保育士から違う仕事へ転職する方法!一般企業や異業種へ行ける?

仕事を探す女性

保育士から違う仕事へ転職をしたいけれども、どうやればよいのかわからないですね。

知り合いの保育士も事務をしたり、アパレルで働いていたりと保育士から一般企業へ転職をするケースがあります。

しかし、いきなり一般企業へ就職できるのか?どうすれば一般企業へ就職できるのか?わからないことも多く不安になります。

この記事では保育士から違う仕事へ転職をする方法について書いています。

※実際に保育士から一般企業へ就職した経験も含んで記事を書いています。



保育士から違う仕事へ転職する方法!一般企業や異業種へ行ける?

やりての女性のスーツ姿保育士から違う仕事へ行こうと思う人は多いです。

それは一種のあこがれのようなものもあるのですが、企業へ行けば今よりも充実した労働環境に代わるという願いがあります。

しかし、本当に行けるのか不安に感じる保育士さんもいます。

他にも「違う仕事がしてみたい」「スーツを着て仕事に行きたい」「子供を接するのに疲れた」などの理由から、保育士を退職して一般企業へ行く保育士がいます。

保育士から違う仕事へ転職する方法は求人サイトとエージェント

私が一般企業へ行ったのは「お金」と「労働環境」の面です。

将来を見越したときに保育士では給料面でも限界があったために一般企業へ行く覚悟をしました。

私が一般企業へ行った方法は簡単で「求人サイト」と「転職エージェント」の2つを活用することです。

登録をして情報をあつめて、あなたの興味のある業界について調べてみましょう。

>>【リブズキャリア】

※積み重ねたキャリアが活かせる女性専門の転職サイト。女性専門で非公開が多い。女性のコンサルタントは質が高く相談相手になってくれる。

>>【リクルートエージェント】

※転職実績ナンバー1。求人数が圧倒的に多い女性もたくさん希望職種に転職の成功している。

>>【doda】

※大手のインテリジェンスが運営する人気の転職サイト求人数は10万件と国内最大級。老舗の転職サイトなので実績も十分ある。

保育士から違う仕事へ転職するメリットデメリット

スーツで考える女性次に保育士から違う仕事へ転職をするメリットデメリットについて書いています。

保育士という仕事は特殊で他の仕事へ転職をした場合に「活きにくい経験」であることが多いです。

「子供を接する」仕事という時点で特殊です。

しかし、保育士から違う仕事へ行った際には「コミュニケーションスキル」は非常に能力として高いため活用できますね。

では、保育士と違う仕事へ行くメリットデメリットについて書いていきましょう。

保育士から違う仕事へ転職するメリット

まずは、保育士から違う仕事へ転職をするメリットについて書いていきましょう。

勤務時間が守られる

まず、一般企業は労務管理を徹底しているところも多いため勤務時間が守られるところが多いです。

企業の場合はタイムカードが導入をされており、個人の労務管理も徹底されています。

保育園のようにハンコだけの出勤簿になるようなこともないため、残業代を支払われるところも多いです。

休みが安定する

企業の場合は転職をする仕事によりますが、「土日祝日は休み」「週に2日は固定」など保育士のころと比べると休みはとても安定します。

そのため、仕事をするにしてもライフ&バランスがとりやすいというメリットがあります。

保育士は月曜日から金曜日まで仕事をして、土曜も交代で勤務をするというのが一般的な流れでしたが、企業の場合は全員休み、もしくはシフト制となるため休みが安定します。

残業が減る

残業は勤務をする職場によりますが、減ることが多くサービスではなくなります。

保育士はサービス残業が当たり前の仕事で、持ち帰りも多い仕事です。

それと比べると企業の場合は「持ち帰りはデータなので出来ない」こととなるため、持ち帰りもありませんし残業がそもそもないところもあります。

残業代が出る企業のあるため、保育士のころとは大きく変わりますね。

給料が将来的にアップする

給料は転職をしたから上がるのではなく、将来的に上がっていく可能性があります。

保育園の場合は補助金と採用をしている職員の関係でしか給料の分配はできませんが、企業の場合は売り上げに関係します。

そのため、売り上げが良ければ給料がアップしますし売り上げが悪ければ給料が下がります。

安定性を求めるならば保育士の方が良いですがね。

保育士から違う仕事へ転職するデメリット

次に保育士から違う仕事へ転職をすることになったときのデメリットについて書いていきます。

もちろん保育士という慣れた仕事から変わることにはリスクもありますね。

未経験の採用となり一番下っ端からのスタート

保育士として未経験の場合には一番下っ端としてのスタートとなります。

年齢や経験はほとんど関係なく、保育士として仕事をした経験はほとんど使えません。

ほとんどの仕事で雑務からのスタートとなりますので覚悟をしておきましょう。

給料は最初は低い

給料は最初は驚くほど低いスタートになります。

保育士から他の仕事へ転職をした場合には「未経験」となります。

未経験というのは新卒と同じ扱いとなるため、給料が高いという可能性がかなり低いです。

勤務先によっては保育園より過酷になる

勤務先によっては保育園へ勤務をしているときよりも過酷になる可能性があります。

ブラック企業へ就職してしまったり、今でも残業をすることが美学という会社に勤務をする、数字を取るまで帰れないという会社は今でもあります。

数字を求められるようになる

企業へ行くということはビジネスの場へ足を踏み入れることになります。

すると、未経験だろうが、仕事をしたことがなかろうが最終的には「数字を求められる」可能性が高いです。

