職場で嫌いな人との接し方10選【上手な対応方法と注意点】

職場で嫌いな人との接し方10選【上手な対応方法と注意点】

職場で嫌いな人との接し方。

嫌いな人がいるけれども、実際にどんなふうに関わればよいのか迷うこともありますよね。

この記事では職場で嫌いな人への上手な接し方について書いていきます。



目次
  1. 職場で嫌いな人との接し方10選【気にならなくなる上手な対処法】
  2. 職場で嫌いな人が出来た原因と特徴【接し方が変わった理由】
  3. 職場で嫌いな人との接し方で気を付けるポイントと注意点
  4. 職場で嫌いな人との接し方のまとめ【ストレスを溜めないために】

職場で嫌いな人との接し方10選【気にならなくなる上手な対処法】

職場で嫌いな人との接し方10選【気にならなくなる上手な対処法】

職場で嫌いな人への上手な接し方。

どんな風に関わればうまくいくのでしょうか?

10個の方法を紹介しますので、ぜひ実践してみてくださいね。

1.挨拶は自分からする

2.最低限のコミュニケーションは取る

3.相手に悟られないように笑顔を忘れない

4.職場の人間関係だと割り切る

5.丁寧に敬語で対応をする

6.仕事の話し以外はしない

7.視界に入れないようにする

8.プライベートな話しはしない

9.二人きりにならないように気を付ける

10.一定の距離感を保って接する

1.挨拶は自分からする【苦手でもすべき】

挨拶は自分からしましょう。

苦手な人から急に言われると、驚いてしまいます。

ならば、自分から「おはようございます」と伝えれば問題なし。

2.最低限のコミュニケーションは取る【上手な対応】

最低限のコミュニケーションはとりましょう。

話しをする、相手をする。

本当に必要最低限のコミュニケーションを取れば、問題がないと言えるでしょう。

3.相手に悟られないように笑顔を忘れない【自分をよく見せる】

相手に悟られないように笑顔をわすれないように。

相手に嫌いだということがバレると面倒です。

なので、相手からはいつも通りの自分で接するようにしておきましょう。

4.職場の人間関係だと割り切る【必要な考え】

職場の人間関係だと割り切りましょう。

嫌いな人との関係も、職場での関係だけです。

と、自分で割り切ってしまえば気持ちもラクになります。

5.丁寧に敬語で対応をする【関係は崩さない】

丁寧に敬語で接しましょう。

相手との関係を作る時に大事なことは関係を崩さないことです。

年齢に関係なく、敬語で話しをするようにしてください。

6.仕事の話し以外はしない【円滑に進める】

仕事の話し以外はしないようにしましょう。

円滑に仕事を進めるために、仕事の話はしなければなりません。

仕事に必要なことは、きちんと話すようにしてください。

7.視界に入れないようにする【無関心になる】

視界に入れないようにしましょう。

物理的に視界に入れないように意識をしてください。

そうすれば、嫌いな人のことを意識しなくてすみます。

8.プライベートな話しはしない【深入りも厳禁】

プライベートな話しはしないようにしましょう。

嫌いな人とは深入りをしないことも、大事な関わり方のコツです。

もし、気が合うような趣味があると、かかわりを増やさなければならなくなりますので。

9.二人きりにならないように気を付ける【イライラする】

二人きりにならないように気をつけましょう。

イライラしたり、話すことがないのに気を使って話さなければならなくなります。

なので、二人きりにならないように…してください。

10.一定の距離感を保って接する【友好を大事に】

一定の距離感を保って接するようにしましょう。

友好を大事にしておけば問題なし。

距離感は大事で、近づきすぎず、遠くなり過ぎず…して下さいね。

職場で嫌いな人が出来た原因と特徴【接し方が変わった理由】

職場で嫌いな人が出来た原因と特徴【接し方が変わった理由】

職場で嫌いな人が出来た原因とは?

また、嫌われやすい人の特徴とは?

