保育園に4月入園する仕事探しはいつから?【決まらない時の裏技】

保育園に4月入園する仕事探しはいつから?【決まらない時の裏技】

保育園に4月から入園をしたい。

そのために、仕事を探すのはいつから?

見つけるのはいつまで?と気になりますね。

この記事では、4月に保育園に入園をしたい人が仕事を探す時期や申し込みの流れと方法について書いています。



目次

保育園に4月入園したい!申し込み時期はいつなの?

保育園に4月入園したい!申し込み時期はいつなの?保育園の4月から入園をしたい。

保育園の入園も学期制を取り入れていますので、日本も必然的に4月がはじまりです。

そのため、その前には仕事を決めておかなければ保育園の入園もきまりません。

理想は早めに動いておくのが鉄則です。

【結論】4月入園ならば10月から11月には決めてたい

4月入園ならば、10月から11月には決めておきましょう。

これは理想の話しですが、保育園への入園で1次申し込みは10月~11月に行われます。

つまり、この時期までに決めておくと保育園へ入園できる可能性も高められます。

4月入園の申し込みは10月~12月【地域により異なる】

保育園への申し込みは10月~12月がピークです。

これはあなたの住んでいる市区町村によって異なりますので、市役所のHPを見てみましょう。

例えば、大阪市の場合はこんな感じです。

(1) 1次調整

利用申込書配布・・・令和元年9月6日(金曜日)から

利用申込受付・・・・・令和元年10月1日(火曜日)から令和元年10月15日(火曜日)まで

期限内に申し込まれた方の希望施設の変更及び、不足書類等の追加提出は、令和元年11月15日(金曜日)まで受け付けます。

(引用:大阪市「令和2年度 保育施設・保育事業利用の案内」)

申し込み期間がわずか15日しかありません。

2次募集もありますが、入園できる可能性が一気に下がりますので、1次申し込みで決めておきたいですね。

2次募集は1月~2月【定員割れのみ】

2次募集も認可保育園にはあります。

2次募集は空きのある保育園、定員に満たしていない保育園、入園を断った人の枠を埋めるための募集。

人気の園は2次募集もでないため、入園をする可能性はかなり下がってしまいます。

途中入園は厳しい【4月に入園を決めておくべき】

あとは、途中入園という方法について。

途中入園とは4月入園ではなく、他の時期に入園を希望すること。

これについては、かなり厳しいと言えるでしょう。

途中入園は本当に「空きのある園」しか受け入れができませんので、相当難しいです。

特に、待機児童の多い地域では不可能に近いですね。

→ 保育園に途中入園で入りやすい時期はいつ?申し込み方法の注意点3選

保育園に4月から入園するなら仕事探しはいつから?

