hspは保育士に向いていない?子供と関わる仕事は天職と言えない現実

hspは保育士に向いていない?子供と関わる仕事は天職と言えない現実

hpsを持っている保育士は向いていない。

辞めてしまう保育士の中には、hspを持っている人がいるかもしれませんね。

たしかに、hsp持っているとしんどいかも・・・。

この記事ではhspについてや保育士に向いていない理由について、書いていきましょう。



目次
  1. hpsは保育士に向いていない【5人に1人と言われるhspとは?】
  2. hspが保育士に向いていない理由5選【子供の行動に対応できない】
  3. hspが保育士に向いているポイントとは?【保育園で働けるのか?】
  4. hspは保育士に向いていない【保育園の仕事を続けることが天職?】
  5. hspは保育士に向いていないのまとめ【心を壊さないことが一番】

hpsは保育士に向いていない【5人に1人と言われるhspとは?】

hpsは保育士に向いていない【5人に1人だと言われるhspとは?】

hspと言う言葉をあまり聞いたことがないかもしれません。

しかし、世の中の5人に1人はhspだと言われており、生きづらい生活をしています。

HSPだと分かりました。
毎日生きづらいです。
保育士1年目です。
自分に向いている仕事に就きたいです。
辞めてもいいですか。

【中略】

わたしもHSPです。
些細なことにも反応してしまって生きるのしんどいですよね。毎日小さい子供と関わる保育士さんならなおさらだと思います。
どうしても辛くて苦しいなら転職もありだと思いますよ。
質問主さんの心が壊れてしまったら元も子もないですから…。

(引用:Yahoo!知恵袋「hsp保育士について」)

そんなhspについてまずは書いていきましょう。

hpsとは?発達障害と誤診をされることもある病気

hspとは、1つの病気のこと。

HSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソンの略でhspと呼ばれています。

後天的になるものではなく、先天的に持っておるもので、80%の人はこれに当たらないため、なかなか認知が広がっていません。

hspを持っていると、現代社会ではとても生きづらく、共感もしてもらえない。

特に、保育士という仕事はhspを持っている本人からすると、すごく辛いかもしれませんね。

そんなhspの特徴について書いていきましょう。

hspを持っている人の特徴とは?うつ病に繋がることも

hspはとても過敏になってしまう病気のことです。

特徴は下記のような感じ。

・深く情報を処理してしまう

・過剰は刺激を受けやすい現実がある

・共感をしやすく感情移入しやすい

・心の境界線が薄くもろい

・無意識にアンテナを張っているため疲れやすい

・自己肯定感が低く否定をすることが常駐化している

(参考:精神内科・精神科マドレクリニック「HSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソン」)