その点について書いていきます。

・いつもイライラしていて接しにくい

・空気を読まない行動がある

・自分が優先な発言がとても多い

・人によって態度が変わる

・責任感がなく人のせいにする

・人の悪口や陰口を平気で言う

・自分のミスを正当化することがある

・嫌味を言う

・人のことを見下した発言が多い

・成果を独り占めしようとする

いつもイライラしていて接しにくい

いつもイライラしていて、接しにくい。

そんな風に関わる人がいますね。

イライラしていると、こちらもイライラしてきますので、嫌いな人になります。

空気を読まない行動がある

空気が読めない行動がある人。

みんなが一生懸命仕事をしているのに、帰宅する。

やることがあるのに、何もしない。

そんな風に周りの状況を読めないとしんどいですね。

自分が優先な発言がとても多い

自分が優先の発言がとても多いひと。

何でも、自分目線で話しをすると、仕事が進みません。

しかし、そのような人に限って、なんでも発言し、自分のこと中心に発言してしまうのです。

人によって態度が変わる

人によって態度が変わる人も嫌われます。

上司には下手にでるのに、部下には偉そう。

他にも女子には優しいのに、男子には厳しい。

そんなかかわりをする人がいる、現実があるのです。

責任感がなく人のせいにする

責任感がなく、すぐに人のせいにする人もいます。

何かミスがあっても人のせいで、自分の責任ではないという意識がある人はしんどいですね。

そんな風に他責な人は、嫌われやすい傾向にあります。

人の悪口や陰口を平気で言う

人の悪口や陰口を平気で言う人がいます。

あの人が悪い、ダメな人だと。

そうやって裏で言っていることなんて、すぐにバレるのですが…。

自分のミスを正当化することがある

自分のミスを正当化することがある。

例えば、仕事でミスをしても「私は間違っていないので…」と話しをしてくる人。

そうやって、間違っていても自分は間違っていないということを話す人はしんどいですね。

嫌味を言う

嫌味を言う人もすごく嫌がられます。

単純に人として、関わりたくないと思われてしまいますね。

人のことを見下した発言が多い

人のことを見下した発言が多いのもしんどいですね。

常に上から目線の発言で、人のことを下に見る。

そうやって立場をわきまえられないと、正直しんどく感じてしまいます。

成果を独り占めしようとする

成果を独り占めしようとすることも問題です。

例えば、部下が獲得してきた契約も自分がとってきたかのように…。

そんな風に成果を独り占めしようとする姿勢が、嫌われる要因なのです。

職場で嫌いな人との接し方で気を付けるポイントと注意点

職場で嫌いな人との接し方で気を付けるポイントと注意点職場で嫌いな人との接し方で、気を付けるポイントもあります。

嫌いな人とも上手に接しなければなりませんので、その点は気をつけましょう。

本人に嫌いだと本音を伝える

本人に嫌いだと本音で伝えるのは避けておきましょう。

相手も傷つきますし、トラブルになることも。

なので、上手に対処をしておくようにしてください。

無視や冷たい態度はとらない【話さないはNG】

無視や冷たい態度はとらないようにしてください。

話さないとかもNGです。

あくまでも関係を大事にしておくべきですね。

悪口を言って同僚を巻き込む【ストレス発散はダメ】

自分も悪口を言ってしまう。

これは、嫌いな人と同じ立場になってしまうので避けておきましょう。

評価を下げるだけですよ。

嫌がらせをする【愚痴も注意】

嫌がらせをする。

これは単純に社会人として失格です、

あくまでも職場でのことなので、普通に接しましょう。

こらしめる方法を考えない【パワハラになる】

こらしめる方法は考えないように。

相手のことが気になっても、こらしめることはダメです、

パワハラになることもあるので、要注意ですよ。

職場に迷惑がかかる行動はしない【サービスと思う】

職場に迷惑のかかる行動はしないように。

あくまでも職場の人。

あまり気にせずに接するようにしておきましょう。

職場で嫌いな人との接し方のまとめ【ストレスを溜めないために】

職場で嫌いな人との接し方のまとめ【ストレスを溜めないために】

職場で嫌いな人への接し方について書いてきました。

色々な関わり方がありますが、上手に接したいものですね。

イライラしてもあなたが上の目線でいれば問題なし。

上手に接するようにしましょう。

人気記事 → 保育士が退職代行を使うメリット3選【突然辞める時の手順と選び方】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る