保育士が在職証明書で連絡したくない理由【転職先が元職場にバレる問題】

保育士が在職証明書で連絡したくない理由【転職先が元職場にバレる問題】

保育士が在職証明書で連絡をしたくない。

在職証明書は保育園に勤務をしていたという証明をする書類です。

これは、転職をしたときに必要なもので、元職場からもらわなければならないものですが、連絡をしたくないと思っている保育士もいますね。

この記事では保育士が在職証明書で連絡をしたくない理由について書いていきます。



保育士が在職証明書で連絡したくない【転職で必要な理由】

保育士が在職証明書で連絡したくない【転職で必要な理由】

在職証明書とは「保育士として仕事をしていた」という証明をする書類です。

保育園では提出を求められることが多く、認可では補助金のために必須な場合もあります。

まずは、保育園が在職証明書を求める理由について書いていきます。

認可保育園が行政から補助金をもらうための申請に必要

認可保育園では行政から補助金をもらうために必要です。

経験年数や保育士が勤務をしている証明を出す必要も有るためですね。

認可の場合は転職をした回数分、元職場から在職証明書を提出する必要があるのです。

保育士の経験年数を証明するために必要【処遇改善手当】

保育士の経験年数を証明するために必要な書類です。

処遇改善手当と呼ばれる保育士への手当があります。

このお金をもらうためには、保育士の経験年数を証明する書類が必要なのです。

履歴書や職務経歴書では代用できない

履歴書や職務経歴書では代用できません。

履歴書や職務経歴書はあくまでも自己申告です。

それに対して、在職証明書は勤務をしていたことを証明する書類ですので、書類の意味が全くちがいます。

保育士が在職証明書で連絡したくない理由【保育園にバレる】

保育士が在職証明書で連絡したくない理由【保育園にバレる】

今仕事をしている保育園では在職証明書は必須です。

しかし、保育士からすると連絡をしたくないと感じることが多いですね。

その理由について書いていきましょう。

働いていた職場に転職先の保育園がバレる

転職先を内緒にして、新しい職場である保育園へ行っている人もいるでしょう。

そのため、内緒にしておきたい、バレたくないと思っている方もいるとおもいます。

しかし、今の職場から提出を求める書面が行くため転職先がバレてしまうのです。

嫌がらせをされることも【辞め方が悪かった場合】

辞め方によっては嫌がらせをされることもあります。

例えば、備考欄に退職の仕方が悪かったと記載をされたり、なかなかもらえないこともあります。

退職の仕方で恨みを買っている場合には、連絡をしたくないですよね。

履歴書の嘘がバレることもある【保育園での経歴】

給料にお金を加算してもらうために経験年数を長く書いている。

そんなときには嘘がバレることもあります。

経験年数が違う、書類と書いてあることが違うと経歴詐称で問題になるケースもあります。

確認の電話で転職先に悪いことをチクられる

職務経歴書がなかなか送付されてこないと、電話を掛ける場合があります。

その時に、辞め方がわるいとあることないことを言われてしまいます。

退職理由が悪いと、そのことを伝えられたりとトラブルに発展をすることもあります。

保育士の在職証明書を手に入れる方法【連絡したくないワケ】

保育士の在職証明書を手に入れる方法【連絡したくないワケ】

保育士が連絡をしたくない在職証明書の発行。

したくなくても、保育園側からすると必要な書類ですね。

そんな発行をしてもらう方法について書いていきます。

保育園に書面で送付をし返送をしてもらう【電話したくない】

定番の方法としては書面で送付をする方法です。

保育園から、もしくは自分から過去に働いていた保育園へ在職証明書と依頼書。

あとは返送用の封筒をつけて、こちらへ郵送をしてもらう方法が一般的です。

退職をするときに自分でもらっておく【依頼する】

今後も保育園関係で仕事をするならば、必ず必要な書類です。

退職をするときに自分でもらっておく、依頼をしておくということが必要です。

先にもらっておけば連絡をしたくないということが避けられます。

ただし、在職証明書は保育園同士のやり取りとなるため、個人と保育園ではやり取りをしてもらえないこともあります。

認可外保育園は不要!認可が補助金のために必要なことが多い

認可外保育園など補助金の対象とならない施設は必要ありません。

認可保育園の場合は必須ですが、理由は補助金のためです。

保育士が在職証明書を発行するときの注意点【連絡したくないが本音】

保育士が在職証明書を発行するときの注意点

認可保育園で仕事をする場合には必須の在職証明書。

それをもらうときに注意点があります。

自分自身も理解をしておかなければ、あとで大変なことになる場合もありますので注意しましょう。

パートや派遣として仕事をしている場合も有効である

パートや派遣として仕事をしている場合にも有効です。

過去に正社員ではなくても在職証明書は有効なので、認可で正社員になったらもらっておきましょう。

在職証明書の発行には時間がかかることがある【遅い】

在職証明書の発行には時間がかかることが多いです。

ほとんどの場合やり取りは書面にて行います。

そのため、早くても1週間。

遅かったら2週間くらいかかることもありますね。

書面に記載をしてハンコを押すだけなのですが、手間もかかる書類なのです。

円満退職をしていない場合には要注意すべき

円満退職をしていないと、きちんと書いてもらえないこともあります。

また、電話がかかってきて辞め方や仕事のやり方について報告をされることも。

特に辞め方が悪いと、そのようなリスクもあるので、円満退職が大事ですね。

履歴書を異なる部分がないか要チェック

履歴書を異なる部分がある場合は要注意です。

在職年数が違う、そもそも在職していなかった。

履歴書と違う部分があると、大きな問題になってしまいますので、きちんと確認をしておくべきです。

特に経験年数が違うと給料に差が出てしまいますので、気をつけましょう。

退職方法が悪い場合にはもらえないことも【辞め方は大事】

退職方法がわるいともらえない場合もあります。

在職証明書の発行は法的に絶対にしなければならないものではありません。

園の自由なのです。

そのため、辞め方があまりにも悪いと発行をしてもらえない場合もあるのです。

保育士の在職証明書で連絡したくない時のまとめ【辞め方が大事】

保育士の剤証明書で連絡したくない時のまとめ

保育士が連絡をしたくない在職証明書。

これはどの保育士も元職場へ連絡をするので嫌がります。

この制度を変えるべきなのですが、今はこの方法しかありません。

そのために大事なことは「円満に退職をしていること」ですね。

退職理由が悪いとトラブルになる可能性もありますので、退職をするときはきちんとしておくべきです。

人気記事 → 保育士転職に失敗しない求人サイトおすすめ3選【退職前に読むべき】

人気記事 → マイナビ保育士は最悪のウワサ!元保育士が実体験をもとにすべて暴露

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る