保育園の事務経理の求人は正社員?パート?【仕事内容と給料と服装】

保育園の事務員や経理の求人ははどのような形態なのでしょうか?

実は保育園と言えば、保育士や主任、園長という人たちにスポットライトが当たりがちな職場ですが、縁の下の力持ちとなっている事務の先生もいるのです。

なぜならば、保育園というのは保育士が子供を見て日誌などの書類をすること仕事がありますが、それ以外にも保育園を運営していくための事務的な仕事がたくさんあります。

例えば、子供の延長代などの雑費の請求や保育士の給与やボーナスなど目には見えない仕事があるのです。

この記事では保育園で必要不可欠な仕事である保育園の事務員について書いていきます。

記事を読み終えることで保育園の事務の仕事の内容や求人、給料、働き方について知ることができます。



保育園の事務経理の求人は正社員?パート?【仕事内容と給料と服装】

保育園には必ず事務員がいます。

保育園にとって事務員はとても需要な人材で、その名前の通り様々な事務作業をしてもらうことが基本となりますので子供を見るということはほとんどありません。

保育園の事務的な仕事が主な仕事で経理、受付、総務、広報など企業のように経理業務だけではなく様々な仕事があるのが特徴です。

もちろん大きな園になると複数人を採用しており役割を分担することもあり園によって対応も様々だといえます。

保育園の事務や経理の仕事内容を求人解説【服装は自由?】

園によって様々な仕事がある保育園の事務の仕事ですが、実際に仕事をするとなったら以下のようなものがあります。

項目仕事の内容
事務的な仕事・シフト、人事管理(※主任がするケースがほとんど)

・行政、役所への提出書類の作成

・園内の行事などのスケジュール管理

・社会保険に関する事務(健康保険や雇用保険など)

経理的な仕事・会計帳簿の記入

・給食関係の経理や材料の発注

・補助金申請書作成

・職員の給与計算と給与明細の作成

・集金管理(子供の雑費全般)

・発注、支払業務

・会計伝票発行

・決算、予算書作成

・月次試算表の作成

受付的な仕事・電話、来客対応

・保護者、職員の対応

・行政、役所への対応

・各種業者の対応

・見学者の案内(※主任がすることがほとんど)

総務・広報的な仕事・備品管理、発注

・ホームページの更新(職員がすることもあり)

・行事の手伝いなど

・緊急時に保育や給食室の補助など

このように見てみると幅広い仕事を保育園の事務員は求められているように感じます。

もちろん幅広い仕事を求められるのですが、保育園によって様々で一概に上記のような仕事をすべて求められるわけではありません。

子供の保育以外の仕事としてとても重要で職員や子供、保育園全体を支えるサポートで表に立つことはほとんどありませんが、なくてはならない存在であるといえます。

また職員が知ってはいけない情報を知ることになる(給料は補助金の動きなど)ため、信頼度も重要です。

服装は保育園に準ずる場合と、自由な場合がありますね。

保育園の事務と経理の違い

保育事務と経理の大きな違いは何でしょうか?

そもそも経理の仕事とは計算業務が基本となっており、給料や予算などお金に関した仕事をするのが一般的です。

このような計算業務の多い経理を担当する先生と、その他の事務をする先生と分けている園もあるほど多岐にわたります。

保育園の事務の仕事はただ経理業務をするだけでは難しく、どちらかと言えば事務的な仕事がすべて担当をしなければならない印象が強いですね。

小さな園だと経理から事務まですべてをこなす先生ももちろんいます。

保育園の事務や経理の求人と給料!雇用は正社員?パート?

保育園の事務の仕事をしたいという方は多いです。

保育士の給料が少ないなどの問題がありますが、保育園で働きたい、子供たちに囲まれた仕事をしたいという人は多く保育園の事務の仕事の求人倍率は高めとなります。

ここからは求人や保育園の給料雇用形態などについて書いていきましょう。

保育園の経理の求人は少ない?【正社員は少数】

保育園事務の求人は少ない?なんていわれていますが、それは本当です。

保育園の事務員は実質1人で上記の紹介をした仕事内容を事務、主任、園長で分けていることもあるため多くの人数を採用することはほとんどありません。

保育士の求人は子供の人数に対しての設置基準があるため、余剰も含めて採用をすることもありますが事務員を余剰に採用をすることはほとんどありません。

保育園の園長と主任が事務をして採用をしないケースもありますが、多くの園では1名が基本で多くても2名程度となります。

つまり、園の事務員が退職をしない限りは求人はでないため狭き門となっています。

求人の傾向としては、新規の保育園がたくさんできているため事務員の採用は少し増えていますのでそのあたりを狙ってみてはいかがでしょうか?

給料と雇用形態

事務員の雇用形態は園によって異なります。

正社員として1名採用をするケースもあれば、事務員はパートとしてしか採用をしないケースもありますので一概には言えません。

正社員は一日8時間の週5日勤務が定番となりますが、パートは週3日で一日3~5時間くらいが一般的です。

中にはパートを2名採用して分担制にしている園もあります。

正社員の給料は保育士と同じくらいで月給20~23万円程度となっており、パートならば時給1000円~1300円くらいが相場でしょう。

給料はそこまで高くありませんが、普段から子供たちと触れ合える点は大きな魅力ですね。

仕事内容の違い

正社員とパートの仕事内容に大きな差はなく、責任もある仕事です。

経理でパートといっても保育士などには言えないお金の情報を知ることになりますし、知っていても口にしてはいけないお金のこともありますしそれを触る仕事です。

正社員でもパートでも雇用形態が違うだけであって仕事内容に大きな差はありません。

保育園事務の服装はどんなもの?

