人を巻き込むのが上手い人の特徴10選【協力を得られるリーダーの才能】

人を巻き込むのが上手い人の特徴10選【協力を得られるリーダーの才能】

人を巻き込むのが上手い人。

職場でも上手にまわりと一緒に仕事をする人がいますよね。

この記事では、人を巻き込むのが上手い人の特徴や仕事のコツについて書いていきます。



人を巻き込むのが上手い人の特徴10選【才能が必要】

人を巻き込むのが上手い人の特徴10選【才能が必要】

人を巻き込むのが上手い。

そんな人の特徴を書いていきましょう。

1.人を褒めることがうまい

2.感謝の気持ちを常に伝えている

3.コミュニケーション力が高い

4.仕事が出来る

5.周りからも信頼されている

6.仕事の段取りが的確

7.人をまとめる立場にある

8.的確な指示ができる

9.たくさんの人を育ててきている

10.責任を取る度量がある

1.人を褒めることがうまい【リーダーとしての素質】

人を褒めることが上手いです。

「上手だね」「よくできたね」

そんな風に人を褒めることが出来る点は、大きなスキルだといえます。

2.感謝の気持ちを常に伝えている【苦手でもありがとう】

感謝の気持ちを常に伝えています。

「ありがとう」「助かったよ」

そんな風に言葉で上手に伝える点は、一緒に仕事をする人からしても気持ちの良いものですね。

3.コミュニケーション力が高い【協力を得る】

コミュニケーション力が高いですね。

人を関わるのが上手く、いつも上手に接することができます。

コミュ力が高いと、うまく仕事をこなしていくことができますね。

4.仕事が出来る【周囲をうまく使う】

仕事が出来る。

とにかく、仕事ができる人というイメージ。

どんどん仕事をこなしていける人物だといえます。

5.周りからも信頼されている【相手を敬っている】

周りからも信頼されていることがあります。

人望もあつく、信頼も高い。

周りからも信頼をされているため、一緒に仕事をしていきたいと思える人なのです。

6.仕事の段取りが的確【能力もある】

仕事の段取りが的確です。

うまく仕事をこなしていくことが上手い。

また、段取りも完璧でうまく仕事をこなしていくことが可能なのです。

7.人をまとめる立場にある【会社でも上の立場】

人をまとめる立場でもあります。

いわゆる上司という立場の人ですね。

そのため、仕事を淡々とこなしていくことができるのです。

8.的確な指示ができる【信頼関係も上手】

的確な指示ができる人です。

そのため、人を巻き込んで仕事をしていけます。

どんどんこなしていけますので、周りもついていきやすいですね。

9.たくさんの人を育ててきている【支援者を増やす】

たくさんの人を育ててきている。

仲間を増やしてきているので、どんどん仕事をこなしていけます。

そうやって、自分を助けてくれる人材も育てているのです。

10.責任を取る度量がある【行動力もある】

責任を取る度量があります。

行動力もありますので、どんどん仕事もこなしていけますね。

「責任はわたしがとる」と、言ってくれるスキルをもっていますね。

人を巻き込む力があるリーダーの方法【上手い人がするコツ】

人を巻き込む力があるリーダーの方法【上手い人がするコツ】

人を巻き込む人のリーダーがしている方法があります。

そのコツについて書いていきましょう。

周りを味方につけておく【意識的に近づける】

周りを味方につけておきます。

まわりがいてくれることにより、スムーズに仕事もはかどるからですね。

見方を増やすって、本当に大事ですよね。

日ごろからコミュニケーションを取っている【自然と話しをする】

日ごろからコミュニケーションをとっています。

会話をしたり、雑談をしたり。

そうやって、話しをすることで、信頼関係を築いているのです。

巻き込んで仕事をすることが多い【魅力的な存在】

巻き込んで仕事をすることが多いです。

普段から「手伝ってほしい」「手をかしてほしい」

そんな風に、人を巻き込んで仕事をすることがたくさんあるのです。

協力を求める声かけをする【成功をするために】

協力を求める声かけをすることがあります。

成功するために大事なことですね。

「一緒にしてくれない」「ちょっと助けてくれない」

そんな風に、協力を求める声かけをすることを、日ごろからしているのです。

リーダーとして本気な態度を見せている【飛躍的にする】

リーダーとして本気な態度を見せています。

仕事をする上で、本気を見せるのは当たり前。

そうやって仕事をこなしていく上で「本気ですよ」という態度は常に見せているのです。

人を巻き込むのが苦手な人のダメ行動【上手い人との違い】

人を巻き込むのが苦手な人のダメ行動【上手い人との違い】

人を巻き込むのが得意な人もいれば、苦手な人もいます。

そんな苦手にしている人のダメな行動についても書いていきます。

ラクをするために助けを求める

自分がラクをするために助けを求める。

これは、自分のためであって、周りのためではありません。

そのため、誰もついてはきてくれませんね。

周りから信頼をされていない

周りから信頼をされていない。

信頼をされていないのに、周りを巻き込もうとする。

そのため、仕事をこなそうとしても、なかなかうまくいかないことが多いですね。

無駄に残業をすることが多い

無駄に残業をすることが多いですね。

周りを上手に使えず、自分も残業ばかり。

そうやって、無駄に仕事をすることが多い点は大きなデメリットだといえます。

仕事のスキルが低い

仕事のスキルが低いです。

そのため、なかなか周りがついてきてくれませんね。

スキルが低いため、誰も仕事を一緒にしてくれない現実があります。

損得勘定で行動をするか決める

損得勘定で行動をするか決めることがあります。

自分が得をするかどうか?

判断はそこなので、周りは誰もついてきませんよね。

人を巻き込むのが上手い人のまとめ

人を巻き込むのが上手い人のまとめ

人を巻き込むのが上手い人。

職場には上手に周りと一緒に仕事をこなしていける人っていますよね。

そんな人たちが仕事をでしているコツを、ぜひ参考にしてくださいね。

人気記事 →

人気記事 →

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る