保育士パートで使えない先生の特徴とは?【正社員の上手な仕事術】

保育士パートで使えない先生の特徴とは?【正社員の上手な仕事術】

保育士パートで使えない先生がいます。

もちろん、すごく頑張ってくれる先生もいるのですが、使えずできない先生に困り果てることも。

この記事では保育士パートで使えない先生の特徴や対処法について書いていきます。



目次

保育士パートで使えない先生の特徴5選【イマイチで問題あり】

保育士パートで使えない先生の特徴5選【イマイチで問題あり】保育士パートで使えない。

そうなると、正社員の負担はとても大きなものとなってしまいます。

そんな特徴について、書いていきましょう。

1.子供のかかわり方が下手くそ

子供とのかかわりが下手くそな保育士パートがいます。

声掛けが下手くそ、うまく対応ができないなど問題も多いですね。

上手に子供を扱えないため、本当に苦労をしてしまいます。

2.叱るではなく感情的に子供を怒る【言葉使いも問題】

子供を叱るのではなく、感情的に怒ってしまう点は問題です。

言葉使いが悪く、子供に対してきちんと関われない先生。

言葉使いは子供を育む保育園ではとても大事ですし、感情的になるということは未熟な保育士としか考えられません。

3.「パートなので」と責任ある仕事から逃げる

パート保育士として働くにも責任があります。

しかし、「パートなので」が口癖で、責任のある仕事や雑務から逃げる先生もいます。

たとえ、パートでも保育園で働くということは一定の責任が生じますので、これからの関係が大事といえます。

4.言い訳が多く仕事をしない【何を任せてもできない】

言い訳が多く仕事をしない。

仕事ができない人の特徴は言い訳をする、責任を転嫁するというもの。

また、任せた仕事がきちんとできていないという問題もあります。

言い訳や何も任せてもできない人は、パートとして使えない問題があります。

5.自分の立場だけは主張をする【保護者対応は前に出たがる】

自分の立場だけを主張する点も問題です。

保護者でも自分が気に入っている子供だけ前にでて、他の保護者にはいかない。

大事なことは正社員に任せて、何もないときだけ話をする。

自分の立場だけを主張するパートさんは使えないですね。

→ 保育士の正社員とパートの違いとは?仕事内容のメリットデメリット

保育士パートが使えない時の対処法【正社員の上手な指導方法】

保育士パートが使えない時の対処法【正社員の上手な指導方法】そんな保育士パートが使えない時の対処法をかいていきます。

イライラする気持ちがわかりますが、こんなときこそ冷静に対処をすると良いでしょう。

1.感情的にならず冷静に対処をする

感情的にならずに、冷静に対処をしましょう

使えない人を見ると、イライラする気持ちはわかります。

しかし、いつまでもイライラしていても仕方がありません。

感情的になるのではなく、冷静に対処をしてください。

2.園長や主任に相談をする【勤務態度について指導をする】

園長や主任に相談をしてみましょう。

勤務態度について注意をしてもらうなど、園長や主任に実際に勤務態度について報告をすべきです。

状態によっては減俸などの対処も必要かもしれません。

3.勤務開始の時点でパートの仕事内容を伝えておく

勤務開始時点でパートとしての仕事内容を伝えておきましょう。

・責任ある仕事もしてもらうことがある

・正社員のサポートをする

最初に伝えておくと、あとから「聞いていない」「パートなので」という言い訳からは逃れることができます。

4.子供の命を見るので責任を持たせる

子供の命を預かるので、あくまでも責任を持たせるべきです。

これも最初に「命を預かっている」ということを伝えてください。

もちろん、責任もかかることも理解してもらうべきですね。

5.コミュニケーションを取りお互いの意見や考えを知る

パートも正社員も関係なく、コミュニケーションを取るようにしてください。

お互いに意見や考えを共有し、どのような人物なのかを理解しましょう。

ご飯を食べたり、時には一緒に遊びに行ったりするとよりわかりやすいですね。

6.毅然とした態度でダメなことははっきりと伝える

毅然とした態度でダメなことは、はっきりと伝えましょう。

例えば、保育士パートでもダメなこと、困ることは「辞めてほしいです」と伝えるべき。

そのように伝えることで問題を未然に防ぐことができます。

7.使えない保育士パートから新たに人を雇う

あまりにも使えないならば、新たな人を雇うことにしましょう。

パート保育士なので、使えない、仕事ができないならば、契約終了で仕事を終えてもらうことも可能です。

勤務態度がひどいと使えない人なので、次の人を採用すれば問題ありません。

保育士パートが使えないと思われないための仕事術【正社員に従おう】

保育士パートが使えないと思われないための仕事術【正社員に従おう】保育士パートとしては使えないと思われることは避けるべき。

なぜならば、保育士としてこれからも仕事をしていく場合に支障がでるから。

そこで、保育士パートが意識すべきポイントを書いていきます。

積極的に動き正社員をサポートする【子供を見る】

保育士パートの仕事は正社員をサポートすること。

つまり、正社員を助けることが求められているのです。

正社員が困っているところに手が届くヘルプをしてあげてください。

子供とは丁寧に関わり大事なことは正社員へ報告する

子供とは丁寧にかかわりをもちましょう。

こまめにかかわりをして、大事なこと、気になったことは正社員へ報告をすべきです。

パートは子供を見ることが何よりも求められますね。

クラスの先生と積極的にコミュニケーションを図る

クラスの先生と積極的にコミュニケーションを図りましょう。

正社員でもパートでもクラスに入れば、担任です。

そこでコミュニケーションを取り、連絡を密にとることで仕事にもつながります。

こまめに話しをして連絡を密にとりましょうね。

→ 保育士パートの仕事内容と時給とは?求人面接の服装と履歴書の書き方

保育士パートで使えない人を採用しない方法とコツ【採用がポイント】

保育士パートで使えない人を採用しない方法とコツ【採用がポイント】保育士パートで使えない人を採用しない方法を書いていきます。

せっかく採用しても使えない保育士パートならば最悪ですよね。

それを避けるための方法があります。

転職サイトを利用して紹介をしてもらう

転職サイトに紹介をしてもらいましょう。

保育士パートが必要な場合は手数料はかかりますが、転職サイトの担当者の目を通っています。

過去の経歴なども聞くことができますので、変な人が来る可能性は低いです。

採用試験で保育実習に入れて仕事をしてもらう【現場が態度を見る】

採用試験で、実際に現場に入ってもらいましょう

午前中だけの仕事でも良いので、保育現場に入ってもらい実際に対応をしてもらってください。

また、一緒にご飯を食べて話しをしてもらっても良いですね。

働く先生が「この人となら仕事がしたい」と思える人を採用すべきです。

仕事開始の前に注意点をして伝える

仕事開始の日には注意点を伝えましょう。

パートの仕事内容とは、問題点とはという点はきちんと伝えるべき。

そして、契約書などもきちんと名前を書かせておきましょう。

あとからのトラブルを避けるためにも、最初に伝えることは大事です。

保育士パートが使えない特徴と対処法のまとめ【採用が重要】

保育士パートが使えない特徴と対処法のまとめ【採用が重要】保育士パートが使えないということがあります。

これは、どこの保育園でもあり得ますので、見極めをどうするかが大きなポイントですね。

いかに使えるパート保育士を採用できるかを考えてください。

もちろん、すごく頑張って働いてくれる保育士パートもいますので、そのような人と出会いたいものです。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクが最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
保育士ライフ運営責任者です。

【経歴】

・認可保育園で現場の経験あり。

その後は教育関係の会社に転職し管理職を歴任。

今は普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。。

今は営業のサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る