保育園事務の仕事の服装は自由なところもあれば、園によってはポロシャツなど決まった服を着なければならないこともあります。

しかし、事務員といっても子供たちと触れ合う仕事となるため以下のような服装は避けておきましょう。

・スカートは避けておく。

・ワイドパンツなど動きにくい服装は避けておく。

・フードなどの服装は避けておく。

・高級な服は着てこない。

保育園で仕事をするため、子供たちと触れ合う機会も多いものです。

そのため、保育士を見習った服装にすべきですし、急に保育の手伝いももとめられることがありますので動きやすい、汚れても良い服装にしておきましょう。

また、急なことで汚れる場合もありますので着替えはロッカーにおいておくとよいです。

→ 保育士はエプロンは通販が安い!ひかりのくにが人気?男性はつける?

保育園の事務の求人の求められるスキル

保育園の事務の仕事で求められるスキルの1つとして大事なことは「パソコン」です。

保育士さんの多くは苦手にしている業務なのですが、パソコンで書類を作成したり、表計算を求められたりすることが基本となります。

特に表計算を入れたエクセルの書類が作れるなど大きなメリットとなる仕事です。

あとは計算にこまなくミスなく仕事ができるかも求められます。

経理業務は計算の間違いが補助金の申請や保護者とのトラブルになる大きな問題となります。

そのため、パソコンスキル、正確性が求められます。

また、そこに保育士資格を持っているといざというときの保育補助にも入れますので重宝されるでしょう。

保育園の経理の志望理由と自己PRの重要性【転職は経験者が◎】

保育園事務の求人に応募をするとなったら少ない求人数へ応募をしなければなりません。

そのため、面接へとつながったら志望理由と自己PRが重要となりますので以下のポイントを紹介していきます。

保育園の事務の先生となる人と私もいろいろと経験してきましたが、多くの先生は「事務経験がある」人が多かったですし、保育士資格を持っている人が多かったです。

そのため以下のような点をアピールすると良いでしょう。

・事務経験があり、その経験を活かすことができる。

・保育士や幼稚園経験があり、その経験から事務の仕事の改善をしたいポイントを伝える。

・事務を通して保育士の先生が働きやすい環境を作りたいという周りへの配慮を入れる。

この辺りは志望理由となりますし、次に自己PRとなるポイントを紹介します。

経理の自己PRになるポイント

志望理由と伝えたらあとは自己PRで保育園としてあなたを採用するメリットをあげるようにしましょう。

他の応募者に差をつけることできる自己PRですので使える人にはメリットがあります。

・保育士資格を持っており保育へのサポートへ入れる。

・保育園での事務経験があり精通をしている。

・主任や副主任など保育園での管理職経験がある。

このように保育園での経験や資格を持っていることは大きなメリットになりますので自己PRにいれましょう。

志望理由はどうする?事務や経理の効率化がキモ

例えば、保育士をしての現場経験があるのならばそこで経験をした業務上の不満や効率化について話しをすることができますし、改善のポイントを伝えることができます。

経験を活かして「園の業務の効率化」「先生たちの負担軽減」をアピールできればよいでしょう。

事務経理の経験があるのならば「経験を活かして業務の効率化に努めたい」が良いですし、過去の経験で成功事例があればアピールをすべきです。

→ 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

保育園の事務や経理の求人と給料のまとめ【転職で人気の業務】

保育園の事務はなくてはならない仕事です。

縁の下の力持ちとなる存在ですが、保育園はもちろん保育士さんをサポートする大事な仕事といえますね。

しかし、求人数はとてもすくなく狭き門ですので保育園で事務として仕事をしたいならば志望動機を自己PRは重要ですし、人間性も重視をされますのでがんばってアピールをしてください。

保育園の事務は元保育士や子育て中の主婦も多いです。

子供と触れ合う仕事がしたい、人とかかわりが持てる仕事がしたいという方はぜひ応募をしてみましょう。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士から違う仕事へ転職する方法!一般企業や異業種へ行ける?

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

takaです。

園長経験もある異色の元保育士。

子供はもちろんめっちゃ好き!!

今は副業サラリーマンとして、子供関係の仕事とWEB関係の仕事をしています。

保育経験と子育て経験を活かし、皆様のお悩みを解決できる記事を書いていきます♪

気になることや、書いてほしい記事があればお気軽にこちらへ連絡ください。

お問い合わせ

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtakaです。

【経歴】

・認可保育園で現場の8年、分園の責任者2年

・認可外保育園の立ち上げ2園

・インターナショナルスクールの園長経験あり

・幼児教室の教室長経験あり

現場の保育士から、管理職になり営業や運営、マネジメントに従事した異色の経歴があります。

【簡単な紹介】

現在38歳で奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!

趣味はキャンプと筋トレ、ランニングです。

今は副業サラリーマンをしており本業は子供関係の仕事。

副業はWEB関係でコンサルや個別相談、WEBマーケ。

それと保育コンサル、育児相談の2つの仕事をしています。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る