保育士のエプロンはカタログ通販が激安!くまのがっこうとひかりのくにが人気

保育士のエプロンは便利

保育士といえばエプロンというイメージも強いのではないでしょうか?

私は男性保育士だったのであまりつける機会はなかったのですが、乳児を保育しているときはエプロンをすることもありました。

勤務をする保育園にもよりますが、保育園が指定をする場合と自分で好みのエプロンを購入する場合もあります。

そこで、保育士に人気のエプロンの情報や激安で購入をする方法、人気のキャラクターや保育士がエプロンと付ける理由など保育士のエプロン情報をお届けしたいと思います。

どうしてエプロンを付けているの?

その前になぜ保育士はエプロンを付けているのか気になったので調べてみました。

保育士の制服といえば基本はジャージのズボンに夏はTシャツ、冬はトレーナーにエプロンというイメージが強いですね。

保育園や幼稚園が指定をしている場合にはキュロットとポロシャツにしているところも多いです。

そんな服装のイメージの保育士の世界ですが、なぜエプロンをつけているのでしょうか?

実はエプロンを付けている理由はいろいろと諸説がありますので紹介をしていきます。

エプロンを付けると子どもが近づいてくる

実はエプロンをつけることにより安心感を演出することができるため、エプロンを付けている先生も多いですね。

親しみやすさやお母さんといえばエプロンというほど母性の象徴といえるアイテムがエプロンだといえます。

私は男性保育士だったので、幼児には人気があったのですが乳児には全く人気がなかったんです。

しかし、ある日エプロンを付けてみると小さな子どもが膝の上に座りにきてくれた経験があります。

母親の象徴的な意味も込められているのがエプロンの象徴といえますね。

お母さんが家事をするときにはエプロンと付けて料理をしたり、洗濯をしたりします。

子どもも無意識のうちにそれを刷り込まれていますので安心感が生まれるという意味でエプロンを付けている先生が多いです。

万能で使いやすく、汚れても気にしない

保育は一見華やかな世界に見えますが、実際にはそんなことはなく3K(キツイ、汚い、危険と隣り合わせ)な仕事です。

もちろん来ている服が汚れることなんで日常茶飯事となっていますので汚れることも当たり前ですが、エプロンとしていればたとえ汚れても洗濯をすればよくなります。

そのため、汚れを防ぐという意味があります。

他にもズボンのポケットに物を入れてもすぐに出てしまいますし、入れられる量も限界がありますがエプロンはポケットも多いためいろいろなものを入れられますので保育で忙しい先生には重宝しますのでおすすめです。

様々なエプロンが売っているのですが、基本は勤務をしている保育園の決まりに従ってください。

最近はエックス型(X型)やエイチ型(H型)がスタンダードな形となっておりそれを使っている方も多いですね。

しかし、ベテランになるほどスモッグ型と呼ばれる背中まであるようなエプロンに代わっていくので見ていると面白いです。

ポケットにいろいろなものがを入れられる

保育士の仕事をしていると、いろいろなものを常に持っておかなければなりませんが、いちいちバッグをもって移動をしたりするような時間もないため結局はエプロンのポケットへ入れることが多いです。

例えば、子どもに危なくないようにしてペンを入れていたり、園児の女の子の髪の毛のゴムやヘアピン、急な連絡事項でもメモを取れるようにメモ帳などいろいろなものが入っています。

中には髪の毛がみだれている子どもの髪の毛をきれいにするためにいつもヘアブラシを入れたりしている先生もおり、単純に便利だからという理由でエプロンを来ている先生もいました。

また、乳児の先生だと常に指人形や小さなぬぐるみをもっていたり、エプロンシアターが常にできるようになっているエプロンを付けている先生もいましので、先生によって創意工夫をしているという印象です。

肌着が見えないように

保育士という仕事はどうしてもかがむことが多く、座ったり立ったりすることも多いためきちんと服を着ていても乱れてしまうことも多いですし、しゃがんだ時に腰の部分から下着が見えてしまうこともあります。

もちろん上の服を丈の長いものを着ていればよいのですがそれだけでは防げないこともあるためエプロンをして防いでいる女性の先生も多いようですね。

冬は防寒着の役割も

エプロンにはいろいろな素材があることから、夏は薄めの記事のエプロンを付けて、冬には少ししっかり目の生地のエプロンをすることにより防寒着の役割を担っているという点もあり、冬に重宝をしている先生もいます。

保育士という仕事は部屋に入ったり、外に出たりと結構あわただしく動く仕事なので急に外へ出なければならない場合でもエプロンをしていれば少しは防寒になるため着ているという先生は多いですね。

実は保育園でも建物が古いと床暖房などもないことから、部屋の中でも結構冷えますし保育園の先生は腰を痛めやすいので体の冷えは体によくありません。

そのな事情でエプロンを付けている先生も多いですね。

関連記事腰痛が保育士の退職理由で多いワケ

エプロンシアターとは?

