職場の人間関係をドライにすべき理由5選【割り切るコツを解説】

職場の人間関係をドライにすべき理由5選【割り切るコツを解説】

職場の人間関係はドライが一番?

そんな風に言われることもありますが、実際にどのような理由やメリットがあるのでしょうか?

この記事では職場の人間関係をドライにする理由やメリット、特徴やコツについて書いています。



目次
  1. 職場の人間関係をドライにすべき5つの理由【群れると問題も多い】
  2. 職場の人間関係をドライにするメリット【プライベートも充実する】
  3. 職場の人間関係をドライにできない人の特徴5選【冷たい人に見える】
  4. 職場の人間関係をドライにするコツ【くだらない関係は必要なし】
  5. 職場の人間関係はドライにすべきのまとめ【距離感と関係性が大事】

職場の人間関係をドライにすべき5つの理由【群れると問題も多い】

職場の人間関係をドライにすべき5つの理由【群れると問題も多い】

職場の人間関係をドライにすべき理由があります。

まずは、その理由について書いていきましょう。

1.人間関係はフラットでストレスが少ない

2.友達にならないので職場の人間関係と割り切れる

3.仕事に集中できるようになる

4.面倒な人間関係のトラブルに巻き込まれない

5.指摘を受けても受け入れやすい

1.人間関係はフラットでストレスが少ない【相手もラク】

人間関係はフラットになります。

無駄な人間関係もないので、気持ち的にも楽ですね。

人によって差があるとしんどく感じますが、ドライにすれば関係性はみんなフラットになるのです。

2.友達にならないので職場の人間関係と割り切れる【円滑な関係】

職場の人と友達になることもない。

そのため、人間関係も割り切ることができますので、円滑な関係をキープできます。

無理に関係性を作る必要もないので、正直ラクですね。

3.仕事に集中できるようになる【距離感が大事】

仕事に集中ができます。

人間関係がいろいろとあると、仕事に集中できないことも…。

しかし、ドライに仕事をすれば適度な距離感も保つことができるので、仕事に集中しやすくなります。

4.面倒な人間関係のトラブルに巻き込まれない【苦手な人も多い】

面倒な人間関係のトラブルに巻き込まれることもありません。

ドライに接しておけば、無理に人間関係を作る必要もないのです。

苦手な人とも適度な距離で接することができます。

5.指摘を受けても受け入れやすい【確認もしやすい】

仕事の指摘を受けたとしても、ドライに普段からしているので受け入れやすいです。

無駄に腹が立ったり、受け入れにくくなることもありませんね。

職場の人間関係をドライにするメリット【プライベートも充実する】

職場の人間関係をドライにするメリット【プライベートも充実する】職場の人間関係をドライにするメリットがあります。

どうしても人間関係はストレスがかかるので、しんどい部分がありますよね。

プライベートと仕事を分けられる【時間の上手な使い方】

プライベートと仕事を分けられます。

しっかりと分けることができるため、気持ち的にもすごくラクになるでしょう。

人間関係をしっかりと分けることも大きなメリットだといえます。

誰とでも公平に接することができる【意識して関わる】

誰とでも公平に接することができます。

ドライでフラットな関係なので、変に意識をすることもありません。

いつも冷静に落ち着いて接することができますね。

人間関係に悩むことが減りストレス軽減【嫉妬もない】

人間関係に悩むことが減ります。

職場の人との関係性はとてもドライでフラット。

そのため、嫉妬などもありませんし、自分自身も冷静にいつも接することができるのです。

→ 保育士の複数担任はストレス【人間関係が合わない嫌いな時の対処法】

職場の人間関係をドライにできない人の特徴5選【冷たい人に見える】

職場の人間関係をドライにできない人の特徴5選【冷たい人に見える】

職場の人間関係がドライな人はいます。

そのような人たちの特徴はどんな感じなのでしょうか?

「冷たい人」と思われがちなので、気をつけたいですね。

1.他人に興味がない人だと思われやすい

2.感情の起伏が少なく落ち着いている

3.マイペースで自分の意思がはっきりとしている

4.周りの人の目や評価を気にしていない

5.打ち解けるまで冷たい人・怖い人だと思われがち

1.他人に興味がない人だと思われやすい【実は優しい人】

他人に興味がない人だと思われがちです。

しかし、実際には優しい人も多く、あえて割り切っているという感じですね。

別に他人に興味がないというわけではないのです。

2.感情の起伏が少なく落ち着いている【女性は冷静に対処しよう】

感情の起伏はあまりありません。

いつも冷静に落ち着いて仕事をすることが出来ています。

ドライに接しているので、あまり変化がないというのが正直なところです。

3.マイペースで自分の意思がはっきりとしている【性格的なもの】

マイペースで自分の意思がはっきりとしています。

性格的なものもありますが、ドライに接しているのでいつも冷静です。

落ち着いて何事も対処できる点は、大きなメリットだと言えるでしょう。

4.周りの人の目や評価を気にしていない【行動で結果を残す】

周りの人の目や評価はあまり気にしません。

ドライな関係性を大事にしているので、人からの評価よりも自分自身をどうするか考えています。

行動で結果を残せるタイプが多いですね。

5.打ち解けるまで冷たい人・怖い人だと思われがち【サイコパス】

打ち解けるまでは冷たい人、怖い人だと思われがちです。

サイコパスではないの?なんて誤解を生むことも…。

しかし、実際に接してみるとそんなことはなく、ただドライな人というイメージです。

職場の人間関係をドライにするコツ【くだらない関係は必要なし】

職場の人間関係をドライにするコツ【くだらない関係は必要なし】

職場の人間関係はドライにしたいけれども…

簡単には行かないのが正直なところ。

そこで、ドライに接するコツを書いていきます。

人と群れないようにする【ウェットな関係にならない】

まずは、人と群れないようにしましょう。

色んな人と群れてしまうと、どうしてもドライな関係は難しいです。

適度な距離感を持って、人と接するようにしてください。

嫌なことははっきりと断る勇気を持つ【上手に言おう】

イヤなことははっきりと断る勇気を持つようにしましょう。

ただし、ドライに接しているので、言い方がきつく感じられるかもしれません。

そのため、上手な言い方をすることは大事なコツです。

職場は仕事をする場所と割り切る【仕事に向いている】

職場は仕事をする場所だと割り切りましょう。

人間関係で悩む人も多いですが、あくまでも仕事をする場所だとわかっておきましょう。

仕事は仕事、プライベートはプライベートと割り切りましょう。

深入りをしないようにしている【馴染まない選択】

深入りはしないようにしましょう。

馴染み過ぎると、余計にしんどく感じてしまうこともあります。

適度な距離感を保つこともとても重要。

深入りをすると、ドライな人間関係が崩れてしまうかもしれません。

プライベートなことは話さない・聞かない【孤立も怖くない】

プライベートなことはできる限り話さない。

そして、聞くこともしないようにしましょう。

プライベートなことを話すとドライな関係は続きません。

適度な距離感を保つようにしてください。

職場の人間関係はドライにすべきのまとめ【距離感と関係性が大事】

職場の人間関係はドライにすべきのまとめ【距離感と関係性が大事】

職場の人間関係はドライにすべきですね。

無駄にストレスや面倒なことをしなくて良いためです。

適度な距離感をもって関係を築くように意識をしていきましょう。

人気記事 → 保育士が退職代行を使うメリット3選【突然辞める時の手順と選び方】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る