保育園で昼寝しないと怒られる?過ごし方と原因【寝かしつけのコツ】

保育園で昼寝しないと怒られる?過ごし方と原因【寝かしつけのコツ】

保育園で昼寝をしないと怒られる。

これって本当のことなのでしょうか?寝ないだけで?怒られるの?と気になりますね。

この記事では保育園で昼寝をしないと怒られる点について、記事にしていきます。



目次
  1. 保育園で昼寝しないと怒られる?理由と保育士の対応について
  2. 保育園で昼寝をしない時の過ごし方!保育士の対応で怒られる?
  3. 保育園で昼寝をしない原因とは?怒られるボーダーラインとは?
  4. 保育園で昼寝をしない時の寝かしつけコツ5選【怒られる前にすべき】
  5. 保育園で昼寝をしないと怒られるのまとめ【先生次第が結論】

保育園で昼寝しないと怒られる?理由と保育士の対応について

保育園で昼寝しないと怒られる?理由と保育士の対応について

保育園で昼寝をしないと怒られる。

これは子供が言ったりすることもありますね。

そんな保育園で昼寝をしないと怒られるのは本当なのかについて書いていきましょう。

昼寝しないと怒られるは先生次第【うるさい時は怒られるかも】

昼寝をしないと怒られる。

これは先生次第ともいえますね。

昼寝をしないとダメと考える先生は、普通に「うるさい」と言ってしまうのです。

しかし、中には昼寝しないくらいならば何も言わない先生もいますので「先生による」というのが答えです。

嫌がる時は無理やり寝かす園も【怒られることもあり】

嫌がる時に無理やり寝かせる園もあります。

これも園の考えによるというのが答えとなりますね。

寝ないと嫌がるだけで、怒られるなんてことも普通にあるのです。

幼児クラスは怒られることも多い【人に迷惑をかける】

幼児クラスは怒られることも多い?

これについては人に迷惑をかけることもあるからです。

例えば、うるさくすることで他の子供が寝られない。

他のクラスに迷惑がかかるときは「怒られる」こともあるのです。

保育園で昼寝をしない時の過ごし方!保育士の対応で怒られる?

保育園で昼寝をしない時の過ごし方!保育士の対応で怒られる?

保育園で昼寝をしない。

そんな時は、どんな風に過ごしているのでしょうか?

布団で静かに寝転っている【嫌がるときは無理に寝かさない】

布団で静かに寝転がっていることがあります。

子供の寝たいときがあれば、寝ない時もあるのです。

そんな時は無理やり寝かせるのではなく、様子を見守ることもあります。

先生のそばで静かに遊ぶこともある【時間がある時】

先生のそばで静かに遊ぶこともあります。

寝ないならば、そのまま様子を見ようとしてくれる先生は多いです。

そのため、先生のそばに布団と敷いて、そのそばで遊ぶだけのこともありますね。

別室で過ごすこともあり【無理矢理連れていかれる】

別室で過ごすこともあります。

ただ、うるさくしてしまうので遠くで遊ぼうを配慮をすることもあれば…

うるさいと怒って連れていかれることもありますね…。

起きた子供から別室で過ごすということはよくあります。

絵本を読んでじっとしていることも【5歳ならあり】

絵本を読んでじっとしていることもあります。

4歳や5歳くらいになると、じっと待つことも出来るようになります。

そんな時は無理に寝るのではなく、見守ることもありますね。

早めに起きて遊びだすこともある【子供を尊重する】

早めに起きて遊びだすこともあります。

子供の気持ちを尊重するために、早めに起こして遊ばせることも。

その時によって対応は変わるかもしれませんが…。

保育園で昼寝をしない原因とは?怒られるボーダーラインとは?

保育園で昼寝をしない原因とは?怒られるボーダーラインとは?

保育園で昼寝をしない原因とは?

