子供と関わる仕事がしたい人におすすめ10選【高収入の給料は可能?】

子供と関わる仕事がたくさんあります。

仕事として子供と関わることがしたいという人もたくさんいますね。

しかし、どんな仕事があるのか迷ってしまいますし、気になる所です。

この記事では子供に関わる仕事について書いていきます。



子供と関わる仕事10選【保育士だけじゃない職業を解説】

子供と関わる仕事10選【保育士だけじゃない職業を解説】

子供と関わる仕事につきたい。

子どもが好きな人ならば考えることですね。

そんな子供と関わる仕事が10個ありますので、紹介をしていきましょう。

1.保育士

2.幼稚園教諭

3.学童保育所の先生

4.放課後デイサービス

5.幼児教室の講師【塾講師・英会話教室】

6.ベビーシッター

7.子供用品の販売スタッフ

8.株式会社の保育園運営本部

9.小学校講師

10.テーマパークのスタッフ

1.保育士【保育園や施設で働ける定番の資格】

保育士は子供と働く仕事の中でも定番ですね。

保育園はもちろん、施設でも仕事をすることができます。

子供と密接に関わることができ、赤ちゃんから20歳くらいまでは幅広い年齢層とも関わることができますね。

子供と関わる仕事といえば、保育士が定番と言えるでしょう。

2.幼稚園教諭【先生として子供たちを教育】

幼稚園教諭も子供と関わる仕事の1つ。

保育園とは違って3歳児から5歳児の用事クラスの子供達を預かる施設です。

保育とはちがって教育をする場でありますので、そこは大きな違いがあるとおもっておきましょう。

幼稚園教諭も子供と身近に接することができる仕事の1つです。

3.学童保育所の先生【小学校下校後の保育】

学童保育は小学校のあとに預かることが仕事です。

主に小学生を預かることになり、夏休みや冬休み、春休みは長い時間預かることになります。

幼児期ではなく小学生の年代を預かるので、やりがいもありますね。

少し大きな子供と関わりたいと思う人にとっては最適だと言えるでしょう。

4.放課後デイサービス【障がい児のサポート】

放課後デイサービスも最近はどんどん増えてきています。

障がい児のサポートをする仕事ですね。

障がい児やグレーゾーンと呼ばれる子供たちを預かり弱い部分をサポートする仕事。

送迎などもあり、子供と身近に関わることができる仕事です。

5.幼児教室の講師【塾講師・英会話教室・スポーツクラブ】

幼児教室は子供に教える場所です。

教育をすることを基本としており、小さな子供に勉強を教えると思っておきましょう。

塾講師であったり、英会話教室であったり、教育の方法は色々とあります。

子供に何かを教えたいならば、幼児教室はおすすめです。

体操を教えたりするスポーツ系のクラブも同じですね。

6.ベビーシッター【家庭に訪問をして保育】

6.ベビーシッター【家庭に訪問をして保育】

ベビーシッターとして家庭で保育をする仕事もあります。

これは依頼のあった家にいき保育をする方法で、指名制となっています。

お給料も比較的高めなので、保育士の副業としても人気がありますね。

子供と密接に関わりたいという人にはおすすめです。

7.子供用品の販売スタッフ【服やおもちゃ】

子供用品の販売スタッフも子供と関われます。

子供服であったり、おもちゃであったり、

子供関係の用品を扱うお店ならば、子供も身近に関わることができるでしょう。

8.株式会社の保育園運営本部【一般企業の本部で経営に関わる】

保育園を運営するのは社会福祉法人や宗教法人だけではありません。

株式会社もあり、そこの本部採用になれば運営を任されることになります。

一般企業で経営にも関わるので、子供とは少し離れてしまうかもしれません。

しかし、子供は近い距離にいるので子供と関わる仕事の1つと言えるでしょう。

9.小学校教師・講師【生徒に勉強を教える】

小学校の教師や塾の講師も子供と身近に関われます。

生徒に勉強を教えることが仕事で、教育に力をいれることになります。

子供と身近に関わることができ、クラス担任になれば責任も持てるそんな仕事です。

10.テーマパークのスタッフ

テーマパークには幅広い年齢層が訪れます。

そこにはたくさんの子供も訪れますので、そこで接することができます。

子供にステキな思い出を作りたいならば、テーマパークのスタッフはおすすめです。

医療関係ならば幅広く子供と関わる【病児保育・看護師の子供を預かる】

医療関係ならば子供と関わる仕事もたくさんあります。

病児保育であったり、看護師の子供を預かったり。

他にも入院をしている子供の保育をしたりと、病院関係ならば子供とかかわ

子供と関わる仕事で高収入な給料は可能か?必要な資格は?

