関わってはいけない人の特徴11選【人生をよくする付き合い方】

関わってはいけない人の特徴11選【人生をよくする付き合い方】

関わってはいけない人。

職場に1人くらいはいますよね。

そんな人と関わると、自分にとってマイナスなことも起こるかも…しれません。

この記事では関わってはいけない人の特徴や付き合い方について書いていきます。



関わってはいけない人の特徴11選【直感で感じる危険な人】

関わってはいけない人の特徴11選【直感で感じる危険な人】

関わってはいけない人には特徴があります。

直感で…おかしいと感じてしまいますね。

1.愚痴や文句ばかり言う人

2.人のことを悪くいう

3.感情が不安定で関わるのが難しい

4.人の時間を奪う

5.お金がない人

6.なんでも人に頼ろうとする

7.嘘を平気でつく

8.二面性がある

9.自分で責任を負わない

10.攻撃的な人

11.マイナス思考で過去を気にする

1.愚痴や文句ばかり言う人【顔も見たくない】

愚痴や文句ばかり言う人。

いつも人のことや、職場のことを言っている人。

こんな人と一緒に働きたいとは…あまり思えませんよね。

2.人のことを悪くいう【人生を損する】

人のことを悪くいう人。

職場にはいろんな人がいます。

自分と合わないだけで「あの人は悪い」と言うことも普通にありますよね。

3.感情が不安定で関わるのが難しい【絶対ダメ】

感情が不安定で関わるのが難しい人。

その日によって機嫌も変わる人っています。

昨日はよかったに、今日はすごく不機嫌で困る…なんてことも普通にありますね。

4.人の時間を奪う【人間関係として最悪】

人の時間を奪う人がいます。

忙しそうにしていても手を止めたり。

もしくは、無駄な作業に突き合わされたり…

人として、時間を奪う人には悩まされますね。

5.お金がない人【身近にいるとダメ】

お金がない人は危険です。

常にお金のことしか考えていませんので…

「お金を貸して」なんてせびられることもありますので、要注意ですね。

6.なんでも人に頼ろうとする【劣等感がある】

何でも頼ろうとする人がいます。

「これわからない」「ちょっと助けて」というように…

何でも頼ろうとする人との関係はしんどいと感じてしまいますね。

7.嘘を平気でつく【応援できない】

嘘とを平気でつく人がいます。

いつも当たり前のように嘘をつく人もね…

そうやって嘘をついてもバレてしまいますので、問題も多いといえます。

8.二面性がある【感情に左右される】

二面性がある人もしんどいですね。

良い時と悪い時がある。

その日の感情で振り回されることがありますので、要注意です。

9.自分で責任を負わない【最悪な法則】

自分で責任を負わない人。

職場には責任から逃れる人がいます。

となると、周りからの信頼もなくなりますよね。

10.攻撃的な人【精神科医も感じる】

職場には攻撃的な人もいます。

口調がキツイ、いつもケンカ腰。

そんな風に不安定でしんどい人っていますよね。

11.マイナス思考で過去を気にする【面倒なタイプ】

マイナス思考で過去を気にする人もいます。

常にマイナス思考。

何かあるごとに「ダメだ…」と言われると、一緒に仕事をしていてしんどく感じてしまいます。

関わってはいけない人との上手な付き合い方【人生を良くする】

関わってはいけない人との上手な付き合い方【人生を良くする】

関わってはいけない人との上手な付き合い方についても書いていきます。

どんな風に付き合うべきなのでしょうか?

そのコツについて書いていきましょう。

距離を取って接するようにする

距離を取って接するようにしましょう。

近い距離にいると、あなたもストレスを感じてしまいます。

なので、距離感を保って関わるようにしてくださいね。

関わる時は3人以上で【二人きりは辛い】

関わる時は3人以上を意識しましょう。

関わる時に二人きりになると、しんどく感じてしまいます。

はなしをするときはグループや3人など複数で接するようにしてください。

無理なことはNOと伝える【断る勇気を持つ】

なんでも受けていると、あなたに仕事もふってきます。

無理なことは「できない」「無理です」ときちんと断りましょう。

そうやって、相手に伝える勇気も大事です。

目線に入る位置に座らない

目線に入る位置に座らないこと。

そばに座ったり、目線に入ると本人の動きが気になって仕方ありません。

あえて、見える位置には座らないようにして下さいね。

話すときは敬語を忘れないようにする

話すときは敬語。

これを使うことで、適度な距離感を保つことができます。

敬語で接するということを忘れないように…気を付けて関わりましょう。

関わってはいけない人との注意点【気を付けて接しよう】

関わってはいけない人との注意点

関わってはいけない人との注意点もあります。

あなたが気を付けておけば問題なし。

接するときに思い出してくださいね。

相手を変えようとしない

相手を変えようとしないことです。

ついつい、むきになって相手を変えようと頑張ることがあります。

しかし、それはマイナスとしか言いようがありませんね。

相手を変えようとしせず、あなたの関わり方を変えればよいのです。

相手に直接伝えてケンカにならない

相手に直接伝えてケンカにならないことです。

相手に偉そうにいったり、関わりたくないと伝えるのは間違っています。

ではなく、相手の上の立場に立ちうまく立ち回りましょう。

愚痴や文句は言わない

愚痴や文句を言わないことですね。

愚痴や文句を言うと、関わってはいけない人と同じ土俵に立つことになります。

そのようなマイナスな点は避けたいので、絶対に言わないようにしておきましょう。

関わってはいけない人のまとめ【特徴を理解すべき】

関わってはいけない人のまとめ【特徴を理解すべき】

関わってはいけない人について書いてきました。

職場にも関わってはいけない人って一人は絶対にいます。

イライラすることもあると思いますので、この記事を参考に接してみて下さい。

上手に立ち回ることが大切ですよ。

人気記事 → 保育士が退職代行を使うメリット3選【突然辞める時の手順と選び方】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る