また、怒られるボーダーラインについても書いていきます。

体力が有り余っている【生活リズムが整っていない】

子供が昼寝をしない理由としては「体力が有り余っている」と言うのがあげられます。

活動量が足りないと、どうしてもそうなってしまいますよね。

また、新しく入園をした子供だと、単純に生活リズムが整っていないだけの可能性もあります。

日中の活動量が足りていない

また、日中の活動量が足りていないだけかもしれません。

外で遊んでいない、太陽を浴びていないなどの場合は昼寝できない可能性もあります。

活動量をしっかりとして、昼寝できるように整える必要があります。

保育士が静かに仕事をしたいとき【昼寝の強制がある】

保育士が静かに仕事をしたいときは怒られる一つの要因です。

会議をしている、話しをしているなんて時は特にそうなりがちですね。

昼寝をしてほしい時にしてくれないと、そんな風に感じてしまうことがあるのです。

他の子供に迷惑がかかるとき【起きてしまう問題点】

他の子供に迷惑が掛かる時も大きな原因です。

怒られる要因となりますね。

例えば、寝たい子供が起きてしまったなど。

起こされると、その子供の対応にも追われることになるためです。

静かにするという約束が守れない時【夜も寝られないときは配慮】

昼寝をしないと「静かにしようね」なんて言われます。

しかし、約束を守れない時もあったりしますね。

そんな時は怒られる可能性もあるのです。

保育園で昼寝をしない時の寝かしつけコツ5選【怒られる前にすべき】

保育園で昼寝をしない時の寝かしつけコツ5選【怒られる前にすべき】

保育園で昼寝をしない時のコツについても書いていきます。

昼寝をしないから怒られるって…どこか理不尽ですよね。

ならば、子供がしっかりと寝られるようにすればよいですよね。

1.たくさん外で遊び日光を浴びる

2.家でも早寝早起きの習慣をつけてもらう

3.昼寝する習慣をつける

4.子供が入眠できるように環境を整える

5.昼寝しにくい子供は活動量を多くする

1.たくさん外で遊び日光を浴びる【長い時間遊ぶ】

たくさん外で遊んで、日光を浴びましょう。

身体をたくさん使って疲れさせるようにしましょう。

そうすることで、子供はじっくりと遊びこめ、満足して眠ることができます。

2.家でも早寝早起きの習慣をつけてもらう【連携する】

家でも早寝早起きの習慣をつけてもらいましょう。

朝きちんと起きれば、昼寝もできるようになります。

おそらく、それができていないため子供がねられないのでしょう。

家でも生活習慣を整えてもらいましょう。

3.昼寝する習慣をつける【保育士がリズムをつける】

昼寝をする習慣をつけましょう。

保育士が生活リズムを整えて、寝られるようにしてあげてください。

しっかりと眠れるように、遊び、食事、睡眠の流れをつけてあげましょう。

4.子供が入眠できるように環境を整える【暗め・快適な室温】

子供が入眠できるように環境を整えましょう。

しっかりと眠れるように、部屋は暗めにして、快適な環境を作れば問題ありません。

眠れるようにしてあげて下さいね。

5.昼寝しにくい子供は活動量を多くする【たくさん遊ぶ】

昼寝をしにくい子供は活動量を多めにしましょう。

今は個別に子供を見ることが求められています。

そのため、昼寝しにくい、体力がある子供はゆっくりと寝られるように対処をしてあげましょう。

保育園で昼寝をしないと怒られるのまとめ【先生次第が結論】

保育園で昼寝をしないと怒られるのまとめ【先生次第が結論】

保育園で昼寝をしないと怒られる点について書きました。

怒られるかは、先生次第だといえますが時には怒られてしまうことがあります。

怒られるって理不尽だと思いますが、なかなか見えないところですよね。

子供にとっては楽しい保育園になればと思いますので、生活リズムだけはしっかりと整えるようにしましょう。

人気記事 → 子供の青汁ランキングおすすめ3選と効果【幼児向け美味しい飲み方】

人気記事 → 幼児教室おすすめ人気ランキング6選【失敗しない選び方と効果】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る