ナンバー2に向いてる人の特徴5選と仕事術【右腕にしたい人材とは?】

ナンバー2に向いてる人の特徴5選と仕事術【右腕にしたい人材とは?】

ナンバー2に向いている人。

職場を探してみると、この人だからナンバー2が出来るんだと思う人っていますよね。

この記事ではナンバー2に向いている人の特徴や仕事術について書いていきます。



ナンバー2に向いてる人の特徴5選【右腕にしたい】

ナンバー2に向いてる人の特徴5選【右腕にしたい】

ナンバー2に向いている人には特徴があります。

5つの特徴について、まずは書いていきましょう。

1.考えが前向きでポジティブ

2.誰にでも平等に接することが出来る

3.理想と現実が理解できる

4.コミュニケーション能力が高く傾聴力がある

5.全体を俯瞰してみることが出来る

1.考えが前向きでポジティブ【組織の強さが決まる】

考えが前向きでポジティブですね。

いつも色んなことを前向きに考えられる人。

周りにパワーを与えらえる存在ともいえます。

2.誰にでも平等に接することが出来る【かっこいい】

誰にでも平等に接することが出来る人。

男性、女性が関係なく、誰とでも仲良く平等に関われます。

そんな風に関わることで、誰からも尊敬をされる存在になれるのです。

3.理想と現実が理解できる【社長の右腕】

理想と現実が理解できる人。

そうやっていろんなことを考えて、先を見据えられる人はとても尊敬されます。

理想に現実を近づけていけるような状態にしなければなりません。

4.コミュニケーション能力が高く傾聴力がある【役割を理解】

コミュニケーション能力が高く、傾聴力がある人。

いろんな人と関係を築ける人はとても関っていても深いですね。

また、話しをしっかりと聞ける姿勢もとても大事なのです。

5.全体を俯瞰してみることが出来る【活躍もできる】

全体を俯瞰してみることが出来る人もスキルが高いです。

客観的に色々なことを見ることが出来る。

そんなスキルを持っている人はとても力量がありますね。

→ 異常に仕事ができる人の特徴11選【恐ろしくずば抜けるコツ】

ナンバー2に向いている人の仕事術【最高の人材】

ナンバー2に向いている人の仕事術【最高の人材】

ナンバー2に向いている人の仕事術があります。

どんな風に仕事をこなしているのでしょうか?

先を見据えて仕事が出来る

トップの人となりとしっかりと理解している

職場を客観的に見ることができる

部下のフォローやモチベーションアップを忘れない

目立つよりも淡々と仕事をする

常に冷静な判断を心がけている

仕事は早く的確にこなす

先を見据えて仕事が出来る【嫌われることはない】

先を見据えて仕事が出来ることですね。

ナンバー2にとって、残業をせずに仕事をこなせることは大事です。

どんどん仕事をこなしていくことが求められるのです。

トップの人となりとしっかりと理解している【辞めると大問題】

トップの人となりとしっかりと理解していることも重要です。

ナンバー2はあくまでも冷静に。

トップの考えを形にしていけるスキルが必要なのです。

職場を客観的に見ることができる【組織を見て判断】

職場を客観的に見ることができることも大事です。

色々な場所に目を向けて仕事をする。

目を行き届かせて、周りを見ていくことが求められるのです。

部下のフォローやモチベーションアップを忘れない【必要なタイプ】

部下のフォローやモチベーションアップを忘れないことですね。

時には声をかけたり。

やる気を出させたり。

そうやってモチベーションをアップさせることが求められるのです。

目立つよりも淡々と仕事をする【参謀となれる】

目立つよりも淡々と仕事をすることです。

ナンバー2にはコツコツと仕事をすることが求められます。

必要な仕事をこなせるスキルが重要なのです。

常に冷静な判断を心がけている【イエスマンではない】

常に冷静な判断を心がけています。

イエスマンではなく、ダメなものはダメ。

そうやってきちんと伝えられる力を持っているといえますね。

仕事は早く的確にこなす【社員を大事にする】

仕事は早く的確にこなすことができます。

ナンバー2なので優秀なのは間違いありません。

仕事を的確にこなせるスキルを持っているのです。

ナンバー2に向いている人に必要なスキル

ナンバー2に向いている人に必要なスキル

ナンバー2に向いている人に必要なスキルがあります。

おそらく、このスキルがなければ難しいと言えるでしょう。

1.トップのことを理解して動ける

2.トップと現場の橋渡しの役割

3.トップに助言や注意もできる

4.組織の要となれる存在

5.いざという時にトップに慣れる責任感

1.トップのことを理解して動ける【構想を理解】

トップのことを理解して動けるようにできることです。

トップは先を見据えて発信をしていくことが仕事です。

ナンバー2はそれを理解して、形にしていくスキルが求められるのです。

2.トップと現場の橋渡しの役割【ステップできる】

トップと現場の橋渡し的な役割も担っています。

トップと部下との間にたてる人ですね。

そうやって間に立って、みんなをつないでいく仕事が求められるのです。

3.トップに助言や注意もできる【上手な対処法】

トップに助言や注意もできる人です。

良いことがあれば、ダメなこともあります。

それをはっきりと伝えられることも、ナンバー2には求められるスキルなのです。

4.組織の要となれる存在【上手に実行できる】

組織の要となれる存在です。

組織の中心におり、周りをまとめることが出来る力が必要です。

いわゆるマネジメント能力を持っていることが求められます。

5.いざという時にトップに慣れる責任感【仕組みも作れる】

いざという時にトップになれる責任感も大事です。

もし、トップが不在ならば仕組みも作ることが求められます。

トップの代わりにもなれる力が必要ですね。

→ この人できるなとすぐわかる10の瞬間!特徴と上手な仕事術

ナンバー2に向いている人のまとめ【職場の中心の存在】

ナンバー2に向いている人のまとめ【職場の中心の存在】

ナンバー2に向いている人について書いてきました。

ナンバー2に誰でもなれるわけではありません。

必要なスキルや能力というものがあるのです。

職場にはいなくてはならない存在であるので、ナンバー2のスキルをしっかりと理解したいものですね。

人気記事 → 保育士が退職代行を使うメリット3選【突然辞める時の手順と選び方】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る