保育園に夏休みと冬休み春休みはあるの?保育料と仕事の場合の対処法

保育園に夏休みはあるのでしょうか?

実は保育園で勤務をしているときに「夏はどうなりますか?」「春休みとかあるんですか?」という保護者から質問をされることが多くありました。

なぜなら、保育園へ預けている保護者の多くは仕事をしているため休みがあるのならば子供をどうするのかを考えなければならないからです。

そこでこの記事では保育園の「夏休み」や冬休み、春休みなどの休みについてと認可と認可外保育園での休みの違いについて紹介します。

記事を読み終えれば保育園の休みについて理解ができますし、入園する保育園も慎重に選ぶようになります。

では、さっそく本題にいきましょう。



保育園に夏休みはあるの?預ける?休ませる?

幼稚園だと春休みが2週間くらい、夏休みは小学校と同じくらいの40日くらい、冬休みも2週間くらいあります。

文部科学省の管轄にある幼稚園は教育機関であるため小学校と同じ扱いになることから休みは通常通りあります。

その一方で保育園は「冬休みのみ」となっており、夏休みや春休みをとっているところは少ないです。

春休みもなしですし、夏休みのお盆期間も開園していますのでお仕事の方は安心をして預けられます。

冬休みは数日間のみ取得する保育園がほとんどですが、日本の保育園は日曜、祝日、冬休みの数日以外はすべて開園をしています。

保育園の夏休みと冬休みと春休みの期間

さきほど「休みはない」と伝えました。

これは保育園が厚生労働省の管轄の福祉施設であり「保育に欠ける」子供たちを預かる場であります。

そのため、市区町村からも「休み」という扱いにしては原則いけないという決まりと言われることが多いです。

私が保育士として副園長をしていた時に市区町村へ理事長と一緒に会議へ参加をしたことがあるのですが「休み」はダメとはっきりと言われました。

これは保護者からの苦情もあったという事情があるのですが「仕事をしている人が困る」という理由があったからです。

そのため、認可保育園では「協力期間」「出席確認期間」などと名前を付けて登園する子供の制限をかけるケースがあります。

以下の日程は一応夏休み期間という扱いになり保育の方法や内容がかわります。

夏休み:8月13~15日(長いところは12~16日程度)お盆期間のみ

冬休み:12月30~1月3日(29日~3日のところもあり市役所とそろえるケースが多い)

春休み:原則なし(中には3月の最終土曜日だけ休みになる、数日間休みになるケースもあり))

あとは毎年のカレンダーによるのですが土日を挟んでいるともう少し伸びるケースもありますが、ほぼ上記の通りでしょう。

ただし、地域によってはお盆期間は「閉園」とする場合もありますので入園する際に確認をしてください。

夏休みの保育はどうなるの?

ただし、夏休みの保育は通常通り行われるわけではありません。

それは多く保護者は「休み」にためです。

多くの保育園では「夏休み期間の保育について」という形式でお盆期間に登園をするか?休むのか?を確認するケースが多く、人数によって出勤をする先生の数を決めます。

その際には「就労のみ」と記載してあるケースが多く、就労証明書をお盆期間のみ提出を求められることもあります。

厳しいように感じますが、中には子供をただ預けるだけの人も多いです。

そのような人が登園をすると保育園の先生も休みが取れなくなり出勤をしなければなりません。

日常的に休みが取れない保育士が唯一休める可能性がある場所です。

そのため、保育の登園に関しては厳しく書類を求められるケースもありますので「預ける?」「休ませる?」と悩んでいてもそもそも登園できない可能性もあります。

夏休み期間の開園時間

開園時間は通常通りします。

しかし、就労証明書を提出する場合があり登園予定の全員の登園時間を確認後に閉園する時間が決まるケースもあります。

あとは各園、自治体によって異なるのですがお盆期間だけは通常保育の時間帯よりも早く閉園するケース、通常保育の時間を短くしており延長保育で料金が発生する場合もあります。

(※ex,通常保育は8:00~16:00でそれ以降は料金が発生するなど)

