保育士が頭悪いと言われる5つの原因と対処法【誰でも出来る仕事?】

保育士が頭悪いと言われる5つの原因と対処法【誰でも出来る仕事?】

保育士は頭が悪いと言われる理由について書いていきます。

保育士の仕事は資格がなければできません。

しかし、保育士資格の取得が難しいというわけではなく、学校を卒業すれば取得できます。

この記事では保育士が頭が悪いと言われる理由や対処法について書いていきます。



保育士が頭悪いと言われる5つの理由【馬鹿にされる理由】

保育士が頭悪いと言われる5つの理由【馬鹿にされる理由】保育士が頭が悪いといわれることがあります。

そこには5つの理由がありますので、書いていきます。

1.日本語が正しく使えない先生が多い【連絡帳・発言に幻滅】

2.学校のレベルが低い【保育士養成学校の低学歴】

3.資格は学校へ行けば誰でも取得できる

4.感情的に意見をいうことが多い【自分が最優先】

5.職員同士で足を引っ張り合う【雰囲気が悪い】

1.日本語が正しく使えない先生が多い【連絡帳・発言に幻滅】

日本語が正しく使えない保育士が多いのは問題です。

保育士は文字を書く機会が多いのですが、誤字脱字が多い。

日本語の言い回しがおかしいなど様々な原因がありますね。

日本語を正しく使うことができるかは、社会人として当たり前のこととなってきます。

それができないため、頭が悪いと言われているのです。

2.学校のレベルが低い【保育士養成学校の低学歴】

学校のレベルも低いです。

保育士養成学校へ行こうと思ったらそこまでレベルの高い教育は必要ありません。

短期大学、もしくは専門学校へ行き保育士資格を取得すればいいだけです。

つまり、勉強もしっかりする必要はないため学力が低くても問題ないのです。

3.資格は学校へ行けば誰でも取得できる

その学校ですが、通って卒業さえすれば資格はすぐに取得をすることができます。

資格を取得するために勉強量は多いですが、普通に過ごしていれば単位も取得可能。

卒業後は自動的に保育士になれてしまいますので、勉強をそこまで頑張る必要もありません。

一般の保育士資格試験は難しいですが、保育士養成学校へ入ればすごくラクですね。

4.感情的に意見をいうことが多い【自分が最優先】

感情的に意見をいうことが多いです。

これは私の経験ですが、女性が多い職場でどうしても自分の意見を言う人が多い。

その意見は「自分にとって良い」ことであることも多いです。

感情的に発言をする人が多い現実があるのです。

5.職員同士で足を引っ張り合う【雰囲気が悪い】

職場によっては、職員同士で足を引っ張り合うことがあります。

愚痴、ねたみ、文句など様々なことを平気で言う人がいます。

そうやって、職場の雰囲気が悪くなりますが、何のメリットがないことにも気づいていません。

→ 保育士を辞めたい新卒の理由とは?1年目は人間関係と怒られること?

