自分の意見をはっきり言う部下への上手な対処法と問題点【特徴がある】

自分の意見をはっきり言う部下への上手な対処法と問題点【特徴がある】

自分の意見をはっきりという。

そんな部下がいますが、どのように対処をすればよいものでしょうか?

この記事では自分の意見をはっきりという部下の対処法や特徴について書いていきます。



目次
  1. 自分の意見をはっきり言う部下への上手な対処法7選【どう指導する?】
  2. 自分の意見をはっきり言う部下の特徴【正論ばかり言う】
  3. 自分の意見をはっきり言う部下の問題点
  4. 自分の意見をはっきり言う部下のまとめ

自分の意見をはっきり言う部下への上手な対処法7選【どう指導する?】

自分の意見をはっきり言う部下への上手な対処法7選【どう指導する?】

自分の意見をはっきりと言う。

そんな部下の上手な対処法を紹介します。

1.一つの意見だと聞いておく

2.言い方に気を付けるように指導をする

3.何でも言えばよいというものではないと指導する

4.先輩から注意をさせる

5.部下が活きる配属先へ人事異動をする

6.褒める部分と注意する部分を伝える

7.叱責をして正すように伝える

1.一つの意見だと聞いておく【優しい対応】

一つの意見だと聞いておくようにしましょう。

部下の言葉をすべて受け止めるわけにはいきません。

あくまでも1つの意見として頭の入れておくくらいにしておきましょう。

2.言い方に気を付けるように指導をする【ズバズバ言う】

言い方には気を付けるように指導をしましょう。

何でも言えばよいものではありません。

言葉も選ばなければならないこともあります。

そのため、あまりにもひどい時は指導をしましょう。

3.何でも言えばよいというものではないと指導する【文句はダメ】

何でも言えばよいというものではない。

そんな風に指導をしましょう。

意見をはっきりと言えるのはすごいこと。

ただし、言ってはいけない時もあるのです。

4.先輩から注意をさせる【ハッキリ伝える】

先輩から注意をさせることも大事ですね。

ひどい時には先輩からも始動をさせましょう。

意見という時に、はっきりと言ってよい時。

その逆にオブラートに包まなければならない時もあるのです。

5.部下が活きる配属先へ人事異動をする【尊重する】

部下が活きる配属先へ人事異動をする。

部下にとって意見をいう場が必ずしも正解とは限りません。

間違っていることも考えられますし、適材適所もありますので考えてみましょう。

6.褒める部分と注意する部分を伝える【ダメなポイント】

褒める部分と注意をする部分を伝えるようにしましょう。

褒めるときは褒める。

ダメなときはしっかりと注意をする。

メリハリをつけて対応をするようにしてくださいね。

7.叱責をして正すように伝える【上司から嫌われる】

叱責をして正すように伝えましょう。

叱ることは大事。

そのため、あまりにも逸脱している場合には指導も1つの方法です。

自分の意見をはっきり言う部下の特徴【正論ばかり言う】

自分の意見をはっきり言う部下の特徴【正論ばかり言う】

自分の意見をはっきりいう部下。

そんな人の特徴についても書いていきましょう。

・意見を言うことが悪いと思っていない

・言葉を発信することが得意

・立場に関係なく言える度胸がある

・場や雰囲気を読むことが苦手

・正論をぶつける覚悟を持っている

意見を言うことが悪いと思っていない【相手のことは無視】

意見を言うことが悪いとは思っていません。

部下からすると意見を言って当たり前。

もちろんあくまでも自分の意見だと思って発言をしています。

言葉を発信することが得意【周囲への影響がある】

言葉を発信することが得意です。

発言はなかなかできるものではありません。

しかし、自分の意見をはっきり言えるスキルを持っているのです。

立場に関係なく言える度胸がある【全面的に言える】

立場に関係なく言える度胸があります。

自分が意見をいうことをなんとも思っていません。

伝えるスキルに関してはしっかりともっています。

場や雰囲気を読むことが苦手【一番大切なことが欠如】

場や雰囲気を読むことが苦手です。

自分の意見をはっきりと言う。

ただし、周りの吸気を読んだりすることは、少し苦手にしているのです。

正論をぶつける覚悟を持っている【尊重できないことも】

正論をぶつける覚悟をもっているのです。

意見を言えるスキルがあるというのはそのようなスキルに長けています。

しっかりと自立をした人だともいえますね。

自分の意見をはっきり言う部下の問題点

自分の意見をはっきり言う部下の問題点

自分の意見をはっきりという部下。

もちろん、すこいスキルではありますが、問題点もあります。

上司に対しても自分の考えをはっきり言えてしまうのはダメですか?

私はプライベートでも仕事でも、友達でも後輩でも上司でもはっきり自分の意見を伝えてしまいます。
もちろん上司に対して
言い方は気にして、そしてある程度の根拠を持ってから意見を述べます。
ただ白熱すると、明らかに喧嘩みたいな雰囲気になってしまいます

(中略)

どんなに正論で同僚も皆賛成してくれてる考えであろうと上司に思ってる事一から十まで主張するのは子供のやる事です。また、ここは日本です。YES NOでコミュニケーションが通じる外国の文化は適応されない。

(引用:Yahoo!知恵袋「上司に意見を伝えてしまう」)

チームとして仕事をするのには向かない【直情的で問題】

チームとして行う仕事には向きません。

仕事をする上で、向いていない部分があるのは正直なところ。

周りに気を使ったりできないためですね。

職場から敬遠される存在になる【自己主張がキツイ】

職場からは敬遠される存在です。

自己主張と思われて「あいつといると同類と思われる」という意見が多数。

そのため、周りに同僚もあまりいませんね。

上司からの評価は分かれる【言葉遣いにも注意】

上司からの評価は分かれます。

意見をはっきりと言えるため、良いと思ってくれる上司がいれば。

その逆に良いとは思えない上司もいます。

会社の風土によっては異端児を思われる【居づらくなる】

会社の風土によっては異端児を思われます。

意見を言うことを良しとしない職場もあります。

その場合は、異端児だと思われて敬遠されがちですね。

指導をする上司や先輩が苦労をする【時間も必要】

指導をする上司や先輩も苦労をします。

意見を言うことで、トラブルになることも…

その結果周りの先輩たちが事後処理に追われることもあるのです。

意思決定をしたがると問題【役員からも嫌われる】

遺影決定をしたがると問題になることもあります。

意思決定は上がするもの。

部下の意見1つで変えることはできないですよね。

誰からも尊敬されない【モデルにはならない】

誰からも尊敬されません。

意見を言えるのはスゴイことなのですが…

職場では浮いた存在になってしまうことも…

そうなると、誰からも尊敬されないことも考えられるのです。

自分の意見をはっきり言う部下のまとめ

自分の意見をはっきりと言う。

その部下はよくも悪くも取られる存在です。

上司も上手に対応をしないと、後でトラブルになることも考えられます。

そのため、この記事の対処法を参考にしてくださいね。

人気記事 → 保育士が退職代行を使うメリット3選【突然辞める時の手順と選び方】

人気記事 → 【結論】保育士バンクの求人へ応募すべき!転職に成功した実体験

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る