ギフテッドの特徴12選!診断で発達障害と言われる理由と有名人

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

有名人にも多いギフテッド

ギフテッドという名前を聞いたことはありますか?

たぶん多くの人は聞いたこともない名前となっていると思います。

この記事を書いている私本人もこのギフテッドという名前は知らなかったのですし、保育業界ではあまり聞かない言葉となっていますね。

ちなみにギフテッドの有名人といえば、北野武(ビートたけし)や所ジョージ、松本人志、ロザンの宇治原、中田英寿などが挙げられています。

そんなギフテッドについて書いていきますので「ギフテッドとは?」と言うことを参考にしてみてください。

ギフテッドとは?

ギフテッドとは、一体何なのでしょうか?

まずはギフテッドについて書いていきましょう。

ギフテッド(英: Gifted, Intellectual giftedness)は、先天的に、平均よりも、顕著に高度な知的能力を持っている人のこと。または、先天的に、平均よりも、顕著に高度な知的能力を指す。

(引用:ウィキペディア「ギフテッド」)

つまり、生まれたときから平均おりも高度な賢い頭をもっている人物となっており、賢い子供と言うことになります。

しかし、外部的な成功を収めている事例はあまりなく内在的な学習の素質や生まれつきの学習能力のことを指していますね。

日本ではギフテッドは天才児、英才児、優秀児と和訳をされることもあり「飛び級できるくらい賢い子供」というような印象と誤解が生じることもありますが少しニュアンスは異なっています。

アメリカの教育省は1993年に「ギフテッドとは、同世代の子供と比較して、並外れた成果を出せる程、突出した才能を持つ子供のことである。」と定義しており、生まれてから生涯にわたってこの優秀さは見られます。

このギフテッドの語源ですが、贈り物(gift)からきており、神や天から与えられた資質のことからギフテッド(gifted)と呼ばれるようになりました。

日本ではよく間違われることもあるのですが、英才児をそだてることをギフテッドなんて呼ばれたりすることもあるのですがそれは大きな間違いですし、早期教育も大きな間違い。

あくまでも先天的な才能の持ち主であり、あとから勉強などを教えたり、幼児教室や塾へ通わせて身に着く能力のことではありません。

ギフテッドの種類

ギフテッドは先天的な天才のことを言うのですが、IQが高いことでも知られています。

例えば先ほど紹介をした有名人も驚くほど高く、

・北野武(ビートたけし)→IQ132

・所ジョージ →IQ138

・松本人志 →IQ100

・ロザンの宇治原 →IQ158(MENSA JAPAN会員)

・中田英寿 →IQ128

こんな風に一般人は大体100程度と言われていますのでここで紹介をしている有名人がいかに高いのか?と言うことがお分かりいただけると思います。

そんなギフテッドには種類がありますので紹介をしていきます。

その2つは「英才」と「2E」の分けられますので紹介をしていきましょう。

英才

英才とは、言語的認知・空間認知・記憶など全体的に高い知能を持っている子供のことです。

英才のIQは130超える子どもが全体の3~5%といわれており中にはIQ145を超える子供もおり全体の0.1%程度だと言われていますね。

ただし、気を付けなければならないのはIQが高いのでギフテッドといういい方にはなりませんので注意をしましょう。

2E

また、ギフテッドのもう1つの種類がこちらになります。

2Eとは特定の分野の能力に長けていることを指しており、その他の能力に関しては偏っている人のことを指していますね。

この2Eとは「二重に例外的な」と言う意味のある(twice-exceptional)短縮した呼称で呼ばれている言葉となっており、学習障害や広汎性発達障害の疑いがあるため発達障害を間違われることもあります。