保育士が頭悪いと言われるときの対処法5選【頭の良い保育士】

保育士が頭悪いと言われるときの対処法5選【頭の良い保育士】保育士が頭を悪いと言われることがあります。

しかし、それは本来は避けるべきことですよね。

そこで、頭が悪いと言われないための対処法について書いていきます。

1.文章を書く時に誤字脱字はしない

2.会話は正しい日本語でする

3.保育士になっても勉強を忘れない

4.発言は感情的ではなく論理的に話す

5.チームとしてみんなで保育園を盛り上げる

1.文章を書く時に誤字脱字はしない

文章を書く時に誤字脱字はしないことです。

これは基本中の基本で、間違った書き方をしてはいけません。

漢字が怪しいなと思ったら、スマホで検索をして正しい漢字を書くようにしてください。

2.会話は正しい日本語でする

会話をするときは正しい日本語ですることです。

変な敬語や、間違った日本語を使っている人はものすごく多いです。

特に保護者説明の時は、正しい日本語で話をするようにしてください。

3.保育士になっても勉強を忘れない

保育士になっても勉強を忘れないことです。

保育に関する知識以外にも、ビジネスマナーなど当たり前のことを学ばなければなりません。

その当たりもしっかりと勉強していくことが重要。

日々まなぶことを忘れないようにして下さいね。

4.発言は感情的ではなく論理的に話す

発言は感情的に話すのではなく、論理的に話しをしましょう。

感情的に会話をしても、何も生み出しません。

そのため、発言には気を付けて会話をするようにしてくださいね。

きちんと整理をして話をするようにしましょう。

5.チームとしてみんなで保育園を盛り上げる

チームとして仕事をしていくことを意識しなければなりません。

保育園を運営していくうえで、みんなですることは大事です。

保育園内でいざこざを起こしても仕方がありませんので、落ち着いて対処をしましょう。

レベルの高い環境に身をおくこと【頭を良くする】

レベルの高い人と会う、会話をする、環境に身を置くなど意識をしてください。

同じ環境にだけ身を置くと、どうしても同じレベルになります。

そのレベルから動くためには、頭を良くする、人から学ぶしかありませんね。

保育士は頭が悪い【ホリエモンの誰でも出来る仕事なのか】の回答

保育士は頭が悪い【ホリエモンの誰でも出来る仕事なのか】の回答ホリエモンが「保育士は誰にでもできる仕事」だと言いました。

それについては、いろんな意見がありますので、私なりにどんなふうに考えているかを書いていきます。

頭の悪い保育士もいる現実はある【頭おかしい】

誰でも出来る仕事は、頭が悪くても関係なくできます。

これについては、現実にいます。

「この人は感情的にしか話せない」

「この人は自分の利益しか考えていない」

という人たちです。

頭がおかしいのではないか?というくらい人を辞めさせる人もいますので、管理職は頭を抱えますね。

子供を見ることは誰でも出来る仕事

子供を見ることは誰にでもできる仕事。

これについては「子供を見るだけならば」誰にでもできる仕事です。

しかし、保育園は「子供の健やかな成長」「発達に応じた保育」と言う点があります。

そのプロの視点は誰にでもできるものではなく、知識を持った人にしかできませんね。

適正な能力がない保育士もいる【仕事ができない】

適性な能力がない保育士もいます。

保育士として資格を取得したけれども、正社員になれない。

ずっと、契約社員なんて人もたくさんいます。

本当に仕事ができない保育士もいますので、そこは問題ですね。

→ 【保育士向け】仕事ができない人の特徴10選!イライラの対処と接し方

専門的な知識は必要な仕事【子供の発達】

保育士は子供を見ているだけではありません。

専門的な知識も必要としている仕事です。

特に、子供の発達に関してはしっかりと知識を持つ必要があります。

そこはプロの視点が必要ですね。

経験年数とスキルを持つこと【誰でも出来る仕事ではない】

経験年数とスキルは本当に保育士にとって必要です。

ここは経験年数を重ねるほど身に付くもので、誰にでも出来る仕事ではありません。

「誰にでもできる仕事ではない」と否定をする理由はここにあります。

高学歴な保育士もいる【国立・有名私大卒】

保育士の中には高学歴な保育士もいます。

国立大学、有名私立の大学を卒業して、一般企業へ就職をしてから保育士になるケースも。

低学歴と思われがちですが、中には高学歴な保育士もいることを理解しておきましょう。

保育士は頭が悪いのまとめ【馬鹿で低学歴な保育士もいる現実】

保育士は頭が悪いのまとめ【馬鹿で低学歴な保育士もいる現実】保育士は頭が悪いと言われる理由と対処法について書きました。

保育士は本当に子供のために奉仕の気持ちをもって仕事をしている人が多いです。

しかし、最低限の学力やマナーが必要。

足りていないなと感じたら、学ぶこともわすれないようにしてくださいね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → マイナビ保育士は最悪のウワサ!元保育士が実体験をもとにすべて暴露

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

・元保育士で園長や主任の管理職経験あり

【経歴】
認可(社福・公立臨職)と認可外保育園の現場経験 → 複数の保育園の運営マネージャー → 保育園園長 → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

・副業でブログと幼児教室・小学校受験講師

・認可保育園の研修でも使われているブログです♪

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

・元保育士で園長や主任の管理職経験あり

【経歴】

認可(社福・公立臨職)と認可外保育園の現場経験 → 複数の保育園の運営マネージャー → 保育園園長 → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

・副業でブログと幼児教室・小学校受験講師

保育士子育て世代とつながりたい

【簡単な紹介】

二人の子供がいるお父さん。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る