転職エージェントの比較すべき5つのポイント【3社で十分な理由と注意点】

転職エージェントの比較すべき5つのポイント【3社で十分な理由と注意点】

転職エージェントを比較。

世の中に無数にある転職エージェントって「どこを選べばよいの?」と迷うことも多いですよね。

この記事では転職エージェントを比較するポイントや、おすすめの3つのエージェントを紹介しています。



転職エージェントの比較すべき5つのポイント【手厚いところがベスト】

転職エージェントの比較すべき5つのポイント【手厚いところがベスト】

転職エージェントを比較すべきポイント。

実はこのポイントが5つありますので書いていきましょう。

1.取り扱っている求人数

2.転職エージェントの担当者の質

3.担当者が自分に寄り添ってくれるか

4.求人の紹介がすぐにあるか

5.的確なアドバイスをエージェントがしてくれるか

1.取り扱っている求人数【徹底的に見るべき】

取り扱っている求人数。

実は、この求人数はものすごく大事ですね。

あなたに紹介をしてくれる求人が、直結する問題ですので、多い転職サイトを使いたいものです。

2.転職エージェントの担当者の質【希望に沿ってくれるか】

転職エージェントの担当者の質は大事ですね。

エージェントは会社よりも「担当者」が何よりも大事だといえます。

そこがズレてしまうと、どうしてもズレてしまいがち…

なので、転職エージェントの担当者の質が高いところを選ぶようにしましょう。

3.担当者が自分に寄り添ってくれるか【サービスでも大事】

担当者が自分に寄り添ってくれるか?

転職エージェントの重要なポイントですね。

エージェント本位ではなく、あなたに寄り添った求人を紹介してもらえるか?が重要だといえます。

4.求人の紹介がすぐにあるか【案件を比較しよう】

求人の紹介がすぐにあるか?という点も大事です。

登録後に面談などで、あなたの希望をヒアリングされることになります。

その時に、あなたに紹介をしてくれるか?すぐに求人を出してくれるか?

このポイントはとても大事だといえますね。

5.的確なアドバイスをエージェントがしてくれるか【今後について】

的確なアドバイスをエージェントがしてくれるか?

これも大事なポイントだといえます。

的確に、かつ丁寧に親身になってくれるかは、大事なポイントだといえますね。

転職エージェントの比較ランキングTOP3【20代から50代におすすめ】

転職エージェントの比較ランキングTOP3【20代から50代におすすめ】

転職エージェントは数えればきりがありません。

おそらく国内だけでも100を超えると思いますが、たくさん比較をしても良い転職ができるのか…

と、言われると疑問に感じるでしょう。

私は実際に10社登録をしましたが、結局つかったのは3~4社ほどで、他は全く使いませんでした。

ならば、ここでは3つに厳選をして、転職エージェントの比較ランキングを紹介します。

1.リクルートエージェント

2.doda

3.ビズリーチ

1.リクルートエージェント【業界ナンバー1】

転職支援数ナンバー1。

転職をする人が、とりあえず登録をしておいて間違いない転職エージェントです。

・求人の豊富さ

・サイトの操作性

・エージェントの質

・転職に関する知識をノウハウ

・対応をしている地域

どれを取ってもリクルートエージェントに勝るものはありません。

転職を考えている、すぐにでも転職をしたい、キャリアについて相談をしたい。

どの願いもかなえてくれる総合的な転職エージェントと言えます。

>>【リクルートエージェント転職支援サービス】 

2.doda【紹介実績は間違いなし】

日本最大級の紹介実績を誇るエージェントサービスです。

リクルートエージェントと比べると、求人数や対応をする地域は少し弱い印象。(特に地方は弱い)

しかし、業界2位のdodaだって、負けてはいません。

中でもエージェントの対応力に関しては、口コミ評判も高く使ってよかったという声もあります。

リクルートエージェントと並行をして使っておきたい、転職エージェントと言えます。

>>【業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/doda】

3.ビズリーチ【ハイキャリアの求人】

ビズリーチはCMでもお馴染みのハイクラスエージェント。

年収1000万円超えの求人が3分の1を占めると言われいます。

優秀なヘッドハンターも約4,600人登録をされていますね。

給料を上げたい、キャリアアップをしたいという人にとっては間違いない転職エージェントです。

登録をしておけば、あなたが予想もしない会社からのスカウトがあるかもしれませんので、登録をしておいて間違いないと言えるでしょう。

>>【ハイクラス求人 ビズリーチ】 

転職エージェント比較ランキングの問題点【評判は見るべき】

転職エージェント比較ランキングの問題点【評判は見るべき】

転職エージェントの比較ランキング。

これってネットに情報があふれていますが、気を付けるべき注意点もありますので書いていきます。

・実際に利用をしていない人が書いていることも

・評判だけでランキング形式にしている

・比較が10社あっても決められない

・とりあえず登録をするのはNG

・転職の理由を明確にしておくべき

実際に利用をしていない人が書いていることも【代行して書く】

実際には利用をしていない人が書いていることもあります。

ランキングなどの記事は代行をして記事を書く、ウェブライターの人かもしれません。

また、企業が紹介をしているだけのことも…

なので、実際に利用をした人の情報を見るようにしてください。

評判だけでランキング形式にしている【問題が散見される】

評判だけでランキング形式にしていることもあります。

利用者目線ではなく、評判だけで…という感じですね。

そうなると、どこを利用すればよいのか?迷うことも多いですよね。

比較が10社あっても決められない【数社で問題なし】

比較が10社あっても決められませんよね。

よくランキングサイトをみると「○○20選」「おすすめ15社」と書いてあります。

しかし、私も10社利用しましたが、正直管理なんてしていられないくらいカオスになります。

なので、10社よりも、数社程度を進めている方が信頼ができますよね。

とりあえず登録をするのはNG【管理できない】

とりあえず登録をするはNGです。

正直、5社以上登録をすると管理は不可能になります。

おすすめとしては3社くらいにしておき、あとは必要であれば登録をするという流れが最適ですね。

転職の理由を明確にしておくべき【最初が肝心】

転職の理由を明確にしておくべきですね。

転職をしたい…けれども、漠然とではダメです。

「給料の問題が」「労働条件が」「将来性が」「今後のキャリアが」と言うように、自分の将来性を含めて転職活動をするようにしましょう。

きちんと転職の「軸」は決めておきましょうね。

転職エージェント比較のまとめ

転職エージェント比較のまとめ

転職エージェントの比較について書いてきました。

色々な転職エージェントがある中で、どこを選べばよいか迷うことがあると思います。

個人的にはリクルートエージェントに登録をして、使い方ややり方を知る。

そこから、他の会社も検討してみるというのが一番良い方法だと思います。

リクルートエージェントは大手で求人数も多く、ノウハウもあり、年齢層も幅広く取り扱っている。

最大手なので、とりあえず登録をして、そこから動いてみるのが一番やりやすい方法だと思いますよ。

→ 転職エージェントの評判を10社使ってガチ調査【使うなは本当なの?】

→ 転職エージェントとは?初心者向けに費用や使い方をわかりやすく解説

 

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る