保育士がピアスはダメな理由5選【開けたい・転職する時の注意点】

保育士がピアスはダメな理由5選【開けたい・転職したい時の注意点】

保育士がピアスをするのはどうなのでしょうか?

おしゃれアイテムの一つピアスは女性をきらびやかにするための一つのアイテム。

しかし、付けることが許されるのかは難しい問題もあります。

この記事では保育士のピアスについて書いていきましょう。



保育士のピアスがダメな5つの理由【子供にとってメリットなし】

保育士のピアスがダメな5つの理由【子供にとってメリットなし】

そもそも保育士のピアスはダメです。

これは、禁止をされているということ。

現在2歳の娘を保育園に通わせているのですが、娘の担任ではありませんが先生の方にピアスをあけている方がいらっしゃるのです。
しかも良く見
たら両耳3つずつあいています。
保育士という職でありながら、ピアスをあけるなんてありえないと思います。
その先生はピアス自体はつけていませんでしたが、ピアスの穴はちゃんとあいていました。
娘の教育に悪いですし、園に相談してなんとか退職していただきたいです。
私が気にしすぎているだけでしょうか?

(引用:Yahoo!知恵袋「保育士がピアス」)

そのダメな理由について書いていきましょう。

1.保育士のピアスは子供にとって危険である

2.保育士はアクセサリー全般がNG

3.保護者からの印象が良くない【危険】

4.保育園はおしゃれをする場ではない【子供を見る】

5.保育業界でピアスをすることはタブー【暗黙の了解】

1.保育士のピアスは子供にとって危険である【誤飲・怪我】

保育士がピアスをしていると、子供にとって危険です。

ピアスの部品が落ちたらそれを飲んでしまう誤飲の可能性もあります。

また、ピアスが子供にあたり怪我の原因にもなりますので、要注意ですね。

2.保育士はアクセサリー全般がNG【指輪・時計も】

保育士はピアスだけではなく、アクセサリー全般が禁止をされています。

時計に指輪(結婚指輪以外)などですね。

すべては子供の安全のためで、怪我の原因になるためです。

3.保護者からの印象が良くない【危険】

ピアスをしていると保護者からの印象も良くないです。

ピアスはあくまでもオシャレアイテム。

保育には全く必要ないですし、危険と思われます。

そのため、ピアスの印象は保育士にとってはよくはないですね。

4.保育園はおしゃれをする場ではない【子供を見る】

保育園はおしゃれをする場ではありません。

子供を安全に見る場所です。

そのため、ピアスやネックレスをする必要は全くありません。

5.保育業界でピアスをすることはタブー【暗黙の了解】

保育業界でピアスをすることはタブーとされています。

暗黙の了解で保育士にとってピアスはダメなものなのです。

そのため、ピアスをするときには気を付けておくべきだといえますね。

→ 保育士の服装と身だしなみはなぜ大事?おしゃれはよりも清潔感が重要

保育士がピアスを開けたいときはどうする?勤務中の対処法

保育士がピアスを開けたいときはどうする?勤務中の対処法

それでも保育士がピアスを開けたい。

保育園に勤務をしているときの対処法について書いていきます。

ピアスについて、どうすればいけるのか書いていきましょう。

ピアスホールを開けるだけなら問題なし【穴だけならばOK】

ピアスホールがあるだけならば、そもそも問題はありません。

そのため、日中の保育の時は何もつけない。

けれども穴だけは開いているというのは特に問題はありません。

穴のサイズにもよりますがね・・・。

透明なピアスをつけることもNG【衛生面・危険性】

次に透明なピアスをつけることもダメです。

いずれにしても危険であるため。

そして、衛生的にもうよくないため、透明なものも避けておきましょう。

プライベートでピアスをするのはOK【普段は自由】

プライベートでピアスをすることは何の問題もありません。

普段から自由に付けても問題なし。

遊びに行く、出かける時は自由に付けてくださいね。

ただし、出勤中は避けておく方が良いかもしれませんね。

ピアスは避けてメイクやネイルでおしゃれをすべき

ピアスは避けててメイクやネイルでおしゃれをするようにしましょう。

ネイルに関しても派手なものは避けておき、地味なもの。

しかし、爪をきれいにしておくだけでもテンションがあがりますよね。

きらっとした感じに仕上げておけば気持ちも、盛り上がります。

主任や園長に一度相談をしてみるべき【ピアスは信頼に関わる】

ピアスがどうしても開けたい。

ならば、主任や園長に相談をしてみましょう。

ただし、勤務をしてから開けるというのは「ダメだ」と言われて終わる可能性が高いです。

そのため、保育士として就職前に開けておく方が良いといえますね。

保育士がピアスをするときの注意点【転職への影響】

保育士がピアスをするときの注意点【転職への影響】

保育士がピアスを開ける時の注意点について書いていきます。

ピアスをしたいという気持ちはわかるのですが、保育士とするならば現実は厳しいですね。

ピアスは基本的に開けない考えを持とう【保育士の基礎】

保育士の基本的な考え方としてはピアスは開けないという考えを持っておきましょう。

ピアスを開けるということは保育士のとってメリットはありません。

普段に使いたいという方は、就職前に開けておきましょう。

保育士でピアスがOKな保育園はない【あきらめるべき】

保育士でピアスがOKな保育園はありません。

理由は最初に書いたように「危険がともなう」からです。

子どもを安全に見る場所である保育園で、保育士のピアスが危険な要因になってはいけませんね。

転職活動中もピアスをつけるのはやめておこう【隠すべき】

転職活動においても、ピアスは避けておきましょう。

ピアスをすることで、印象がよくなることはありません、

就職活動や転職活動においてピアスはマイナスとなってしまう可能性が高いです。

これから保育園で働こうと思っているならば、ピアスは避けておきましょう。

保育士のピアスのまとめ【基本は開けない方が良い】

保育士のピアスのまとめ【基本は開けない方が良い】

保育士のピアスについて書いてきました。

ピアスをしたいと思う保育士もいますが、基本は避けておくべきですね。

理由は危険性が高く、かつ保育に必要ないから。

ピアスはおしゃれでするものであり、保育にとっては必要ないものですね。

エプロンや靴下などで、保育士は仕事中におしゃれを楽しむようにしましょう。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクと保育士ワーカーを徹底比較【大手転職サイトの体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

・元保育士で園長や主任の管理職経験あり

【経歴】
認可(社福・公立臨職)と認可外保育園の現場経験 → 複数の保育園の運営マネージャー → 保育園園長 → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

・副業でブログと幼児教室・小学校受験講師

・認可保育園の研修でも使われているブログです♪

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

・元保育士で園長や主任の管理職経験あり

【経歴】

認可(社福・公立臨職)と認可外保育園の現場経験 → 複数の保育園の運営マネージャー → 保育園園長 → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

・副業でブログと幼児教室・小学校受験講師

保育士子育て世代とつながりたい

【簡単な紹介】

二人の子供がいるお父さん。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る