お盆期間だけは早く閉園するケースも多いため各園に確認してみましょう。

認可外保育園が夏休みがあるので注意

ただし、注意をすべきポイントがあります。

それは認可外保育園へ通う場合です。

ここの夏休みの情報は「認可保育園」に限ったものですので、これから認可外保育園へ通おう、通っている方は要注意です。

認可外保育園の場合は夏休み、冬休み、春休みすべてとる場合が多いです。

特にインターナショナルプリスクールになると幼稚園と同じくらい休むところもありますので入園前に確認をしておく必要があります。

私の勤務していたインターナショナルスクールは以下のような休みでしたが、周辺のインターナショナルスクールを比較をするとよく空けている方だと言われたレベルです。

・夏休み:8月10~17日まで(中には8月すべて休みの園もあります)

・冬休み:12月21日~1月5日まで

・春休み:3月25日~4月5日まで。

認可外保育園は市区町村が支持を出すことができず、基本は園の経営者の考えによりますので気をつけなければなりません。

認可外保育園の休みは園によって異なる

しかし、上記のような保育園があるのですがその逆にすべて開園をしている認可外保育園もあります。

普段通っている園が休みになるが仕事のためどこかに預けたいというニーズに一定数あるために認可外保育園で一時保育をしているところは開園をしていたり、ベビーホテルなどは関係なく開園をしています。

お盆期間、年末年始などは夜のお仕事をしている人にとっては稼ぎ時です。

そのため、24時間空けている園などは閉めずに開園をしているケースもありますので、夏休みに通う先を探している方は聞いてみましょう。

保育園の夏休み期間の保育はどうなるの?

次に夏休み期間の保育はどうなるのかについて書いていきます。

夏休みと言っても保育園は幼稚園のように区切られているわけではなく、7月も8月も通常通り保育が行われプール遊びが盛んになる時期でもあります。

ただし、先ほども紹介したお盆期間は夏休みの保育期間という扱いになりますので保育の方法は変わります。

私の経験上100%異年齢保育という保育になり乳児と幼児で2クラスにして他の部屋は開けずに保育をするというのが定番です。

土曜日保育と同じようになります。

保育園の定員が100名だと13日は30名くらいですが、14~15日は15~20名程度になるケースがほとんどですので各クラスの保育ではないですし先生もばらばらになるでしょう。

人数次第では0歳児、1・2歳児、3~5歳児と分けることもあります。

保育園の夏休みの給食はどうなる?

お盆の期間の給食は保育園によって扱いも異なります。

私の勤務をしていた保育園のパターンは様々ですが、以下の3パターンのどれかに当てはまりますので参考にしましょう。

・お盆期間もすべて給食が出る。ただし、簡易な給食(どんぶり、うどんなど)

・お盆期間は給食なし。登園する人はお弁当を持参すること。

・給食は数日のみ、お弁当も持参しなければならない日もある。

このように保育園によって異なります。

私の勤務としていた保育園は給食を出していましたが、土曜日と同じようにメニューは簡単なものが多くおやつはお菓子でしたね。

実は給食の先生もほとんど休みなく仕事をしていますので交代で休みを取ります。

そのため、給食がある日は午前中だけの勤務、お弁当持参の日は休みにするなど園長先生も配慮をしています。

保育士の先生は出勤しているの?

これも各園によりますが、ベテランが数名と新人の先生で保育をするパターンがほとんどです。

子供の人数がとにかく少ない時期ですので、先生たちもできる限り休ませてあげたいというのが園長先生の考えになります。

また事務所も開けないことが多く、子供の人数によりますが余裕をもって法的人数に一人追加で見る程度になるでしょう。

中には学生のアルバイトをこの期間だけ採用するケースもありますね。

ベテランの先生や主任など責任者1名と、有給休暇の取得をしていない新人の先生がいますが担任の先生が保育をするかは分かりません。

私は夏休みの期間は責任者として出勤をすることが多かったのであえて他の先生や休ませるように配慮をしていました。

保育料はどうなるの?

