やばい保育園のブラックな特徴5選【悪いダメな保育園からの逃げ方】

やばい保育園のブラックな特徴5選【悪いダメな保育園からの逃げ方】

やばい保育園と聞いて、どんなイメージをしますか?

保育園にもいろいろとありますが、中にはブラックな保育園もあるのです。

この記事ではそんな保育園の特徴と逃げ方について書いていきます。



やばい保育園のブラックな特徴5選【悪いダメな労働環境】

やばい保育園のブラックな特徴5選【悪いダメな労働環境】

やばい保育園の特徴について書いていきます。

ブラックな保育園とよく聞くこともありますが…本当にあるのです。

そんな保育園の特徴について、書いていきましょう。

1.子供のおもちゃが足りない・保育士が購入

2.職員の給料が安いが経営者は高級車に乗っている

3.サービス残業や持ち帰りの仕事が当たり前

4.職員同士の関係が悪い

5.保育士がどんどん退職していく

1.子供のおもちゃが足りない【保育士が購入する】

子供のおもちゃが足りない保育園はヤバいですね。

あそぶものがない、購入してもらえないなど問題も多いです。

中には保育士が自腹で購入する園もあるほど、こまってしまう保育園があります。

2.職員の給料が安いが経営者は高級車に乗っている【実態は最悪】

職員の給料はすごく安い。

けれども、園長や理事長となる経営側が高級車を乗っている。

これってすごく違和感がありますし、自分たちは潤っている証拠だといえます。

3.サービス残業や持ち帰りの仕事が当たり前【お金はでない】

サービス残業や森帰りの仕事が当たり前になります。

お金はもちろん出ませんが…

家で仕事を求められる問題がたくさんあるのです。

4.職員同士の関係が悪い【人間関係が最悪】

職員同士の人間関係が悪い保育園もあります。

というよりは、労働環境が悪すぎて対応が悪くなるというものです。

どんどん悪化をしてしまい、仕事ができるような状況にないこともあります。

5.保育士がどんどん退職していく【実際にあり得る】

保育士がどんどん退職をしていく。

これって、実際にあり得る話しで、保育士が辞めるリスクがたくさんあるのです。

どんどん退職をしてしまい、保育園の保育士が足りないなんてこともあるのです。

→ 保育士の大量退職の理由とは?無責任な一斉退職はなぜ起こるのか?

やばい保育園には預けたくない?保護者が感じる危険

やばい保育園には預けたくない?保護者が感じる危険

やばい保育園には保護者も預けたくない。

そんな風に感じてしまうことが多いですね。

保護者目線で感じる、やばい保育園について書いていきましょう。

子供の安全面に危険を感じる環境【死亡事故もあり得る】

子供の安全面に危険を感じる保育園はやばいです。

例えば、はいはいしているあかちゃんの横で、5歳児が走り回っているなど。

そんな風に子供の安全面に危険を感じたときは、本当にやばい保育園の可能性があります。

室内が暗く子供の生活が守られていない【自由もない】

室内が暗く、子供の生活が守られていない。

最近はビルの中に保育園が出来たりして、光がちゃんと入ってこない保育園もあります。

暗いと感じたら、雰囲気もイメージもよくありませんよね。

保育士の表情が暗く疲れ切っている【ヤバい先生たち】

保育士の表情が暗く、疲れ切っている。

これはブラックな労働環境で保育士も働いているということですね。

そのため、先生は疲れており、仕事をするのもしんどいという状態になっているのです。

先生が疲れていると、子供に危険が及ぶ可能性もあります。

園見学へ訪れても好意的ではなかった【園長もやばい】

園見学へ訪れても好意的ではない。

園長や職員が保育園を案内しても、どこか他人事…みたいなイメージですね。

そんな風に好意的ではないと、やばい保育園の可能性があります。

子供に対する先生の対応が悪すぎる【見分けるコツ】

子供に対する先生の対応が悪すぎる。

例えば、子供を怒鳴っている、適当にあしらっている。

そんな風な対応をしている保育園は、よくありません。

先生たちの対応が見分けるコツだといえますね。

やばい保育園から逃げる5つのコツ【保育士は逃げよう】

やばい保育園から逃げる5つのコツ【保育士は逃げよう】

やばい保育園は本当にブラックでしょう。

そんなところで、いつまでも仕事をするというのはなかなか難しいです。

そんな時の逃げる方法やコツについて書いていきます。

労働基準監督署へ助けを求める

もし、ブラックな労働環境であるならば、労働基準監督署へ通報をしましょう。

「サービス残業が横行をしている」「お金がきちんと支払われていない」

こんな風に、労働基準監督署へ申し出るようにしてください。

市区町村の役所へ内部告発を行い調査を依頼する

市区町村の役所へ内部告発を行いましょう。

園の内部で起こっていることは、誰にもわかりません。

内部告白をして、市区町村から調査にきてもらうようにお願いをしてください。

退職代行サービスを利用して退職する

辞めたいけれども辞められない。

やばい保育園は引き止め方法もすごいです。

退職を受け付けない、全員に了解を得てから退職など理不尽なことも言われます。

それならば退職代行サービスを利用して、転職をするようにしましょう。

→ 保育士が退職代行を使うメリット3選【突然辞める時の手順と選び方】

大量退職を申し出て経営陣の刷新を求める

大量退職を申し出て、経営陣の刷新を求めましょう。

あまりにもやばい、ブラックな保育園ならば行動で示すしかないですよね。

経営陣の刷新を求めるためにも、みんな転職をする、退職をしてしまいましょう。

保育園を転職してホワイトな環境へいく【求人はたくさん】

やばい保育園にそもそもいる必要もありません。

転職をすれば、ホワイトな保育園もたくさんあります。

求人もたくさんありますので、転職サイトやエージェントに登録をしましょう。

>>【保育士バンク】

求人数業界ナンバー1、コンサルタントが親身、非公開求人多数あり、全国対応。

>>【ジョブメドレー保育士】 

検索型の保育士求人、登録をするだけでスカウトが届く、自分のペースで仕事が探せて応募も可能、転職サイトの運営母体は大手のジョブメドレー

>>【マイナビ保育】

※大手マイナビの保育士専門サイト、コンサルタントの質はナンバー1融通やわがままを聞いてくれる、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に特化している。

やばいブラックな保育園のまとめ【転職が最適な方法】

やばいブラックな保育園のまとめ【転職が最適な方法】

やばいブラックな保育園について書いてきました。

「そんな保育園ないでしょ」なんて思いますが、実際にはあるのです。

労働環境が悪い、保育士を人だと思っていないなど劣悪な環境で仕事をする保育士もいますね。

そんな環境で仕事をしても、何も生みませんので、転職をして切り替えるようにしましょうね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る