かなりレベルの高い能力もあるのですがその反面どうしても低い能力のありますのでマイナスになってしまうこともあるので才能が埋もれてしまうケースも多いでしょう。

過敏な子供の多い

うまれつき高い能力を持っているギフテッドですが、実は一般の人と比べると過敏になりがちであるといわれています。

例えば、私たちは全く気にならない歯ぎしりや部屋のドアの音など生活音にも敏感で体が反応をして眠れなくなってしまう。

花の香りで吐き気を催したりする、少しの痛みが激痛に感じるなど感情や五感などが人と比較をした場合にかなり敏感となっていますので疲れやすいという特徴をもっています。

ギフテッドの特徴

正直、ギフテッドは日本での認知はかなり低いものとなっており「天才児」とだけ知られているような印象です。

そのため、実情はかなり苦労をしているケースもありギフテッドと認識をされずに「変わった子供」と思われてしまうケースもありますね。

そんなギフテッドには一定の特徴がありますので紹介をしていきましょう。

記憶力が高い

一般的に記憶力には限界があり、覚えておこうと思ってもなかなか覚えてられないというのが記憶というものですがギフテッドの子供は並外れた記憶力を持っており、中には誰も覚えていないような過去のこと覚えているケースもありますね。

しかし、ギフテッド全員かといわれるとそうではなく驚くほどすべてのことを覚えている子どももいれば自分が興味のあることしか覚えていない子供もいるので個人差は激しいですね。

推理力や洞察力が高い

考えや推理、論理などについ議論をすることを得意にしており幼児期から数学の難しい証明を理解しています。

特にパズルなどの図形や形の勉強を得意としており、ゲームなども得意となっていますので大人相手の大会でチェスで優勝をしたりオセロが圧倒的に強かったりと一般の子供では考えられないような力を持っていこともあります。

集中力が高い

一度に2つか3つのことを同時に集中したり、興味のあることに対して長い間集中力を発揮する場合もあります。

ただ興味を持ったものに飽きるということはなく、集中をするとずっとそれにのめりこんでしまうことも多いため自分勝手と思われたりします。

他にも集中をしすぎて周りが見えなくなることはあるので「変わったやつ」と思われることもあるでしょう。

学習をするスピードがずば抜けている

集中力と吸収力に関しては誰よりも力を持っており、応用力も高いです。

そのため得意な分野の学習には熱心に取り組むため優れた成果や結果に結びつけやすいという特徴があります。

そのため学習スピードは周りの子供を比較をすると圧倒的に早く理解度も高いので、一般の授業などでは面白く感じらえないことも。

本人からするとすべて理解をしているため授業は「つまらない」と感じているのですが周りから見ると「怠けている」と見られてしまうため、テストの点数は良くても態度が悪いなどから総合的な成績は悪くなったりします。

語彙が豊富で精神年齢は高い

語彙数は同じ年齢の子供と違ってずば抜けており、語彙数に関してはとても豊富です。

特に学ぶことが好きなため言葉で遊ぶことが好きであったり、周りのラジオなどから聞こえている音やスピーチなどをすべて記憶して吸収をしたりして会話に応用をする力をもっています。

そのため、同じ世代の子供と比較をすると精神年齢も高くなり周りの同世代からは「変わったやつ」として仲間外れにされてしまうことも珍しくありません。

他にも社会にも高い興味を示しており、大人が顔負けをするような厳しい意見を言うこともあります。

子供のしてはませていると思われることも多い年齢ですね。

感覚や感情が過敏

先ほども少し書きましたが、とにかく過敏な子供が多いです。

例えば、五感や感情に関しては驚くほど過敏となっており困っている人を見ると自分自身も同じような境遇に置き換えてしまったり感情移入をするケースもあります。

特に批判的な意見位は敏感で失敗をすることを極度に嫌がるため大きなストレスとなる場合も多いです。

完璧主義

ギフテッドは天才肌なのでどうしても人と違ったような力を持っている一方で、完璧主義という特徴を持っているため間違いを気にして満足できないこともしばしば。

周囲からするとすごいことをしているので褒めてくれるのですが自分自身は小さなミスを引きずってしまい「自分はダメな人間だ」「このままでは失敗をしてしまう」というような自己肯定感の低い子供も多いです。

また、力があるため自分の周りの人が完全でないことに対してフラストレーションを溜めることも多く、ストレスを勝手に感じていることもあります。

独創性に富んでいる

独創力に長けており、想像力は豊かでアイデアを出すことを得意としています。

しかし、今までにない視点で議論をすることがありますね。

数学や数字で遊ぶことが好きなのですが、数学の問題でもユニークな解き方をして大人を驚かせることもあります。

質問や課題に取り組むのに、いろいろな可能性を見るため、同じことをするにも新しい方法を見つけますので学校の先生からすると「面白い子」と思われる反面、変わった子供という印象を持たれることもありますね。

