上履きの汚れをキレイに落とす方法!おススメの洗剤はどれ?

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

上履きの汚れと洗う頻度

みなさんは、どれくらいの頻度で子供の上履きを洗濯していますか?

毎週金曜日になって来ると持って帰って来る上履き。

洗濯の頻度は週に1回が平均となっていますが、実際に毎週毎週どっぷり汚れて来る上履きを洗うのは大変です。

一週間でもかなり汚れている?

見た目はそんなに汚くなっていない上履きだったとしても、毎日学校へ行っていれば5日間連続で履き続けていることに間違いはない上履き。

体育館での体育の場合は上靴を履いたまま運動をしますし、足はかなり汗をかく場所です。

学校によってはトイレ用スリッパが無くトイレは上靴のままでという学校も多く、やはりまめに洗ってあげる必要があると考えた方がいいでしょう。

また、中学校へ上がると教室へは靴のまま。体育館を使う時のみ上履きを履くというパターンに切り替わることが多いため、持って帰って来るのは1学期に1回程度という場合も。この場合は、更に汚れが気になりますよね。

では、どういった方法で上履きの汚れを落とすのがいいのでしょうか?

子供が持って帰って来るのを何度も忘れて、とっても頑固な上履きで帰ってきたとき。まちがって上履きで帰って来ちゃった!なんてとき。

どんな風に洗えばキレイに落ちるのでしょうか?

そんな風に悩んでいる人のために、上履きをキレイにする方法を紹介していきたいと思います。

毎週「つけ置き→洗う」でずっとキレイ

まず最初は上履き洗いの基本、「つけ置き→お風呂で洗う」という方法を紹介したいと思います。

毎週ちゃんと上履きを洗うのであればこの方法が一番効果的で、小学校低学年、幼稚園の子供でも手伝ってくれる方法でもあるので、親としてはかなり楽チンな方法なのではないでしょうか。

毎週きっちりと小まめに洗えば、汚れもすぐに落ちますし常にきれいな上履きでいることができます。

1.バケツに洗剤を溶かして用意しておく

まず、週末の子供が上履きを持って帰って来るであろう日にはお風呂場に衣類用の洗剤を溶かしておいたバケツを用意しておきます。

学校から帰ってきたら、そのまま上履きを取り出してそのバケツにドボン!と入れておいてもらいましょう。

これは学校に通い始めてから帰ったらこうしてねと伝えるだけで習慣づけて行ってくれるようになるはず。お弁当箱を出しておいて、と同じ要領です。

この洗剤を溶かすバケツに関しては、出来ればぬるま湯で用意するとより汚れが落ちやすくなります。

2.お風呂の時にゴシゴシする

お昼~夕方にかけてつけておいた上靴は、つけておいていることによってかなり汚れが取れやすくなっています。

夜お風呂に入るときにゴシゴシ汚れを落としてしまいましょう。

上靴を洗うという作業は案外子供にとっては楽しい作業なようで、機嫌よく自分でやっているというお家は多いそうですよ。

一緒にお風呂に入る場合は片足づつ分担してやってもいいかもしれませんね。

付けているだけでもしっかり汚れは落ちているので、子供に任せてしまって汚れがちゃんと落ちるかな?という不安はあまり考えなくても良さそうです。

3.しっかりとすすぎます

洗剤が残らないように、上履きをしっかりとすすぎましょう。

ある程度ゴシゴシした後は、すすぎながらブラシで擦る程度の感覚でも良さそうです。

すすぎもお湯を使えば、汚れはさらにキレイに落ちますよ。

このすすぎが不十分だと、洗い終わって乾かした後に「黄ばみ」に変わってしまう可能性があります。黄ばんだ上履きは穿きたくないでしょうから、しっかりとすすぎが出来ているかを確認してあげてくださいね。

4.脱水する

キレイになった上履きは、そのまま干しても乾きにくく逆に生乾き臭などがついてしまったりする場合があります。

なので乾かすためにしっかりと脱水を行ってから干すようにしましょう。

その後はしっかりと乾くように干すだけでOKです。

日に当てるだけでも殺菌に。

靴についてしまった雑菌は、お布団を干すのと同じように太陽の光にしっかり当ててあげると殺菌効果で菌を減らすことが出来ます。

もちろん洗った上履きは干しますが、前日に上履きを洗っていないことに気付いて乾くかどうか心配な場合や、子供に洗うのを任せたからしっかり汚れが落ちているかな・・・?と心配な場合などでもしっかりとお日様に当てれば効果はあります。

