辞めさせるように仕向ける5つの方法【辞めさせたい社員の特徴と注意点】

辞めさせるように仕向ける5つの方法【辞めさせたい社員の特徴と注意点】

辞めさせたように仕向ける。

職場の中には問題社員がおり「辞めてほしい」と思うこともあるでしょう。

この記事では辞めさせるように仕向ける方法や、辞めさせたい社員の特徴を書いていきます。



目次
  1. 辞めさせるように仕向ける5つの方法【追い込むコツ】
  2. 辞めさせたい社員の特徴【辞めさせるように仕向ける】
  3. 辞めさせるように仕向ける時の注意点
  4. 辞めさせるように仕向けるのまとめ

辞めさせるように仕向ける5つの方法【追い込むコツ】

辞めさせるように仕向ける5つの方法【追い込むコツ】

辞めさせるように仕向ける5つの方法。

いろんなコツがありますので、書いていきましょう。

1.人事異動を活用し不本意なポジションに充てる

2.問題行動があれば証拠を残して問い詰める

3.会社に合っていないということを繰り返し伝える

4.仲良くしつつ相手の失敗を待つ

5.退職をしてもらうようにお願いをする

1.人事異動を活用し不本意なポジションに充てる【サインを出す】

人事異動を活用し、不本意なポジションに充てることですね。

本人が一番苦手、やりたくないと思っている部署へ異動させましょう。

そうやって異動をさせることにより、本人のやる気をそぐのです。

2.問題行動があれば証拠を残して問い詰める【辞めてほしい】

問題行動があれば、証拠を残して問い詰める。

本人の行動に問題があるのならば、そこを責めましょう。

そうすれば、本人は辞めていく可能性があるといえます。

3.会社に合っていないということを繰り返し伝える【仕事についても】

職場に合っていないということを繰り返し伝えることですね。

勤務態度が悪くてもそこを責めるのではなく「職場が合わないね」というように持っていきましょう。

そうすれば、本人は次第に転職へと向かう可能性があります。

4.仲良くしつつ相手の失敗を待つ【ポイントを抑える】

仲良くしつつ相手の失敗を待つことですね。

あくまでも仕事なので、仲良くはします。

しかし、相手もミスをしないかな?と待ち、失敗をしたときにはせめてください。

5.退職をしてもらうようにお願いをする【理由も伝える】

退職をしてもらうようにお願いをしてください。

退職を伝える。

クビではなく、あくまでも自主退職へ追い込むという方法がベストでしょう。

辞めさせたい社員の特徴【辞めさせるように仕向ける】

辞めさせたい社員の特徴【辞めさせるように仕向ける】

辞めさせたい社員。

職場にも1人はいるものですが、どんな特徴を持っているのでしょうか?

トラブルメーカーで問題をよく起こす【いらない人】

トラブルメーカーで問題をよく起こす人ですね。

社員同士のトラブル。

ミスが多い。

人間関係を壊す。

そんなトラブルを起こす人は、周りからも嫌われる存在になるといえます。

攻撃的で人間関係がうまくできない【本人の問題】

攻撃的で人間関係がうまくできない人もですね。

とにかく攻撃的。

口が悪い、人にあたる、自分が一番だと思っている。

そんな人は、攻撃的なので人間関係はうまくできないことがあります。

ハラスメントな行動をする上司【不当解雇ではない】

ハラスメントな行動をする上司もいますね。

普通にハラスメントはダメ。

それを当たり前にする上司には問題があるといえます。

明らかに能力が低く使えない社員【パート・アルバイト】

明らかに能力が低く、使えない社員もいますね。

能力が引くため、何を任せても失敗ばかり。

一緒に仕事をしていてもしんどく感じてしまいます。

部下からの信頼がなく必要ない上司【退職推奨】

部下から信頼がなく、必要ない上司。

まったく部下から信用をされない。

仕事もできない上司は辞めて欲しいと思われてしまいます。

陰口や文句ばかりで仕事をしない部下【問題社員】

陰口や文句ばかりで仕事をしない部下もいますね。

文句や陰口を言うのは自由。

しかし、なんでも言えばよいものではないということです。

遅刻や欠勤など明らかに勤務態度が悪い人【大勢いる】

遅刻や欠勤など明らかに勤務態度が悪い人もいますね。

そうやって、誰が見ても勤務態度が悪い人はいます。

そんな人は辞めて欲しいと思われる人材だといえますね。

辞めさせるように仕向ける時の注意点

辞めさせるように仕向ける時の注意点

辞めさせるように仕向けたい。

しかし、なんでもやって良いということではありませんので、注意点を書いていきます。

口調をきつく辞めるように言わない【解雇はダメ】

口調をきつく辞めるように言わないことですね。

口調がきつくなる気持ちはわかります。

しかし、感情的になるとパワハラになる可能性もあります。

パワハラな行為にならないように注意する【人事も気を付ける】

パワハラな行為にならないように注意をしましょう。

もし、あなたがキツイ口調になってしまうのならば注意が必要です。

きつく当たる必要もでますが、あなたが訴えられる可能性もあります。

対応は1人でしないこと【態度も気を付ける】

対応は一人でしないことです。

一人ですると「言った、言わない」ということになってしまいます。

なので、対応は1人でしないようにして下さい。

感情的にならず冷静に対処をする【タイプを理解】

感情的にならず、冷静に対処をすることです。

腹が立つ気持ちはわかります。

しかし、イライラしてしまうと相手の思うつぼ。

落ち着いて、冷静に相手に対して対応をしましょう。

録音など証拠を残さないように気を付ける【裁判沙汰になる】

録音などの証拠をに残さないように気をつけましょう。

もし、録音をされていたら…

最悪訴えられる可能性もありますので、気を付けて下さいね。

辞めさせるように仕向けるのまとめ

辞めさせるように仕向けるのまとめ

辞めさせるように仕向けることについて書いてきました。

辞めさせたい気持ちはよくわかります。

しかし、やって良いこととダメなことが正直ありますね。

もし、辞めさせたい社員がいるならば、この記事を参考にしてくださいね。

人気記事

人気記事

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る