食べ物の好き嫌いが多い子供の原因と指導の方法!魔法の言葉で好きにする方法

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

原因はなに?子供に多い好き嫌いはワガママなのか

私も嫌いなものはあるのですが、育児の悩みとして圧倒的に多いのは「食べのもの好き嫌い」ですね。

もちろん大人にも多く食べず嫌い、食べて苦手になったなどいろいろなケースもありますが親の気持ちとしては何でも食べてほしいというのが正直なところ。

そのため試行錯誤として小さく刻んで大好きなカレーに入れてみたり、「わがまま言わないの!!」と怒って食べさせてみたりといろいろなケースもあります。

そんな子供に多い好き嫌いなのですが、実はあるコツを使うといきなり食べられるようになることがありますのでその方法をご紹介していきましょう。

子供の好き嫌いの原因

これはもちろん子供によってえ異なるのですが、好き嫌いが多い、激しい子供もいればどんな野菜でも果物でも好き嫌いせずに食べてくれる子供もいます。

この差というのは一体何なのでしょうか?

まずは好き嫌いの原因について調べてみましょう。

実はこの好き嫌いが起こる要因として考えられる原因は2つあります。

1つめは遺伝的な要因、2つめは生まれてからの食生活になりますのでこの2つについて紹介をしていきましょう。

遺伝的な要因

これは私たちの口の中にある仕組みが原因として感がられるのですが、人間は食べ物に含まれている科学物質の一部を下にある味蕾(みらい)という器官で味わうようになっており、これで味を感じています。

これが「味覚」ですね。

その味覚には人間は5つを感じれる力を持っており「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「うま味」です。

この味わいをもって自分自身でこの食材は「有益なものなのか」「有害なものなのか」を判断をしているのです。

5つの味覚で人間はいろいろなことを判断しています。

これは人間に共通をしているのですが「甘味」「塩味」「うま味」に関しては人間が生きてくために必要なものだとして判断ができるため好んで食べるようになります。

子供にお菓子やチョコレート、ケーキなど甘くておいしいものを嫌いな子供は少ないですよね。

それに対して苦みや酸味というのは毒が入っているもの、腐っているものと判断をするため苦手になるのです。

苦みといえばピーマンですし酸味の強い酢の物なども子供はあまり好んで食べないのはそのためです。

これは子供に限らず大人でも同じような症状になることが十分に考えられますので理解をしておくべき要因だといえますね。

生まれてからの食生活

上記の環境的は要因に関しては人間が生きていく上で本能的に感じていることなので、どうしようもないということありますし生まれ持っている力なので慣れていくということが一番早く確実な方法になるのかもしれません。

それに対して「食事の経験」に関しては生まれてからの家庭環境による要因が多いため赤ちゃんが生まれたときから気を付けていきましょう。

赤ちゃんも最初はミルクから始まりますが、徐々にミルクから離乳食へと変わりいろいろなものを食べるようになってきます。

すると、次第に新しい食べ物に挑戦をしていくことになるのですがその際に「美味しい」「元気がでた」などの経験をするとその食べ物は今後も積極的に食べることになります。

それに対して、食べてお腹が痛くなった、下痢になった、おいしくなかったなどの経験をすると二度とその食べ物は食べないようになるという仕組みはあります。

これは心理学でいうアンカーという言い方になります。

アンカーというのはその経験から感情につながることで、例えば転倒をして右手を骨折して痛い経験をしたことがある人が同じ場所にくると骨折を思い出す.

彼氏に告白をしてもらった場所へ行くとその彼氏のことを思い出すというようにその場所などに関係して思いでも出てくると言うことです。

これが、食べ物になるとピーマンがでてくると「苦い」「嫌い」となり最終的に「食べたくない」になってしまうのです。

両親が食べないものは子供も食べない

また、両親が苦手なものは子供も食べません

例えば、魚が苦手な両親となるとお肉系が基本となりますのでそもそも魚に触れる機会が圧倒的に少なくなりますし両親が食べないのでおいしい魚に出会うこともありません。

すると子供の中には「魚は美味しくない」「魚は嫌い」という認識になってしまうことから食べることはあまりなくなります。

保育園でも魚を食べない、○○は嫌いという子は家庭での食生活での経験が乏しいのかもしれないですね。

他にも面白い情報があり、妊娠中にお母さんがあまり食べなかったものは赤ちゃんが生まれてからも食べないという研究もされています。

赤ちゃんはお腹の中にいる胎児の頃にもへその緒を通じて味を感じているといわれています。

しかし、お母さんが積極的にいろいろなものを食べていないのならば赤ちゃんも経験もしていないため生まれても食べないと言うことになります。

では、お母さんが好き嫌いが多く激しい人だった場合にはどうなるでしょうか?

