保育補助が辛い5つの理由【辞めたいときの対処法と楽しさを解説】

保育補助の仕事が辛い

保育園で補助をしている人からそんな声があります。

どんなことが辛いのか?そして、対処法とはどんなことがあるのか?

この記事では保育補助が辛い理由と対処法を書いています。



保育補助が辛い5つの理由と問題点【無資格の仕事内容は大変】

保育補助が辛い5つの理由と問題点【無資格の仕事内容は大変】保育補助としていて、辛いと思うことがあります。

実際に保育補助としている人のSNSを見てみると、

こんな声もありますので、その理由について書いていきましょう。

1.子供を関わることがほとんどない

2.掃除や雑務しか担当をさせてもらえない

3.雑務と他の仕事に追われ仕事の見通しが立たない

4.正社員やパートの保育士と格差を感じる

5.人間関係に悩んで疲れた【いじめもあり】

1.子供を関わることがほとんどない

子供と関わることがほとんどありません。

保育補助の仕事は、掃除や雑務が中心となります。

そのため、子供と関わることはほとんどないという不満もあります。

子供と関わるために、この仕事をしているのに、子供と関われないと辛いですよね。

2.掃除や雑務しか担当をさせてもらえない

保育補助の仕事は、あくまでも保育士のサポート。

そのため、掃除や雑務しか担当ををさせてもらえません。

もちろん、時には子どもと関わることもありますが、保育の準備や片付けに追われることがほとんど。

そこが辛いと感じます。

3.雑務と他の仕事に追われ仕事の見通しが立たない

保育補助の仕事は急におりてくることが多いです。

雑務は基本として、ほかにも画用紙を切る、保育のために必要なものを作る。

その場で仕事を言われることもありますので、仕事の見通しが立ちにくいこともあげられます。

4.正規やパートの保育士と格差を感じる

正規の先生やパートの先生はみんな保育士資格を持っています。

それに比べて、保育補助の人は資格を持っていません。

給与や仕事内容に関しては明らかに差がありますので、そこに格差を感じることになりますね。

5.人間関係に悩んで疲れた【いじめもあり】

人間関係に疲れてしまいます。

保育士をしてると、感じることが人間関係がしんどい。

特に保育補助は担任の先生たちとうまくやっていかなければなりません。

いじめのような扱いを受けたという声もありますので、保育補助として辛い日々を送ることもあります。

でしゃばりはNG!サポートに徹する【テキパキ動く】

でしゃばりはNGです。

保育補助はあくまでもサポートであり、テキパキ動くことが求められます。

張り切って仕事をするのは良いですが、担任の先生たちのサポートに徹しましょう。

→ 保育補助がでしゃばりでやりにくい!人間関係がコツ【解決方法7選】

保育補助が辛くて辞めたいときの対処法【転職もあり】

保育補助が辛くて辞めたいときの対処法【転職もあり】保育補助が辛くて辞めたいときの対処法について書いていきます。

「もう辞めたい」「しんどい」と感じたときの参考にしてください。

どこまでの仕事をすべきか担任に確認し認めてもらう

仕事をする際に「どこまですべきか」と言うことは担任に確認しましょう。

仕事の範囲が、保育補助にとっては難しいものです。

仕事がわからなくなったら、その都度担任に確認をしてくださいね。

自分でできることを考えてやりがいを見つける

自分でできることを考えて、やりがいを見つけましょう。

どんなことができるのか?向いているのかを考えて下さい。

また、子供と関わることもできます。

やりがいを見つけて、考えて過ごしていきましょう。

子供と関われる時間を大事にする【保育士の接し方を学ぶ】

子供と関われる時間を大事にしましょう。

保育補助も子供と遊んだりする時間はありますが、保育士と比べて少ないです。

その分、10分でも時間があればじっくりかかわりを持ちましょう。

また、保育士の関わり方も参考にして勉強をしましょう。

しんどいときは休みにリフレッシュする

しんどいとき、疲れた時はリフレッシュをしてください。

あまりにもしんどいときに無理をしても意味がありません。

しんどいときは、ゆっくりと休んで次の仕事に備えましょう。

保育士資格取得を目指す【無資格者が独学でゲット】

保育補助から保育士資格の取得をめざしましょう。

資格を取得すれば、保育補助ではなくなります。

担任などにもなることができますので、資格を独学で取得してはいかがですか?

→ 保育士受験資格は実務経験と年齢がポイント!通信教育で取得できる?

他の保育園へ転職する【仕事内容や業務の範囲を確認】

他の保育園へ転職をしましょう。

辛い、保育補助の扱いがひどい、と言うときは保育園を転職するのも一つです。

求人には保育補助の仕事がたくさん出ていますので、探してみましょう。

その際に、

・保育補助の業務内容を決めている職場を選ぶ

・施設見学をして保育園の事情を確認する

この2点は確認をしてから転職活動をするようにしてください。

おすすめの転職サイト >>【保育士求人 ジョブメドレー】

保育補助は辛いけど楽しい【仕事をするメリット】

保育補助は辛いけど楽しい【仕事をするメリット】保育補助の仕事が辛いけど、楽しい部分もあります。

そんな保育補助の仕事をするメリットについて書いていきます。

子供がかわいい【間近で関われる】

子供と接する仕事はやはり良いですよね。

かわいい子供が目の前にいることで、とても癒されます。

こんなに子供に間近で関われる仕事はありませんのでやりがいを感じれます。

保育補助を大事にしてくれる保育園もある

保育補助は辛いと感じている人もいますが、中には大事にしてくれる保育園もあります

保育補助としての立場を持っており、しっかりと対処をしてくれることも。

そんな園に巡り合えるように、確認をしてくださいね。

保育園で働けてやりがいを持つことができる

保育園で働けてる。

やりがいを持つことができます。

無資格でも認めてくれる、仕事が充実している人もたくさんいます。

子供とこんなに間近で関われる仕事は保育士くらいですよね。

保育補助が辛い理由と対処法のまとめ【しんどいなら転職を】

保育補助が辛い理由と対処法のまとめ【しんどいなら転職を】保育補助が辛いので辞めたい。

そんなときはどうすべきか本当に迷ってしまいますね。

もちろん、環境が良くないんならば転職をするのも1つの方法です。

しかし、続けていき信頼を勝ち取れば対応も変わってくるかもしれませんので、そのあたりは園をみて判断をしてください。

辛い、しんどいと思ったら、転職することは1つの選択肢です。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクが最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
保育士ライフ運営責任者です。

【経歴】

・認可保育園で現場の経験あり。

その後は教育関係の会社に転職し管理職を歴任。

今は普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。。

今は営業のサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る