保育士の髪色や髪型は指定される?どこまで?ヘアカラーをする注意点

保育士の髪色や髪型は指定される?どこまで?ヘアカラーをする注意点

保育士という仕事は髪型や髪色に厳しいです。

もちろん、働く保育園によって異なりますが、中には黒髪しかダメなんてところも。

そのため、入職の際には十分気をつけたいですね。

この記事では保育士の髪色や髪型について書いていきます。



目次
  1. 保育士の髪色はどこまでよい?判断基準を解説【園の決まりに従おう】
  2. 保育士の髪色や髪型にルールがある理由3選【どうして決まりがあるの?】
  3. 保育士の髪色と髪型の決まりは厳しい?オシャレはどこまで?
  4. 保育士の髪色と髪型の注意点【転職や保育学生は気をつけよう】
  5. 保育士の髪色と髪型のまとめ【保育園のルールに従おう】

保育士の髪色はどこまでよい?判断基準を解説【園の決まりに従おう】

保育士の髪色はどこまでよい?判断基準を解説【園の決まりに従おう】

保育士の髪色の正解は?

これについては、働く保育園によって異なるというのが答えです。

ある意味自由なのですが、園によっては厳しいところもありますね。

保育園によって髪色のルールがある【決まりを守ろう】

保育園によって髪色のルールは違います。

すごく暗い色しかダメな保育園もあれば、明るい髪色でもOKな保育園もあります。

髪色に迷ったら、保育園のルールに従いましょう。

髪色は明るいのは禁止が一般的【暗めが理想】

髪色が明るいのは禁止です。

基本的には暗めが一般的な保育園のルール。

その理由については下に書いています。

保育士の仕事は子供が中心【髪色のオシャレではない】

保育士の仕事はあくまでも子供が中心。

そのため、髪色や髪型のオシャレではありません。

基本的に子供に向けてどのような仕事ができるかがポイントとなるため、暗めが好まれる傾向にあります。

インナーカラーやグラデーションはどうなのか?

インナーカラーといって一部を明るくする。

もしくはグラデーションで色を少しずつ変えるというのはどうでしょうか?

これについては、明るくて目立つ場合はNGの場合もあります。

園のルールに従う、上司に確認をしてみましょう。

赤色や青色など奇抜は色合いはNG【避けておくべき】

もちろん、赤色や青色など奇抜な色合いはNGです。

髪の毛の色はカラフルにいろいろとできますが、保育園ではダメなケースがほとんど。

基本は髪の毛の色はダークな感じにすべきだと言われていますね。

保育士の髪色や髪型にルールがある理由3選【どうして決まりがあるの?】

保育士の髪色や髪型にルールがある理由3選【どうして決まりがあるの?】

どうしてそんなに髪の毛の色や髪型にルールがあるのか?

保育園へ結構ルールに縛れてしまうことが多いですね。

その理由について書いていきましょう。

1.子供と接する仕事に髪色は必要ない考えがあるため【先生も環境】

2.保護者対応や業者などたくさんの人と会う機会があるため

3.職場の風紀やルールを設けて環境を整えている

1.子供と接する仕事に髪色は必要ない考えがあるため【先生も環境】

そもそも髪色や髪型など、おしゃれが必要ないという考え方があります。

子供と接することが重要で、先生も環境の1つ。

逆に明るい髪色や、奇抜な髪型は嫌われる傾向にあるのです。

2.保護者対応や業者などたくさんの人と会う機会があるため

保育士はたくさんの人と出会います。

保護者はもちろん、業者の人や園外へでたら、外の人など。

日ごろから色々な人と出会うことになりますので、髪の毛は派手にせず落ち着いている方が好まれます。

3.職場の風紀やルールを設けて環境を整えている

職場の風紀やルールを設けています。

一定のルールを設けておかなければ、仕事になりません。

そのため、髪色や髪型においては、ルールを設けて対応をしているのです。

→ 保育士の服装と身だしなみはなぜ大事?おしゃれはよりも清潔感が重要

保育士の髪色と髪型の決まりは厳しい?オシャレはどこまで?

