保育士の求人募集のピークはいつの時期?失敗しない転職のタイミング

保育士の求人募集はピークいつでしょうか?

保育士の募集の時期は特に多い時期と少ない時期があります。

なぜならば、保育士の離職が多い時期の前に募集がはじまるからです。

保育園側としても人材確保の観点から子供を早期に集める必要があり、そのために動くため保育士の募集も1年間で波がある状態なのです。

この記事では保育士の募集のピークの時期、仕事の探し方、給料アップのためにすべき方法などがわかります。



保育士の求人募集のピークはいつの時期?【11月と2月がねらい目】

保育士の求人募集のピークはいつの時期?11月と2月がねらい目保育士の募集が多い時期と少ない時期があります。

これは保育士の辞める時期のピークが年度末であるため、その時期までの保育士を確保するため盛んに募集が出るようになります。

どうせ転職をするならば募集が多い時期の方がよいです。

その理由は3つの求人募集と10この求人募集とどちらの求人から選ぶほうが良い募集や仕事に出会えるでしょうか?

もちろんわかりますが求人が多いほうが好待遇な求人がみつかりますし、保育園としてもたくさんの募集求人から自分の保育園へ来てほしいという気持ちを持っていますので条件も良く募集を出すようになります。

そのため保育士の募集時期を良く考えて求人募集を見るようにしましょう。

保育士の募集は11月と2月が多い理由【転職求人のピーク2選】

保育士の募集のピークは10月末~11月にかけてです。

その理由としては保育園の最大のイベント運動会が10月に開催をされ、その後に次年度の仕事についてなどが個人懇談やアンケートなどが行われます。

この時点で結婚や出産など仕方のない理由での退職、転職、違う仕事に就く、違う保育園で勤務をしたいなどの先生たちも退職を申し出ます。

すると保育園としても次年度に3月へ向けて何人が足りないのかがわかりますので、その人数をハローワーク、インターネット求人、転職エージェントなどに依頼をすることになるのです。

また、2月「やっぱり退職したい」という先生が多く、転職活動をしてみたら良い保育園に出会えた、続けようと思ったけれども退職したい、人間関係がこじれてしまった、想定よりも人材が足りていないなどの理由から募集がでます。

他にも多い時期は5月(ゴールデンウィーク明け)、8月と12月(ボーナス終わり)もありますが、保育士さんは責任感が強い人も多く3月末での退職をする人が多いです。

→ 保育士を辞めたい新卒の理由とは?1年目は人間関係と怒られること?

→ 保育士から違う仕事へ転職する方法!一般企業や異業種へ行ける?

保育士の求人募集は1年間出ている?【ピーク関係なし】

しかし、今は保育士の募集が1年中でています。

その理由は保育士の人材不足の影響によりでており、特に首都圏は保育士の人材が不足をしています。

そのため、1年中求人募集を出していますがそれでもなかなか応募がこないなんてこともあります。

転職活動をすると検索をすることも多いですが、その時にずっと応募が出ている保育園は職場があまりよくない、給料が安い、休みが少ないなどの理由が考えられるので応募をすることはあまりおすすめしません。

保育士転職時期と求人募集の見つけ方と流れ【いつから動く?】

保育士転職時期と求人募集の見つけ方と流れ【いつから動く?】次に保育士の求人募集の見つけ方について書いていきます。

保育士の求人募集は1年間出ていますが多くの中から自分に合う最適な求人募集を見つけなければなりません。

そのためには適当に転職活動、求人募集を見つけるのではなく計画的に進めることが重要です。

そのための方法を書いていきます。

保育士の求人募集の理由は明確に【仕事を転職をするか決める】

まずは仕事を転職するのか?それとも募集を見ないのかを検討すべきです。

保育士として仕事に追われておりバタバタとしていたらなかなか自分のことを考える時間はないと思いますが、夏休みや土日の連休などに一度しっかりと一人で考えるもしくは相談できる人に聞いてもらいましょう。

相談できる人は保育園を知らない人の方がよいですね。

転職をする気持ちがあるのかないのか?する気があるのならば「なぜ退職をしたい」「転職することにより何を得たい」と言う点を良く考えましょう。

保育士の多くは転職理由があいまい、適当な人が多いですがそれは次の応募先の面接で簡単に分かってしまいます。

それではたとえ良い求人募集があったとしても採用もされませんので「転職理由を明確に」しましょう。

保育士の転職時期は6ヶ月が勝負【計画的にピーク前に準備をすべき】

転職を決めるならば9月末です。

この時期に決めたら「意思を変更しない」ことを決めて置き、個人懇談もしくは10月には園長先生に時間をもらって「退職の意思」「転職したい理由」を伝えるようにしてください。

