転職3ヶ月の壁を乗り越えるコツ5選【辞めたい原因と注意点】

転職3ヶ月の壁を乗り越えるコツ5選【辞めたい原因と注意点】

転職3か月の壁という言葉があります。

転職をして3か月を乗り越えればラクになる。

また、3か月が辞めたいと思う山場であるという考えですね。

この記事では転職3か月の壁を乗り越えるコツや、原因、注意点について書いていきます。



目次
  1. 転職3か月の壁を乗り越える5つのコツ【継続的に取り組もう】
  2. 転職3か月の壁で辞めたくなる原因5選【慣れないが一番の理由】
  3. 転職3か月の壁で辞めたい!気を付けるべき注意点
  4. 転職3か月の壁で辞めたいときのチェックリスト
  5. 転職3か月の壁のまとめ【誰もが感じるしんどい期間】

転職3か月の壁を乗り越える5つのコツ【継続的に取り組もう】

転職3か月の壁を乗り越える5つのコツ【継続的に取り組もう】

転職3か月の壁を乗り越えるコツ。

これから、転職をする人、転職をした人は試してみましょう。

1.馴染むまではしんどいことを理解する

2.継続的に仕事に真面目に取り組む

3.人間関係を築き仕事を教えてもらう

4.今後のキャリア形成のために努力する

5.悩みがあるときは上司に面談を依頼しよう

1.馴染むまではしんどいことを理解する【3の法則を知ろう】

馴染むまではしんどいことを理解しましょう。

誰だって最初はうまくいかないもの。

それを理解しておけば問題ありません。

3の法則で3日、3か月、3年という数字はしんどいと言われています。

2.継続的に仕事に真面目に取り組む【馴染むための方法】

継続的に仕事に真面目に取り組みましょう。

馴染むために大事なことですね。

素直に指示にもしたがって行けば、仕事がどんどん進むようになるのです。

3.人間関係を築き仕事を教えてもらう【慣れないを突破しよう】

人間関係を築き、仕事を教えてもらいましょう。

慣れない環境やしんどさがあります。

そこをコミュニケーションをとって、仕事を教えてもらって。

がんばって結果を残すように努力してください。

4.今後のキャリア形成のために努力する【先を見据えよう】

将来のキャリア形成を考えましょう。

そのために、先を見据えて努力すれば問題なし。

コツコツ仕事をして、積み上げるようにしてくださいね。

5.悩みがあるときは上司に面談を依頼しよう【転職組・新入社員】

悩みがあるときは、上司に面談を依頼しましょう。

しんどいことや、現状を伝えることでより効果が高まります。

特に、転職をした人、新入社員は仕事をしっかりとするようにしてください。

→ 新しい職場は慣れるまで辛い原因5選と対処法【転職で我慢する問題点】

転職3か月の壁で辞めたくなる原因5選【慣れないが一番の理由】

転職3か月の壁で辞めたくなる原因5選【慣れないが一番の理由】

転職3か月で辞めたくなる原因。

これは何でしょうか?

