新人教育がしんどい10つの理由と上手な育て方【丸投げはキツイ】

新人教育がしんどい10つの理由と上手な育て方【丸投げはキツイ】

新人教育がしんどい。

任されると光栄なことなのですが、その反面疲れてしまうこともありますね。

この記事では新人教育がしんどいと感じる理由や上手な育て方について書いていきます。



目次
  1. 新人教育がしんどい10つの理由【任せられる理由】
  2. 新人教育がしんどい!上手な育て方を解説
  3. 新人教育がしんどい!注意をすべきポイント
  4. 新人教育がしんどいのまとめ

新人教育がしんどい10つの理由【任せられる理由】

新人教育がしんどい10つの理由【任せられる理由】

新人教育がしんどいと感じる理由について書いていきます。

なぜ、そんな風に考えるのでしょうか?

1.慣れない仕事で疲れる

2.新人の育成は責任が重たい

3.自分の仕事をする時間がない

4.新人がハズレで育たない

5.上司からのプレッシャーがある

6.何度伝えてもできない

7.言うことを聞かずに悩む

8.育て方がわからない

9.質問ばかりされてイライラする

10.新人ができないと自分が責められる

1.慣れない仕事で疲れる【パートでも同じ】

慣れない仕事で疲れてしまいます。

新人教育は普段する業務とは違いますね。

そのため、いつもと違った疲れが出てしまうのです。

2.新人の育成は責任が重たい【したくない】

新人の育成は責任が重たいと感じてしまいます。

人を育てるってしんどさがあります。

その人の今後を左右する人になるため、どうしても責任の重さを感じてしまいます。

3.自分の仕事をする時間がない【教育係のしんどさ】

新人教育をすることで、自分の仕事をする時間がありません。

教育係のしんどさがあります。

自分の仕事をする時間が取れないと、時間がなく残業しか対処の方法がなくなりますね。

4.新人がハズレで育たない【正直キツイ】

新人がハズレで育たない。

新人が全く仕事できないと、自分もしんどくなります。

正直、新人が仕事できないとどうしようもないですよね。

5.上司からのプレッシャーがある【疲弊してしまう】

上司からのプレッシャーもあります。

新人を育てて一人前にすることは大事。

そのために、上司からもしっかりと育てるように指示されているのです。

6.何度伝えてもできない【手一杯になる】

何度伝えても出来ない新人もいます。

同じミスを繰り返されると余計にしんどく感じてしまいますね。

手一杯になり、疲労も溜まってしまうのです。

7.言うことを聞かずに悩む【ステップを踏ます】

言うことを聞かずに悩みます。

新人の中には反抗的な態度を取る人もいます。

そんな新人にあたると、疲弊してしまいますね。

8.育て方がわからない【上手に声をかけたい】

育て方がわからない人もいますね。

どうやって人を育てばよいのか?

どうやって関わればよいのか?

その当たりがわからないために悩んでしまうことがあるのです。

9.質問ばかりされてイライラする【理解力が必要】

質問ばかりされてイライラすることもあります。

新人は質問をすることが仕事。

しかし、ずっと質問をされると自分の仕事の時間が取れずイライラします。

10.新人ができないと自分が責められる【説明が辛い】

新人が出来ないと自分が責められます。

教育係になった人の責任と言うことですね。

出来ないと「なぜできないんだ」と、自分が責められてしまうのです。

新人教育がしんどい!上手な育て方を解説

新人教育がしんどい!上手な育て方を解説新人教育がしんどい。

そんな風に感じた時の上手な育て方についても書いていきましょう。

・初歩的なことから順序だてて教える

・簡単なマニュアルを作成しておく

・指示や指導は具体的にわかりやすく伝える

・信頼関係を築くために会話を多めにする

・簡単なことでも出来たら褒める

・週に1度は個別面談をする

・成長をしたら手を放して自立させる

初歩的なことから順序だてて教える【理解力を試す】

初歩的なことから順序だてて教えるようにしましょう。

色んなことをする際に、順番に教えることは大事です。

1つずつ丁寧に教えるようにしましょう。

簡単なマニュアルを作成しておく【指導方法を考える】

簡単なマニュアルを作成しておきましょう。

マニュアルがあれば、いちいち聞かれることはありません。

最低限のことがわかるようにマニュアルを作成しておきましょう。

指示や指導は具体的にわかりやすく伝える【根本の原因を理解】

指示や指導は具体的にわかりやすく伝えましょう。

いろんなことを伝える時に、わかりやすくは基本です。

難しい言葉があれば、かみ砕いて伝えるようにしてください。

信頼関係を築くために会話を多めにする【年上でも同じ】

信頼関係を築くために会話を多めにしましょう。

コミュニケーションは大事。

そのため、普段から話しをする機会を多く持っておきましょう。

簡単なことでも出来たら褒める【解決策を教える】

簡単なことでも出来たら褒める。

褒めることが基本だといえます。

「すばらしい」「その調子!」

そうやって本人のやる気を引き出してあげてください。

週に1度は個別面談をする【育成の方法】

週に1度は個別に面談をしましょう。

話しをすることにより、相手の考えもわかるようになります。

その点もふまえて週に1回は個別に話しをする機会も設けておきましょう。

成長をしたら手を放して自立させる【教育期間の終了】

成長をしたら手を放して自立をさせていきましょう。

新人の教育係だからといって、いつまでも一緒にすることはおかしいです。

ある程度仕事に慣れてきたと思ったら、少しずつ自分で仕事をさせるようにして下さい。

新人教育がしんどい!注意をすべきポイント

新人教育がしんどい!注意をすべきポイント

新人教育がしんどい。

そんな時の注意点についても書いていきます。

他の新人と比較をしない【戸惑ってしまう】

他の新人と比較をしないことです。

比較をすることにより、新人は落ち込むこともあります。

その人の良さを引き出してあげて下さい。

職場の愚痴や文句を聞かせない【人件費も必要】

職場の愚痴や文句は聞かせないようにしましょう。

新人は何も知らないので、変な知恵や知識を植え付けないこと。

そのような話しは新人にしないようにしてください。

イライラしても怒らない【ハラスメントになる】

イライラしても怒らないことです。

怒ることでハラスメントと言われる可能性もあります。

なので、理由を伝えて叱責や叱る程度にしておきましょう。

しんどいときはリフレッシュをして切り替える【休みも大事】

しんどい時はリフレッシュをして切り替えるようにしましょう。

休みの日には気分転換に出かけたり、気持ちを切り替えたり。

そうやって気持ちを切り替えることにより、気分もラクになります。

上司に使えないと報告をしない【新人を育てる】

上司に使えないと報告をしないことです。

どんな新人でも一生懸命がんばっています。

なので、使えないというのは間違い。

もちろん、教育係であるあなたも評価を下げることになってしまいます。

新人教育がしんどいのまとめ

新人教育がしんどい。

そんな風に感じることについて書いてきました。

誰もが慣れない業務なので、疲れてしまう気持ちがわかります。

そんな時はこの記事を参考にしてくださいね。

人気記事 → 保育士が退職代行を使うメリット3選【突然辞める時の手順と選び方】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る