派遣保育士が嫌われる7つの理由と対処法【デメリットも解説】

派遣保育士が嫌われる7つの理由と対処法【デメリットも解説】

派遣保育士が嫌われる。

実は、正社員と派遣の間には見えない壁があります。

この記事では派遣保育士が嫌われる原因と対処法について書いていきます。



派遣保育士が嫌われる7つの理由【実際は使えない人も多い】

派遣保育士が嫌われる7つの理由【実際は使えない人も多い】

派遣保育士が嫌われる。

その理由について書いていきましょう。

1.同じ仕事で時給が高い

2.定時で帰ることが出来る

3.固定した時間で仕事をする

4.書類や持ち帰りの仕事がない

5.責任が正社員と違い過ぎる

6.休憩時間がきちんと取れる

7.会議や話し合いにはでなくてよい

1.同じ仕事で時給が高い【正社員とちがう】

同じ仕事をしても時給が高い。

派遣や他のパートと比べても高く感じられます。

一般の保育士が1000円くらいなのに対して、派遣は1500円くらいになることも…

差があるので、派遣は嫌がられることもあるのです。

2.定時で帰ることが出来る【派遣の特徴】

定時で帰ることができます。

派遣保育士の場合は時間にシビアですね。

そのため、正社員からすると差があるように感じてしまいます。

3.固定した時間で仕事をする【残業もない】

固定をした時間で仕事をします。

派遣でシフトに入ることはありません。

そのため、固定をした時間帯で仕事をすることになるのです。

4.書類や持ち帰りの仕事がない【仕事内容は同じ】

書類や持ち帰りの仕事がありません。

派遣保育士の場合は持ち帰りが基本はありません。

また、書類なども免除されることもあるのです。

5.責任が正社員と違い過ぎる【常勤とは違う】

責任が正社員と違いすぎる。

これも大きな差があるように感じられます。

正社員が派遣のミスをかばわなければならないこともあるのです。

6.休憩時間がきちんと取れる【休みがち】

休憩時間がきちん取れます。

派遣は労働契約上、必ず休憩を取得します。

休憩時間がきちんと取れる点は大きな差があるといえますね。

7.会議や話し合いにはでなくてよい【支払いが高くなる】

会議や話し合いに出なくても良い。

結局、会議など残業をすることになると、支払いも増えてしまいます。

そのため、会議や話し合いに出なくても良いように派遣保育士はなるのです。

派遣保育士が嫌われる!好かれるための対処法

派遣保育士が嫌われる!好かれるための対処法

派遣保育士は嫌われやすい。

これは間違いなく言えることですね。

そんな時の対処法を書いていきます。

決められた時間は真面目に仕事をする【新人でも上司】

決められた時間は真面目に仕事をしましょう。

派遣だからと言っても責任がないわけではありません。

なので、真面目に仕事に取り組むようにしてくださいね。

使えないと思われないために一生懸命動く【給料が高い意識】

使えないと思われないために、一生懸命働きましょう。

派遣のデメリットは使えないと思われたら、契約を切られてしまう可能性があることです。

使えないと思われないためにも、毎日一生懸命仕事をしましょう。

責任は持って保育をする【後輩の指導もする】

責任は持って仕事をしましょう。

派遣保育士としても責任はあります。

時には後輩の指導もするように、意識を高く持っておきましょう。

保育園に馴染みコミュニケーションを取る【更衣室でも】

保育園に馴染みコミュニケーションをとりましょう。

しっかりと、話しとして関係を築くようにしてください。

そうやって安定をして関係を作ることにより、馴染むことができるのです。

一緒に組む先生と仲良くする【不安をなくす】

一緒に組む先生とは仲良くしましょう。

誰とでも仲良くなれる点は大きなポイント。

しっかりと話しをして信頼を勝ち取るようにして下さいね。

→ 派遣保育士の悩み7選とメリットとは【保育園で働く注意点と仕事内容】

派遣保育士のデメリット【嫌われるけど問題も多い】

派遣保育士のデメリット【嫌われるけど問題も多い】

派遣保育士が嫌われる。

しかし、実は派遣保育士にもデメリットがあるのです。

その点について書いていきましょう。

契約は1年しかいることができない【優しくない】

契約で1年しかいることができません。

派遣保育士は基本的に契約で決められています。

そのため、本人が望んだとしても、保育園からも望んでもらえないとしんどいですね。

経験やキャリアは積みにくい【デメリットになる】

経験やキャリアは積みにくいですね。

デメリットも多いのが問題だといえます。

今後のことも見据えると、保育園での直接契約の方がメリットが大きいのです。

ボーナスや処遇改善はもらえない【お金の面は不安】

派遣保育士にボーナス。

また、処遇改善ももらうことができません。

いくら欲しいとおもっても、派遣なので支給対象外となってしまうのです。

責任をもって仕事をすることができない【年下でも上司】

責任をもって仕事をすることができません。

短期的なもので終わってしまうためですね…

派遣なのでどうしても責任をもっても契約のことが頭の中で考えてしまうのです。

交通費がでない派遣会社も多い現実【登録に注意】

交通費が出ない派遣会社も実はおおいです。

登録先によっては、そのような問題点も出てしまいますので、注意が必要。

場合によっては時給が高くても損をしてしまう可能性があるのです。

年下でも新人でも上司となる【対応は大事】

年下でも新人でも上司になります。

派遣で経験があったとしても、結局は上司になってしまいますね。

どこかで割り切らないと、やってられないという気持ちもなってしまいます。

派遣保育士は嫌われるのまとめ

派遣保育士は嫌われるのまとめ

派遣保育士は嫌われる。

これって、実はたくさんあることなのです。

特に条件面で正社員からすると、うらやましく感じる点も多いためですね。

しかし、派遣保育士も辛い部分があるのは正直なところです。

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

人気記事 → 保育士が退職代行を使うメリット3選【突然辞める時の手順と選び方】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る