保育士の髪色と髪型の決まりは厳しい?オシャレはどこまで?

髪色や髪型は決められている。

けれども、おしゃれには見せたいなんて思うこともあります。

そんな保育士の髪色や髪型はどこまでOKでしょうか?

ショートならばそのままでOK

ショートの髪型ならば、そのままで問題なしです。

特に結んだりする必要もなく、清潔感があれば問題はありません。

保育士に求められる髪色と髪型は清潔感【結ばないはダメ】

次に保育士に求められる髪色や髪型についてです。

やはり求められるのは清潔感

そのため、長い髪の毛などである場合には結ばなければなりません。

あとは、髪色や髪型にも清潔感は求められます。

髪色や髪型が自由な保育園は少ない【現場のルール】

髪色や髪型が自由な保育園は少ないです。

現場のルールとして、一定の規律をもっておく必要があります。

そのため、髪色や髪型については厳しく設定をしている園が多いですね。

髪の毛を結ぶゴムでおしゃれを【シュシュやゴムは自由】

髪の毛を結ぶゴムなどは自由です。

そのため、シュシュやゴムを使ってオシャレにするのは良いでしょう。

ただし、子供に危険がないようなゴムを選んでくださいね。

保育士の髪型でパーマは良いの?【適度な巻きはOK】

保育士の髪型でパーマは良いのか?

髪の毛が長くなって結んでも良ければパーマは問題ありません。

適度な巻きなどは十分可能となります。

保育士の髪色と髪型の注意点【転職や保育学生は気をつけよう】

保育士の髪色と髪型の注意点【転職や保育学生は気をつけよう】

保育士の髪色や髪型の注意点について書いていきます。

転職や保育学生は十分気をつけたいですね。

そんな気を付けるべき髪色について、書いていきましょう。

就活や転職者の髪色は抑えておくべき【ダークが理想】

就活や転職者は髪の毛の色を抑えておきましょう。

ダークな感じが理想で、真面目な印象を残しておべきですね。

相手に髪の毛の色で悪い印象にならないように、気をつけましょう。

保育学生や研修期間中は髪の毛を染めないこと【色を付けるのはNG】

保育学生や研修期間中は髪の毛を染めないようにしてください。

色を付けるのはNGで、黒髪が理想です。

学生は染めることは避けるべきですし、研修期間中は周りの先生をみて決めるようにしましょう。

1年目の新人保育士は他の先生を見て染めよう【先輩を見る】

1年目の新人保育士は他の先生を見てから染めましょう。

最初から無理に髪の毛を染める必要はありませんし、染めることによって先輩から目をつけられることも。

先輩を見たり、一緒に組んでいる先生に相談をしながら徐々に染めていきましょう。

男性保育士は黒色で髪の毛の色を整えておこう【真面目に見える】

男性保育士は髪色は黒髪で整えておきましょう。

無理に染める必要もありませんし、黒髪で真面目に清潔感を出しておけば問題なしです。

髪色がわからない時は園長や主任にルールを確認しよう

髪色に迷ったり、わからない時は園長や主任にルールを確認しましょう

正直に「どこまでの色ならばOKですか?」と。

髪色をしっかりと教えてもらうことができれば、あとは整えていくだけだといえますね。

保育士の髪色と髪型のまとめ【保育園のルールに従おう】

保育士の髪色と髪型のまとめ【保育園のルールに従おう】

保育士の髪色や髪型について書いてきました。

正直、どんな髪色や髪型について迷うこともあるでしょう。

基本は暗めにしておくべきであり、明るい色にするならば上司に相談をしたりする方が良いですね。

奇抜な色であったり、髪型にすることは避けておく方が良いです。

保育士はあくまでも子供と接する仕事でありますので、髪色や髪型にこだわるよりも保育を磨きましょうね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育のお仕事の最悪は本当?しつこい口コミ評判について元保育士が暴露

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る