たぶん子供も好き嫌いが多く激しい子供になりますし、お母さんも嫌いなものをわざわざ食べようとする性格ではない限りはなかなか子供の食べないでしょう。

その逆に両親に好き嫌いはなくどんなものでも食べる性格ならば偏食もなくいろいろなものを食べる子供になりますね。

子供はワガママなのかをチェックして見極めよう

お父さん、お母さんも食べるしいろいろなものを胎児のころから食べてきたのだけれども子供が好き嫌いをする。

たぶんこんな人もいるでしょう。

それについてはわがままで言っているのかもしれません。

小さなうちはまだわかりませんが3歳児くらいになると知恵もついてきますので食べられるけれどもちょっと苦手という程度で「嫌い!食べたくない!」と言っているのかもしれないですし今日はたまたま気分が乗らないだけかもしれません。

そのあたりはしっかりと見極めをしましょう。

好き嫌いで偏食になっているのならば「環境的な要因」「生まれてからの食生活」が主な原因になる可能性が高いため次に紹介をする方法で好き嫌いを克服するようにしていきましょう。

好き嫌いをなくす方法のコツと指導の方法

ここまでは好き嫌いが起こる原因について書いてきましたので、次に好き嫌いをなくす方法について書いていきましょう。

もちろん簡単に克服をすることができるのといわれると難しい部分もあるのですが、正直なところ子供だけの力では難しいのも正直なところです。

親も協力をして、もしくは親も嫌いなものならば一緒に克服をしていきましょう。

両親が目の前でおいしそうに食べる

まず、子供の好き嫌いをなくすためには両親も好き嫌いをしないと言うことが大事です。

最近は大人の偏食も問題となっており、野菜を食べない社会人も非常に多いのですが親が食べないものは子供も食べません。

そのため、子供がピーマンが苦手だと思っているのなら「ピーマンおいしい」「これ最高」というようにとにかくおいしそうに目の前で両親が食べて「ピーマンは美味しい」という認識を植え付けるようにしましょう。

その際に子供が「おいしいの?」「食べたい」など食いついてきたらこっちのもの。

本当に小さくして食べられたら思いきり褒めてあげましょう。

小さくてもなんでもよいので一口食べられるという成功体験はとても大事ですし、食べられたということから子供も「自分は食べられる」という自信につながりますのでメリットも高いでしょう。

同じ年代の子供たちと一緒に食事をする

これは保育園でよく使う方法なのですが、同年代の子供を一緒に食べるということです。

同年代の子供がいると子供は無意識のうちに意識をしていますので、隣の友達が苦手なものを食べている姿をみると「ちょっと食べてみようかな」「○○ちゃん食べられるんだ」というように友達のことがきになります。

私は保育士の時に「○○ちゃんの食べるところみたいな」という魔法の言葉と合わせて伝えていました。

すると、子供は面白いもので頑張って食べようとして苦手な食べ物を克服できることもありますので好き嫌いの多い子供は育児広場などの集まりにでも良いので同年代の子供と食べる機会を作ってみましょう。

空腹のときに嫌いな食べ物を出す

好き嫌いの食べ物がある際に大事なことはおやつなどの量をコントロールして夜ご飯などご飯のタイミングで空腹にできるようにもっていきましょう。

お腹が空いていると食欲もでてきますので苦手なものを食べる可能性が高まります。

その際にコツは苦手なものから順番に机の上に出していくこと。

「今用意しているからね。ちょっと待ってね」などと伝えておき、苦手なものを先にテーブルに置いておきましょう。

するととにかくお腹が空いているので食べるかもしれませんし、お母さんが作っておきお父さんと先に食べると意外に食べたりします。

人間は空腹には勝てませんので苦手なものを出すときこそ空腹を狙ってみましょう。

遊びの要素を取り入れて進めてみる

これも保育園でよく使っていたのですが、遊びの要素を取り入れることです。

もちろんふざけて食べさせるのではなくスプーンに苦手なものを少しだけのせて子供を乗せていくのです。

・電車が好きな子供ならば「電車が○○ちゃんのお口に入りまーす」と車掌さんのように。

・車好きならば「ちょっと口の中に駐車させて」「スポーツカー口の中にシュッと入るよ」と口の中へ。

・飛行機好きならば「○○ちゃんの口へ着陸します。ヒューン」と口の中へ飛んで。

こんな風に遊びの要素を取り入れたり、ニンジンをどうしても食べさせたい保育園のママは子供が車が大好きだったために人参を車の形にきって食べさせたりもしてニンジン好きにさせていました。

目的は「好き嫌いをなくすこと」なので型にハマらずいろいろな食べ方をさせてあげてほしいと思います。

ただし、小学生くらいになると全く通用しませんのでご注意を!

