保育士が本音を暴露!かわいそうで大変な仕事内容とお給料が低い現実

保育士の本音とは、どんな感じなのでしょうか?

なかなか実際に働いている人の声を聞くことはできませんが、なかなかハード。

体力的にも疲れてしまう現実があるのです。

この記事では保育士の本音について書いていきます。



保育士が本音はぶっちゃけキツイ!かわいそうで大変な仕事内容7選

保育士が本音はぶっちゃけキツイ!かわいそうで大変な仕事内容7選保育士の本音はぶっちゃけかなりきついですね。

かわいそうでしんどい仕事内容がたくさんあります。

ここからは、保育士の仕事内容がキツイ本音について書いていきます。

1.毎日肉体的にすごく疲れる

2.書類などの業務量が多くサービス残業・持ち帰りが多い

3.労働環境は劣悪でしんどい

4.お給料が低く頑張っても変わらない

5.人間関係をうまくするのに疲れる【先生同士は特に】

6.園長や主任がむかつく・信頼できない

7.保育士不足で人手が足りない状態が常にある

1.毎日肉体的にすごく疲れる

保育士の仕事は肉体的にもすごく疲れてしまいます。

毎日子供達と遊び、走るということは当たり前。

そして、立つ、しゃがむの繰り返しでやらなければならない仕事も多い現実があります。

肉体的にもすごく疲れてしまいますので、毎日家に帰ってくるとへとへとです。

2.書類などの業務量が多くサービス残業・持ち帰りが多い

書類などの業務量が多い現実があります。

保育士は子供を見ているだけと思われがちですが、そこは違います。

実はやらなければならない書類はたくさんあり、書類の処理に追われてしまいます。

日中は子供を見て、寝ている間に書類の仕事をしますがなかなか終わりません。

結果的にはサービス残業をしたり、持ち帰って仕事を終わらせるのが本音です。

3.労働環境は劣悪でしんどい

労働環境は劣悪なところもたくさんあります。

休憩なし、ボーナス少ない、人間関係が最悪。

人もどんどん辞めてしまう保育園がある現実があるのです。

4.お給料が低く頑張っても変わらない

保育士のお給料は低いと有名ですね。

保育士は月収15万円ととてもひくく、頑張ってもなかなか上がるものではありません。

そんな厳しい現実があり、ブラックな保育園もあるのです。

→ ブラック保育園のリアルとは?10の特徴と見分け方を保育士が解説

5.人間関係をうまくするのに疲れる【先生同士は特に】

人間関係に疲れてしまいます。

保育園の多くは人間関係に疲れてしまうことが多いですね。

特に先生同士は気を使って仕事をしなければなりません。

先輩や上司の顔色をうかがったり、年齢が上の先生に対して配慮をする必要もあるのです。

6.園長や主任がむかつく・信頼できない

園長や主任がムカつく、腹が立つなんてこともあります。

これも園によりますが、親族関係で運営をしている保育園に多い問題点ですね。

上司がムカつく、信用できないため仕事をしてもしんどい本音の部分があるのです。

7.保育士不足で人手が足りない状態が常にある

保育士不足で人手が足りていないです。

保育園は慢性的に人が足りず、結果的には現場は常に人が足りない状態となっています。

毎日仕事に追われて終わらない現実があるのです。

保育士の本音とは?嫌う親と好かれる親【保護者がしんどい】

保育士の本音とは?嫌う親と好かれる親【保護者がしんどい】次に保育士の本音として、保護者があります。

保育士と保護者は切っても切り離せない関係なのですが、しんどいと感じてしまう保育士もいますね。

嫌う親、好かれる親について書いていきます。

クレームの多い親を保育士は嫌う【理不尽な要求】

まず、クレームの多い親を保育士は嫌う傾向にあります。

クレームといっても保育園側が一方的に悪い場合には仕方のないことかもしれません。

しかし、自分本位で理不尽なクレームもあるのは正直なところです。

そんな時は違和感を感じてしまいますね。

こまかいことが気になる親がしんどい

こまかいことが気になる親はしんどいです。

ほんと小さなことが気になってしまうたびに、保育士に何でも聞いてしまいます。

保育士の忙しいので、小さなことを聞かれると、とてもしんどく感じてしまいます。

理解ある対応をする保護者は好かれる

理解ある対応をする保護者がすごく好かれます。

保育士にいつも感謝をし、忘れ物もなく的確に対応をしてくれる。