子供と関わる仕事で高収入な給料は可能か?必要な資格は?

子供と関わる仕事で気になるのがお給料ですね。

高いお給料が誰もがほしいと思っていますが、それは可能なのでしょうか?

そんな、子供と関わる仕事のお給料について書いていきます。

子供と関わる仕事で高収入は難しい【収入に限界あり】

子供と関わる仕事で高収入を得ようとするのはかなり難しいです。

多くの仕事は補助金で成り立っており、その中でお金が支給されるから。

そのため、収入にも限界があり大きなお金を稼ごうとすることは難しいですね。

資格なし・未経験の求人もあり【パートから始めよう】

資格なしで未経験の求人はあります。

子供関係ではたらきたいと思って探してみると良いでしょう。

資格なしで未経験でもパートで良ければ求人はあります。

ただし、給料は安いですがね。

保育士経験があると子供と関わる仕事に転職しやすい

保育士経験があったり、資格があると強いです。

給料も一般の人と比べると高くなりますし、転職もしやすい。

保育士として仕事をするだけでたくさんのメリットがあります。

ベビーシッターは高収入の可能性あり【指名で給料がアップ】

高収入は難しいとお伝えしました。

しかし、唯一高いお給料をもらうことができる仕事がベビーシッターです。

ベビーシッターは指名制となっており、お客さんから指名をもらえばお給料もアップする仕組みがあります。

そのため、手当や指名料がつくので必然と高くなります。

もちろん、一部の人に限ってですが・・・。

→ 保育士が年収500万を超えることはできる?求人はある?

子供と関わる仕事や求人を探すなら保育士転職エージェントで紹介

子供と関わる仕事を探しているならば、保育士の転職エージェントを活用しましょう。

保育士や幼稚園資格を持っている人はもちろん、無資格の人でも応募をすることができます。

しかも、あなたの希望にそった求人を無料で探してくれますのでメリットも高いですね。

保育士の転職エージェントを活用してみましょう。

>>【保育士バンク】

求人数業界ナンバー1、コンサルタントが親身、非公開求人多数あり、全国対応。

>>【ジョブメドレー保育士】 

検索型の保育士求人、登録をするだけでスカウトが届く、自分のペースで仕事が探せて応募も可能、転職サイトの運営母体は大手のジョブメドレー

>>【マイナビ保育】

※大手マイナビの保育士専門サイト、コンサルタントの質はナンバー1融通やわがままを聞いてくれる、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に特化している。

子供と関わる仕事のまとめ【高収入は難しいけどやりがいはある】

子供と関わる仕事のまとめ【高収入は難しいけどやりがいはある】

子供と関わる仕事について書いてきました。

子供と関わる仕事はたくさんあります。

身近に接することでやりがいがあり楽しめますね。

子供と関わる仕事がしたいと思ったときに、参考にしてください。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクとマイナビ保育士を比較!転職求人のおすすめはどっち?

きき

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

・元保育士で園長や主任の管理職経験あり

【経歴】
認可(社福・公立臨職)と認可外保育園の現場経験 → 複数の保育園の運営マネージャー → 保育園園長 → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

・副業でブログと幼児教室・小学校受験講師

・認可保育園の研修でも使われているブログです♪

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

・元保育士で園長や主任の管理職経験あり

【経歴】

認可(社福・公立臨職)と認可外保育園の現場経験 → 複数の保育園の運営マネージャー → 保育園園長 → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

・副業でブログと幼児教室・小学校受験講師

保育士子育て世代とつながりたい

【簡単な紹介】

二人の子供がいるお父さん。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る