仕事のミスに後で気づいたときの対処法7選と謝り方【ミスしないコツは手遅れ】

仕事のミスに後で気づいたときの対処法7選と謝り方【ミスしないコツは手遅れ】

仕事のミスに後で気付いた。

あとから、違うとなって焦ってしまうことってありますよね。

この記事では仕事のミスを後で気付いてしまったときの対処法や謝り方について書いていきます。



仕事のミスに後で気付いた時の対処法7選【手遅れになる前に】

仕事のミスに後で気付いた時の対処法7選【手遅れになる前に】

仕事のミスに後で気付いた。

そんなときにはどうすべきか?書いていきましょう。

1.すぐに上司に相談をする

2.ミスがあったことを素直に謝る

3.ミスの内容を正確に把握する

4.想定される被害を予測する

5.損害を最小限にする

6.隠さず素直に話しをする

7.対応について責任者から指示を受ける

1.すぐに上司に相談をする【生きた心地がしない】

すぐに上司に相談をしましょう。

どのようなミスがあって…

どんなリスクが考えられるのか?

その当たりをしっかりと伝えられるようにしてください。

2.ミスがあったことを素直に謝る【気付かないふりはNG】

ミスがあったことは素直に謝るようにしましょう。

ミスは誰にでもあるものです。

そんなときに素直に、真摯に対応をすることが大事ですね。

3.ミスの内容を正確に把握する【思い出せない】

ミスの内容を正確に把握するようにしましょう。

どんなミスで、どのようになったのか?

ミスに気付いた時点でしっかりと把握するようにしてください。

4.想定される被害を予測する【なんとかなるはダメ】

想定される被害を予測するようにしましょう。

ミスでも小さければ特に問題はありません。

しかし、大きな被害になりそうならば…想定される問題を洗い出しましょう。

5.損害を最小限にする【手遅れになる前に】

損害は最小限にするようにしましょう。

ミスがあったとしても、最小限に抑えれば問題は小さくすみます。

出来る限り、最小限に損害をとどめるようにしてください。

6.隠さず素直に話しをする【誰も気づかない】

隠さず素直に話しをしましょう。

たまにミスを隠したり、大事なことを言わなかったりすることがあります。

それをすると、実は被害が大きくなったりするのです。

そのため、素直に、すべてを話すようにしてください。

7.対応について責任者から指示を受ける【墓場まで持っていく】

対応について、責任者から指示を受けてください。

どのように対応すべきなのか?

そこの部分をしっかりと指示してもらい、迅速に行動をしましょう。

仕事のミスに後で気付いた時の謝り方

仕事のミスに後で気付いた時の謝り方

仕事のミスに後で気付いた。

そんな時の謝り方について書いていきます。

誠心誠意こころを込めて謝罪をする【帰宅後でも】

誠心誠意。

こころを込めて謝罪をするようにしましょう。

「すみません」「申し訳ありません」

そうやってこころを込めて謝るようにしてください。

関係者の人すべてに謝る【対処はする】

関係者のすべてに謝るようにしましょう。

ミスをすることで、いろんなところに迷惑をかけているかもしれません。

そのため、すべての人にきちんと謝罪をするようにしましょう。

今後気を付けることを伝える【上手に対処する】

今後気を付けることを伝えましょう。

「次はないように気をつけます」

「申し訳ありませんでした」

そんな風にしっかりと言葉で伝え、上手に対処をするようにしましょう。

仕事のミスに後で気付いた!ミスしないコツを解説

仕事のミスに後で気付いた!ミスしないコツを解説

仕事のミスにあとで気付いた。

この時はよかったけれども…

今後はそんなミスをしないために、どうすべきかを書いていきましょう。

しばらく時間が経過してからミスに気付くことが度々あります。

職場で仕事をしている最中、終わった直後、帰宅後などは全くミスに気付きません。日付が変わる頃になり、今日はこんな感じだったなぁ~と考えます。
じっくり細部まで見直して考えるともしかしたら私の対応は間違っていたかも?
誤解をされるような説明を取引相手の方にしていたかも…と気付きます。

本当にその場ではミスに気付かず、後からミスに気付いた場合、言わない事で丸くおさまるんですよね?
でも後からミスに気付いてそれをあえて「隠しとおす」というのが正直気持ち悪いです。

それでもやっぱり隠さないといけないのでしょうか?

その場では気付かず、後になって「ああっ!」と気付いて上司に報告するのは
そんなにいけないことなのでしょうか???

どうしたらすぐにミスに気付けるようになるんでしょう…?

(中略)

私もミスを隠し通すのは嫌です。ばれなければokなのかもしれませんが。
事後報告でも気付かずに終わってしまうよりはいいと思いますよ。
その分次は気をつけようと思えるようにもなりますし。

そのミスをした仕事一つ一つをきちんと見直してはどうですか?
Aが終わったらすぐにBに取り掛かるのではなくて、Aが終わったら(たとえスムーズにできたと思っても)徹底的に見直してミスがないか確かめるといいと思います。
少し時間はかかるようになりますが。

周りの先輩方に「最近ミスが多いのでチェックしてくれませんか」とお願いするのもアリだと思います。

(引用:Yahoo!お仕事「仕事のミス

・わからないことを独断でしない

・ダブルチェックをする

・責任感を持って仕事に取り組む

・休息を取る

・集中して仕事に取り組む

わからないことを独断でしない【内容を把握する】

わからないことを独断でしないことですね。

わからないことを、わからないままにしない。

そうやって独断で何でもしないようにすることが重要だといえます。

ダブルチェックをする【休日も急ぐ】

ダブルチェックをするようにしましょう。

何度も確認をして、ミスを見つけるようにして下さいね。

できれば、指差し確認もあればさらによくなるでしょう。

責任感を持って仕事に取り組む【上手に対処する】

責任感をもって仕事に取り組むようにしましょう。

責任感を持つことは大事。

この仕事は任されているんだ。

そう思って仕事をするようにしてくださいね。

休息を取る【経過を見ながら】

休息を取るようにしましょう。

ミスがでるのは…疲れているだけなのかもしれません。

そのため、休息をとり、少し気持ちをリフレッシュさせてください。

集中して仕事に取り組む【最初が肝心】

集中して仕事に取組みましょう。

特に、大事な仕事は朝のうちに必ず終わらせる。

そんなスタンスをもって仕事に取り組むようにしてくださいね。

仕事のミスに後で気付いた!次に活かす方法

仕事のミスに後で気付いた!次に活かす方法

仕事のミスにあとで気付いた。

ミスをしたあとに次に活かすことが大事です。

そのための方法を書いていきましょう。

ミスした原因をしっかりと把握する【範囲も知る】

ミスをした原因をしっかりと把握しましょう。

どんな原因があったのか?

どこにミスをする問題点があったのか?

そこをしっかりとチェックして仕事に取り組むようにしてください。

経験をしたことを後輩にも伝える【直後に注意】

経験をしたことを後輩にも伝えるようにしましょう。

人に教えるってどても大事なことです。

ミスをした原因を把握して、その経験を後輩にも伝えるようにしてくださいね。

ミスをしないためにスキルを磨く【社外にも出る】

ミスをしないために、スキルを磨くようにしましょう。

ミスをする場合はスキル不足かもしれません。

そんなときにはスキルを磨くようにしてくださいね。

仕事のミスに後で気付いた時のまとめ

仕事のミスに後で気付いた時のまとめ

仕事のミスに後で気付いた。

そうなったときに、困ることってたくさんありますので、

そんなときには、この記事を参考にして対策をするようにしましょう。

人気記事 →

人気記事 →

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る