子供を怒る悪影響5選とダメな怒り方【正しい叱り方を元保育士が解説】

子供を怒る悪影響5選とダメな怒り方【正しい叱り方を元保育士が解説】

子供を怒ると、悪影響があります。

言うことを聞かないと、ついつい怒ってしまうこともありますね。

しかし、それは本当に正しいやり方なのでしょうか?

この記事では子供を怒ることによる悪影響と、正しい叱り方を元保育士が解説します。



子供を怒る悪影響5選【きつく言うとダメな悪循環】

子供を怒る悪影響5選【きつく言うとダメな悪循環】

子供を怒ることによる悪影響があります。

怒るとは「感情的に言うこと」なので、子供によい影響を与えることはありませんね。

ここからは、子供がおこられることによる悪影響を書いていきます。

1.怒られることに怯えて自分の意思を言わない

2.怒られることがイヤで言うことを言う通りにしかしない

3.大きな声に怯えるようになる

4.泣くことで解決をしようとする

5.脳が萎縮をしてすくすくと成長しない

1.怒られることに怯えて自分の意思を言わない

怒られると子供は何も考えられなくなります。

すると、怒られることを恐れて自分の意思を言わないようになります。

とにかく、怒られることから逃げられれば良いと思ってしまうんですよね。

2.怒られることがイヤで言うことを言う通りにしかしない

怒られることがとにかくイヤになります。

そのため、親や先生のいうことは何でも聞くようになります。

しかし、それは理解して聞いているのではなく、ただ怒られるのがイヤで聞いているだけなのです。

3.大きな声に怯えるようになる【笑うことが少ない】

大きな声が聞こえると怯えるようになります。

怒られることが恐怖となり、笑うことも少なくなりますね。

ただ、怒られることがイヤで表情も乏しくなってしまうこともあります。

4.泣くことで解決をしようとする【吐くことも】

怒られると泣いたり、吐いたり。

そんな風にしてなんとか怒られることから逃げようとします。

これも怒られることによる弊害で問題点だといえます。

子供にとっては恐怖でしかないのです。

5.脳が萎縮をしてすくすくと成長しない

怒られると子供の脳はどんどん萎縮します。

つまり、健やかに成長をしていかなくなってしまうのです。

子供にとって、怒られるというのは想像以上にストレスのかかるものなのです。

子供を怒る時のダメなやり方5選【イライラして自己嫌悪になりがち】

子供を怒る時のダメなやり方5選【イライラして自己嫌悪になりがち】

子供を怒る時のダメなやり方についても書いていきます。

怒る気持ちはわかるけど、ダメなやり方をすると子供に悪影響を及ぼす可能性もありますので注意しましょう。

そんなダメな怒る方法を書いていきます。

1.感情的に大きな声で怒る・怒鳴る

感情的に大きな声で怒る、怒鳴ることです。

怒るとは怒りのままに子供にあたること。

感情的になってしまうということは、子供のことを考えられていませんので注意が必要です。

2.泣き叫ぶほど怒ることで言うことを聞かせる

泣き叫ぶほど怒ること。

そうやって言うことを聞かせたとしても何のメリットもありません。

子供が怖がって言うことを聞くだけになりますので、よくありませんね。

3.人と比べたり人格を否定すること

人と比べたり、人格を否定することもダメです。

「○○ちゃんはできるのに」「人としてあり得ない!!」など、人格を否定するような怒り方はやめておきましょう。

子供の自己肯定感がなくなり、自信が持てなくなります。

4.しつけという名目で暴力をふるう【ものを投げる】

しつけと言う名目で暴力をふるうなんて持ってのほか。

子供が傷つくだけです。

モノを投げたり、たたいたりするのは怒るではなく虐待ですので絶対にだめです。

5.怒るだけでフォローをしない【無視・放置】

怒るだけであとのフォローをしないのもダメですね。

無視や放置をすることは立派なネグレクト。

子供のことを最優先に考えたときには、怒ってもフォローをすることが大事ですね。

子供を怒るではなく叱る正しいやり方5選【疲れるやり方はダメ】

子供を怒るではなく叱る正しいやり方5選【疲れるやり方はダメ】

子供を育てる時に大事なことは「怒る」ではなく「叱る」です。

怒ることは感情的に言うことですが、叱るは子供を正そうと思っていうこと。

本来は怒ることは避けるべきであり、叱ることを意識すべきなんですよね。

元保育士が子供にいうことを聞かせる、正しい叱り方を書いていきましょう。

1.子供の目を見て普通の声で話をすること

2.具体的にダメなことを伝えること

3.他人と比較せず目の前の子供を見る

4.危険な時は大きな声を出して止める

5.叱ったあとは褒めることも忘れない

1.子供の目を見て普通の声で話をする【感情的にならない】

子供の目を見て、普通の声で話しをしましょう。

ダメなことをしたとしても、感情的になってはいけません。

子供の目をみて「今のは○○だからダメだね」と理由も付けてあげるとより良いです。

子供のためにも叱ることを意識してください。

2.具体的にダメなことを伝えること【上手に伝える】

具体的にダメなことを伝えましょう。

例えば、モノをこわしたときに「○○したから壊れたね」次からは気をつけようと伝えましょう。

子供だって悪いことをしたときはわかっていますので、上手に伝える意識をしてください。

3.他人と比較せず目の前の子供を見る【親子の中も深める】

他人と比較をせずに目の前の子供をみましょう。

叱り方としてダメなことは、先ほども書いたように人と比較をすることです。

比較をしても何も生み出しませんので、他人と比較をしないことが大事。

その子に向き合ってしっかりと叱ってあげてください。

4.危険な時は大きな声を出して止める【原因を教える】

危険な時は大きな声を出して止めましょう。

本当に命に関わるならば、原因を教えてあげてください。

大きな声を出すべきではありませんが、命に関わるときは大きな声で止めるべきですね。

5.叱ったあとは褒めることも忘れない【コントロールする】

叱ったとはほめることも忘れないようにしましょう。

叱ることは子供を育てていく上でとても大事なことです。

しかし、叱るだけではなくあとフォローをする、褒めると実はより仲良くなれたりします。

コントロールして、叱ったあとは褒めることもわすれないようにしましょう。

子供を怒ることのまとめ【叱り方を変えて子供に接しよう】

子供を怒ることのまとめ【叱り方を変えて子供に接しよう】

子供を怒ることについて書いてきました。

子供を育てていく上で、怒るということは本来さけるべき。

怒ることをしても結果はなにも生み出さないですし、子供の恐怖を植え付けるだけだからですね。

ダメなことをしたときに、子供を怒るではなく叱るようにし意識をして下さいね。

人気記事 → 子供の青汁ランキングおすすめ3選と効果【幼児向け美味しい飲み方】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

・元保育士で園長や主任の管理職経験あり

【経歴】
認可(社福・公立臨職)と認可外保育園の現場経験 → 複数の保育園の運営マネージャー → 保育園園長 → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

・副業でブログと幼児教室・小学校受験講師

・認可保育園の研修でも使われているブログです♪

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

・元保育士で園長や主任の管理職経験あり

【経歴】

認可(社福・公立臨職)と認可外保育園の現場経験 → 複数の保育園の運営マネージャー → 保育園園長 → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

・副業でブログと幼児教室・小学校受験講師

保育士子育て世代とつながりたい

【簡単な紹介】

二人の子供がいるお父さん。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る