保育士が一週間で辞めた5つの理由と問題点【転職に影響が大きい】

保育士が一週間で辞めた5つの理由と問題点【転職に影響が大きい)

保育士が一週間で辞める。

中には1日や1ヶ月で退職をする現実がありますね。

すぐに辞めてしまう保育士がいる理由とは何なのでしょうか?

この記事では保育士が一週間で辞めた理由や突然辞める問題点について書いていきます。



保育士が一週間で辞めた5つの理由【突然辞める問題点】

保育士が一週間で辞めた5つの理由【突然辞める問題点】

保育士が一週間で辞めた理由について書いていきます。

わずか一週間…

ものすごく短期間で辞めてしまう理由とは何なのでしょうか?

1.条件と仕事内容に違いがあった

2.労働が思った以上に過酷で続かないと感じた

3.人間関係が最悪でいじめられた

4.保育士の仕事が向いていないと感じた

5.仕事量が多く残業や持ち帰りが多すぎる

1.条件と仕事内容に違いがあった【入職時の希望と違う】

条件と仕事内容に違いがあったというもの。

給料や労働条件など、入社をする前に話しをして入ることになります。

しかし、入社をしてみると聞いていた話と違う…

そのため、一週間で辞めたということがあります。

2.労働が思った以上に過酷で続かないと感じた【退職者が多い】

労働が思っている以上に過酷で続かないと感じたこともあります。

保育園の中にはとても過酷な環境の保育園もあります。

そのため、疲れた、しんどいという理由から退職者が続出することも…。

そんな環境に入ってしまったため、自分自身も退職をすることを決意しますね。

3.人間関係が最悪でいじめられた【信頼関係なし】

人間関係が最悪でいじめられたという声も。

信頼関係もないですし、とにかくイジメられる環境があったというもの。

それならば、仕事を続ける意味はないため辞めたという声があります。

4.保育士の仕事が向いていないと感じた【円満退職すべき】

保育士の仕事に向いていないと感じた時ですね。

保育園に就職をしてみたけれども、実際に仕事をしてみると向いていなかった…

円満退職をすべきですが、なかなか一週間ではわかり合えないでしょう。

5.仕事量が多く残業や持ち帰りが多すぎる【労働環境の問題】

仕事量が多く残業や持ち帰りの仕事が多すぎる問題もあります。

労働環境の問題と言えますね。

入社をしたは良いけど、あまりにも仕事が多すぎるという点は辞めた理由になります。

保育士が一週間で辞めたらどうなる?最悪なデメリット

保育士が一週間で辞めたらどうなる?最悪なデメリット

保育士が一週間で辞めたとなると、どんなデメリットがあるのでしょうか?

