職場の人間関係を割り切るメリットデメリット5選【コツは気にしない】

職場の人間関係を割り切るメリットデメリット5選【コツは気にしない】

職場の人間関係を割り切るメリットデメリットがあります。

ストレスとなりやすい人間関係を割り切ると、どのような効果があるのか?

また、割り切るためのコツはどうすべきなのか?

この記事では職場の人間関係を割り切るメリットデメリットとコツについて書いていきましょう。



目次
  1. 職場の人間関係を割り切る5つのメリット【可能性は無限大】
  2. 職場の人間関係を割り切るデメリット5選【理解しておこう】
  3. 職場の人間関係を割り切るコツ【無理をしないことが重要】
  4. 職場の人間関係を割り切るのまとめ【結果が残せるかも】

職場の人間関係を割り切る5つのメリット【可能性は無限大】

職場の人間関係を割り切る5つのメリット【可能性は無限大】

職場の人間関係を割り切るメリットについて書いていきましょう。

どうしても悩みの多い職場の人間関係。

割り切ってみると、どのような効果があるのかを書いていきましょう。

1.人間関係のストレスが軽減される

2.仕事に集中をして結果が残せる

3.人間関係で悩むことがなくフラットな関係になる

4.ミスや注意も受け入れやすくなる

5.周りの目や評価が気にならなくなった

1.人間関係のストレスが軽減される【身体もラク】

人間関係のストレスが軽減されるかもしれません。

そもそも割り切っているので、職場で人間関係に悩むことはないのです。

心身ともにラクに過ごすことが出来るかもしれませんね。

2.仕事に集中をして結果が残せる【影響が大きい】

仕事に集中をして結果が残せるようになります。

その影響は大きいですね。

周りの人に左右されず、結果にコミットをすることができるのです。

3.人間関係で悩むことがなくフラットな関係になる

人間関係の好き嫌いもなくなります。

そのため、みんなとフラットな関係を築くことが出来る点は大きな魅力。

職場で上司や同僚、後輩に悩む必要もなくなるのです。

4.ミスや注意も受け入れやすくなる【スムーズに訂正】

ミスや注意を受け入れやすくなります。

上司から言われても人間関係はフラット。

なので、言われても受け入れやすくなる点は大きな魅力だと言えるでしょう。

5.周りの目や評価が気にならなくなった【人生がラク】

周りの目や評価が気にならなくなります。

人生がラクになっていきますね。

どうしても周りに気を使ってしまい人間関係がしんどく感じます。

そのようなことがなくなる点は大きな魅力だと言えるでしょう。

→ 職場の人間関係が最悪なときの対処法5選【特徴と悪くなる原因】

職場の人間関係を割り切るデメリット5選【理解しておこう】

職場の人間関係を割り切るデメリット5選【理解しておこう】

職場の人間関係を割り切るデメリットについて書いていきます。

割り切ることにメリットは多い。

しかし、良いことばかりではありませんので、その点は気をつけましょう。

1.女性同士のつながりが少なく仕事に影響もでる

2.社内の情報や状況を把握しにくい

3.孤独を感じることがある

4.社交性がないと勝手に判断をされる

5.上司からは仕事の評価が下がる

1.女性同士のつながりが少なく仕事に影響もでる

特に女性同士は割り切ると仕事に影響がでるかも…。

なぜならば、いろんな情報が入ってこないから。

女性同士の関係は男性よりも難しさがあり「割り切っている」と変な噂がでるかもしれません。

2.社内の情報や状況を把握しにくい【同僚と交換できない】

社内の情報や状況が把握しにくくなります。

人間関係を割り切っているため、どうしても情報が限られてしまいます。

内緒の話しが自分に入ってこないデメリットがあるのです。

3.孤独を感じることがある【場所も考えよう】

完全に人間関係を割り切っているので、孤独を感じることがあります。

「一人かも…」とさみしい気持ちになるかもしれません。

昼休憩などはあえて外に出るなど気分を変えるようにしましょう。

4.社交性がないと勝手に判断をされる【集団内の仕事】

社交性がないと判断をされてしまうかも…