ベランダの下の方に靴を置くだけでは陰になってしまったりする場合もあるので、画像のような靴用のハンガーがあるととっても便利。

100円ショップなどで販売されているので、子供の上履き用に1つ購入しておいてみてはいかがでしょうか。

毎日履いているスニーカーなどにも使えて便利ですよ。

ただし、上履きにすすぎ残した洗剤が残っている場合は日に当たると少し黄ばんでしまう可能性があります。

黄ばみが怖い場合は風通しのいい日陰に干してくださいね。

汚れがひどい場合は?おススメの洗剤

毎週洗っていたのに、今週は特に汚れがひどい!なんて場合や、子供が連続で持って帰って来るのを忘れていて、かなり汚れて持って帰ってきた・・・。なんて場合。

ただの洗剤のつけ置きだけでは白く綺麗にならない可能性があります。

そんな時は救世主に頼ってみましょう。頑固な汚れもこれを試せば落ちるかもしれませんよ!

漂白剤を使う

とにかく白くしたい!というのであればやっぱり漂白剤がおすすめ。

漂白剤というくらいですから、つけておけばとっても綺麗になります。

酸素系漂白剤であれば上履きのゴム部分などを炒めてしまう可能性も少ないですし、衣類用の物もあるので安心して使えます。

ウタマロ石鹸がかなり優秀

100円程度で購入する事ができるこのウタマロ石鹸。

泥などの汚れはもちろん、シャツの襟の汚れや食べ物のシミまでとっても良く落ちる事からかなり人気の商品になっています。

こちらが上履きにはピッタリで、汚れがある部分をウタマロ石鹸でちょちょっと擦るだけでとっても白く生まれ変わります。

漂白剤や洗剤がいらなくなるのでは?と思う程の綺麗さになるので、ぜひ試してみてください。

石鹸形なのでかなり使いやすいですよ。

アタックの石けんもおススメ

最近販売されてから、かなりの人気を集めているのがこのアタックのプロEX石けん。

衣類用洗剤の定番、アタックから出ているということもあり安心して使えると購入する人が多いそうなんですが、人気の理由はそれだけではありません。

スティック状態になっているからかなり使いやすく、詰め替え用も販売されているので追加も楽チン。

そしてかなり汚れを落としてくれるんです。上履きについた泥汚れはもちろん、ゴム部分にしみこんでいた長年の汚れもきれいさっぱり無くしてくれますよ。

洋服のシミや他の汚れにも使える物ですので、おうちに1つ置いておいても良さそうです。

重曹を使う

いろんなお掃除に使うことが出来る重曹は、お家にストックしてあるという人も多いのではないでしょうか。

キッチンのお掃除に使うイメージが強い重曹ですが、上履きのお掃除にも役立つんです・・・!

つけ置きする際の衣類用洗剤とお湯やお水を混ぜる際に、重曹をプラスして見て下さい。

それだけで「つけ置き」で落ちる汚れの量が変わりますよ。

毎日清潔な上履きで

上履きの洗い方、汚れが頑固な場合のおススメの洗剤などを紹介しましたが、参考になる方法や情報はありましたか?

憂鬱な月曜日でも上靴がピッカピカで白ければ、気持ちもスッキリします。

子供の為にも、常にきれいな上履きを履かせてあげられるようにしてあげてくださいね。

 

Twitter で保育士ライフをフォローしよう!

 
スポンサードリンク
 
   

kaoruライター

投稿者プロフィール

保育士ライフのライターをしているkaoruです。
1歳と5歳の男の子の二児の母で料理とダイソーをこよなく愛する30代!

子育てって大変なのですが、みんなやっぱり子供が好き!そんな好きのお役に立てるような記事を書いています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

運営者情報

「保育士ライフ」へお越しいただきありがとうございます。私、運営者のtakaと申します。

現在36歳で関西に住んでおり、小学生の娘も2人いるお父さんです!毎日一緒に夕ご飯を食べる生活を実践中!

元男性保育士で認可保育園で働いた経験に加えて、認可外保育園の立ち上げ、集客、営業などもしてきた異色の保育士です。

この保育士ライフでは保育士や子育て、育児など、「子供」にまつわるいろいろな情報を紹介しています。

保育士の仕事って大変だけど特殊な世界なので世の中にもっと伝えたいことから始まったサイトです。

他にも悩みの多い子育てに役立つ情報、関西のおでかけスポットなどいろいろな情報を発信中!

詳しい経歴はこちら

自己紹介

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る