子供と関わる仕事が一般企業で出来る13選【給料は高い?就職の方法】

子供と関わる仕事が一般企業で出来る13選【給料は高い?就職の方法】

 子供と関わる仕事がたくさんあります。

一般的には保育士が一番身近ですが、中には一般企業でしかできないこともあります。

いろいろな仕事があり、給料やスキルも全く違いますね。

この記事では子供と関わる仕事を一般企業でするための仕事内容や就職のコツ、注意点を書いていきます。



目次
  1. 子供と関わる仕事を一般企業で出来る13選【正社員も豊富にある】
  2. 子供と関わる仕事を一般企業でする求人の探し方【したいなら探そう】
  3. 子供と関わる仕事を一般企業でするなら資格は必須?給料は高い?
  4. 子供と関わる仕事を一般企業でするデメリットと注意点【正社員はキツイ】
  5. 子供と関わる仕事を一般企業でするのまとめ【甘くはない現実】

子供と関わる仕事を一般企業で出来る13選【正社員も豊富にある】

子供と関わる仕事を一般企業で出来る13選【正社員も豊富にある】

子供と関わる仕事は一般企業で出来ます。

色々な仕事があり、正直迷ってしまうかもしれません。

ここからは一般企業で出来る、子供と関わる仕事を書いていきます。

1.株式会社が運営する保育園で保育士をする

2.ベビーシッターとして働く

3.認可外保育園で保育士をして働く【母体は一般企業】

4.子供用品の販売会社で仕事をする

5.写真スタジオでカメラマンとして働く

6.幼児教室で講師の仕事をする

7.塾の先生として勉強を子供に教える

8.英会話教室で英語を教える

9.学童保育で小学生の子供たちをみる

10.野外活動センターで仕事をする

11.テーマパークや施設で仕事をする

12.放課後デイサービスで仕事をする

13.体操や水泳など習い事の先生になる

1.株式会社が運営する保育園で保育士をする

保育園には社会福祉法人が経営をする保育園と、株式会社が運営をする保育園があります。

その違いがありますので、企業主導型、認可外保育園などは一般企業が運営をしています。

最近は、認可保育園の中にも株式会社が運営をしているケースもありますので、日々子供と接することができます。

2.ベビーシッターとして働く

ベビーシッターとして働いてみましょう。

これは一般企業が運営をしており、ベビーシッターとして派遣をされる仕事です。

預かってほしい自宅へ行き、子供の保育をしたりする仕事ですね。

3.認可外保育園で保育士をして働く【母体は一般企業】

認可外保育園の運営は個人の経営者や一般企業が一般。

そのため、一般企業で仕事をするのと同じです。

無資格でも保育士として仕事ができる園もありますね。

母体で法人系列がしているところは、見たことがありません。

4.子供用品の販売会社で仕事をする

子供用品を販売する会社で仕事をしましょう。

例えば、洋服などのファッション系。

他にも玩具などの特殊なものなど、多岐にわたって仕事があります。

販売員になるというイメージで、色々な子供と接するのが仕事です。

5.写真スタジオでカメラマンとして働く

写真スタジオでカメラマンとして働きましょう。

写真スタジオといえば、アリスなどが有名ですね。

そこで、働いているとたくさんの子供と出会うことができます。

写真を撮影したり、子供とあやしたり、色々な仕事をすることができます。

6.幼児教室で講師の仕事をする

幼児教室は、幼少期の子供に勉強を教える仕事です。

色々なことを教えたり、受験対策をしたり。

塾の講師を小さい子供へ向けてやるというイメージですね。

7.塾の先生として勉強を子供に教える

塾の先生として勉強を子供に教えましょう

幼児教室とは違い、塾は小学生や中学生など大きな子供を見ることになります。

企業が運営をしており、子供の学力を向上させるというのが一つの方法です。

8.英会話教室で英語を教える

英会話教室で英語を教えましょう。

英語ができる人に限られますが、英語を教えたり、受付をしたり。

英会話教室も一般企業が運営をしているところが多いので、活用をしてみましょう。

9.学童保育で小学生の子供たちをみる

学童保育で小学校の子供たちをみましょう。

学童保育は小学校が終わったあとに見る保育園のこと。

保育園に隣接をしているところもあれば、一般企業がしている民間の保育園もあります。

大きな子供たちと接したいならば、方法としてアリですね。

10.野外活動センターで仕事をする

野外活動センターで仕事をしましょう。

野外活動とは、戸外で子供たちにキャンプなどの活動をする人たちのこと。

家族連れや子供たちもたくさんくるので、接することができます。

こちらの運営は一般企業であったり、市区町村であったりと色々ですね。

11.テーマパークや施設で仕事をする

テーマパークや施設で仕事をしましょう。

USJやディズニーなどたくさんの遊び場スポットがあります。

そこにはたくさんの子供も訪れますので、思いきり楽しめますね。

12.放課後デイサービスで仕事をする

放課後デイサービスで仕事をしましょう。

最近は町中にすごく増えており、障がいがあったり、グレーゾーンであったりする子供を見る仕事ですね。

ほとんどの母体は一般企業がしているため、子供と接しやすいメリットがあります。

13.体操や水泳など習い事の先生になる

体操教室や水泳教室などの習い事の先生になるのも1つの方法です。

多くは企業が運営をしており、子供と身近に接することができます。

特にスポーツをしていた人にとっては、楽しめる仕事でもあるといえます。

体操や水泳、サッカー、野球など多岐にわたりますね。

→ 保育士の給料は上がるのはいつ?月収が上がらない理由と上げる方法

子供と関わる仕事を一般企業でする求人の探し方【したいなら探そう】