仕事はみんなでするもの、チームでするものである会社になるとしんどいですね。

「割り切る=コミュ力がない」と判断をされてしまう可能性があります。

5.上司からは仕事の評価が下がる【危険な要素もある】

上司からの仕事の評価は下がります。

なぜならば、同僚との関係を割り切っているから…

割り切ることでも、上司への配慮は必要かもしれません。

割り切ることで余計にしんどくなるかも【実践の影響】

割り切ることで気持ち的にラクになる。

しかし、実際はしんどく感じてしまうこともたくさんあります。

そのため、十分注意をして割り切る覚悟を持つようにしましょう。

→ 保育士の人間関係が最悪で辞めたい理由と対処法5選【めんどくさい】

職場の人間関係を割り切るコツ【無理をしないことが重要】

職場の人間関係を割り切るコツ【無理をしないことが重要】

職場の人間関係を割り切るコツについて書いていきます。

結論としては「無理をしないこと」が重要。

割り切りすぎると色々な影響もあると考えておきたいですね。

では、割り切るためのコツを7つ書いていきます。

・職場の人のことを気にしない

・同僚の会話に自分から入っていかない

・職場の人と必要以上に仲良くならない

・仕事をは割り切って終わったら帰る

・職場で割り切るための自分ルールを決める

・嫌われる勇気をもって毎日過ごす

・人間関係がしんどいと思うなら転職もあり

職場の人のことを気にしない【感情も出さない】

職場の人のことを気にしないこと。

また、感情も表に出さないようにしましょう。

そうやっていれば、割り切っていると思われますし、自分自身も割り切れます。

同僚の会話に自分から入っていかない【余計なことはしない】

同僚が会話をしていても「自分からは入っていかない」ようにしましょう。

どうしても無駄な話しになってしまうこともあるためですね。

無理に会話に入っていく必要はありませんし、意識をしておきましょう。

職場の人と必要以上に仲良くならない【支障もない】

職場の人と必要以上に仲良くならないようにしましょう。

プライベートに一緒に遊びに行くなどもしないと割り切ると良いですね。

特に支障もないですし、深入りもしないようにしてください。

仕事をは割り切って終わったら帰る【時間を決める】

仕事は割り切って、終わったら帰る。

定時帰りばかりとはいきませんが、ある程度は決めておきましょう。

また、管轄外の仕事は断るなど徹底しておきたいですね。

職場で割り切るための自分ルールを決める【法則を知る】

職場で割り切るための自分ルールを決めておきましょう。

自分なりの法則を決めておくと、職場で伝わりやすくなります。

例えば「管轄外の仕事はしない」「会議で無駄な発言はしない」など。

人間関係を割り切るための行動をルーティン化してしまいましょう。

嫌われる勇気をもって毎日過ごす【究極の考え】

職場の人間関係を割り切っていると「嫌われているかも」と感じることがあります。

しかし、それでも良いですね。

割り切ってしまえば、気持ちもとても楽になるので、嫌われる勇気をもってみましょう

人間関係がしんどいと思うなら転職もあり【効果的かも】

人間関係を割り切っても、割り切れない。

ならば、転職も検討してみてください。

例えば、少数の会社へ行く、個人でする職場へ行くのも1つの方法です。

他にも起業をする、フリーランスになるなど選択肢は多いですね。

しんどいと感じたら、仕事を変えるという視点を持っても良いですね。

→ 女の職場の人間関係がめんどくさい5つの原因と対処法【注意点も解説】

職場の人間関係を割り切るのまとめ【結果が残せるかも】

職場の人間関係を割り切るのまとめ【結果が残せるかも】職場の人間関係を割り切るメリットデメリットについて書いてきました。

ラクになる部分もあれば、しんどく感じる部分がどうしてもできてしまいます。

その点を考慮して、自分なりに割り切ってみてください。

ただし、割り切りすぎると仕事に影響もでますので、その点はよく考えていきましょうね。

人気記事 → 保育士が退職代行を使うメリット3選【突然辞める時の手順と選び方】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る