解説

→ 転職エージェントの比較すべき5つのポイント【3社で十分な理由と注意点】

→ 転職エージェントの裏事情10選を大暴露【ショックを受けた求職者の本音】

→ 転職エージェントがむかつく10の理由と対処法【本音も解説】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る