味付けや形を変えてみる

好き嫌いがあるということは離乳食ではなく、幼児食だと思います。

そこで好き嫌いをなくす幼児食を作っているお母さんたちがやっている基本的なことは「味付けを変える」「形を変える」です。

先ほどニンジン嫌いを克服したママのように苦手なものの形を変えてみるのも1つの方法ですし、マヨネーズやケチャップといった子供が基本的に好みの味付けにしてみるのもありです。

小児はなかなか敏感なものなので、いつもと違う形で料理として出してみると意外に喜んで食べてくれることもありますので試してみましょう。

料理を一緒にしてみる

味付けや形を変える際に幼児くらいの子供ならば、一緒に料理をしてみるというのも1つの方法になります。

一緒に切ってみる、味付けをしてみるなどクッキングをして自分で作らせてみると子供も食べたりするものです。

私の娘はトマトがとにかく苦手だったのですが、妻が一緒に料理をすると「自分で作った」という自信から食べるようになりましたし、お泊り保育のキャンプでカレーを作るとニンジン嫌いの子供が食べたという事例もあります。

子供もクッキングというものは好きなので一緒に調理をして食べさせて上げてほしいと思いますね。

関連記事ピーマン嫌いの理由は?苦手な人でも大丈夫な無限ピーマンのレシピ

関連記事人参グラッセでニンジン嫌いを克服!品種とレシピで克服しよう

怒らずに褒めること

食べる際についつい言ってしまうのが「食べなさい」「どうして食べないの?」という怒りの声です。

好き嫌いな子供が食べないときに絶対にしてはいけないのは「怒る」ことです。

怒られるとイヤイヤ食べることになりますので根本の解決にはなりません

好き嫌いを好き嫌いを克服するために大事なことは「自分から食べようとする」ことなのでそこは見守ってあげてほしいと思います。

怒らずにほんの一部のかけらでも食べられたらやりすぎだろうと言われるくらい褒めてあげてください。

実は褒めるというのは一番のコツですし魔法の言葉になります。

子どもが好き嫌いをすることは多いですし、当たり前と言っても過言ではありませんのでママパパも保育士も怒らずにじっくりとかかわってあげましょう。

好き嫌いのまとめ

もちろん好き嫌いがない子供もいるのですが、どうしてあげればよいのかといわれると根気強くかかわっていくしかありませんし時と場合によってはいきなり食べるようになります。

ただし、そこに大事なことは親も食べると言うことです。

両親は食べないものを子供は食べませんし、それを強制するのは間違っています。

好き嫌いがない子供が良いよねと思っているママパパも多いですが、そんな時には自分は大丈夫かな?と一度思い出してみましょう。

私も基本的にピーマンが苦手なので子供も苦手なんですよね。

でも、子供に食べてほしいと思いますので自分自身がまずは克服しておいしいと食べてみようと思います。

また、味覚というものは子供のころからどんどんと変わっていきます。

子供のころは野菜を食べなかったけれども大人になってからは食べるという人も珍しくありませんのであまり無理強いせずに「その内食べるだろう」という気持ちを持っておくとよいです。

ゆとりをもって接するようにしましょう。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

taka代表

投稿者プロフィール

元保育士でこのサイトの運営をしているtakaです。

1981年生まれの37歳で関西に住んでおり、妻と娘2人の4人家族です。

認可保育園で現場を8年保育士をして、その後は認可外保育園の立ち上げや集客、営業、組織作りなどをやってきています。

経歴は保育園での主任、副園長、幼児教室でのエリアマネージャー、インターナショナルクールの園長などを現場から管理職まで歴任してきている異色な経歴だとよくいわれます。

今は保育の業界からWEBの世界まで知識をもっていますので、保育コンサル、保育組織改善、子育て相談など子供関係の仕事とWEB関係でホームぺージ作成などの幅広し仕事をやっています。

ちなみにNLPのマスタープラクティショナーを所持していますので心理学もしっています。

https://banbi-no.com

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る