人をやる気にさせる魔法の言葉10選【上手な人がする仕事術とメリット】

人をやる気にさせる魔法の言葉10選【上手な人がする仕事術とメリット】

人をやる気にさせる魔法の言葉。

やる気にさせることために、上手に使える言葉があります。

この記事では人をやる気にさせる魔法の言葉や、上手に使う人のコツについて書いていきます。



人をやる気にさせる魔法の言葉10選【モチベーションアップ】

人をやる気にさせる魔法の言葉10選【モチベーションアップ】

人をやる気にさせる魔法の言葉。

それを10個紹介しますので、上手に使ってくださいね。

1.あなたに任せて良かった

2.いつも早くて助かるよ

3.もうできたの!すごいね

4.ここの部分はさすがだね

5.あなたにしかできない仕事だね

6.どうやって完成させたの?教えて

7.ありがとう!本当に助かったよ

8.一緒に手伝ってもらってもいいかな?

9.この部分は私も取り入れてみるよ

10.的確にポイントを抑えれているね

1.あなたに任せて良かった【やる気に繋がる】

あなたに任せてよかった。

そんな風に期待を持って伝えてみてください。

そうやって言われたほうも「頑張ってよかった」と思ってくれますね。

2.いつも早くて助かるよ【話し方も大事】

いつも早くて助かるよ。

そんな風に仕事を的確にこなしてくれていることを褒めましょう。

早いと言われて、うれしくない人なんていませんよね。

3.もうできたの!すごいね【でない人にかける】

もうできたの!すごいね。

早くて驚いた、ありがとうということを伝える言葉ですね。

そうやって褒めることで、気持ちよくこれからも仕事してくれます。

4.ここの部分はさすがだね【上手い人】

ここの部分はさすがだね。

特によくできている部分を褒める言葉。

より、自分のできることを頑張ろうと思ってくれますね。

5.あなたにしかできない仕事だね【一言が大事】

あなたにしかできない仕事だね。

そうやって言われると「任せてください」という気持ちになります。

自分にしかできない仕事を頑張ろうと思ってくれます。

6.どうやって完成させたの?教えて【明日も頑張れる】

どうやって完成させたの?教えて。

そんな風に完成へ向けての過程を聞かれるとうれしいもの。

明日からも頑張ろうと思ってくれますよね。

7.ありがとう!本当に助かったよ【子供も効果あり】

ありがとう、本当に助かったよ。

期待をしてお願いをした仕事が終わった時に伝えましょう。

気持ちも伝わりますし、頑張って良かったと思ってもらえるでしょう。

8.一緒に手伝ってもらってもいいかな?【人間としてうれしい】

一緒に手伝ってもらってもいいかな?

一緒に仕事をして成果を残したい。

そんな誘い文句があると、本当に頑張ろうと思えますよね。

9.この部分は私も取り入れてみるよ【出来事を大事に】

この部分を私も取り入れてみるよ。

参考になる部分があり、実際にやってみようと思ったということ。

上の人から真似をすると言われると、かなり嬉しいですよね。

10.的確にポイントを抑えれているね【社会人もうれしい】

的確にポイントを抑えれているね。

ポイントを抑えるということを言ってもらえると嬉しいものです。

的確にできているというのも大きなポイントで、具体的に褒めるようにしましょう。

人をやる気にさせる上手な人の仕事術【魔法の言葉を使う】

人をやる気にさせる上手な人の仕事術【魔法の言葉を使う】

人をやる気にさせる上手な人の仕事術。

言葉以外にも、上手な人は仕事で見せているのです。

沢山の人に聞こえるように褒める【目の前でする】

沢山の人に聞こえるように褒めます。

褒める時は人前で。

叱る時は見えないところで。

そのため、褒める時はたくさんの人に聞こえるようにすべきですね。

感謝の気持ちは常に忘れない【自己研鑽もつながる】

感謝の気持ちは常に忘れないです。

ありがとう、助かったよ。

そんな風に常に感謝の気持ちを伝えています。

みんな平等に接する【偉人もしていた】

みんな平等に接することをします。

差をつけたり、対応を変えたりはしません。

そうやって平等に人と接することで、みんなからも慕われる存在になれるのです。

気遣いや配慮を徹底している【目配りが大事】

気遣いや配慮を徹底しています。

目配りが大事ですね。

色んなところへ目をやり、配慮も忘れていないのです。

注意は陰で2人の時にする【こっそりする】

注意は陰で二人ですること。

褒める時は人前で。

ただし、注意は陰ですべきなのでこっそりと伝えるようにしましょう。

人をやる気にさせる魔法の言葉を使うメリット【話し方も大事】

人をやる気にさせる魔法の言葉を使うメリット【話し方も大事】

人をやる気にさせる魔法の言葉を使うメリット。

たくさん褒めることにより、メリットがありますので書いていきましょう。

本人のモチベーションが上がる

本人のモチベーションが上がることになります。

頑張ってよかった。

また、頑張ろう。

そうやって前向きにさせることができるのが言葉なのです。

仕事の生産性が上がる

仕事の生産性が上がります。

褒められて、イヤな人なんていません。

褒めてもらうことにより、生産性もどんどん上がっていくのです。

人間関係が円滑に進む

人間関係が円滑に進みます。

褒めると、人間関係も良好となります。

そうなっていくことで、仕事がやりやすくなります。

お互い褒め合うようになる

お互い褒め合うようになります。

言葉を良くすると、お互いが良い立場になっていきます。

褒めることで、より良くなります。

褒める人のことを尊敬してくれる

褒める人のことを尊敬してくれます。

この人は褒めてくれる人。

そうやって認識をしてくれるので、仕事がやりやすくなります。

人をやる気にさせる魔法の言葉のまとめ

人をやる気にさせる魔法の言葉のまとめ

人をやる気にさせる魔法の言葉。

言葉を巧みに使うだけで、周りの人との関係が良くなります。

また、人をやる気にすることもできますので、上司となる立場の人はどんどん使いたいものですね。

どんな風に人を褒めたら良いかわからなくなったら…この記事を参考にしてください。

人気記事 →

人気記事 →

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る