おむつはずれの時期と平均年齢はいつ?おむつが外れない子供の対処法

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

いつはずれるの?おむつはずれの時期と目安

子供がトイレトレーニングをはじめるとオムツはいつとれるのか?

と気になる方も多いことと思います。

これは保育園で働いているときも1歳児の保育をしているときに感じていたことで、そろそろこの子供はとれそうかな?この子供はもう少しかかるかな?なんて思うこともおおいですね。

そんなおむつはずれですが、自宅でトレーニングをしているママも多いはず。

しかし、先の見えないトイレトレーニングに疲れてしまい「うちの子供はオムツがいつとれるの?」なんて思ってしまうこともしばしば。

そこで、このページではおむつはずれの平均年齢について書いていきますので目安にしてトイレトレーニングを頑張ってほしいと思います。

おむつはずれとは?

そもそもおむつはずれとは何でしょうか?

おむつはずれとは?という点についてまずは書いていきましょう。

おむつはずれとは、「おむつがはずれてパンツになる」ことを指しています。

おむつとは、「もしくは、おしめは、排泄物を捕捉するため下腹部に着用する布や紙のことです。使用形態や元々の素材から大きく布おむつと使い捨ておむつに分類されます」

おむつにもいろいろな種類がありますので気になる方はこちらの「おむつのおすすめは?商品を選び方のポイントはコスパとかぶれにくいこと」に詳しく書いていますので参考にしてください。

これについてはもちろん簡単にいくものではないのですが、基本は1歳児の時期からトイレトレーニングを始めていきます。

早い子供でも約1年くらいはかかりますし、遅い子供だと3歳児になる前くらいまでかかることもありますので個人差も大きいということになりますね。

おむつはずれの時期の平均はいつ?

では、次におむつはずれの時期の目安について書いていきましょう。

おむつはずれの時期の目安ですが、目安としては3歳くらいとなります。

もちろんあくまでも平均年齢となっておりおむつはずれに関しては個人差がとにかく大きい1つの成長の過程となっていますのであくまでも目安です。

しかし、おむつはずれができて日常はパンツに変わったとしても失敗がないかと言われるとそれは違います。

パンツになってもおしっこの失敗はありますし、うんちはオムツでしかできないなど子供によっていろいろとなります。

保育士をしていて子供を見た場合におしっこに関しては2歳児の時期(2歳半~3歳半)くらいにはほとんどの子供はトイレに行っていいましたが、まだお昼寝はおむつという子供も多かったです。

関連記事2歳児の発達と特徴!保育のポイントはトイレトレーニングと生活習慣の自立

3歳児年少の幼稚園へいく時期のクラスになると日中はパンツで大丈夫でたまに失敗をするくらい。ただし、うんちはオムツでしか出ない子供も半数。

4歳児になるとおしっこの失敗は少なくなり、うんちもトイレでできるようになるというイメージです。

このように年齢や時期によっても異なりますが、完璧にオムツが外れる時期と言われると4歳を過ぎたくらいになりますし、おしっこだけがパンツに代わる時期は3歳~3歳半くらいが平均年齢の目安といえます。

