教えるのが上手い人の優しい?10つの特徴と下手な人がするダメ仕事術

教えるのが上手い人の優しい?10つの特徴と下手な人がするダメ仕事術

教えるのが上手い人は優しいのか?

上手に仕事や、色々なやり方を教える人っていますよね。

この記事では教えるのが上手な人の特徴や育成術について書いていきます。



目次
  1. 教えるのが上手い人は優しい?10つの特徴を解説【新人を育てる】
  2. 教えるのが上手い人は優しいのか?育成術を解説
  3. 教えるのが下手な人のダメな仕事術【上手い人は優しい】
  4. 教えるのがうまい人は優しいのまとめ

教えるのが上手い人は優しい?10つの特徴を解説【新人を育てる】

教えるのが上手い人は優しい?10つの特徴を解説【新人を育てる】

教えるのが上手で優しい人。

その人の特徴について書いていきましょう。

1.優しく丁寧に教える

2.わからないことある?と質問をして確認する

3.知らない前提で一から教える

4.手本を見せたりわかりやすい言葉を使う

5.具体的なやり方や例えを使う

6.言葉をメモを交えて伝える

7.小分けにして教える

8.わからない時は聞くように声をかける

9.アウトプットもさせて理解を深める

10.相手の期待の言葉をかける

1.優しく丁寧に教える【勉強も忘れない】

優しく丁寧に教えることができますね。

上手く、確実に、そしてわかりやすく。

そんな風に教えてくれるので、周りからも一目置かれる存在になります。

2.わからないことある?と質問をして確認する【下手な人とちがう】

わからないことがある?と質問をして確認をしています。

わからないことは?大丈夫?と言うように、質問をして確認をすることが多いですね。

その都度確認をしてくれるので、聞きやすい雰囲気になります。

3.知らない前提で一から教える【言い換えもわかりやすい】

知らない前提で一から教えることができます。

知らない前提というのは大事。

最初は誰だってわからないので、そこを教えることが出来る点は魅力といえます。

4.手本を見せたりわかりやすい言葉を使う【先輩として】

手本を見せたり、わかりやすい言葉を使います。

専門用語や、わかりにくい言葉は使いません。

誰でもわかるように伝えるのが上手です。

5.具体的なやり方や例えを使う【言葉もわかりやすい】

具体的なやり方や例えを使うことがうまいです。

例えによって理解度も変わりますよね。

上手にその当たりを伝えられるのは、教えるのが上手い人の特徴です。

6.言葉をメモを交えて伝える【仕事術】

言葉をメモを交えて伝えるのが上手です。

図として書いたり、時にはメモとして渡したり。

そうやって、言葉とメモを上手につかって伝えることができます。

7.小分けにして教える【最後まで伝えないことも】

小分けにして教えることができます。

最後まで一気に教えると、混乱をすることもあります。

そのため、時には小分けにして、分けて伝えることもあるのです。

8.わからない時は聞くように声をかける【想像力が大事】

わからない時は聞くように声をかけています。

「聞いてね」「わからなかったら呼んでね」と。

そうやって、わからない時は聞くように心がけてください。

9.アウトプットもさせて理解を深める【上達を見込む】

アウトプットもさせて理解を深めることも大事です。

教えたことを「言葉にしてみて」「伝えてみて」

そんな風に本当に理解をしているか、言葉にさせることもあります。

10.相手の期待の言葉をかける【相手を理解する】

相手へ期待の言葉をかけることもあります。

「いつも応援しているよ」「今日もがんばってね」

そんな風に、本人がやる気になるような言葉を書けることが多いです。

教えるのが上手い人は優しいのか?育成術を解説

教えるのが上手い人は優しいのか?育成術を解説

教えるのが上手い人が優しいですね。

上手な育成術について書いていきましょう。

進捗管理をこまめにする

わからない人の気持ちを理解して冷静に伝える

相手と会話をしながら教える

個人に合わせて教え方を変える

今ではなく将来像をイメージして伝える

進捗管理をこまめにする【上達させたい】

進捗管理をこまめにすることが大事ですね。

進み具合をみるという点はとても重要。

今はどう?進んでいる?

そうやって、進み具合を常に確認しています。

わからない人の気持ちを理解して冷静に伝える【先生と同じ】

わからない人の気持ちを理解して、冷静に伝えることができます。

わからない人の気持ちって、本当に難しい。

そこを理解するだけで、教えてもらっている人は気持ちがすごくラクになります。

相手と会話をしながら教える【新人と話す】

相手と会話をしながら教えます。

話しの中で、理解度を確認したり、アウトプットをさせたりします。

本人の確認のために、必ず行っていることなのです。

個人に合わせて教え方を変える【個性を大事に】

個人に合わせて教え方を変えています。

理解をする方法や、確認の仕方は人それぞれ。

そのために、個人に合わせて教えることを必ずしているのです。

今ではなく将来像をイメージして伝える【意識する】

今ではなく、将来像をイメージして伝えることが大事です。

将来像とは、未来の自分の姿や目標ですね。

その当たりをしっかりと理解して、伝えているのです。

教えるのが下手な人のダメな仕事術【上手い人は優しい】

教えるのが下手な人のダメな仕事術【上手い人は優しい】

教えるのが下手な人のダメな仕事術について書いていきます。

どんな点がダメなのか?書いていきましょう。

見て盗めが基本のスタンス【怒鳴ることもある】

見て盗めが基本のスタンス。

それでは誰もついてはきてくれませんし、わからないことが聞けません。

見て盗めよりも、しっかりと覚えて欲しいという気持ちが大事なのです。

失敗は聞かない人のせい【気持ちがわからない】

失敗は聞かない人のせいにすることです。

そもそも聞ける環境にしていたのか?

その当たりのモラルが大事だといえます。

教え方がわかりにくい【スピードがありすぎ】

教え方がわかりにくい。

単純に教えることが下手くそだといえます。

教え方がわかりにくいと、学ぶこともできませんよね。

早口でまくし立てて指導をする【理解ができない】

早口でまくし立てて指導をすること。

そもそも早口だと、何を言っているかわかりません。

ゆっくりと、丁寧に教えることが大事なのです。

仕事のゴールがわかりにくい【前提もわからない】

仕事のゴールがわかりにくいですね。

仕事は最終的に仕上げてほしいポイントがあります。

そこをしっかりと伝えないと、仕事が仕上がらないですよね。

教えるのがうまい人は優しいのまとめ

教えるのがうまい人は優しいのまとめ教えるのが上手い人が優しい。

上手に教えてくれる人ほど、サポートもしっかりとしており優しく感じられます。

そのため、教えるのが上手だといえますね。

どんな風に教えるか?とても重要だといえますので、この記事を参考にして優しい人を目指しましょう。

人気記事 →

人気記事 →

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る