すぐに辞めてしまった時の問題点について書いていきます。

履歴書に短期間で辞めたことがわかる【選択肢がなくなる】

履歴書に短期間で辞めたことがわかります。

すぐに仕事を辞めたいと思って感情的に辞めてしまうのは良いですが、リスクもありますね。

すぐに辞めたということを履歴書を見たらわかるので…次の選択肢がなくなるという問題点があるのです。

面接で退職をした理由を聞かれる【年度途中は迷惑】

面接ですぐに辞めた理由を聞かれます。

根気強さがない人という判断になり大きな問題が生まれてしまいますね。

年度途中は迷惑ですし、保育園側としても採用がしにくいデメリットがあります。

すぐに辞めると思われ採用に至りにくい【1日や1ヶ月は論外】

すぐに辞めると思われ採用に至りにくいです。

1日や1ヶ月で辞める人もいますが、同じ。

半年以内に短期間で退職をしていると、次へ行くことがかなり難しい問題となってしまうのです。

転職をする場合に採用までの敷居が上がる【見る目が厳しい】

転職をする場合に採用までの敷居が上がります。

一週間など短期間で退職をしている人に対して見る目も厳しいです。

余程人に困っている保育園でない限りは採用をすることが難しいでしょう。

本人に何か問題があると最初から疑われる【短期間退職の問題点】

本人に何かの問題があると最初から疑われることになりますね。

そのため、採用には至りにくいです。

短期間での退職は大きな問題点があると言えるでしょう。

保育士が一週間で辞めたら最悪!辞める時の転職コツ5選

保育士が一週間で辞めたら最悪!辞める時の転職コツ5選

保育士が一週間で辞めたら実は最悪なのです。

急に退職をするものですから、次の仕事も決まっていません。

「辞める」と思っても、落ち着いて考えることが大事ですね。

辞めると決めた時の転職のコツについて書いていきましょう。

1.退職をしたいと思っても突然は辞めない

2.辞めたいと思ったら冷静に考える【落ち着こう】

3.辞めたい理由を考えて明確化する

4.退職をする前に次の転職先を探す

5.転職活動をして次の行き先を決める

1.退職をしたいと思っても突然は辞めない

退職をしたいと思っても、突然は辞めないようにすることです。

保育士として仕事をするならば、子どもや保護者などたくさんの関係者がいます。

そのため、退職をしたいと思っても冷静に。

すぐに辞めるということはしないようにしましょう。

2.辞めたいと思ったら冷静に考える【落ち着こう】

辞めたいと思ったら冷静に考えるようにしましょう。

辞めたいと感情的に「今」思っているだけのこともあります。

そんな時は、一旦落ち着いて…冷静になぜ辞めたいのかを考えましょう。

3.辞めたい理由を考えて明確化する

辞めたい理由を考えて明確化しましょう。

辞めたいと思う気持ちはわかりますが、理由は明確ですか?

次転職をするためにも「理由をしっかりと理解」することはとても大事ですね。

冷静に考えると、それを解消できる環境への転職をすることができます。

4.退職をする前に次の転職先を探す

退職をする前に次の転職先をさがしましょう。

一週間で辞めたいと思っても、次が決まっていなければ退職をすることは難しいでしょう。

一週間という短期間ですが辞めたいと思ったならば、次を見つけて退職をしてください。

5.転職活動をして次の行き先を決める

転職活動をして、次の行き先を決めるようにしてください。

もし、一週間で辞めたいと思ったならば、エージェントを活用して転職をしましょう。

一週間という短期間で退職をしているということは、よほどの理由があったと思います。

次はそのようにならないためにも、エージェントを使って内部情報を確認するようにしましょう。

>>【保育士バンク】

求人数業界ナンバー1、コンサルタントが親身、非公開求人多数あり、全国対応。

>>【ジョブメドレー保育士】 

検索型の保育士求人、登録をするだけでスカウトが届く、自分のペースで仕事が探せて応募も可能、転職サイトの運営母体は大手のジョブメドレー

>>【マイナビ保育】

※大手マイナビの保育士専門サイト、コンサルタントの質はナンバー1融通やわがままを聞いてくれる、1都3県(東京、神奈川、千葉、埼玉)に特化している。

保育士が一週間で辞めたのまとめ

保育士が一週間で辞めたらのまとめ

保育士が一週間で辞めたことについて書いてきました。

もちろん、すぐに辞める人にも問題がありますが、よほどの理由があったはず。

精神的にしんどいならば無理をする必要もないですね。

もし、退職をしたいと思ったならば、一旦落ち着いてよく考えてから行動をするようにしましょう。

人気記事 → 保育士転職サイトランキング!おすすめ22社を徹底比較【口コミ評判】

人気記事 → 保育士バンクは最悪って本当?元保育士が全て暴露【登録した体験談】

きき代表

投稿者プロフィール

保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

運営者情報

きき
保育士や子育てを楽しむための情報を書いています。

【経歴】

保育園の現場経験 → 色んな子供関係の仕事して → 保育コンサルなどのフリーランス (今ここ)

ブログやライターの仕事しています。

【サイトの運営目的】

保育者子育てって難しくて悩みがつきません。

そこで、いろんな情報をお伝えすべくブログを立ち上げました。

保育士の情報、赤ちゃん、子育て、育児、教育など幅広い「子供」を中心とした情報を発信中です!

実は認可保育園の研修に使われているブログなんです。

コンサル依頼、講演依頼、広告掲載依頼など気になることのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

保育士ライフのTwitter

ページ上部へ戻る