その時に大事なことは「やっぱり続けます」と言ってしまわないことです。

退職をしたい、転職をしたいという理由を明確に考えることで「引き止め」「慰留」に関しても「NO」と言えるはずです。

保育園は人材不足で仕事をしていた人は残ってほしいのが本心なので引き止めは必ずあります。

あとはあなたが決めることですが「退職する」と言った噂は保育園中に流れてしまいますのでその意思は変えない方がよいしょう。

その時に大事なことは「本音は言わない」ことです。

たとえ「人間関係」「職場環境」であったとしてもそれは言わない方がよいです。

退職をするといってもまだ6ヶ月は保育園にとどまっているわけですし、一緒に先生たちともはたらきます。

また、園長とも顔をあわせますし退職後もどこかで会う可能性もありますので本音と建て前と言葉があるように対応をしておきましょう。

転職をするときめたらここから12月までに転職先を決める気持ちともっておくことが重要です。

→ 保育士の就活のスケジュールとやり方!新卒は面接とテスト対策が必須

退職の申し出は12月がベスト【転職時期としてギリギリ】

また、遅くても12月末までには退職は申し出るべきです。

求人募集の時期を書いたように12月だと一回目のピークである11月は逃してしまっていますが、年末年始に以降の求人募集へ臨まなければなりません。

これは自分自身の問題でもありますが、保育園側としても退職ならば3か月前には申し出てあげないと次が決まらない可能性があります。

そのためにも12月までには退職を申し出ましょう。

保育士の好待遇な求人募集を見つける方法は転職エージェント

保育士の好待遇な求人募集を見つける方法は転職エージェント保育士の募集を探したいけれども、どうしても難しいことが好待遇な募集を見つけることです。

インターネットやハローワークで検索するのが一般的となりますが、なかなかすぐには見つからないもの。

しかし、どうせ保育士の求人募集を探すのならば好待遇で自分の条件にあう求人を見つけたいものです。

私も保育士として転職をしてきた経験がありますが、自分で見つけて転職をしたときに「自分の条件を満たされた」「自分の希望通りになった」というものはほとんどありません。

どちらかといえば面接では良いように言われて入職をしてみると違うかったというケースもあります。

転職をしたのに失敗をすると気持ちも落ち込んでしまいますしやる気もなくなってしまいますよね。

転職エージェントで給料アップ!条件は高めに【保育士求人が豊富】

実際に転職に失敗をしてきた経験から私は好待遇な転職をする方法を見つけました。

その方法はとても簡単で「保育士の紹介会社」を利用をすることです。

メリットは自分の希望にあった仕事を見つけてくれますし、無料で転職の相談にも乗ってくれる点です。

デメリットとしては「電話がしつこい」「希望ではない園を紹介される」と言う点もありますが、今の保育士の転職を考えたときに「紹介してもらう」もしくは「自分で探す」のどちらかしかありません。

そうなると私の経験上は間違いなく紹介をしてもらうほうがラクですし、知らない求人が見つかることもあります。

ただし、転職エージェントを活用する場合には「自分でも情報収集をする」「在職中に転職活動をする」という2点は重要です。

その理由を書いていきましょう。

 保育士の求人転職サイトをおすすめ3つに厳選【退職前に読むべき】

保育士の求人募集は自分でも探し情報収集をする

ただし、すべてを転職エージェントに依頼をすると成功をする可能性もあれば失敗をする可能性もあります。

それは利用をする転職会社によって持っている求人募集もことなりますし、中には力のないエージェントもあるからです。

そのため、保育士エージェントを活用しながらも自分でも求人を9月ごろから探していき情報は収集をしておくことです。

例えば、仕事をしてみたい転職先のホームページをチェックして労働条件である年間休日、給料、勤務時間、勤務地、雇用形態などをしっかりとチェックする。

それをコンサルタントへ依頼して紹介をしてもらうことです。

実は私の友人はこの方法で希望のやりたい保育ができる保育園へ入職をすることができました。

しかも、給与交渉もしてもらったので他の職員よりも高めの給料で入職することができましたので「自分で希望先を探す」と「紹介会社に紹介をしてもらう」というコラボをした結果です。

転職エージェントを活用することにメリットがありますが「任せっきりにしない」ことが重要です。

在職中に転職活動をすべき理由

あと大事なことは「退職してから」転職活動をしないことです。

実は在職中に転職活動をすることは好条件、好待遇な転職を見つける必須に項目です。

転職先の面接官としてもイメージが異なります。

【在職中の人が転職活動のイメージ】

・計画性があり転職活動をしている。

・最後まで責任をもって仕事をしてくれそう。

・退職の理由もきちんとしている。

・条件が悪ければきてくれないかもしれないので良い人材ならば好待遇な条件を出そうか迷う。

こんな風に在職中に転職活動をすると良いイメージが付きます。

退職後に募集を探すとデメリットが多い【失敗する保育士募集】

在職中に募集を探す人と、退職をしてから募集を探す人では大きな差でます。

在職中に転職活動をしている人には比較的良いイメージがありましたが、退職後に転職活動をしている人のイメージはあまりよくありません。

【退職後に転職活動をしている人のイメージ】

・途中で退職をしている場合は無責任と思われこの園でも無責任な仕事をされそう。

・退職をしており今はフリーなので無理に良い条件にする必要はないため好待遇は出にくい。

・退職してから期間があくほど就職しにくく足元を見やすい。

つまり、退職をしている人を採用するとなったら好待遇な条件はほぼ出ないと思っておきましょう

そのためにも在職中に転職活動を行い、求人募集を探すことが重要ですね。

保育士の求人募集のピークのまとめ【転職は時期とタイミングが大事】

保育士の求人募集のピークのまとめ【転職は時期とタイミングが大事】保育士の募集の時期や好待遇な転職先を見つける方法を書いてきました。

転職をすると決めたときに最も大事なことは今よりも好待遇な転職先を見つけることです。

そのためには「募集が多い時期」に「転職エージェント」を使って「在職中に」行うことです。

私も何度か転職を経験してきた結果、この方法が今の段階ではおそらく一番良い方法であるといえます。

募集はたくさんありますが、採用をする側としてはできる限り好条件は避けたいと思っていますので自分でも行動をして良い募集を見つけてくださいね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → マイナビ保育士は最悪のウワサ!元保育士が実体験をもとにすべて暴露

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
保育士ライフ運営責任者です。

【経歴】

・認可保育園で現場の経験あり。

その後は教育関係の会社に転職し管理職を歴任。

今は普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。。

今は営業のサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る