タレンテッドの特徴7選!ギフテッドとの違いは芸術的な天才?

タレンテッドなんて言葉を聞いたことありますか?

実はタレンテッドはスポーツや絵画、音楽など芸術面をリードしている人材が多いとされている逸材に多いといわれています。

例えば、有名な芸能人もタレンテッドの才能を持っていたなんて噂もありますね。

そんなタレンテッドについて書いていきましょう。



タレンテッドとは?特徴と能力を解説

そんなタレンテッドというのは実際にどんな人のことを指しているのでしょうか?

タレンテッドは素晴らしい才能に秀でている人材のことを指す言葉となっており、幼少期から子供を驚かせるような才能を発揮してくれることもある人物といえます。

実はタレンテッドは芸術型のギフテッドといわれています。

ギフテッドについてはギフテッドの特徴12選!診断で発達障害と言われる理由と有名人に書いていますので参考にしていただけるとわかります。

ギフテッドは学術面や技術面で秀でているのに対して、タレンテッドは芸術面で秀でている子供のことですが、ギフテッドの一部でタレンテッドという種類の人材といえます。

もちろんタレンテッドも高いIQを持っていることは間違いないのですが、幼少期から芸術分野の没頭をしているという特徴を持てちますね。

タレンテッドとギフテッドの違い

しかし、タレンテッドはIQはそこまで高くないため、ギフテッドの子供ほど注目をされることはないのが今の現状です。

そもそもタレンテッドの子供はIQテストなどの特殊なテストに関しては不利な頭の構造となっているからですね。

そんなタレンテッドですが、もちろんギフテッドとは違う才能を持っているからこそ注目をされている呼び方となっているのです。

具体的には

・一般人では思いもつかないようなことを常に思い浮かべている。

・とても感情的で自分や相手の感情をすごく気にする性質を持っています。場合いよっては障害のような日常の生活に支障をきたすレベルでもあり繊細であるといえます。

・運動神経はとてもよく、難しい体の動きや効率的な身体の動かし方ができます。また、運動が基本的に得意です。

・芸術面では独特で非常に芸術性の高い作品を作ることができます。そのため、一般人よりも表現することに対して大きなアドバンテージを持っています。

この辺りはタレンテッドの特徴といえますね。

ギフテッドもタレンテッドも共通をしている点は「凡人には思いつかない発想」「神がかり的なことが放置されてもできる」という点で「天才」と呼ばれる部類に入ります。

タレンテッドは診断されるの?

そんなタレンテッドですが、診断をされるのでしょうか?

タレンテッドはあまり診断をされることはないのです。

先ほど書いたようにIQテストをしてもタレンテッドの子供には不向きで、点数も高く取れません。

ただし、タレンテッドならば芸術的な才能を持っていることから音楽コンクールなど美術面、スポーツ大会などの運動面などで見いだされることは多いです。

そのため、美術系の学校へ進学して才能が開花をしたという話もあります。

何をもってタレンテッドとするのかがかなり難しいので判断をすることも難しいですね。

日本では住みにくいタレンテッド

タレンテッドは日本ではものすごく済みにくいといわれています。

特筆して勉強ができるわけではありませんし、持っている才能は素晴らしいものなのですが学校の教育で役立つのかといわれると微妙な点が多いです。

スポーツで才能が開花すればスポーツで食べていけますし、音楽面でも才能が開花すれば優れた成績を残すこともできるでしょう。

しかし、美術などの芸術系は日本ではほとんど披露をすることがないため、芸術系の学校へ行ければ変わります。

その子供の持っているタレンテッドの才能によって左右されますね。

タレンテッドの特徴と能力

ギフテッドはテストなどをすればすぐにIQが高いなどの理由で特徴として現れやすいのが特徴です。

しかし、タレンテッドになると目でみてわかるものではありませんし、秀でている才能も抽象的で正直判断がしにくいものが多いですね。

そこで、以下にタレンテッドの特徴についてまとめてみました。

もし、この特徴に当てはまっているならばタレンテッドの可能性があるという判断材料にしてよいでしょう。

考えが並外れている

タレンテッドの子供は想像力が豊かな考えを持っており、考え方も独創的です。

そのため、一般の人が思いつかないような考えがひらめいたり、同学年の子供達とは一線を画しているほどの人物です。

そのかわりに周りからは「扱いずらい」「変わり者」と評価もされてしまうこともありますが、人よりも抜きんでている考え方が幼いうちから作品や絵画などで注目をされることも多いです。

