保育所の役割3つを簡単に解説!保育士に求められる重要な仕事

保育所の役割3つを簡単に解説!保育士に求められる重要な仕事

保育園には役割があります。

社会的なインフラとしてなくてはならない保育園。

ただ、子供を預かるだけではなく、実はほかにも役割があるんですね。

この記事では保育所の3つの役割について書いていきます。



保育所の役割3つを簡単に解説【何を求められるの?】

保育所の役割3つを解説【何を求められるの?】

保育園の3つの役割とは?

実際に何を求められているのでしょうか?

大きく言えることは3つなので、まずはその大きな役割を書いていきますね。

1.保護者支援を求められる

2.子供が健康で健やかに成長できる場所の提供

3.保育士の資質向上やスキルアップ

1.保護者支援を求められる【共働き世代を支える】

保護者支援を求められています。

保育所にとって大事な役割として「保護者を支えること」が求められます。

お仕事をするために預かる、子供の成長のためにアドバイスをする。

保育所は保護者にとってなくてはならない存在になるといえますね。

2.子供が健康で健やかに成長できる場所の提供

子どもが健康で健やかに成長をできる場所を作っています。

保育所の大きな役割は子供を育てること。

それも、発達に合わせた適切な保育が必要ですね。

子どもが安心、安全に健やかに成長ができる場所を提供しているのです。

3.保育士の資質向上やスキルアップ【人材育成】

保育士の資質向上やスキルアップも大事です。

保育所の役割の中には、保育士を育てる人材育成が入っています。

子どもを育てる場所でありながらも、未来ある子供を育てる保育士の育成も大事なのです。

→ 保育士が受けたい研修7選【スキルアップ・学びたい人は受講しよう】

保育所の役割で重要な保護者支援の内容とは?3つのポイント

保育所の役割で重要な保護者支援の内容とは?3つのポイント

そんな保育所の大事な役割である、保護者支援の内容を書いていきます。

どのようなことが求められているのか?

保護者を支えるポイントを3つ書いていきましょう。

共働き世代の仕事を支える仕事【家庭を守るための役割】

共働き世代の仕事を支える仕事です。

保育所へ通っている人の多くは共働き。

つまり、お父さんもお母さんもお仕事をしています。

そんな共働き世代が家庭を守るために仕事をしており、そのお父さんをお母さんをサポートすることが保護者支援の一つですね。

子育てや育児についての相談やアドバイス【一緒に育てる】

共働き世代で大変ですが、子育てについてのアドバイスもします。

子どもの成長のためには、家庭との協力が不可欠。

そのためには、一緒に相談をしながら、育児を楽しむことが求めらるのです。

地域の人を受け入れて子育て世代を守る【入所者以外も】

保護者支援といっても、保育所に通っている人だけではありません。

入所は以外にも、地域の人へのアドバイスや子育ても求められているのです。

地域の人を支えて、サポートすることも保護者支援の一つなのです。

保育所の役割3つで求められる子供の健やかな成長とは?

保育所の役割3つで求められる子供の健やかな成長とは?

保育所の役割として、子供の健やかな成長も求められています。

子どもを育てるために、意識すべきことについて書いていきましょう。

保育所保育指針に書かれている内容を守ること

保育所保育指針に書かれている内容を理解しましょう。

保育士にとって、保育所保育指針は保育の内容を決める教科書です。

そのため、しっかりと理解をして保育をすすめることが求められます。

子どもの発達を理解した適切な保育の提供

子どもの発達を理解して適切な保育が求められます。

保育士は0歳児~5歳児までの年齢に適した保育を提供することが求められます。

その年齢に適した保育を求められているので、発達の理解は必須ですね。

集団生活を通して就学へ向けての準備をする

集団生活を通して、就学へ向けて準備をすることも求められます。

保育所はたくさんの子供が集まって保育をする場所です。

そこで、小学校へ向けて子供達が自立した生活を送れるようにサポートする場所なのです。

少子化によりひとり一人へのきめ細やかさが求められる

少子化によりひとり一人へのきめ細やかな対応が求められます。

日本の保育はどんどん変わってきており、今は個を大事にするという考えが根付いてきています。

そのため、全体をざっくりとみるよりは、個々を大事にしていくという意識を持つべきなのです。

日本の将来を担う人材の育成を意識する

日本の将来を担う人材を育成すること。

子供たちは将来大きくなり、仕事をすることになります。

そんな人材を育てる場所が保育園なので、子供たちが健やかな未来へ進めるようにすべきですね。

→ 小児の発達段階の特徴を表で解説【遊びや課題は年齢によって異なる】

保育士に求められる役割とは?【保育園の3つの要となるポイント】

保育士に求められる役割とは?【保育園の3つの要となるポイント】

保育所に求められている役割の中には保育士の育成もあります。

保育士がいなければ、保育はうまく成り立ちませんので大事なことですね。

そんな保育士に求められる役割を書いていきます。

子どもの安全を守り安心して通える場所を作ること

子どもを安全に守り、安心して通える場所を作ることです。

保育所に求められることは、安心安全な場所であり、子供が健やかに育てること。

そのために、保育士が環境を整てて通える場所を作ることが求められるのです。

保護者と密にコミュニケーションを取り支援を意識すること

補遺誤射と密にコミュニケーションを図ることも大事です。

保育所の大事な仕事に保護者支援があると書きました。

その中にはコミュニケーションを密にしてサポートすることが求められるのです。

支援をすることを意識して関わり、保護者支援をしっかりとすることが求められます。

保育士としてのスキルの向上と資質をアップさせる【学ぶ姿勢】

保育士としてのスキルの向上も大事ですね。

保育士は日々学び、新しい情報を手に入れることが大事です。

そのためには、学ぶことを忘れずにどん欲に知識を吸収していくことが求められます。

→ 保育士の目標設定例を紹介【新卒1年目・中堅・10年目を経験別解説】

保育所の役割3つのまとめ【保護者・保育士・子供が重要】

保育所の役割3つのまとめ【保護者・保育士・子供が重要】

保育所の役割を3つ書きました。

保護者、子ども、保育士の3つの柱があり、そこを大事にして保育をしていくことが求められます。

保育所は通っている人だけではなく、地域に人へも開かれた場所である必要もありますので、しっかりと理解しておきましょう。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る