人それぞれ原因があるので、その点についても書いていきます。

1.慣れない人間関係に気を使う

2.仕事に慣れず先が見通せない

3.職場の雰囲気が合わず逃げ出したい

4.前の職場の方が良かったという後悔

5.出来ると思っていた自信をなくした

1.慣れない人間関係に気を使う【慣れるまで耐える】

慣れない人間関係に気を使う。

転職をすると、人間関係が最初からになってしまいます…

すると、慣れるまではしんどく感じてしまいますね。

コツとしては慣れるまで耐えるしかありません。

2.仕事に慣れず先が見通せない【うまくできない】

仕事に慣れず先が見通せない。

うまく仕事をすることが出来ないため、しんどく感じます。

特に、1年経過をするまでは、先がわからないため、どうしてもしんどく感じてしまうのです。

3.職場の雰囲気が合わず逃げ出したい【仕事を辞めたい】

職場の雰囲気が合わず、逃げ出したいです。

雰囲気をいうのは大事ですね。

しかし、転職をしてみると「なんか…合わない」と感じてしまうことがあるのです。

結果として、仕事を辞めたいと感じることがあるのです。

4.前の職場の方が良かったという後悔【転職後に感じる】

前の職場の方が良かったという後悔も生まれます。

転職をして希望をもって仕事をしてみると…「違った」ということも。

なので、前の職場の方が良かったという後悔が生まれてしまうのです。

5.出来ると思っていた自信をなくした【3か月以内に感じる】

出来ると思っていたけれども…自信を無くした。

特に転職をして3か月以内に感じること。

レベルが違った、思っていた仕事と違ったという点から、後悔をしてしまうのです。

転職3か月の壁で辞めたい!気を付けるべき注意点

転職3か月の壁で辞めたい!気を付けるべき注意点

転職3か月の壁で辞めたい。

そんな風に思ったときの、気を付けるべき注意点について書いていきます。

転職は条件だけで選ばない!目的を大事にする【なぜを考える】

転職は条件だけでは選ばないことです。

目的を大事にしましょう。

「なぜ?転職をするのか?」

そこをはっきりとさせて転職をしないと、あとで後悔するかも…。

希望を100%叶えるのは不可能!妥協点を考える【転職の軸を決める】

希望をすべて叶えるのは無理です。

適度な妥協点を持っておかなければなりません。

転職の軸を決めるためにも、大事なことだといえますね。

突然の退職は避ける!次を決めてから辞めよう【企業に迷惑】

突然の退職は避けるようにしましょう。

転職をしたけれども…気持ち的にしんどい。

そんな風に感じた時は、突然ではなく事前に伝えること。

ただし、次の仕事先は決めてから動くようにしてください。

エージェントに騙されていない?自分でもチェック【絶対向いていない】

エージェントに騙されていないのか?

自分でもチェックしてみましょう。

絶対に向いていない仕事や、職場というものがあります。

そこをよく見てから判断をしてくださいね。

プレッシャーに注意!できる範囲の仕事をしよう

プレッシャーに注意をしてください。

できる範囲の仕事をするようにすれば、問題ありません。

転職をして張り切って失敗をするなんてこともあります。

なので、ペースに気を付けて仕事をするようにしてください。

転職3か月の壁で辞めたいときのチェックリスト

転職3か月の壁で辞めたいときのチェックリスト

転職3か月の壁で辞めたい。

そんな風に思った時のチェックリストを用意しました。

1つずつじっくり考えてみましょう。

人間関係に問題はないか?【ストレスはある】

人間関係に問題はありませんか?

もし、しんどく感じてしまうならば…

ストレスを感じてしまう原因となってしまうかもしれません。

そこにしんどさがあるならば、辞める1つの指針になりますね。

待遇や自分への処遇について考える

いわゆるお給料面などの待遇。

また、自分への処遇など一旦冷静に考えてください。

もし、納得できない点があるのならば…転職をする1つの目安かもしれません。

職場の環境はブラック?【雰囲気を再確認】

職場の環境はブラック?

雰囲気が明らかにおかしい。

長時間労働が常態化している。

その当たりを考えてみると…ブラックの可能性があります。

体調不良はないか?心はしんどくないか?

体調不良はないか?心はしんどくないか?

この辺りを考えてください。

もし、心がしんどく辛いならば、一旦すぐに辞めるべきだといえるでしょう。

相談できる人はいるか?【長いスパンで大事なこと】

相談できる人はいますか?

長いスパンで考えて、相談が出来る人がいるか、いないかは大きなポイントです。

いないならば、作る。

もしくは、友人などにも相談をしてみましょう。

→ 職場で合わない人にストレスを感じる原因と対処法7選【辞めたい本音】

転職3か月の壁のまとめ【誰もが感じるしんどい期間】

転職3か月の壁のまとめ【誰もが感じるしんどい期間】

転職3か月の壁について書いてきました。

転職をすると最初の3か月は誰でもしんどいものです。

そこをどのように乗り切るかが大事なので、ここで紹介をした対処法を実践してみてください。

誰でも最初はしんどいもの。

ある程度、割り切って転職先でも仕事を頑張りましょうね。

人気記事 → 保育士が退職代行を使うメリット3選【突然辞める時の手順と選び方】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る