もちろん個性的で独創的なのですが、周りから受け入れられにくく時には孤独になったり仲間外れにされてしまうことも多いです。

好奇心や探求心が高い

これについても個人差があるのですが、好奇心や探求心というものは高く好奇心や探求心の強さによっては個人差もあるのは正直なところです。

自分で発見をして問題を解決することを楽しむ傾向にあるため用意されたプログラムを流れにそって解いていくというよりは自分で考えてどんどんと進めていくという学習に向いています。

また、なんでも理由をしりたがるため質問をすることも多いですね。

他にもユニークな分野で趣味や興味があり、収集癖があったりします。

難しい本を読む

自分よりも上の人が読むような本を読んだり、スピリチュアルな価値観や考え方、哲学的なテーマにほぼ直感的に興味を示します。

そのため絵本よりは、難しい本や雑誌を手に取ることが多い場合も多く、大人が見ても驚くような本に興味を示すこともあります。

神や愛、正義、平等など抽象的な概念について話すことが好きで、大人向けの話題の本なども自分から読みたがることもあります。

出来ることと出来ないことの差が激しい

これについても先ほど書きましたが、ギフテッドの子供はできることとできないことも差が激しくなっておりある能力は一般の子供と比較をしても突出しているのに対して一般の子供が簡単にできるようなことができないこともあります。

例えば、6歳という年齢なのに対して高度な問題を解いたり、哲学書のような本を読んでいるにに靴のヒモが結べないう驚くようなギャップを見せる場合も多いですね。

リーダーシップを発揮する

ギフテッドの子供は一般的に責任感が強い子供が多くゲームや行動をまとめたり、グループ内の問題を解決したり仲裁したりなどリーダーシップに優れているケースも多いです。

独創的で周りから見ると「変わった人物」とみられがちで距離を取られることもあるのですが、社会では次の世代を担う人材として高い関心と期待に寄せられていますね。

もちろんここに書いた特徴はあくまでも一例となっており、気になる行動があったり周りの子供と比較をして「何かおかしい」という場合には専門医に一度相談をしましょう。

ギフテッドの診断方法

もちろん天才肌でも、ここに書いているような特徴を持っていたとしてもギフテッドを診断をされなければギフテッドではありません。

子供によっては「発達障害」と判断をされてしまうこともありますので、ギフテッドは発達障害と紙一重と言えるかもしれません。

そんなギフテッドですがどんな診断方法があるのでしょうか?

診断方法について書いていきましょう。

WISC-Ⅳ:ウェクスラー式知能検査

まず1つ目の診断方法としては「WISC-Ⅳ:ウェクスラー式知能検査」というものがあり、世界でも広く利用をされている検査になります。

詳細はこちら

5歳0カ月~16歳11カ月の子どもを対象にした、世界でも広く利用されている代表的な児童用知能検査です。
全15の下位検査(基本検査:10、補助検査:5)で構成されており、10の基本検査を実施することで、5つの合成得点(全検査IQ、4つの指標得点)が算出されます。それらの合成得点から、子どもの知的発達の様相をより多面的に把握できます。

(引用:日本文化科学社

RTIモデル

そのほかにはこちらのRTIモデルというものがあります。

詳細はこちら。

RTI(=Response To Intervention)モデルは、学習上のつまずきが見られるお子さまに対して、徐々に指導・支援を行ってその反応を測ることにより、どのような支援が必要なのか(もしくは必要ではないのか)を客観的に判断していく診断モデルのことを指しています。

第1段階では、通常学級においてすべてのお子さまを対象に質の高い指導を実施します。学習障害のお子さまを限定対象とせず、すべてのお子さまを対象としています。ここで成長に十分な伸びが見られない場合、通常学級での指導に加えて、第2段階として少人数での補足的な支援が追加されます。それでも十分な伸びが見られない場合には、これらに加えて第3段階として個別的な支援を追加します。このように徐々に支援を追加しながら、お子さまにとってどのような支援が必要なのかを客観的に判断していきます。

(引用:LITAKICO「学習障害とRTIモデル」)

ギフテッドは遺伝

生まれるにはどうする?

まとめ

 

 

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る