ちなみ私の娘は2人も3歳の時期にはパンツに代わっていましたが寝るとき、うんちはおむつでしたので併用という形でした。

4歳の時期になるとお姉ちゃんは寝る時もおむつが外れていましたが、妹はうんちだけはずっとオムツだったことを覚えています。

妹のうんちのために結局おむつを4歳半くらいまで購入をしていましたので子供によって異なります。

では、具体的におむつはずれについて書いていきましょう。

トイレトレーニングの時期が重要

おむつはずれをしていくために大事なことはトイレトレーニングをいかに進められるかにかかってきます。

トイレトレーニングについては「トイレトレーニングはいつから?進め方とやり方と3日で終わらせる方法」に書いていますので参考にしてください。

トイレトレーニングを始める時期は家庭によってもことなりますが、保育園での目安は1歳児からになります。

なぜ1歳児の時期から始めることになるかというと、子供の体の発達と心の発達が整う時期といえるからですね。

トイレトレーニングを始める目安となる子供の成長として挙げられるのは「立って歩ける」こととなります。

年齢的な目安としては1歳6カ月くらいとなるのですが、この時期はまだ膀胱の発達も未発達となっておりおしっこの感覚もまばらなのであまりおすすめはしない時期です。

そのため、トイレトレーニングのはじめである「すっきりしたね」「おしっこでてよかったね」と声をかけてあげることが重要になります。

自分で伝えられるようになったらはじめよう

そこから少し成長をしていくと、なんとなくおしっこやうんちがでる感覚を子供自身も感じるようになります。

「チッチ」「うんち」と言葉もでてくるようになったタイミングはとても良い時期だといえますので、最初はおまるに座るだけでもよいのでトイレトレーニングを始めていきましょう。

ただし、いきなりおしっこやうんちが成功をすることはほとんどありませんので理解をしておきましょう。

私も保育士をして1歳児を保育してきたのですが、いきなりでたことはほぼなしです。

個人差もあるのですが、トイレトレーニングを始めてすこし期間が経過をしておまるやトイレに慣れた時期にちょろっとだけでる子供もいれば、なかなかおしっこが出ない場合もありますのでその子供によって左右をされるという結果になります。

おしっこの間隔が重要

あとは子供自身のおしっこの間隔が重要です。

間隔の目安としては、おむつをしていても1~2時間くらい濡れなくなってきた場合です。

例えば、30分まえにおまるに座らせたけれども出ていない。

すると、30分はおしっこを我慢することができているということになります。

その時間を覚えておきさらに30分後にオムツの中をみてみましょう。

もしおしっこが出ていないならばば膀胱の我慢できる間隔が1時間はもつということになりますので1時間おきにトイレへ連れていってあげてください。

すると、おしっこがちょろっとでもおまるやトイレに出る感覚も生まれてきます。

もちろんこれには個人差があり2時間後におむつが濡れたり、おまるで出た場合にはその子供の膀胱は2時間はもつようになっているということですし、30分おきにおむつをみると濡れているという場合には膀胱の発達は未成熟なのでトイレトレーニングをはじめる時期はもう少し見直した方が良いかもしれません。

間隔はとても重要なのでママは少し手間にはなりますが、その都度確認をしてあげましょう。

おむつはずれをスムーズにすすめていくための方法

まず、おむつはずれをすすめていくためには「この年齢になったら」という決まりはないです。

逆に保育士としての意見をいうと「1歳6カ月になったらトイレトレーニングをはじめよう」「3歳にはおむつはずれを完璧にしよう」というような年齢で決めることは一番ダメなトイレトレーニングの方法です。

そうではなく、子供を見ていくことが大事ですし個人差がとても大きいデリケートな問題なので「焦らない」ことは必須といえます。

そのため、まず最初のポイントとしてトイレを身近に感じさせることが大事です。

トイレへ行くことに慣れる

まず大事なことはトイレへ行くことに慣れるということです。

子供にとってトイレという部屋が未知の世界となっているということを大人は理解をしてあげなければなりませんので注意をしてほしと思います。

まずはトイレということを知ったり、身近に感じさせることから初めていきますので以下のようなことをしてみましょう。

・ママやパパはトイレに行くときには「トイレにいってこよう」と言葉で伝えて一緒に連れていく。

・おむつ替えをわざとトイレの傍でしていく(外で最初はしてから中へ移動をしていく)