人よりも、感度の高いアンテナを常に張っているような感じがhspの特徴といえますね。

hspは保育士ではなくても生きにくい世の中

そのため、人の小さな仕草や言葉、行動から相手の気持ちを読み取る、汲み取ることには長けています

色々なものに感動をしたり、感受性豊かに感じてしまうことがある反面。

あまりにもいろんなことを感じ過ぎてストレスになってしまうこともあります。

そのため、精神的に疲れてしまいうつ病になってしまうことだってあるのです。

hspが保育士に向いていない理由5選【子供の行動に対応できない】

hspが保育士に向いていない理由5選【子供の行動に対応できない】

そんなhspの人が保育士に向いていない理由があります。

過敏でいろんなことに気付いてしまう。

保育士にとって必要なスキルである点はすごく魅力的なのですが。

それが逆に仇となり、ストレスを感じてしまう問題点もあるのです。

1.想定してない行動を子供はするため刺激が強すぎる

2.無意識にアンテナを張っているため想像以上に疲れる

3.人間関係が保育園は複雑でついていけない

4.仕事が重労働でhspの人は疲れやすい

5.自分で出来ないことがあると罪悪感を感じる

1.想定してない行動を子供はするため刺激が強すぎる

子供は想定をしていない行動をするものです。

突然泣いたり、怪我をしたりしてしまいますね。

そんなときにhspの保育士は感情を移入してしまいますし、常に相手の気持ちを感じとろうとします。

すると、自分自身がすごくしんどくなってしまいますね。

2.無意識にアンテナを張っているため想像以上に疲れる

hspの人は常にアンテナを張っています

保育園では色んな子供や大人がおり、動いています。

また、感情の流れもあるため想像以上に疲れてしまうでしょう。

無意識にアンテナを張っており、hspの人は思っている以上に疲労が溜まっています。

3.人間関係が保育園は複雑でついていけない

保育園の人間関係は複雑です。

特に保育士同士の関係性は複雑でうまくいかないこともたくさんあります。

ときにはいじめであったり、パワハラに近いことがあったり。

そんな人間関係に想像以上に疲れてしまうのです。

4.仕事が重労働・不規則でhspの人は疲れやすい【許容量が少ない】

保育園の仕事は思っている以上に重労働です。

しかも、仕事は早番や遅番など、不規則なシフト制。

とても疲れてしまう原因となってしまいますね。

5.自分で出来ないことがあると罪悪感を感じる【自信がない】

保育士には仕事で色々なことを求められます。

子供と関わるスキル、保護者対応、保育士同士のコミュニケーション。

他にも書類や制作などこまなかこともたくさんあります。

hspの人にも苦手なものがあり、罪悪感を感じてしまいますね。

hspが保育士に向いているポイントとは?【保育園で働けるのか?】

hspが保育士に向いているポイントとは?【保育園で働けるのか?】

hspの人は保育士に向いていないと書きました。

たしかに、本人が一番しんどく感じてしまうかもしれません。

しかし、そのスキルのおかげで保育士に向いているかもしれないという点があるのです。

子供と同じ目線で共感できる点は向いている

hspの保育士の人が向いているのは、子供と同じ目線に立てることです。

共感でき、かつ感じ取れる。

その点はhspの保育士として向いているでしょう。

注意深く観察できるスキルは抜群【自分にしかない】

注意深く観察できるスキルは抜群です。

自分にしかないくらいのスキルで、いろんなところにアンテナを張っているからこそできること。

hspの保育士の魅力だともいえますね。

多角的に物事を考えられる【経験やスキルになる】

色んな所にアンテナを張っているため、多角的に色んな方面から物事を考えられます。

これもhspの保育士の特徴。

色々な方向からアプローチして相手を理解しようとします。


hspは保育士に向いていない【保育園の仕事を続けることが天職?】

hspは保育士に向いていない【保育園の仕事を続けることが天職?】

保育士の仕事がしたい。

しかし、過敏すぎてhspの人は保育士の仕事が向いていないです。

それでも保育士の仕事を続けたいときの対処法について書いていきますね。

保育士の人数に余裕がある保育園で仕事をする【無理なく働く】

hspの保育士は精神的に疲れてしまうこともあります。

そのため、無理をして働いてしまうことも。

時には早退できるなど、保育園に人数の余裕がある状態のある保育園で仕事をしましょう。

hspだと理解をしてくれる保育園で仕事をする【診断をしてもらう】

hspについて、理解をしてくれる保育園を探してみましょう。

どんな症状があり、どんな保育ができるのか。

もちろん、それを伝えるのは大変かもしれませんが、理解をしてもらえば保育士として仕事がやりやすくなります。

雇用形態を正社員にこだわらない【できない仕事は断る】

雇用形態は正社員にこだわらないことです。

パートや非常勤保育士などとして働いても良いでしょう。

また、hspがあるためできない仕事は断ることも大事。

保育園で働くということを目的にするならば、働き方を考えてみましょう。

一人でいる時間を確保して頑張りすぎない【本当に辛いなら休む】

一日中いろんなところにアンテナをはっています。

これは疲れてしまいますので、1人の時間を確保してください。

頑張りすぎず休憩をし、本当に辛いならば休むようにしてください。

今の保育園が辛いなら転職を考える【理解ある保育園の仕事選び】

今の保育園が辛いならば、転職を考えましょう。

保育園や働き方があっていないのかもしれません。

理解ある保育園を探すためには、保育士エージェントに登録をして最適な職場を探してみると良いですね。

利用はもちろん無料です。

>>【保育士バンク】

求人数業界ナンバー1、コンサルタントが親身、非公開求人多数あり、全国対応。

>>【ジョブメドレー保育士】 

検索型の保育士求人、登録をするだけでスカウトが届く、自分のペースで仕事が探せて応募も可能、転職サイトの運営母体は大手のジョブメドレー

>>【マイナビ保育】

※大手マイナビの保育士専門サイト、コンサルタントの質はナンバー1融通やわがままを聞いてくれる、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に特化している。

hspは保育士に向いていないのまとめ【心を壊さないことが一番】

hspは保育士に向いていないのまとめ【心を壊さないことが一番】

hspの保育士について書いてきました。

常にいろんなところにアンテナを張ってしまうため、精神的に疲れてしまいます。

そのため、保育士には向いていないかもしれません。

もし働くとしても理解ある保育園でなければ、自分自身がしんどくなってしまいますので、転職も考えてみてくださいね。

人気記事 → 保育士バンクと保育士ワーカーを徹底比較【大手転職サイトの体験談】

人気記事 → マイナビ保育士は最悪のウワサ!元保育士が実体験をもとにすべて暴露

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る