子供と関わる仕事を一般企業でする求人の探し方【したいなら探そう】

子供と関わる仕事を一般企業でやりたい。

そんなときの求人の見つけたや探し方を紹介します。

どうすれば、一番見つけやすいのか?書いていきますね。

保育士の転職サイトを使ってみる【紹介で一般企業は多い】

一番簡単なのは保育士の転職サイトです。

特に保育士資格をもっているならば、登録をして紹介を活用しましょう。

保育園ばかり持っているうように思われていますが、実は一般企業の求人も豊富にありますので、どんどん活用しましょう。

>>【保育士バンク】

求人数業界ナンバー1、コンサルタントが親身、非公開求人多数あり、全国対応。

>>【ジョブメドレー保育士】 

検索型の保育士求人、登録をするだけでスカウトが届く、自分のペースで仕事が探せて応募も可能、転職サイトの運営母体は大手のジョブメドレー

>>【マイナビ保育】

※大手マイナビの保育士専門サイト、コンサルタントの質はナンバー1融通やわがままを聞いてくれる、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に特化している。

求人サイトを活用して一般企業を探してみる

あとは求人サイトを使うことですね。

一般企業の求人サイトに登録をするのもありですが、正直数は少ないです。

そのためネットで探してみましょう。

知り合いや友人を通じて仕事を探してみる

知り合いや友人を通じて仕事を探してみましょう。

子供と関わる仕事はたくさんあります。

中には仕事を紹介してくれる人もいますので、活用してみてください。

→ 子供と関わる仕事がしたい人におすすめ10選【高収入の給料は可能?】

子供と関わる仕事を一般企業でするなら資格は必須?給料は高い?

子供と関わる仕事を一般企業でするなら資格は必須?給料は高い?

子供と関わる仕事を一般企業でするときに、気になるのが資格。

あとは給料がどれくらいなのか気になりますね。

子供と関わる仕事について、書いていきます。

無資格でも問題ない仕事もある【保育士資格はあれば良い】

子供と関わる仕事ならば、無資格でも問題ないところはたくさんあります。

持っていればより良いですが、なしでも採用はしてもらえます。

ただし、給料には差が出ると思っておきましょう。

高い給料は期待できない現実【子供関係は安い】

子供関係の仕事でお金をたくさん稼ぐことは難しいです。

単純に大きな利益が上がらない仕組みとなっているためですね。

特に一般企業は補助金があるわけでもありませんので、シビアに安いイメージです。

文系理系は関係なしで募集はある【一般企業の考えかた次第】

一般企業で子供と関わる仕事がしたい。

そんなときに文系や理系は関係あるのか?

これについては一切関係ありません。

子供と関わりたいという熱意があれば、だれでも関わることができます。

子供と関わる仕事を一般企業でするデメリットと注意点【正社員はキツイ】

子供と関わる仕事を一般企業でするデメリットと注意点【正社員はキツイ】

子供と関わる仕事を一般企業でする。

すごく前向きで良いことなのですが、知っておくべき注意点もあります。

知っておくべき裏の問題点についても、書いていきましょう。

子供と関われるが別の仕事も多い【営業は必須】

子供と関われるが別の仕事も多いです。

実は一般企業で最も求めれることは「営業」です。

いかに顧客を入れられるかが問われるため、子どもだけに集中をできることはほとんどありません。

一般企業なのでシビアに大変【保育園とは違うしんどさ】

一般企業はシビアです。

保育園ならば補助金で成り立っているため良い点もありますが、保育園とは違うシビアさがあります。

経営的な数字を求められることもありますね。

保育士資格があっても仕事は多い【事務作業も大変】

保育士資格があっても子どもだけに接するわけではありません。

事務作業も求められますし、営業だって求められます。

資格を持っていたとしても多岐にわたる仕事が求められますので、苦労をしますね。

子供と関わる仕事を一般企業でするのまとめ【甘くはない現実】

子供と関わる仕事を一般企業でするのまとめ【甘くはない現実】

子供と関わる仕事を一般企業ですることについて書いてきました。

色々な仕事がありますので、やってみたい、やりたいと思う仕事にチャレンジしてみれが良いでしょう。

ただし、社会福祉法人の保育園などと違ってシビアに求められることも多いです。

その点は十分気を付けてがんばって下さいね。

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

・元保育士で園長や主任の管理職経験あり

【経歴】
認可(社福・公立臨職)と認可外保育園の現場経験 → 複数の保育園の運営マネージャー → 保育園園長 → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

・副業でブログと幼児教室・小学校受験講師

・認可保育園の研修でも使われているブログです♪

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

・元保育士で園長や主任の管理職経験あり

【経歴】

認可(社福・公立臨職)と認可外保育園の現場経験 → 複数の保育園の運営マネージャー → 保育園園長 → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

・副業でブログと幼児教室・小学校受験講師

保育士子育て世代とつながりたい

【簡単な紹介】

二人の子供がいるお父さん。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る