・トイレの出てくる絵本やDVDを見せてトイレというものに興味を持たせる。

・トイレにアンパンマンなど子供が好きなものを張り付ける。

・おむつ替えをするときに「トイレは楽しいよ~いってみようか?」など声をかけてみる。

・トイレで流すことを教えてたまにさせてみる。

こんな風にトイレというところは「怖くないよ」

トイレは「楽しいところ」という認識をさせることが重要になりますのでママもパパも協力としてトイレへいくようにしてください。

トイレに誘ってみる

トイレに興味を持ち始めたら次はいよいよトイレへ連れていきましょう。

もちろんその際に大事なことは無理矢理つれていかないことです。

あくまでも子供のことを中心に考えて焦らないことを意識してくださいね。

トイレへ誘う目安としては先ほども紹介したことです。

・ある程度言葉を理解している。

・1人で歩けるようになっている。

・オムツが濡れない感覚が1時間~2時間くらいあいている。

このあたりを目安にすることでトイレトレーニングもはじめやすいといえます。

最初はトイレに行って座っただけでも拍手をしてたくさん褒めてあげてください。

トイレトレーニングのポイントはとにかく「トイレを嫌いにさせない」ことになりますので注意をしましょう。

また、トイレへ行かせるタイミングとしておすすめは「寝る前」「起きた後」「食事やおやつの前」というタイミングです。

このタイミングがおしっこが出やすい時期と言われていますので習慣化をしていくと意外とトイレトレーニングがスムーズに進む場合もあります。

おむつをとって失敗をしてみる

おしっこの間隔も広がってきて、トイレへ行けるようになってきたら生活の中でオムツからパンツへ変えていきましょう。

パンツに替えると部屋の中でおしっこがでてしまったりと失敗をすることもあると思いますがそれも含めてやっていくことが大事です。

ただし、あまりにも濡れてしまう場合にはまだ膀胱の発達が未成熟の可能性もありますので少し時期をあけてからチャレンジするほうが良いかもしれませんね。

また失敗をしても決して怒らずにゆっくりと対応をしていきましょう。

保育園ではおしっこはある程度出せるようになったら次は時間を決めてパンツへと移行をさせていました。

例えば、Aくんは午前中はパンツにしていこう、Bちゃんは寝るとき以外はパンツで過ごしていこう、Cくんは1時間だけパンツにすることからはじめていこうというように同じ学年でも全く対応を変えていました。

もちろん失敗も多いですが、決して叱らずに「でちゃったね~キレイキレイしようか」「またでそうだったら教えてね」など優しく声をかけてあげましょう。

失敗は成功の元という言葉があるようにいきなり成功をすることはありませんので「焦らない」「叱らない」ことを意識して進めてくださいね。

おむつはずれに成功をしてもおねしょはするの?

おねしょはおむつがはずれてもします。

正直な話、失敗は誰にでもあります。

おねしょはおむつが取れてもしますし中には小学生になっても寝るときだけはオムツにしているなんて子供もいます。

年長など大きな年齢の子供でもおねしょをしてしまうこともありますし、おねしょをするということは膀胱が未発達の可能性もありますので寝る時はオムツにするなど子供によって対応をしてあげましょう。

ただし、5歳以上で週に2回以上のおねしょが3カ月くらい続く場合には注意をしてほしいです。

夜尿症の可能性もありますので一定の年齢になってもおねしょをする場合には小児科へ受診するなど相談をしてみてください。

おむつはずれがうまくいかない時の対処法

もし、おむつ外れがうまくいかないときには荒療治ですが3日~1週間程度でとれる方法もあります。

私も保育園で何度か行った方法なのですが、以外とスムーズに取れることも多かったですのでどうしてもオムツが外れないけれどもなんとしても取らなければならない時には試してみましょう。

おむつはずれのまとめ

おむつはずれとなるとどうしても他人と比較をしてしまうもの。

近所の子供、身近にいる友人の子供、幼稚園や保育園で一緒の子供です。

もちろん自分の子供が先に進んでいるのであれば問題はないのですが、他の子供がおむつはずれに成功をしているのに自分の子供がとれていないと不安になるもの。

しかし、そこは焦らないことが大事です。

トイレトレーニングやおむつはずれというのは個人差が大きなものですしデリケートな問題となっていますし早い子供だと数か月で終わりますが、遅い子供だと1年以上もかかる子供もいます。

早くおむつを取りたいと焦るママやパパもいますがそれは子供の精神的な育児、両親の精神的にもよくありません。

「自分の子供は自分の子」とまわりと比較をせずに子供のペースに合わせて無理に進めていかないようにしたいものです。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka管理者 taka

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの管理者をしているtakaです。
認可保育園はもちろん、認可外保育園の立ち上げや集客、営業などをやってきた異色の男性保育士。

保育園の主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャーなどを歴任して今は保育コンサル、保育組織改善、子育て相談に子供関係の仕事と、WEB関係でホームぺージ作成などの仕事をやっています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る