新人を育てるのが上手い人の特徴10選と仕事術のコツ【下手な人との違い】

新人を育てるのが上手い人の特徴10選と仕事術のコツ【下手な人との違い】

新人を育てるのが上手い人。

職場には新人を上手に育てる人っていますよね。

この記事では新人を育てるのが上手な人の特徴や、仕事術を書いていきます。



目次
  1. 新人を育てるのが上手い人の特徴10選【後輩や部下をやる気にさせる】
  2. 新人を育てるのが上手い人の仕事術【後輩や部下のやる気を引き出す】
  3. 新人を育てる人が上手い人と下手な人の違い【育成できない】
  4. 新人を育てるのが上手い人のまとめ

新人を育てるのが上手い人の特徴10選【後輩や部下をやる気にさせる】

新人を育てるのが上手い人の特徴10選【後輩や部下をやる気にさせる】

新人を育てるのが上手い。

そんな人には特徴がありますので、書いていきます。

1.褒めることを基本としている

2.一人ひとりに合わせた声かけをしている

3.丁寧にやり方を教える

4.わからないことはすぐに聞くようにさせている

5.失敗も含めてスケジュールに余裕がある

6.ある程度本人に任せてみる

7.最初は簡単な仕事からさせてみる

8.ミスをしても責めず改善点を伝える

9.目先ではなく将来を見据えている

10.フォローをする手間は惜しまない

1.褒めることを基本としている【教えるのが上手】

褒めることを基本としています。

上手に褒めて、相手の気持ちを盛り上げてくれますね。

褒めることが大事なことを知っているのです。

2.一人ひとりに合わせた声かけをしている【新人が大事】

一人ひとりに合わせた声かけをしています。

個別に声かけを変える。

そんな風に、人に合わせた声かけをするので新人も気持ちよく仕事ができます。

3.丁寧にやり方を教える【得意な人】

丁寧にやり方を教えることができますね。

何でも丁寧に。

そうやって、教えることが得意な人がたくさんいるのです。

4.わからないことはすぐに聞くようにさせている【上司が重要】

わからないことはすぐに聞くようにさせています。

「わからなかったらすぐに聞いて」

そうやって、わからないことをすぐに聞けるような環境を整えているのです。

5.失敗も含めてスケジュールに余裕がある【ポイント】

失敗も含めてスケジュールに余裕があります。

スケジュール管理も新人を育てる時には大事。

余裕をもって仕事に取り組めるようにしているのです。

6.ある程度本人に任せてみる【育成を大事に】

ある程度は本人に任せてみる。

新人であろうと、ある程度は本人に任せて仕事を見守ります。

そうやって、人材育成を大事にしているのです。

7.最初は簡単な仕事からさせてみる【教育のコツ】

最初は簡単な仕事からさせてみる。

新人は最初は不安で仕方がありません。

そのため、簡単にできることから本人に仕事させるのです。

8.ミスをしても責めず改善点を伝える【観察力を持つ】

ミスをしても責めずに改善点を伝えるのです。

ミスをしても改善点を伝え。

新人のやる気をそぐことなく、成長を見守るのです。

9.目先ではなく将来を見据えている【役割を理解】

目先ではなく、将来を見据えています。

そのため、今の新人の状況を分析していますね。

将来的に育てていくために、どうすべきかを考えているのです。

10.フォローをする手間は惜しまない【仕組みもつくる】

フォローをする手前を惜しまないです。

新人を育てるとなると、手間がかかります。

時間だって取られますが、育てていくためには手間を惜しまないことも大事ですね。

新人を育てるのが上手い人の仕事術【後輩や部下のやる気を引き出す】

新人を育てるのが上手い人の仕事術【後輩や部下のやる気を引き出す】

新人を育てるのが上手い人の仕事術をかいていきます。

どのようにしてやる気を引きだしているのでしょうか?

・日ごろからコミュニケーションを欠かさない

・話しかけやすい雰囲気を作る

・相談に来たら仕事の手を止める

・答えをすぐに言わず考えさせる

・やる気を引き出す声かけをしている

日ごろからコミュニケーションを欠かさない【尊敬をされる】

日ごろからコミュニケーションを欠かしません。

人と接するときに上手く関係を築きます。

日ごろから会話をしたりして信頼関係を築いているのです。

話しかけやすい雰囲気を作る【マネジメントのコツ】

話しかけやすい雰囲気を作っています。

話しかけにくいと、新人はなかなか言い出せません。

そのため、話しかけやすい雰囲気を常に作ることが大事ですね。

相談に来たら仕事の手を止める【今時のやり方】

相談に来たら仕事の手を止めます。

話しに来たときには、相手の目を見てきちんと話しをする。

そうやって相手に対して敬意をはらっているのです。

答えをすぐに言わず考えさせる【戦力にする】

答えをすぐに言わずに考えさせています。

すぐに答えは言わず…

上手に考えさせて指導をしているので、その人のスキルになります。

やる気を引き出す声かけをしている【考察を忘れない】

やる気を引き出す声かけをしています。

「今日のはよかったよ」「うまくできていたよ」

そんな風に声をかけてやる気を引き出しているのです。

新人を育てる人が上手い人と下手な人の違い【育成できない】

新人を育てる人が上手い人と下手な人の違い【育成できない】

新人を育てるのが上手い人もいれば、下手な人もいます。

その違いについてかいていきましょう。

見て覚えろと無理やり教える【余裕がない】

見て覚えろと無理やり教えます。

今の時代に「見て覚えろ」は無理ですね。

そのため、しっかりと1つずつ指導をする必要があるのです。

なんでわからないとすぐに叱責する【向いてる仕事とは?】

なんでわからない??

とすぐに叱責をすることですね。

叱責をすると新人はやる気を失い、退職を考えるようになってしまいます。

そのため、言い方というのはとても大事ですね。

余裕がなく話しを聞かない【職場の雰囲気が悪くなる】

余裕がなく話を聞かない。

自分に余裕がないと新人の話しを聞いたりもできなくなります。

職場の雰囲気も悪くなりますし…

ということで、余裕をもって話しをするようにしたいものですね。

説明が下手くそでわかりにくい【新人育成に向いていない】

説明が下手くそでわかりにくいですね。

新人育成には全く向いていないと言わざる負えません。

説明が上手な人、例えが上手い人が新人育成には向いています。

育成ではなく手伝いをさせてしまう【雑務を任せる】

育成ではなく、仕事の手伝いをさせてしまう。

これは育成ではなく、ただあなたの仕事がラクになっているだけですね。

育成をするためにはどうすべきかを考えることが重要なのです。

新人を育てるのが上手い人のまとめ

新人を育てるのが上手い人のまとめ

新人を育てるのが上手い人がいます。

その人たちが日ごろからしていることについて書いてきました。

これから新人を育成することになった人は、この記事を参考にしてくださいね。

人気記事 →

人気記事 →

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る