エプロンシアターとはエプロンを使って物語を展開していく保育の技法となっています。

いろいろな物語があり、販売をしているものもあれば保育園の先生の手作りのものがありますね。

このエプロンシアターを使って発表会の劇への導入をしたり、歯科検診のために虫歯の話をしたりと保育の現場で役立つ遊びの1つとなっていますので活用してみましょう。

こちらはエプロンシアターの中でも定番の「大きなかぶ」ですので参考にしてみて下さい。

簡単に誰でもできますし、保育士だけではなく実習生でもできますのでおすすめです。

カタログのエプロンはひかりのくにが人気

「ひかりのくに」を知らない人もいると思います。

ひかりのくには大阪に本社がある保育用品を総合的に扱っている会社となっています。

そこのエプロンがかわいくてよいとして人気になっていますね。

ひかりのくににはいろいろなものが購入をできるポンパレモールというものを運営しています。

そこでにはたくさんのエプロンの扱いがありますので保育士には人気のサイトとなっています。

もちろん、男性もつけやすいデザインのものも多くありますので利用をしてみる価値は十分にあるといえますので購入をしてみてはいかがでしょうか?

お値段も1,000円~4,000円くらいのものが人気となっているのですが、保育士さんは毎日使いまわしをすることとなりますので数が必要となります。

まとめ買いをすると安い値段になる通販のエプロンサイトなども人気になっていますね。

ひかりのくにのカタログにも若干は掲載をされているのですが、かわいいものは少ないので通販などで探してみるほうが良いかもしれないです。

通販やしまむらで激安品を購入している先生が多い

エプロンの記事を書いていて気になったのが実際に保育士さんはどこで購入をしているのか?

またどんな柄や模様が人気なのか?勝手にランキングにしてみましょう。

完全にこのサイトの管理者の私による友人の保育士への聞き込みと独断と偏見で決定をしていますので「へ~そうなんだ」という軽い気持ちでご覧ください。

1,ディズニーキャラクター

2,はらぺこあおむし

3,くまのがっこう

4,アンパンマン

5,花柄

こんな風になっていますね。

私は実際に8人の保育士にアンケートをとったのですが、ディズニーは圧倒的な1位となっています。

ディズニーのエプロンを付けることにより、自分自身のテンションを上げるための意味もありますし、子どももディズニーが好きな子どもが多いため会話をしたり、近寄ってきてくれるという点で保育にも行きます。

面白い回答は「ディズニーになかなか行けないからエプロンで我慢をする」というものでした(笑)

最近は通販の中にもディズニーのエプロンのものが多くなっていますので、購入をしている先生も多いようですね。

先日も通販カタログが届いていると、アナと雪の女王があるエプロンがありました。

なかなかかわいいですね。

なるほどと思ったのですが、ある意味自分のテンションのためにもキャラクターのエプロンをしているという結論です。

購入先はひかりのくに、ジャクエツ、フレーベルなどの保育会社はもちろんですが、他のも通販の楽天やAmazon、ベルメゾン、しまむら、イオンなどの回答もありました。

選ぶ基準は「安い」「かわいい」だということでさすがは女子らしい意見だなと思います。

もちろん男性保育士の人は大きなサイズを購入する必要がありますのでネットで探したり、男性はコーナンやダイキ、ロイヤルホームセンターなどのホームセンター系で売っているものは丈夫で購入をしている人も多いみたいですね。

エプロンは保育園によってさまざま

保育士のエプロンについてはいろいろを感じていることや聞きたいこともある方も多いですが、そもそも保育士の先生は付けなければならないのか?男性保育士はエプロンをつけるのか?など気になる質問もあるようですので書いていきましょう。

着用は必須?

これは勤務をする保育園の保育方針によっていろいろと異なっており、付けなければならないところもあれば就けなくてもよい所もあります。

私の経験上になりますが、乳児クラスの0歳児~2歳児までは絶対に着用をしなければならないと言われてる保育園もあれば、0歳児のみつける保育園もありました。

特に乳児のクラスは小さな子供で急に嘔吐をしたり、おしっこを漏らしたり、鼻水やよだれが出ていたりと先生たちの服も汚れ安くなりますのでつけておくほうが先生たちにとっても都合の良いこともありますね。

また、最近は衛生面でもより厳しくなっていることから、汚物層用、木浴室用、調乳用など各部屋や場所によってエプロンを付け替えるうに指導をされていることも多いため細かく使い分けをしている保育園もあります。

担当制保育と呼ばれる保育を導入している保育園になると、食事の際には白い割烹着を着用しているところもありますね。

特に法律でエプロンの着用が義務化されているわけではないのですが、付けている先生は多いです。

その反面、幼児である年少以上のクラスになるとあまり着用をしていない先生が多くなっていますね。

男性保育士もつけるの?