保育園に4月から入園するなら仕事探しはいつから?4月から保育園に申し込みをする。

それならば、10月から仕事を決める、もしくは探しておかなければなりません。

ほんと、保活のやり方ってわかりにくいですよね。

9月から仕事を探そう【8月から求人を見て情報収集】

保活のための、仕事探しは早めにしておきましょう。

以下のスケジュールで動き出すことをおすすめします。

8月:情報収集

9月~10月:4月採用の求人を探す【転職サイトを活用する】

10月~11月:保育園の入園申し込みと同時に就職活動

※決まらない場合は「就職活動中」で提出

12月~2月:就職を決める

おそらく、会社などは4月採用はとても少ないです。

しかし、中には早くから採用活動をしている会社もあるため、早めに動き出すことをおすすめします。

待機児童の多い地域は正社員が理想【パートは厳しい】

働き方については、正社員がおすすめ。

正社員の方が、パートよりも点数が高いためです。

単純に保育園へ入園をしたかったら、正社員がおすすめです。

無認可保育園に預けて仕事に復帰するのもあり

4月採用ではなく、会社から「早めに来てほしい」と言われることもあるでしょう。

そんな時は「無認可保育園に子供を預けて」仕事復帰をするのもありです。

無認可保育園に子供を預けて仕事復帰をしていれば、それはすべて点数に加算をされます。

そのメリットがありますので、先に仕事を開始するという方法もあります。

保育園に4月から入園する仕事探しの方法とは?【裏ワザも紹介】

保育園に4月から入園する仕事探しの方法とは?【裏ワザも紹介】保育園に4月から入園をするための仕事探し。

なかなか難しいですが、以下の点を参考にして探してください。

自分のスキルを活かせる職場の求人へ申し込む

自分の今までのスキルを活かしましょう。

スキルを活かせば、結果的に仕事が決まりやすくなります。

未経験などは、仕事のストレスと育児のストレスを最大に感じやすくなりますので、避けておくべきです。

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人 【doda】

子持ちでも問題ない職場を選ぶ【急な休み対応】

子持ちでも問題のない職場を選びましょう。

保育園へ子供を預けると急なお迎えや突発的な休みなどの可能性もあります。

そのため、それに対応してくれる職場がおすすめです。

時間や休みに融通が利きやすい職場を選ぶ

子供のことで何があるかわかりません。

すべて出勤を求められる仕事は不向きです。

そうならないためにも、休みや時間の融通が利きやすい職場を選びましょう。

仕事が決まらない時は派遣も検討すべき【裏ワザ】

仕事がきまらない時は、派遣も検討しましょう。

派遣社員として仕事が決まっていれば、4月からの申し込みが可能です。

派遣は仕事が意外とたくさんありますので、すぐに見つけられます。

 >>【リクルートスタッフィング】

>>【派遣なら世界最大級のマンパワーグループ】

1次審査に「就職活動中」で申し込み【2月までに決める】

1次審査に「就職活動中」で申し込みをしてみましょう。

これは、仕事がなかなか決まらない時の方法。

10月の時点で4月採用はかなり少ないので、裏ワザとして出しておき、あとから仕事を決める方法です。

ただし、点数はそこまで高くありませんので、保育園への入園が決まるのかは難しいところ。

在宅でできる仕事はフリーランスで申し込む

在宅でできる仕事をを選ぶのもありです。

フリーランスとして仕事をし、自分で個人事業主。

もしくは会社を立ち上げる方法です。

保育園に4月に入園をする方法とは?認可の申し込みの流れ

保育園に4月に入園をする方法とは?認可の申し込みの流れ保育園へ4月から入園をしたいときに、申し込みの流れが気になります。

そこで、4月入園へ向けての申し込みの流れについて、書いていきます。

1.あなたの市区町村の保育園申し込みの流れをしる

あなたの市区町村のホームページをみて、保育園へ申し込みをする流れをしりましょう。

書類の提出時期、必要な書類など用意が必要です。

まずはチェックをして、全体像を把握して下さい。

2.就労証明書などの書類を用意する

次に、就労証明書などの書類を用意してください。

保育園へ入園申し込みをするためには書類が必須となります。

そのために必要なことを準備しておきましょう。

3.市役所へ入園申し込みをする【10月~12月】

市役所へ申し込みをします。

提出して終わりという感じなので、すぐに終わりますね。

4.12月から1月に結果

1次審査の結果がきます。

その結果をみて、入園できれば大喜び。

入園できなかったら、2次審査へ申し込みをしましょう。

5.落ちた場合は2次に応募する【1月~2月】

1次審査に落ちてしまった場合は2次審査へ申し込みをします。

そのためにもう一度書類の提出を求められることも。

2次の申し込みについても市役所のホームページをみて、確認しましょう。

6.3月に結果がくる

結果をみて、入園できれば大喜び。

ダメだった場合は無認可、途中入園の申し込みを検討しましょう。

→ 保育園は何歳が理想?保活で入りやすい年齢は0歳と2・3歳がおすすめ

保育園の4月入園に仕事が決まらない【入園できなかった時の対処法】

保育園の4月入園に仕事が決まらない【入園できなかった時の対処法】保育園に4月入園をしたいけれど。

入園できない可能性もあります。

そんなときの対処法について書いていきましょう。

認可外保育園へ預けて仕事復帰する

認可外保育園へ預けて仕事復帰をしましょう。

認可外保育園は料金は高いですが、子供を預かってくれる施設があります。

とりあえず、預かってもらい仕事をしましょう。

認可外保育園へ通う証明書を市役所へ提出

次に、認可外保育園へ通う証明書を市役所へ提出しましょう。

認可へ入れなかったとしても、認可外保育園へ入っていれば、点数の面で優遇があります。

そのメリットを活かしてすぐに、書類を提出しておきましょう。

認可の途中入園・翌年4月入園をねらう

認可の途中入園、翌年の4月入園をねらいましょう。

認可外へ言っていると、点数が上乗せされます。

その結果、プラスに働くこともありますのでいずれかの入園をねらっておきましょう。

保育園に4月入園したいなら仕事探しはいつから【早めが理想】

保育園に4月入園したいなら仕事探しはいつから【早めが理想】保育園に4月から入園をしたいなら、仕事探しは早めに。

保育園へ入園をするために、書類が必要になりますので、理想ではあります。

しかし、なかなか決まりにくい状況も考えられます。

そんな時は、ここで紹介をした裏ワザを活用してみてくださいね。

人気記事 → 幼児教室おすすめ人気ランキング6選【失敗しない選び方と効果】

人気記事 → 子供の青汁ランキングおすすめ3選と効果【幼児向け美味しい飲み方】

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
元保育士で保育士ライフ運営責任者のtaka

【経歴】

・現場の保育士から保育園の園長になった経験

・子供の教育関係の経験あり。幼稚園、小学校受験に関しては知識あります。

今は元保育士として普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はキャンプと筋トレ、フットサル。

今はサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る