ビジネスのため「売上」「結果」というのは保育士から企業へ転職をした場合に必ず求められる数字です。

ビジネスマナーを覚える必要がある

保育士のころは求められることもなかったビジネスマナーですが、企業へ行くと必ず求められるようになります。

名刺交換、電話対応、お茶出しなど求められますので学ばなければなりません。

保育士から異業種への転職は覚悟が必要

保育士から異業種へ転職をするということはかなり覚悟が必要です。

私は保育士という環境から一般企業へいき「数字を求めらえる」「結果がすべて」「給料は安定しない」ということを経験しました。

もちろん勤務をする会社にもよりますが、異業種へ行くということは未経験の仕事へ行くということなので覚悟が必要です。

保育士から一般企業への転職先はどこが人気?8つの行き先

スーツの女性次に保育士が異業種の仕事へいくときの転職先について書いていきます。

転職をするということは保育士にとっては勇気のいることです。

しかし、保育士か違う仕事へ行くことにより新たな環境で頑張れますし、ストレス解消やスキルアップにもつながりますのでメリットも多いです。

1.一般事務員

保育士として転職をする場合に一般事務員を希望する先生は多いです。

理由は、肉体労働である保育士の仕事に疲れてしまったというものですね。

そのためデスクに座って仕事をすることを目指す保育士さんは多いです。

2.受付

受付の仕事も一般事務員と同じ理由になります。

ずっと体を動かしていた仕事であったためそれ以外の仕事がしたい。

いろんな人と話す機会も多い受付を希望する保育士さんも多いです。

コミュニケーション能力が高い人が多いため、受付は向いているでしょう。

3.ウェディングプランナー

ブライダル関係のウェディングプランナーを目指す人も多いです。

ウェディングプランナーは結婚式を担当する仕事となるのですが、保育士として培ってきた経験を活かして結婚式の業界へ行く道があります。

新郎新婦と会話としながら結婚式を作っていく仕事ですのでやりがいも多く華やかな世界にあこがれてウェディングプランナーに転身する保育士さんがいます。

4.ショップ店員

ショップ店員になる保育士さんは、人と関わることが好きな人が多いです。

その経験を活かしてお店の店員になっていますね。

しかし、どんなショップ店員になっているのでしょうか?

アパレル

アパレルとは服のショップ店員になっている人がいます。

今まではジャージで保育をしていましたが、きれいな服を着て仕事ができますのでアパレルに憧れる保育士さんは多いですね。

ネイルも髪型も自由な点も魅力です。

携帯ショップ

携帯電話のショップ店員になる保育士さんもいます。

特に大手のドコモ、au、ソフトバンクなど大手の会社へ行くと給料も営業成績次第でアップが見込めますのでメリットが高いです。

飲食店

飲食店へいく保育士さんがいます。

飲食店といっても居酒屋などではなく、どちらかと言えば「おしゃれなカフェ」「スウィーツのお店」など可愛いショップに憧れるようです。

5.エステティシャン

保育士から美容系の仕事へいく方もいます。

エステティシャンはお店によって資格の取得が必要であったりする場合もありますが、研修ですぐに仕事ができるお店があります。

6.ネイリスト

ネイリストもユーキャンなどで簡単に資格が取得できるお店も多いです。

そのため、ネイリストを目指してお店へ勤める人も多いです。

ネイリストも華やかな世界で、爪をきれいにすることに憧れる保育士さんがいます。

7.医療事務

医療事務は資格として簡単に取得ができます。

取得さえしてしまえば、病院などで働くことができます。

結婚を機に保育士から医療事務へ行く方も多いですね。

8.営業

営業関係へ行く保育士さんもいます。

営業へ行く理由は「給料アップ」が一番の魅力であるためです。

営業は数字を求められますが、結果を残せば給料や収入を増やすことができますのでメリットが高いです。

保育士が違う仕事へ転職する時は未経験から【苦労を覚悟しよう】

履歴書書く女性保育士から違う仕事を目指す方は多いです。

その理由は保育士の退職理由でもある「低賃金」「人間関係」「労働環境」など保育士という仕事の過酷さが意味をしているのでしょう。

しかし、保育士から違う仕事へ行くということは「未経験」で仕事をしていくことになります。

そのため、新人という新たな気持ちで行くことが大事ですね。

私は先を見越して保育士から異業種である一般企業へいきました。

最終的には「保育士の給料から計算して約2倍」になっていますので、メリットが高いといえますね。

>>【リブズキャリア】

※積み重ねたキャリアが活かせる女性専門の転職サイト。女性専門で非公開が多い。女性のコンサルタントは質が高く相談相手になってくれる。

>>【リクルートエージェント】

※転職実績ナンバー1。求人数が圧倒的に多い女性もたくさん希望職種に転職の成功している。

>>【doda】

※大手のインテリジェンスが運営する人気の転職サイト求人数は10万件と国内最大級。老舗の転職サイトなので実績も十分ある。

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
保育士ライフ運営責任者です。

【経歴】

・認可保育園で現場の経験あり。

その後は教育関係の会社に転職し管理職を歴任。

今は普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。。

今は営業のサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る