理想の保育士像は面接で聞かれる【元保育士が同僚と保護者別に解説】

理想の保育士像は面接で聞かれる【元保育士が同僚と保護者別に解説】

理想の保育士像はどんな人ですか?

この質問て就職や転職の時に必ず聞かれる、定番の質問だといえます。

しかし、どのように答えればよいのか迷いますよね。

この記事では理想の保育士像について書いていきます。



理想の保育士像は面接で聞かれる就職や転職の定番質問【例文を解説】

理想の保育士像は面接で聞かれる就職や転職の定番質問【例文を解説】

理想の保育士像は将来なりたい保育士のこと。

つまり、自分の目標となる人を決めることですね。

そんな理想の保育士像について、聞かれる理由や例文についてまずは書いていきます。

理想の保育士像はどんな保育士になりたいかの確認【小論文・作文】

理想の保育士像を聞く理由は「将来どんな保育士になりたいのか?」を聞くためです。

将来的に自分がどんな風になりたいのか?

それを面接で聞いたり、時には小論文や作文で書いたりしますね。

そのため、自分なりの理想の保育士を考えておきましょう。

理想の保育士像は定番の質問【どう答える?】

これは実は定番の質問です。

どんな保育士になってほしいのか?また、どんなふうになりたいのか?

そのあたりの感じ方について聞きたいことです。

もちろん、答えはなく自分なりの答えで問題なしですね。

理想の保育士像の答え方【例文を解説】

理想の保育士像についての回答例。

いわゆる例文を書いていきますので、参考にして下さい。

私の理想の保育士像は「子供に寄り添える」ことです。

子どもにはいろんな性格や考えを持っている子供がいます。

その中で、個人に合わせて寄り添い、その子の良いところを伸ばしていけること保育士としての理想像だといえます。

これかも子供の気持ちに寄り添い、成長に関われるように保育に取り組んでいきたいと思っています。

理想の保育士像5選【保育士が考える姿・子供目説】

理想の保育士像5選【保育士が考える姿・子供目説】

そんな理想の保育士像について書いていきます。

保育士や子供目線から見たときには、どんな感じになるのでしょうか?

5つのポイントについて、書いていきましょう。

1.子供に常に寄り添った保育ができる

2.最優先を子供で考えている

3.子供を上手に褒めて気持ちを持ち上げる

4.子供の将来を見据えた保育をしている

5.メリハリがあり子供がのびのびと育っている

1.子供に常に寄り添った保育ができる【大切な考え】

子供に常に寄り添った保育ができることが大事です。

子供に寄り添うというのは、個人に合わせて対応をすること。

また、適切に関わることですね。

2.最優先を子供で考えている【心構えを持つべき】

保育は何よりも最優先で子供を考えることです。

心構えとして、その考えは絶対に持っておくべき。

子供のことを最優先にして、日々保育に取り組むようにしてください。

3.子供を上手に褒めて気持ちを持ち上げる

子供を上手に褒める、気持ちを持ち上げることが大事です。

保育士は子供の気持ちをしっかりと持ち上げて褒めることが求められます。

そうやってしっかりと褒めることで成長をしていけるのです。

褒めるということを忘れてはいけませんね。

4.子供の将来を見据えた保育をしている【求められること】

子供の将来を見据えた保育をしていることも重要。

今の目先の子供の成長よりも、就学へ向けてどうなのかを理解すべき。

そのためにできることを、保育士として行っていくべきですね。

5.メリハリがあり子供がのびのびと育っている

保育にメリハリをつけることも重要。

静と動の活動を意識する、良い時は褒めて、ダメな時は叱る。

そうやってメリハリをつけた保育をしていくことが重要だといえます。

→ 保育士は天職と感じる5つの瞬間【向いている人が持っているスキル】

保護者が考える理想の保育士像【対応力が大事】

保護者が考える理想の保育士像【対応力が大事】

次は保護者目線で書いていきます。

保護者が考える理想の保育士像とは、どんな姿なのでしょうか?

子どもへの愛情が感じられいつも見てくれてる【信頼される】

子供への愛情が感じられ、いつも見てくれている。

そんな子供が好きで、子供のために一生懸命かかわってくれている保育士は保護者からの理想像です。

信頼されるためにも大事なことですね。

安心感があり子供のことをも気軽に相談できる

次は安心感があることです。

相手のことをしっかりと考えて、安心ができる。

「この先生に任せていれば大丈夫」と思ってもらえることが、とても大事な考えになりますね。

こまめに報告や連絡をしてくれ話しがしやすい

子供のことについて、こまめに報告や連絡をくれる。

密にコミュニケーションが取れる人は、保護者からの好まれやすいですね。

話しをするってすごく大事なことだといえます。

→ これからの保育に必要なことやあり方【将来の保育士と保護者目線】

理想の保育士像を実現するための方法とは?3つのコツ

理想の保育士像を実現するための方法とは?3つのコツ

理想の保育士像について書いてきました。

しかし、そんな簡単には理想の保育士にはなれませんよね。

そんな理想の保育士像に近づくための方法について書いていきます。

自分自身を深く知ること【学生は重要な考え方】

自分自身を深くしって、学ぶことです。

自分がどんな人で、どんなふうに学べばよいのかについて知らなければなれません。

特に学生時代に理想のなる保育士像を決めておけば、将来の役にも立てます。

目標となる保育士を決めて近づけるように保育する

目標となる保育士を決めておくことです。

実習先でも、出会った保育士でも良いので、理想の保育士に近づけると良いですね。

「こんな風になりたい」という人をみつけて、近づけるように保育を日々していくべきです。

コミュニケーションスキルを磨き人間関係を築く

保育士にとって大事なことは、コミュニケーション

人と関わる仕事であるため、自分を磨かなければなりません。

自分という人物を理解して、人間関係を円滑に構築できるスキルを磨きましょう。

理想の保育士像のまとめ【子供に寄り添えるスキル】

理想の保育士像のまとめ【子供に寄り添えるスキル】

理想の保育士像について書いてきました。

保育士はもちろん、保護者視点でも書いてきました。

子供に寄り添える、子供をしっかりと褒められるというスキルはすごく大事ですね。

自分がより良い保育士になるためには、理想像。

つまり、イメージを持って日々保育に取り組んでいくことが大事だといえます。

人気記事 → 保育士バンクと保育士ワーカーを徹底比較【大手転職サイトの体験談】

人気記事 → マイナビ保育士は最悪のウワサ!元保育士が実体験をもとにすべて暴露

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る