辞めないと思ってた人が辞める7つの理由【特徴と退職を止める方法】

辞めないと思ってた人が辞める7つの理由【特徴と退職を止める方法】

辞めないと思っていた人が辞める。

なぜ?急にどうしてと思いますよね。

この記事では辞めないと思っていた人が辞める理由や退職を引き止める方法について書いていきます。



目次
  1. 辞めないと思っていた人が辞める7つの理由【あっさり消えていく】
  2. 辞めないと思っていた人の特徴とは?辞めるなんて思わない
  3. 辞めないと思っていた人が辞める!退職を止める方法5選
  4. 辞めないと思っていた人が辞めるのまとめ

辞めないと思っていた人が辞める7つの理由【あっさり消えていく】

辞めないと思っていた人が辞める7つの理由【あっさり消えていく】

辞めないと思っていた人が辞める。

その理由について書いていきましょう。

1.職場の将来性に見切りをつけた

2.他に良い転職先が見つかった

3.仕事に飽きてしまい刺激を求めた

4.会社への愛情や気持ちが離れた

5.やりたいことが見つかった

6.将来の人生設計を考えて退職を決意

7.職場の給料や労働条件に不満があった

1.職場の将来性に見切りをつけた【急に辞める】

職場の将来に見切りをつけた可能性があります。

この職場では無理…

そう思った結果、急に辞めるなんてことが普通にあるのです。

2.他に良い転職先が見つかった【あっさりと辞める】

他に良い転職先が見つかった。

もしかすると、次の転職先が見つかった可能性があります。

辞めようと思って動いてきた結果かもしれませんね。

3.仕事に飽きてしまい刺激を求めた【辞められたら困る】

仕事に飽きてしまい、刺激を求めた。

今の仕事にはやりがいも刺激もない…

そう思って、自ら環境を変えようと動いたのかもしれませんね。

4.会社への愛情や気持ちが離れた【黙って去っていく】

会社への愛情や気持ちが離れた可能性があります。

もし、それを持っていたならば辞めていないでしょう。

会社への愛情や気持ちが、自然と離れていったのかもしれません。

5.やりたいことが見つかった【おとなしいけど未来を見ていた】

やりたいことが見つかったのかもしれません。

仕事をしながら、自分がやりたいことを探していたのかもしれませんね。

それが見つかったので、今後について考える機会になったのかもしれませんね。

6.将来の人生設計を考えて退職を決意【態度が変わっていた・介護】

将来に人生設計を考えて退職を決意したのかも。

今後の自分を考え。

その結果「辞める」という選択肢に行きついたのかもしれないですね。

7.職場の給料や労働条件に不満があった【仕事がしんどい】

職場の給料や労働条件に不満があったのかもしれないですね。

辞める人にとっては不満しかなかったのかも…

辞めるという選択肢は、仕方のないことかもしれないですね。

辞めないと思っていた人の特徴とは?辞めるなんて思わない

辞めないと思っていた人の特徴とは?辞めるなんて思わない

辞めないと思っていた人の特徴とは?

どんな点があるのかを書いていきましょう。

・いつも真面目に仕事をしている

・人を育てることが得意

・誰からも慕われている

・いつも笑顔で話もしやすい

・職場でそれなりの立場にいる

いつも真面目に仕事をしている【会社や上司から評判が良い】

いつも真面目に仕事をしている。

淡々と、黙々と。

そんな風に真面目に仕事をしている人が急に辞めるとなると、驚いてしまいますよね。

人を育てることが得意【自分も育ててもらった】

人を育てることが得意な人もですね。

人を育てるって難しいです。

しかし、育てること自体がなかなか難しいと感じてしまいますね。

誰からも慕われている【退職なんて思わない】

誰からも慕われている人ですね。

仲良くでき、誰からも仲良くしてもらえる。

そんな風な人が退職をするなんて…思わないですよね。

いつも笑顔で話もしやすい【従業員からも人気】

いつも笑顔で話しもしやすい人。

笑顔だと、ついつい話しかけてしまいがちです。

そうやって笑顔で話しをするってとても大事ですし、辞めて欲しくない人だといえます。

職場でそれなりの立場にいる【意外と上の人】

職場でそれなりの立場にいる人です。

辞めるの?え?となるポジションの人かも。

立場があると、辞めることはないと思っていますよね。

辞めないと思っていた人が辞める!退職を止める方法5選

辞めないと思っていた人が辞める!退職を止める方法5選

辞めないと思っていた人が辞める。

そんなときに退職を引き止める方法を書いていきます。

本当に辞めたいと思っている人は、愚痴なんて言わず、いきなり
辞めると聞いた事がありますが本当なんでし本当に辞めたいと思っている人は、愚痴なんて言わず、いきなり
辞めると聞いた事がありますが本当なんでしょうか?

(中略)

はいそのとおりです。辞める辞めると愚痴っているうちが華。
愚痴らなくなったと思ったらスパッと辞めます。

愚痴っている間は迷っているというか、辞めたいんだけど・・・の続きがある
などで踏み切れないと思って良いと思います。

再就職も面倒ですしね。待遇が良ければ迷うし、仲間がいればまた迷う。

そんなものをすべて捨てても辞めたいーーーーっって意思が固いときは早いですよ
即決です。でも社会人として早めに言うことは最低限しないとね^^;

(引用:Yahoo!お仕事カタログ「本当に辞めたいと思っている人」)

1.退職理由を聞き改善をする

2.待遇を良くして残ってもらえるように交渉する

3.辞められたら困ると心に訴える

4.ポジションを上げ裁量権を渡す

5.気持ちを変えてもらうようにトップが話す

1.退職理由を聞き改善をする【未練を持ってもらう】

退職理由を聞き、改善をすることですね。

どうして退職をすることになったのか?

そこを確認することで、解決の糸口を見出してみましょう。

もしかしたら、改善をすれば残ってくれるかもしれません。

2.待遇を良くして残ってもらえるように交渉する【仕事量の調整】

待遇を良くして、残ってもらえるように交渉をするようにしましょう。

待遇をよくすれば、気持ちが変わるかもしれません。

そのため、給料面で特に交渉をしてみると、効果があるかもしれませんね。

3.辞められたら困ると心に訴える【愚痴を聞く】

辞められたら困ると心に訴えるようにしてください。

本当に辞められたら困る。

その一点で何とか残ってもらえるように交渉をしてみましょう。

4.ポジションを上げ裁量権を渡す【何故?兆候も確認する】

ポジションを上げ、裁量権を渡しましょう。

あなたに任せる。

そうやって良い立場を用意し、給料も上げれば立場も変わってきます。

5.気持ちを変えてもらうようにトップが話す【決心ができない】

気持ちを切り替えてもらうようにトップが話す。

もう、直属の上司ではどうしようもありません。

ならば、直々にトップが出てきて「残ってもらえるように」交渉をしてみましょう。

辞めないと思っていた人が辞めるのまとめ

辞めないと思っていた人が辞めるのまとめ

辞めないと思っていた人が辞める。

本当に、そんなことってあるんですよね。

もし、困ったらこの記事を参考にしてくださいね。

人気記事 →

人気記事 →

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る