そんな対応をしてくれる保護者が保育士からも好かれますね。

子供を見れば親がわかる【性格がすごく出る】

子供は保護者をみればよくわかります。

子供の生活面や性格を見れば、どんなふうに育てられているのかと感じてしまいますね。

子供は親を見て育つという言葉は、まさにその通りだといえます。

→ ダメな親ほどいい子が育つは本当か?【ダメ親の特徴を見て自己診断】

保育士の本音は辞めたい【転職したいと感じる理由】

保育士の本音は辞めたい【転職したいと感じる理由】保育士の本音で「辞めたい」という声があります。

実は「いつ辞める?」ということを考えている保育士は結構います。

そんな辞めたいと思う保育士が多い理由について書いていきます。

仕事が大変で辞めたい現実【お給料が安い】

仕事が本当に大変で辞めたいと感じる保育士は多いです。

現場の仕事はもちろんですが、書類に、保護者対応に、行事に。

色々な仕事に追われてしまう現実があり疲れてしまいますね。

しかも、お給料は安いので辞めたいと感じる原因になっています。

人間関係に疲れて辞めたい【保育士の退職理由】

人間関係に疲れてしまうため、辞めたいと感じるのです。

保育士の退職理由として様々ありますが、中でも人間関係は大きな原因となってしまいます。

保育士同士はもちろん、保護者関係でも疲れてしまうことが多々ありますね。

結婚が決まったら辞めたい人が多い現実

結婚が決まったら辞めたいと思っている保育士もいます。

保育士の中にはうまく結婚をして実を結ぶ。

そのまま退職をしてしまう人もいます。

→ 保育士が結婚年齢は遅い?平均とできない時の対処法【相手の選び方】

小規模保育園への転職が人気【少人数で保育ができる】

小規模保育園への転職が実は人気です。

大規模な保育園だと行事も多く、たくさんの人数を見なければならないので疲れてしまいます。

小規模保育園ならば少ない人数で園を回すことができますし、小さな子供だけで行けますのでやりやすさもあります。

実は保育士から小規模保育園は人気の就職先なのです。

→ 小規模保育園の給料とメリットデメリット!保育士求人と仕事内容

保育士の本音の暴露まとめ【心がしんどい時は転職をしよう】

保育士の本音の暴露まとめ【心がしんどい時は転職をしよう】保育士の本音についていろいろと書いてきました。

本音の部分はなかなか見えませんが、実はものすごく大変な仕事なのです。

お給料も安く辞めたいということはありますが「子供と接する」「毎日子供と過ごせる」仕事は保育士だけです。

たくさんの人と関わる楽しい仕事を続けていきたいものです。

そして、お給料に関してはより良くなってほしいと思いますね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクが最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

Taka

Taka代表

投稿者プロフィール

元保育士の保育士ライフ運営者takaです。

・保育園の現場経験から園長になった経歴の持ち主

・子供の教育や幼稚園、小学校受験を担当し多数の合格実績もあります。

・2児の父で現在はサラリーマン(営業)をしながら副業でブログやライターなどの仕事をしてます。

・趣味は筋トレ、ランニング、キャンプ、フットサルと体を動かすことが好き。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

taka
保育士ライフ運営責任者です。

【経歴】

・認可保育園で現場の経験あり。

その後は教育関係の会社に転職し管理職を歴任。

今は普通のサラリーマン(営業)をしています。

【簡単な紹介】

関西に住んでいる二人の子供がいるお父さんです。趣味はフットサルとランニング。キャンプに挑戦したいなとおもっています。。

今は営業のサラリーマンをしながら副業を実践中!

ブログの複数運営やWEB関係コンサルや個別相談、WEBマーケ。個別のブログ運用コンサルも実践中。

【サイトの運営目的】

子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

 

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る