私も乳児クラスへ入るときはつけるように言われていまたし、幼児クラスの場合はあまりつけることはなかったですが、男性保育士も関係なく仕事として保育園に勤務をしていますのでつける人が多くなっています。

フリーの時は乳児へ入るときは着用をしていましたし、園長先生からも衛生面のために着けておくように言われていました。

もちろん男性保育士も普通につけることがありますし、私もあまり気にしていなかったですね。

最近は男性の保育士さんも多くなっているため、大きなサイズというものも売り出されています。

男性保育士の中には体格も大きな人も多いのでとても役立つものとなっていますね。

エプロンの柄は自由?

これも保育園の方針によって異なっており、子どもに人気のミニオンやポケットモンスター、トーマス、アンパンマンなどを付けている保育園の先生もいれば、

保育園事態がキャラクターを禁止している場合もありますのでその保育園の考えによっていろいろというのが正直な感想です。

自由なところだと、好きなアップリケを付けて子供に興味を持ってもらえるようにしている保育園もありました。

しかし、保育園でキャラクターを禁止している場合には保育園内で作っているというケースもありますので園の方針に従うようにしましょう。

ブランド物のエプロンはあり?

私も今までの経験上なのですが、保育園の先生たちは就けているエプロンは結構汚れてもあまり気にしなくても良いものが多いですね。

その理由は最初に書いたように保育士がエプロンを付ける理由にあります。

結局汚れから身を守るというのが一番確実な方法となっていますので、そのためにつけていると言っても過言ではありません。

しかし、認可外の高級な保育園。

つまり料金が高くセレブな人しかこないような保育園では見たことがあります。

例えば、マリメッコやアンソロポロジー、フラーティエプロン、フォグネリアンワーク、ローラアシュレーなどを付けているのは見たことがあります。

もちろん保育園のコンセプトに似合うエプロンであればよいと思いますが実費だとブランド物のエプロンは辛いと思いますので避けておきましょう。

エプロンの作り方

保育士として仕事をしている人の中には裁縫が得意という人もいると思いますので、ここでは保育園へつけていけるエプロンの作り方をご紹介します。

もちろん最初から作るのが苦手という方は市販のエプロンを購入していろいろなキャラクターなどのアップリケをアイロンでくっつけるだけで見た目もかわいいエプロンが作れますのでおすすめですね。

ネットには介護用、保育士用、幼稚園の先生用などいろいろな売り方をネットでしているケースが多いことからブランドではないけれどもかわいい商品も多くなっていますので気になるエプロンを購入して刺繍などでリメイクをするという方法もおすすめといえます。

作り方は文字にするとわかりにくい部分もありますのでこちらの動画を参考のしてみてください。

簡単!エプロンの作り方

細かなサイズから切り方、縫い方など細かく紹介をしてくれていますのでとても簡単にできそうです。

動画の時間は約3分程度となっていますのでわかりやすいですよ。

直線だけで作れる!!かぶるだけエプロンの作り方

こちらは手芸が苦手な方でもできそうなくらい簡単です。

布を切る段階ですべて直線でできるというものですので誰でも取り組みやすいですね。

保育士のエプロンのまとめ

保育士のエプロンについていろいろと書いてきましたが、保育士さんがエプロンとしている理由はなかなか奥深いですし私も現場で付けているときにはとても「便利!」と感じることも多かったです。

もちろん活用もしやすいという点と、いざというときに子供を集中して待たせるためのアイテムにもなるという点で活用をしていました。

今は通販で激安で簡単に購入ができますし、ネットにはたくさんのエプロンがあります。

そこにもお気に入りがなければ自分の手で作ってみるという方法もありだと思いますので、自分の好みで活用をしてみてくださいね。

保育士の必須アイテム

保育士にとってエプロンというアイテムは仕事をしていく上で手放せないアイテムといえます。

それはもちろん汚れないようにするためという理由はあるのですが、子供が寄ってきやすいという理由があったり、いろいろなドラえもんのようなポケットになったりと便利な点も多いからですね。

私はあまりつけない主義なのですが、普段からエプロンを付けている先生からすると「こんな便利なものはない」と言っていますのでぜひつけてみてください。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育ライフ」へお越しいただきありがとうございます。

私、運営者のtakaと申します。

元現場の男性保育士で認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げ、集客などもしてきた異色の保育士です。

現在36歳、娘も2人います。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいと思いこのサイトを始めました。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る