保育料は原則変わりません。

いつも支払っている料金のままとなりますが、中にはお盆期間だけ追加で請求をされるところがあったり、通常保育の時間帯以外に延長保育として支払うケースがありますので入園をする保育園に確認をしてみましょう。

保育園が夏休み期間の対処法

基本は夏休みでも保育園は開園していますので、お盆期間や年末年始に仕事の方は預けるというのが一番良いです。

しかし、時には閉園をしたり開園時間が短くなってしまうため預けられないというケースもあるでしょう。

そんなときには以下の対処法で乗り切ってください。

パパがママが休みを交代でとる

保育園へ預けているということは共働きだと思います。

その場合はパパもしくはママのどちらかが仕事を調節して子供を見るという方法があります。

子供にも負担をかけないで良いので一番良い方法ではあるのですが、お盆期間や年末年始という一番忙しい時期に休まなければならないこともありますので職場には気を使うことになります。

保育園の夏休みに関する情報は6月下旬から7月上旬にはわかりますので、そこから対処を考えるか?気になる方は通っている保育園へ確認をしてみましょう。

祖父母や親せきに頼る

次にママもパパも仕事を休めないケースもあります。

特に自営業でお店を開いていたりすると簡単にどちらかが休むというのはむずかしいですよね。

その場合には祖父母や親せきに頼るという方法があります。

子供も慣れており知っている人に預かってもらえるのでママとパパも安心感がありますよね。

一時保育を実施しているところへ依頼する

次に一時保育を実施している園に預けるという方法です。

認可保育園の場合はお盆や年末年始は受け入れをしていない可能性もありますので、おそらく認可外保育園になると思います。

もちろん受入先が見つかるかもわかりませんが、保育園へ預けられない。仕事も休めないという場合には近隣の保育園へ問い合わせてみましょう。

ただし、認可外保育園も休みになっているケースもありますので注意をしましょう。

ベビーシッターに依頼する

日本ではあまりメジャーではありませんが、ベビーシッターを利用するという方法があります。

→ ベビーシッター副業は保育士資格でよい?サービス利用の方法と料金

自宅に子供を見るプロがきてくれますので安心して仕事にいけます。

もちろん費用はそれなりにかかりますが、子供を見てくれる人がいない場合には苦肉の策としてベビーシッターを利用してみましょう。

保育園の夏休みと冬休み春休みのまとめ

保育園の夏休みについて書いてきました。

認可保育園は基本は開園をしていますが土曜日保育と同じ形態で行うことがほとんどです。

そのため、夏休み期間でも仕事の場合は預けられますが、認可外保育園だと休みのところも多いため他の保育園の一時保育に預ける、もしくは会社を休むなどの対応も必要ですね。

もちろん「開園をしてよ」という保護者の声もあるのですが、保育園の先生もお盆の3日くらいしか有休がとれない現状があるのです。

保育士も保育園を利用している保護者ももっと自由に休める世の中になればと思うのですが・・・。

須藤 崇代表

投稿者プロフィール

保育士と介護福祉士の資格を持っています。

【経歴】
保育介護の専門学校卒業 → 公立保育園の臨時職員 → 私立の民間保育園で現場の保育士 → 大手塾のインターナショナルスクール開園&マネージャー → 別会社のインターナショナルスクール園長&幼児教室教室長。

現場の保育士を8年経験をし、その後は認可外保育園であるインターナショナルスクールの開園や運営、管理職などをしてきました。

※幼児教室の教室長もしてきて小学校受験の指導&合格実績あり

保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事やっています。

他にもアフィリエイトで実績があり、ブログ運営などにも精通しておりWordpressでホームページも作れますし子育て関係のライターもできます。

保育×子育て×WEBという3つの知識持っています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaです。

現在37歳で関西の奈良県に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんで最近はキャンプにハマっています。

元男性保育士で認可保育園で働いた経験、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業、管理職などもしてきた異色の保育士。

この保育士ライフでは保育士の情報はもちろん悩みの多い子育て、育児情報、関西のお出かけ情報など「子供」に関する情報を発信中!

また、ブログの収益化にも成功をしていますのでブログで稼ぎたい人の支援やホームページ作成などWEBと保育、子育て支援の仕事を中心にしています。

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る