幼少期からも発掘してもらえるチャンスがありますね。

とても繊細で敏感

タレンテッドの子供はその意思の強さから「自分の道を歩んでいく」タイプと思われがちです。

もちろん自分の意志や感情などこだわりを持っている反面、実は周りの人の目や言葉にはとても過敏なのです。

そのため、噂や言葉などにはとても敏感ですし、周囲から孤立をしてしまいがちでうつ状態に陥ることもあります。

一人の世界に入りがち・・・と言えるでしょう。

運動神経は良い

タレンテッドの多くの子供は運動神経がよく、ずば抜けている子供が多いです。

走らせただけでも体を上手に使えるため回りからも注目される存在となりえます。

難しい体の動かし方をこなしたり、時には効率よく体を動かしたりすることで「すごい」「天才だ」なんて注目をされることも。

その結果早くから高い成果や成績を残せる人材となりえます。

意識が高い

タレンテッドは子供のころから目標へ向かって徹底的に訓練や練習ができる才能を持っています。

同年代の子供たちと比較をすると集中力も高いため、長時間のハードなトレーニングにもついていきますし、ストイックに自分を追い込むことができる才能の持ち主でもあります。

自分から生み出すことが好き

自分から生み出すことが好きな子供といえます。

例えば、作曲をする、絵を描く、お話を作るなど独創的な世界を持っており、独自の創造性とセンスを発揮できる力をもっています。

そのほかのことはすべて忘れ没頭をしてしまいますが、作り上げるまでの集中力には目を見張ることも多いですね。

幼少期からずっと絵を描いている、ピアノの練習が始まると人が変わったかのようにずっと集中をして書いているという子供はタレンテッドの可能性も持っています。

苦手なものはとことん苦手

絵を描かせたり、運動をさせるとすごい才能を見せてくれるタレンテッドの子供ですがその反面苦手なものはとことん苦手です。

例えば、ギフテッドの子供が才能を開花させやすい勉強は苦手な子供もおり、苦手なことに対しては驚くほど集中力を見せません。

どちらかといえば、苦手なことからは避ける傾向にありますのでまんべんなく万能的な力を求められる日本の教育ではしんどい思いをしてなじめないことも多いです。

完璧を目指す

タレンテッドの子供はとにかく完璧主義

自分が納得いくまでは没頭をしがちで目標を高く設定できるためできるまで徹底して追い込む傾向にあります。

しかし、できないこと、苦手なことに関しては徹底してやろうとしませんので得意なことに関しては完璧を目指しますが、苦手なことに関しては完璧を目指すどころかやろうともしないでしょう。

タレンテッドの特徴のまとめ

あまり聞いたことがない言葉「タレンテッド」。

ここまでの特徴をみてもらうとわかる通り、学校の同級生にもタレンテッドがいたのでは?なんて思ったりしませんか?

私も小学校の時に勉強は全くできなかったけれども絵はとても上手な同級生がいました。

今思うとおそらくタレンテッドだったのでは?と思います。

もちろん後天的に身に着くものではなく、先天的な力を持っているタレンテッドはある意味日本の宝でもあります。

しかし、勉強の社会、トータル的なバランスを求められる日本ではまだまだ生きにくい存在でもあるのは正直なところなので、タレンテッドについて認知が広がればと思います。

有名人にも多い?

おそらく言われていないだけで、タレンテッドの有名人はいます。

例えば、圧倒的な運動神経を持っているプロスポーツ選手、驚くほどの音楽才能を持ったピアニスト、誰も真似できない絵を描くことができる芸術家など言い出すときりがないほどの才能があふれています。

もちろんタレンテッドと判断や診断をすることは難しいのですが、有名人にもたくさんいると言われていますのでこれからもタレンテッドがたくさん出てきてくれる世の中になればと思いますね。

 

須藤 崇代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る