公務員の保育士に受かる人の特徴5選【試験が難しく倍率も高い現実】

公務員の保育士に受かる人の特徴5選【試験が難しく倍率も高い現実】

公務員の保育士を目指す人は多いです。

多いですが、倍率が高く誰もが受かる試験ではありませんね。

待遇の面であったり、将来的なことを見据えると間違いなく強い公務員の保育士。

この記事では公務員の保育士に受かる人について書いていきます。



公務員保育士の受かる人の特徴5選【必要な試験勉強をやっている】

公務員保育士の受かる人の特徴5選【必要な試験勉強をやっている】

公務員の保育士になりたいと思ってもそんなに簡単ではありません。

倍率も高く、難関試験だと言われており、一発合格をするのは至難の業だと言われています。

そんな公務員の保育士ですが、実際に受かっている人もいますので、その人の特徴について書いていきましょう。

1.公務員試験の対策をきちんとしている【必要な知識】

2.公務員になるための情報を集めている

3.真面目で誠実で信頼できる人であること

4.公務員の保育士になりたい理由が明確である

5.将来を見据えて公務員の保育士を目指している

1.公務員試験の対策をきちんとしている【必要な知識】

公務員の保育士は公立の保育園で働くことのできる人のことです。

そのため、地方公務員の試験に合格をしなければなりません。

必要な知識や技術がありますが、そのための対策をしっかりとしている人です。

毎日勉強をして、必要なスキルを身に着けている人ですね。

2.公務員になるための情報を集めている【市区町村の試験】

公務員になるための情報を集めています。

公務員の保育士を目指すことは誰でもできますが、市区町村によって試験は異なります。

そのため、目標としている市区町村を目指していることが大事ですね。

情報収集などをしっかりとして対策をしています。

3.真面目で誠実で信頼できる人であること【コツコツできる】

真面目で誠実で信頼できる人。

これも公務員保育士にとっては大事なスキルです。

公立の保育園は真面目で何でもコツコツと仕事ができる人が多いです。

それができない人は、そもそも公立の保育士に向いていないのかもしれません。

4.公務員の保育士になりたい理由が明確である【目標】

公務員の保育士になりたい理由が明確です。

なぜ、公務員の保育士になりたいのか?

そこを目指していくことが大事で、しっかりとその目標を持っています。

公務員の保育士を目指すならば「どうして?」かを考えてみましょう。

5.将来を見据えて公務員の保育士を目指している【落ちた人も何度も】

将来を見据えて公務員の保育士を目指しています。

公務員の保育士は何度落ちても受けられます。

将来、公務員の保育士として仕事がしたい人は何度もチャレンジをしていますね。

→ 公立保育士年収は好待遇!公務員試験の倍率は?【男性保育士の目標】

公務員保育士に受かる人はどんな勉強をしてる?試験は難しい

公務員保育士に受かる人はどんな勉強をしてる?試験は難しい

公務員の保育士になるのは簡単ではありません。

試験は難関といわれており、人気の市区町村だと10倍を超えるような人が集まります。

そんな公務員試験の内容について書いていきましょう。

公務員の試験の内容とは?【自治体により年齢制限もあり】

公務員の試験内容は市区町村によって様々です。

基本的には一次試験で一般教養、二次試験で保育士の専門試験、三次の試験で面接という流れ。

一回で終わることがなく、一次試験の一般教養で多くの人がふるい落とされます。

あとは、自治体により30歳以下など年齢制限も設けているところがありますね。

また、小論文を取り入れたりとテストを実施する自治体によって異なります。

一般教養が採用試験が課題【倍率も高い試験を対策・面接もアリ】

一般教養試験は多くの科目が出てくる試験です。

この試験に合格できるかがカギとなっており、倍率も高いですね。

そこが合格できなければ、面接へもたどり着くことができません。

最大の難関である一般教養をまずはクリアしなければなりません。

公務員の保育士になるため毎日勉強をしている【過去問を解く】

公務員の保育士になるために、毎日勉強をしています。

特に過去問を解くことは徹底的にすべきですし、一般教養で70%は取れないと厳しいですね。

合格を目指すならば、過去問を解いてひたすら点数を上げていきましょう。

公務員になるための学校へ通うことも【試験の傾向をしる】

中には公務員になるための学校があります。

学校へかよったり、試験の対策をして勉強に励むというものですね。

試験の傾向や勉強にやり方がわかるので、ぜひ通ってください。

私立の保育園で仕事しながらも勉強は忘れない

私立の保育園で仕事をしながら勉強をしている人もいます。

公務員の保育士になるメリットはめちゃくちゃあります。

それについては下に書いていきますが、なる価値があるからこそ、仕事をしながらでも勉強をするのです。

公務員の保育士になりたい理由【受かる人はなぜがんばる?】

公務員の保育士になりたい理由【受かる人はなぜがんばる?】

人気の公務員の保育士になりたい理由について書いていきましょう。

倍率が10を超えるような人気の職業を、なぜめざすのでしょうか?

給料や休みなど待遇が安定をしている

保育士の給料や休みなど待遇が安定をしているためです。

保育士は給料が安いと言われています。

しかし、公務員になれば、地方公務員になりますので、給料が必然と高く安定をします。

休みも優遇をされますので、その当たりは大きなメリットだといえますね。

公務員になるため就職活動が必要なくなる

公務員になれば、就職活動は終わりです。

公務員を辞めない限りは、市区町村があなたのことを面倒みてくれます。

つまり、仕事が一生決まり、かつ安定をするという点が大きな魅力なのです。

定年退職後も安定して年金がもらえる

定年度も年金が安定をしてもらえます。

なんといっても公務員。

福利厚生の強さは間違いないですので、老後も安心をして生活を送ることができます。

公立保育園でしかできない保育がしたい【辞めたい人も】

公立保育園はのびのびと子供を育てることをモットーにしています。

私立のようにたくさんの習い事をさせると、いうこともありません。

そのため、ゆったりと子供を向き合って保育士をしたい人には向いています。

ただし、自分で考えて色々な仕事をしたいとなると…向いていないかもしれません。

男性保育士は将来の生活のために公務員を目指す

男性保育士も将来のために公務員を目指しています。

将来結婚や子育てをする上で、保育士の給料ではかなり厳しいです。

そのため、男性保育士は将来を目指して公務員を目指しているのです。

→ 男性保育士の給料と待遇は女性と同じでキツイ【年収アップの方法】

公務員保育士に受かる人のまとめ【狭き門を目指して頑張ろう】

公務員保育士に受かる人のまとめ【狭き門を目指して頑張ろう】

公務員の保育士に受かる人は、かなりの努力家。

かつ、勉強をすごく頑張れる人のことですね。

公務員試験は難関といわれていますが、合格をすれば将来は安定しますので、一時的な努力は必要でしょう。

ただし、簡単に受かるものではありません。

ものすごく難関で何年もチャレンジしている人もたくさんいるのです。

受かるために準備はしっかりとしなければならないと、いえますね。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る